トレーニングからダイエットまでサポートしてくれます

体重と同時に体脂肪率、BMI、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量といった数値を計測することができます。

体重にプラスしてこうした情報を知ることにより、「体重は変わらないのに体脂肪率が増えたので対処が必要」「体重が増えたけど筋肉量も増えたのでOK」というような分析が可能になります。

自分の体を客観的に見ることで、「食べすぎに気をつけよう」「今のトレーニングをもっと続けよう」というように、モチベーションにつなげることもできます。

本体は体重計とほぼ同じ。乗るだけで体脂肪率をはじめとした体の状態を計測してくれるのでとても手軽です。

毎日記録をつけるのがめんどうという人も、BluetoothやWi-Fiに対応した最新機能の体組成計なら問題なし。結果をスマホに転送し、アプリで記録を管理できるので、辛かったトレーニングの道のりをあとで振り返ることもできます。

多くの体組成計が計測結果をスマホアプリに転送できるため、自分で数値をメモする必要がありません。

日常的な健康管理はもちろん、本格的なトレーニングやダイエットのサポートにも力を発揮してくれます。
 

体組成計・体重計の用途

体組成計の機能や健康管理に効果的な機能はご紹介したとおりですが、具体的な使用用途がイメージしづらいという方も多いのではないでしょうか。ここでは体重計・体組成計の具体的な使用用途をご紹介します。

トレーニングのサポート

トレーニング器具

スポーツでの成果を求めるなら筋肉量や筋質に注目。質のいい筋肉を増やすことが、動ける体につながります。

体重計と違い、体組成計では体脂肪率や筋肉の状態がわかります。アスリートモードや筋肉量を測定できる機能を活用することで、より正確な数値を確認することができます。それに加えて、数値を比較することで「実際に効果のあったトレーニング」や逆に「あまり効果がなかったトレーニング」を判断することもできます。

ほかにも、「筋質点数」計測の機能が搭載されている体組成計であれば、トレーニングの効果を数値で把握することが可能です。体脂肪率とともに筋肉量などを確認することで日々のトレーニングの効果が明確にわかり、モチベーションアップにもつながるでしょう。

乗ることで脈拍までも調べることが可能な体組成計もあり、トレーニング前後の自身の状態なども把握することができます。

【この項目に注目】
体重/筋肉量/骨格筋率/筋質点数/脈拍 など

ダイエットのお供

ダイエット器具

ダイエットはただ体重を減らすだけでなく、筋肉量を増やして体脂肪率を下げるのがベスト。目指すのは太りにくい体です。本気でダイエットに取り組む方にとっては、必須のアイテムといっても過言ではないかもしれません。

体重や体脂肪率をはかるほかにも、「減量目標」を設定できる体組成計を使用すれば、目標がブレづらくなります。ダイエットが成功したときの達成感もひとしおのはず。「1人でダイエットをしているけど、くじけそう……」という方は、ぜひそういったモチベーションアップにつながるような体組成計を選んでみてください。

加えて、体脂肪や筋肉量を「同世代の平均」と比べる機能が搭載された体組成計もあります。自身の身体が平均と比べてどうなのか、ダイエットをはじめる際の目標設定などにも役立ちそうですね。

【この項目に注目】
体重/体脂肪率/内臓脂肪レベル/筋肉量/体内年齢 など

生活習慣の改善

脂質の多い食事

特に食べすぎや運動不足などを改善するには、体重と体脂肪率の数値が上がらないように気をつけることが大切です。今まで体重計を使っていた人は体脂肪率にも気を配ってみましょう。

なかには、アプリと連動することで日々の食事内容を記録できたり栄養状況を確認できたりする体組成計もあるので選ぶときの参考にしてみてください。

【この項目に注目】
体重/体脂肪率/BMI/基礎代謝量 など

こんな便利な体組成計ですが、2千円程度の安価なものから3万円を超える製品まで、価格も機能もさまざま。そこで本稿では、日本製品を中心に国内外のメーカーの家庭用体組成計を集め、ランキングを決定しました。

目標に向けて体の変化がわかるのが理想

体組織計選びは体重・体脂肪率以外に体の何の状態を知りたいかで決まります。スポーツで結果を出すためのトレーニングか、糖尿病などの生活習慣病にかからないための健康管理か、まずは使用する目的を定めましょう。

下表は、今回紹介する体組成計で計測が可能な項目です。測定項目数が多いタイプほど筋肉や骨の状態を詳細に知ることができるため、トレーニング向きといえるでしょう。

■多くの体組成計で計測可能

  • :
  • ①体重: 体の重さです。体重を管理するだけでも肥満と関連する病気を防げます
  • ②体脂肪率: 体重のうちの体脂肪が占める割合。男性は10%~19.5%、女性は20%~29.5%が標準値です
  • ③BMI: 身長と体重の数値から導き出された肥満度を表します
  • ④内臓脂肪レベル: 内臓の周りについている脂肪の量を表します。9.5以下なら標準です
  • ⑤筋肉量: 筋肉組織の重さです。筋肉量が少ないと肥満になりやすくなります
  • ⑥基礎代謝量(BMR): 生命の維持に必要なエネルギーの量。摂取カロリーの目安となります
  • ⑦体内年齢: 基礎代謝量と、その他の体組成の数値から導き出した体の年齢の目安
  • ⑧推定骨量: 骨全体に含まれるカルシウムなどの量。数値が下がったらカルシウム不足に注意
  • ⑨体水分率: 血液を含む水分の割合。男性は約55~65%、女性は約45~60%が適正範囲

①~⑨は体組成計の基本的な計測項目です。健康な体を目指すなら、できるだけ多くの項目が標準の数値になるようにしましょう。

■機種によっては計測できる項目

  • :
  • ⑩除脂肪体重: 体重-体脂肪量で導き出された数値。重さには筋肉や骨などが含まれます
  • ⑪体脂肪量: 体脂肪率の計算にも欠かせない体内の脂肪の量
  • ⑫骨格筋率⑬筋肉スコア⑭筋質点数⑮筋密度: 筋肉の量や質を数値化したもの。特にアスリートは重要視したい項目です
  • ⑯骨密度: 推定骨量と同様に骨に含まれるカルシウムなどの量を表します
  • ⑰脈拍: 1分間あたりの脈拍数を計測します
  • ⑱運動時目標脈拍: 適度な運動強度の目安となる運動時の目標脈拍数。この数値以下だと強度が低く、これ以上だと高めになります
  • ⑲MBA判定: アスリートの筋肉特性と比較して、筋肉の特性を評価。タニタ製品の独自機能です

⑩~⑲は一部の体組成計が対応しています。本格的なダイエットやトレーニングのサポートになります。

■アスリート向けモデルは部位別計測にも対応

  •  
  • ⑳右腕筋肉量/左腕筋肉量/右脚筋肉量/左脚筋肉量/体幹筋肉量
  • (21) 右腕脂肪率/左腕脂肪率/右脚脂肪率/左脚脂肪率/体幹脂肪率
  • (22) 右腕筋質点数/左腕筋質点数/右脚筋質点数/左脚筋質点数
  • (23) 骨格筋率(全身)/骨格筋率(両腕)/骨格筋率(体幹)/骨格筋率(両脚)
  • (24) 皮下脂肪率(全身)/皮下脂肪率(両腕)/皮下脂肪率(体幹)/皮下脂肪率(両脚)

両腕両脚計測を行う体組成計のなかには、部位ごとの結果を確認できる製品もあります。全身の筋肉をバランスよく鍛えたいアスリートにはうれしい機能です。

各製品の紹介には対応する項目番号を掲載しています。特に重視したい項目があれば、それに対応した体組成計を選びましょう。

アスリートも満足の全身筋肉詳細評価!|タニタ RD-802

両腕両脚計測により、同時に26項目もの計測を行えるタニタRD-802」がベストバイです。

体重計測の精度が高く、体脂肪率をはじめとした項目も安定した数値を記録してくれました。

計測項目は26とテストした製品中最多でした。大きな特徴が筋肉量・筋質点数・体脂肪率を両腕・両脚・体幹の5カ所でそれぞれ計測できること。自分の弱点が数字でわかるため、アスリートのトレーニングパートナーとしても最適です。

計測時にはアプリから本機を起動すれば、完了後に即同期されました。結果はグラフ化されるので、日々の変化や体のバランスがひと目でわかるのも好印象です。

タニタ
RD-802
実勢価格:4万6900円

サイズ:W320×H57×D348mm 
重量:約2.8kg
計測項目:①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑬⑭⑰⑱⑲⑳ (21) (22)

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 50g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 26
  • 登録人数: 4人
  • 通信方式: Bluetooth

得点

  • 正確性: 40
  • 使いやすさ: 15
  • 管理しやすさ: 15
  • 項目数: 10
  • モチベーション: 8
  • 合計: 84/100

【正確性】体重計測はほぼ“誤差なし”

実重量1.016kgと0.254kgのダンベルを使ったテストでは、計測結果の誤差はわずか20gという精密さでした。この誤差も、体重計測の最小単位が50gであることが影響しています。

また、あくまで参考ですが、体脂肪率も業務用機器とほぼ差がありませんでした。

■両腕両脚計測で部位ごとの数値を表示

本製品は両脚だけでなくグリップを握った手からも電流を流す8電極測定方式で、右腕・左腕・右脚・左脚・体幹の5つの部位別の数値が計測可能。脈拍も測定できます。

検証者の両足サイズは25.5cmですが、計測時に足がはみ出ることはありません。

腕は体から離してまっすぐ伸ばし、腰のあたりの高さで固定します。

液晶がグリップ側にあるため、測定中も数値を確認できます。項目が多いため計測には1分弱かかりました。

液晶で確認できる項目は左上から順に「体重」「筋肉量」「筋質点数」「MBA判定」「心拍数」「体脂肪率」「内臓脂肪レベル」「体内年齢」「基礎代謝量」「推定骨量」「体水分率」「BMI」になります。

本製品は利用者を識別する機能があるため、測定時にアプリを起動していなくても、あとから結果を同期することができます。

【管理しやすさ】左右別の筋肉スコアがわかる

「ヘルスプラネット 健康管理アプリ」は、複数の計測項目が表示され、いまの体の状態を知ることができます。各項目の数値変化をグラフ化してくれるので数字の動きがよくわかります。

「部位別評価」では筋質点数や脂肪スコアをグラフ化。全身のバランスや評価を確認できます。

メイン画面の「データを入力」を開くと体組成計とペアリングします。測定後には各数値が表示され、設定した目標体重までの数値を教えてくれました。

体重計測結果の正確性が高く、日々の体脂肪率の数値も安定しており、信頼できる体組成計です。筋肉量や脂肪率を部位別に測定できるなど項目数が豊富で、トレーニングの成果として各数値の変化を把握できることはモチベーションにつながります。スポーツで結果を出したい人には特におすすめです。

50g単位で正確に計測|タニタ RD-913

ベストバイのRD-802と同様にダンベルを使ったテストで誤差20gを記録したタニタRD-913」が第2位です。

筋肉量だけでなく筋肉の質を評価してくれるため、アスリートにとってもモチベーションの維持につながります。

13項目を両脚だけで計測できる気軽さも魅力です。

タニタ:RD-913:健康グッズ

タニタ
RD-913
実勢価格:2万1397円

サイズ:W328×H32×D298mm
重量:約2.1kg
計測項目:①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑬⑭⑰⑱

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 50g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 13
  • 登録人数: 4人
  • 通信方式: Bluetooth

得点

  • 正確性: 39
  • 使いやすさ: 15
  • 管理しやすさ: 11
  • 項目数: 6
  • モチベーション: 8
  • 合計: 79/100

足のサイズが25.5cmで、計測時に足がはみ出ることはありません。

液晶で確認できる項目は左上から順に「体重」「BMI」「体脂肪率」「筋肉量」「筋質点数」「推定骨量」「内臓脂肪レベル」「基礎代謝量」「体内年齢」「体水分率」「脈拍」になります。

【管理しやすさ】筋肉の質を数値化

使用するアプリはRD-802と同じ「ヘルスプラネット 健康管理アプリ」です。表示項目だけが体組成計によって変わります。

健康な体をつくるには筋肉の量を増やすだけでなく、筋線維を太くして「筋質」を上げることが重要です。

部位別評価メニューでは「筋肉量・筋質バランス」が確認できました。運動時目標脈拍を教えてくれるので、トレーニング時の参考になります。

RD-802のような部位別評価はできませんが、かなり詳細に筋肉の状態を知ることができました。両足のみの計測で測定にかかる時間は本製品のほうが短く、より手軽に使えるトレーニングパートナーです。

皮下脂肪率も丸はだか|オムロン KRD-703T

第3位のオムロンKRD-703T」は両腕両脚測定により、両腕・体幹・両脚の骨格筋率と皮下脂肪率が計測できます。

体重の計測は誤差が少なく、その他の数値も安定していました。皮下脂肪率が測れるため、二の腕やおしりなどのたるみが気になる人にもおすすめです。

オムロン:KRD-703T:健康グッズ

オムロン
KRD-703T
実勢価格:1万8729円

サイズ:W300×H51×D325mm
重量:2.2kg
計測項目:①②③④⑥⑦(23) (24)

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 100g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 14
  • 登録人数: 4人
  • 通信方式: Bluetooth

得点

  • 正確性: 36
  • 使いやすさ: 19
  • 管理しやすさ: 13
  • 項目数: 6
  • モチベーション: 3
  • 合計: 77/100

足のサイズが25.5cmで、計測時に足がはみ出ることはありません。

液晶がグリップ側にあるため、測定中も数値を確認できます。

大きな液晶で、同時に2項目が表示されます。確認できる項目は左上から順に「体重/体脂肪率」「皮下脂肪率/骨格筋率」「内臓脂肪/基礎代謝」「体年齢/BMI」になります。

【使いやすさ】乗るだけで個人を認識

スイッチを入れて計測すると個人を識別してくれます。本体の液晶で部位別の測定結果が見られるのも◎。

腕は方の高さまで上げて、グリップをしっかりと握って測定します。

管理アプリは「OMRON connect」です。各項目が色分けされており、結果を確認しやすいのがポイントです。項目をタップすればグラフを確認できます。

グラフ画面からは過去の記録の一覧を表示したり、測定結果をCSVファイル形式で書き出すことができました。

骨格筋率と皮下脂肪率を全身だけでなく両腕・体幹・両脚という部位別に確認できるため、バランスよく鍛えたり、ダイエットすることができます。

4位: 計測の速さならこの1台|タニタ BC-768

体重の計測精度は上位モデルと変わなかったのが第4位の「BC-768」です。使ってみてさすがタニタといった印象でした。

さらに驚かされたのが、約4秒で10項目計測という速さ。立て置き対応で収納場所にも困らない、日常的な体組成の管理に最適な1台です。

タニタ:BC-768:健康グッズ

タニタ
BC-768
実勢価格:8190円

サイズ:W316×H27×D217mm
重量:約1.5kg
計測項目:①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑬

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 100g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 10
  • 登録人数: 5人
  • 通信方式: Bluetooth

得点

  • 正確性: 35
  • 使いやすさ: 13
  • 管理しやすさ: 11
  • 項目数: 6
  • モチベーション: 8
  • 合計: 73/100

足のサイズが25.5cmで、計測時には少し足がはみ出します。

各項目は前回計測時からの増減を矢印で確認できます。表示される項目は左上から順に「体重」「BMI」「体脂肪率」「筋肉量」「推定骨量」「内臓脂肪レベル」「基礎代謝量」「体内年齢」になります。

管理アプリは「ヘルスプラネット 健康管理アプリ」です。上位モデルのRD-802、RD-913より項目は減りましたが、内容は変わりません。

RD-802、RD-913に比べると筋肉にかんする項目が減りましたが、健康管理には十分です。価格はリーズナブルになりならが測定精度は上位モデルとほとんど差がなく、初めての体組成計にもおすすめの1台です。

5位: 他ユーザーとの比較でモチベーションアップ|インボディ・ジャパン InBody Dial

第5位のインボディ・ジャパンInBody Dial」は、計測結果に年齢や性別の平均値データを使用した補正を行わないことが特徴です。

ジムや病院などに設置されている業務用のInBodyと同じ計測技術を使用しており、体重の誤差も少なく体脂肪率なども安定した数値を記録してくれました。

アプリは計測結果と評価が見やすく配置され、グラフで変化を確認することも可能。各項目の解説を表示できるのが親切でした。

インボディ・ジャパン:InBody Dial:健康グッズ

インボディ・ジャパン
InBody Dial
実勢価格:2万7800円

サイズ:W310.3×H58.3×D356.4mm
重量:2.7kg
計測項目:①②③④⑤⑥⑪

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 100g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 7
  • 登録人数: 無制限
  • 通信方式: Bluetooth

得点

  • 正確性: 35
  • 使いやすさ: 10
  • 管理しやすさ: 12
  • 項目数: 4
  • モチベーション: 10
  • 合計: 71/100

足のサイズが25.5cmで、計測時に足がはみ出ることはありません。

グリップは親指もしっかり金属部分に押し当てます。

測定完了後はすべての項目がまとめて表示されます。項目は上から順に「身長」「体重」「体脂肪率」「骨格筋量」「内臓脂肪」になります。

管理アプリは「InBody」です。メイン画面では7項目の測定結果が数字で表示されます。各項目の説明やユーザー間での順位を表示することもできます。

「履歴」を開くと過去7回の計測結果をグラフで確認できます。

「ランキング」では体組成の評価をInBody点数として確認できます。テストでは業務用の「InBody 470」での結果と同じ点数でした。

各項目の説明が確認できること、結果を同世代のユーザーと比較できることがモチベーションの維持につながりました。通っているジムでInBodyを利用している人にもおすすめです。

5位: 美しいグラフで結果表示|NOERDEN MINIMI Smart Body Scale

同点で第5位となったのはNOERDENMINIMI Smart Body Scale」です。

液晶に表示されるのは体重のみですが、アプリの「身体分析を開始」をタップすれば8項目を瞬時に計測。

スマホアプリのグラフの見やすさ、美しさは12製品中No.1でした。

NOERDEN:MINIMI Smart Body Scale:健康グッズ

NOERDEN
MINIMI Smart Body Scale
実勢価格:6260円

サイズ:W260×D27×H260mm
重量:1.2㎏
計測項目:①②③④⑥⑦⑧⑨⑩

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 100g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 9
  • 登録人数: 無制限
  • 通信方式: Bluetooth

得点

  • 正確性: 35
  • 使いやすさ: 10
  • 管理しやすさ: 14
  • 項目数: 4
  • モチベーション: 8
  • 合計: 71/100

足のサイズが25.5cmで、計測時に足がギリギリ収まりました。

測定時に体組成計に表示されるのは体重のみ。表示は大きく立ったままでも確認しやすいです。

管理アプリは「NOERDEN」です。メイン画面には最新の測定結果が表示され、目標体重との差もひと目で確認できます。タップすると美しいグラフに変わります。

体脂肪や除脂肪体重といった項目は数値を4段階で評価してくれます。また、「もっと見る」を開くと項目の説明や数値の改善方法を表示できます。

各項目のグラフの美しさ、見やすさはいちばん。測定も速く、扱いやすくてバランスのいい1台です。

7位: Wi-Fi転送のラクさは手放せない|Withings Body +

第7位のWithingsBody +」はWi-Fi接続に対応しているため、計測時にスマホアプリを開いていなくてもあとからすぐ同期できるのがとても便利。

計測結果には天気予報も表示されるので、屋外トレーニングの予定も立てられます。

Withings:Body +

Withings
Body +
実勢価格:1万818円

サイズ:W327×H23×D327mm
重量:2.74kg
計測項目:①②③⑨⑮⑯

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 200g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 6
  • 登録人数: 8人
  • 通信方式: Bluetooth/Wi-Fi

得点

  • 正確性: 33
  • 使いやすさ: 11
  • 管理しやすさ: 14
  • 項目数: 4
  • モチベーション: 8
  • 合計: 70/100

足のサイズが25.5cmで、計測時に足がはみ出ることはありません。

体重は前日との差が表示されます。また、天気予報が確認できるのも特徴です。

管理アプリは「Withings Health Mate」です。Wi-Fi接続が可能で、測定後にアプリを起動すると自動的に最新の計測結果が転送されます。

グラフの薄い青地の範囲が「推奨範囲」です。各項目の数値がこの範囲に入ることを目標にするのもありです。

「ダッシュボード」では各項目の数値の増減を一括して確認できます。各項目の解説も用意されています。

Wi-Fiで測定結果を転送できる便利さは、一度使うと戻れなくなるほどです。登録人数が8人と多いため、大家族でも共有できます。

7位: 筑波大学と共同開発|エレコム HCS-WFS01WH

体重を計測すると個人を認識して、体組成を計測してくれるエレコムHCS-WFS01WH」も同点の第7位でした。

アプリへの転送も速く安定しています。体重計測の誤差もほぼない優等生でした。

エレコム:HCS-WFS01WH:健康グッズ

エレコム
HCS-WFS01WH
実勢価格:8025円

サイズ:約W309×H32×D289mm
重量:約1.5kg
計測項目:①②③④⑥⑧⑫

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 50g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 7
  • 登録人数: 4人
  • 通信方式: Wi-Fi

得点

  • 正確性: 36
  • 使いやすさ: 15
  • 管理しやすさ: 10
  • 項目数: 4
  • モチベーション: 5
  • 合計: 70/100

足のサイズが25.5cmで、計測時に足がギリギリ収まりました。

数値が大きく見やすいディスプレイです。体重は常時表示されています。

管理アプリは「ECLEAR - 体重記録・体型管理・ダイエット」です。目指す体に応じた2種類の2軸表示グラフを用意しています。右が数値が体重、左は体脂肪率と骨格筋量から選択できます。

「エクササイズ」を開くと、気になる部分をスッキリするための方法を確認できます。

体組成計に乗るだけで個人を識別して、Wi-Fiでアプリに同期してくれるというスマートさでは一歩リード。計測項目は少なめですが、日常的な健康管理には十分です。

7位: 骨格筋率を上げて効率よくダイエット|オムロン HBF-230T

大きな本体液晶で計測結果が見やすいのが、もう1台の第7位・オムロンHBF-230T」です。

乗るだけで個人を認識する機能も備えています。ダイエットにも重要な骨格筋率が計測できます。

オムロン:HBF-230T:健康グッズ

オムロン
HBF-230T
実勢価格:9982円

サイズ:約W285×H28×D280mm
重量:約1.6kg
計測項目:①②③④⑥⑦⑫

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 100g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 7
  • 登録人数: 4人
  • 通信方式: Bluetooth

得点

  • 正確性: 34
  • 使いやすさ: 17
  • 管理しやすさ: 13
  • 項目数: 4
  • モチベーション: 2
  • 合計: 70/100

足のサイズが25.5cmで、計測時に足がちょうど収まりました。

ディスプレイは数字が大きく表示されるため、立ったままでも確認しやすいです。

管理アプリは「OMRON connect」です。測定結果は各項目が色分けされていてすぐにわかります。

各項目をタップすると、「日/週/月/年」のグラフと、該当期間の平均値が確認できます。1日あたりの増減に一喜一憂せず、長期的な視点で目標を目指せます。

本体のディスプレイ、アプリともの測定結果が確認しやすいのがポイントです。

10位: 上位モデルの機能をリーズナブルに提供|エレコム HCS-FS02BU

3000円以下ながら50g単位の体重計測に対応したエレコムHCS-FS02BU」が第10位です。

計測項目や精度も上位モデルのHCS- WFS01WHと差がなく、コスパの高い1台といえます。

子どもを抱っこしたときとの体重差で、子どもの体重を計ることもできます。

エレコム:HCS-FS02BU:健康グッズ

エレコム
HCS-FS02BU
実勢価格:2759円

サイズ:約W270×H23×D230mm
重量:約1.0kg
計測項目:①②③④⑥⑧⑫

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 50g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 7
  • 登録人数: 4人
  • 通信方式: -

得点

  • 正確性: 36
  • 使いやすさ: 14
  • 管理しやすさ: 9
  • 項目数: 4
  • モチベーション: 5
  • 合計: 68/100

足のサイズが25.5cmで、計測時には少し足がはみ出します。

数値が大きく見やすいディスプレイです。上位モデルの「HCS-WFS01WH」と同様に、体重は常時表示されています。

管理アプリは「HELLO! ~楽しく続けられる歩数計・体重管理~」です。目標体重を設定すると、グラフで日々の体重と目標との差をいつでも確認できます。

同期機能はないため、アプリを起動したら体重と体脂肪率をユーザーが入力する必要があります。

体重・体脂肪率ともに上位モデルの「HCS-WFS01WH」とぴったり同じ数値が記録されていました。アプリに多機能を求めないのであればこちらのほうが手頃な価格なのでおすすめです。

11位: 体組成+αを記録して健康管理|Fitbit Aria2

第11位のFitbitAria2」は、計測項目こそ体重・体脂肪率・BMIだけとちょっとさみしいですが、アプリで摂取カロリーや除脂肪体重も管理できるためダイエットのお供に便利です。

Fitbit:Aria2:健康グッズ

Fitbit
Aria2
実勢価格:1万2884円

サイズ:W310×H30×D310 mm
重量:2.13㎏
計測項目:①②③⑩

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 10g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 4
  • 登録人数: 8人
  • 通信方式: Wi-Fi

得点

  • 正確性: 31
  • 使いやすさ: 9
  • 管理しやすさ: 12
  • 項目数: 2
  • モチベーション: 5
  • 合計: 59/100

足のサイズが25.5cmで、計測時に足がはみ出ることはありません。

丸い窓のようなディスプレイに表示されるのは、体重と体脂肪率だけでした。

管理アプリは「Fitbit」です。体重や体脂肪率だけでなく、日々の摂取カロリーや水分量、同社製の活動量計で記録した消費カロリーなどをまとめて管理できます。

摂取カロリーは食事の内容から検索して記録できます。

体組成計としてだけ見ると物足りませんが、同社製の活動量計などとあわせて利用すれば、アプリで健康状況を総合的に管理できるのがメリットです。

12位: 体組成計の入門用に最適|オムロン HBF-225

記録アプリがないことと計測項目の少なさで第12位に甘んじたオムロンHBF-225」ですが、計測の精度では上位陣と差はありません。見やすいディスプレイがGoodです。

オムロン:HBF-225:健康グッズ

オムロン
HBF-225
実勢価格:3838円

サイズ:約W285×H28×D210mm
重量:約1.3kg
計測項目:①②③④

機能詳細

  • :
  • 最小単位(体重): 100g
  • 最小単位(体脂肪率): 0.1%
  • 項目数: 4
  • 登録人数: 4人
  • 通信方式: -

得点

  • 正確性: 36
  • 使いやすさ: 14
  • 管理しやすさ: 0
  • 項目数: 2
  • モチベーション: 2
  • 合計: 54/100

足のサイズが25.5cmで、計測時には少し足がはみ出します。

数字の下のマークで体脂肪率、内臓脂肪の目安を確認できます。表示される項目は左上から「体重」「体脂肪率」「内臓脂肪」「BMI」です。

なお、管理アプリは用意されていないため、数値の変化を記録したい場合は自身でノートなどにメモをしましょう。

主要メーカー7社の体組成計はすべて計測精度が高く大混戦でした

今回テストした12台の体組成計は、評価では大きなウエイトを占める体重の計測誤差がほとんどありませんでした。国内外の有名メーカーの製品ばかりなだけに、さすがのひとことしかありません。

メーカーによって計測方法が異なるため、数値に差が出やすい体脂肪率も、参考に比較した業務用の体組成計とほとんど結果に差がなく、日常的な計測の数値も安定。信頼のおけるものと判断しました。

すると、差が出てくるのが体組成計本体の使いやすさと、アプリを使った記録管理のしやすさです。

使いやすさでは、液晶の表示内容や体重の最小単位に差が出ました。管理しやすさでは、記録のグラフ化や目標設定など、アプリによって違いが見られます。一方で、アプリへの測定データ転送がどの製品もスムーズだったのは好印象でした。

さらに今回注目したのが、計測できる項目数です。「健康的に痩せる」「体幹を鍛える」といった具体的な目標があるなら、体の変化を確認できる項目は必須です。

また、長く続けるためのモチベーション維持に大切なのは、日々の気持ちを盛り上げてくれる仕掛けの有無。確実に目標を達成したいならこちらも重要です。

表示される数字が正確なのが第一条件です【正確性:40point】 

■体重を計って差を比較

病院で計測した体重と、各体組成計で計測した体重の差を比較しました。被験者は約57kgの男性です。

■ダンベルで誤差を計測

体組成計で体重を計測後、実重量1.016kgと0.254kgのダンベルを持って体重を計測。数値の誤差を比較しました。

■体脂肪率は参考値

体脂肪率は製品によって計測方法が変わります。今回は参考としてジムなどに設置されているInBody 470と比較しました。

乗るだけで自分を判別してくれるとうれしい【使いやすさ:20point】

■表示項目が豊富なのが◎

液晶が大きく見やすいのはもちろんですが、体重や体脂肪率以外の項目や、記録の変化を確認できるほうが便利です。

■個人判別機能が意外と便利

乗るだけで個人を判別してくれると、計測前の一手間が減ります。

■50g単位で記録したい

最小単位は小さいほど微妙な変化に気づけます。今回は50gが最小でした。

記録した数値の見せ方にも個性があります【管理しやすさ:20point】

■スマホにピッと転送

計測結果を瞬時にスマホに転送できるかをチェック。どれも転送自体は高速でした。

■記録の見やすさは絶対

計測結果が見やすいほど、目標に向かって成果を確認しやすいです。

項目が多い方が気分がアガります【項目数:10point】

健康管理だけが目的なら体重・体脂肪率・BMI・内臓脂肪レベル・基礎代謝量などが確認できれば十分。でも、長く続けるなら項目が多いほうが自分の体の変化を楽しめます。

目標に向かって盛り上げてほしい!【モチベーション:10point】

特にダイエットやトレーニングのように一定の目標を定めた場合、それを達成するにはモチベーションを維持することが重要。アプリがその役割を担ってくれると心強いです。

以上5項目、合計100pointで評価をしています。

2019年は10製品をテストしてランキングにしました

ここでは参考に、2019年のランキングを見ていきましょう。テスト内容は2020年と多少異なりますが、10製品でテストを行っていました。

タイミングによっては、「型落ち」として、お得に手に入る可能性がありますよ!(価格は検証当時のもので、変動している場合があります)

【2019年 1位】精密、かつ唯一の機能を 搭載した現役最強機

堂々1位に輝いたのはタニタインナースキャンデュアル RD‐909」。本気でダイエットしたい人向けの体組成計です。

重量の数値は16機種中最も正確で、体重を重要視するアスリートにも最適です。体脂肪率など、そのほかの項目も必要十分。

特に、筋肉量だけでなく筋肉の状態を分析して点数化する「筋質点数」は、この機種独自のもの。筋質は筋肉量よりも早く変化が現れるので、モチベーションをさらに高めてくれます。

タニタ:インナースキャンデュアル RD‐909:健康グッズ

タニタ
インナースキャンデュアル RD‐909
実勢価格:1万8852円

サイズ・重量:328×32×298mm・約2.1kg
接続方法:Bluetooth
本体表示項目:複数
登録可能人数:4人

結果はこちらです。

  • 総合得点: 90/100pt

※2019年のランキングの評価方法は2020年のランキングと異なります

【2019年 2位】“やさしさ”がいっぱい! 初心者や眼精疲労が気になる人へ

特筆すべきなのはアプリの使いやすさ。色分けされているのはこのオムロンHBF-228T カラダスキャン」だけでした。

「とても見やすいです。デスクワークが多く、目が疲れている人にはありがたいですね」(トレーナー・田中氏)。

本体はスマホなしでも数値がすべて見られ、文字も大きいので目に優しい機種です。

オムロン:HBF-228T カラダスキャン:健康グッズ

オムロン
HBF-228T カラダスキャン
実勢価格:8938円

サイズ・重量:285×28×280mm・約1.6kg
接続方法:Bluetooth
本体表示項目:複数
登録可能人数:4人

結果はこちらです。

  • 総合得点: 82/100pt

【2019年 2位】お手ごろだけど、死角なし 体組成計の入門機

Rukerway体重・体組成計・体脂肪計」は比較した機種の中でも低価格帯に属する機種。最安時にはU2000円だったこともあり、あまり期待していなかったのですが、使ってみるとその凄さにビックリ。堂々2位に食い込みました。

Rukerway:体重・体組成計・体脂肪計:健康グッズ

Rukerway
体重・体組成計・体脂肪計
実勢価格:5359円

接続方法:Bluetooth
本体表示項目:体重のみ
登録可能人数:制限なし

結果はこちらです。

  • 総合得点: 82/100pt

【2019年 4位】計測&ログ閲覧が とにかくラクな1台

4位には、初心者にも見やすく、使いやすいエレコムHCS-WFS01BK」がランクインしました。

エレコム:HCS-WFS01BK:健康グッズ

エレコム
HCS-WFS01BK
実勢価格:9173円

サイズ・重量:309×32×289mm・約1.5kg
接続方法:Wi-Fi
本体表示項目:複数
登録可能人数:4人

結果はこちらです。

  • 総合得点: 77/100pt

【2019年 4位】最多の19項目が計測可能 清潔感あるデザインも好印象

同率4位となったのは、Cozylife ITO体脂肪計 体組成計」。最多の19項目も計測できてこの価格は驚異的 !

Cozylife ITO:体脂肪計 体組成計:健康グッズ

Cozylife ITO
体脂肪計 体組成計
実勢価格:2804円

サイズ・重量:317×45×308 mm・約1.27kg
接続方法:Bluetooth
本体表示項目:体重のみ
登録可能人数:8人

結果はこちらです。

  • 総合得点: 77/100pt

【2019年 6位】計測時にスマホが必要なく 面倒なし

6位には、メタボな初心者お父さん向きなWithingsBody」が入りました。

Withings:Body:健康グッズ

Withings
Body
実勢価格:4936円

サイズ・重量:327×23×327㎜・約2.0㎏
接続方法:Wi-Fi
本体表示項目:複数
登録可能人数:8人

結果はこちらです。

  • 総合得点: 76/100pt

【2019年 7位】スタイリッシュ! 毎日使いたくなる1台

7位にランクインしたのは、体組成計なのに心拍数も計れるWithingsBody Cardio」です。

Withings:Body Cardio:健康グッズ

Withings
Body Cardio
実勢価格:1万7671円

サイズ・重量:327×19×327㎜・約2.6㎏
接続方法:Wi-Fi
本体表示項目:複数
登録可能人数:8人

結果はこちらです。

  • 総合得点: 74/100pt

【2019年 8位】リーズナブルなのに 19項目計測とお得な機種

8位は、4位のCozylifeと同じアプリ使用のこのEasehold体重計・体組成計・体脂肪計」です。

Easehold:体重計・体組成計・体脂肪計:健康グッズ

Easehold
体重計・体組成計・体脂肪計
実勢価格:2980円

サイズ・重量:300×26×300㎜・約1.6㎏
接続方法:Bluetooth
本体表示項目:複数
登録可能人数:8人

結果はこちらです。

  • 総合得点: 72/100pt

【2019年 9位】コンパクト設計で 13項目を計測できます

初心者よりは、いろいろな項目を知りたい人に向いているRENPHO体重計 体組成計」が9位にランクイン。

RENPHO:体重計 体組成計:健康グッズ

RENPHO
体重計 体組成計
実勢価格:3299円

サイズ・重量:280×25×230㎜・約1.2㎏
接続方法:Bluetooth
本体表示項目:体重のみ
登録可能人数:制限なし

結果はこちらです。

  • 総合得点: 71/100pt

【2019年 10位】転送速度速し!重量の 誤差が多めだったのは残念

第10位は、本体やアプリのデザインがオシャレなHANAMO体重計 体組成計」です。

HANAMO:体重計 体組成計:健康グッズ

HANAMO
体重計 体組成計
実勢価格:2998円

サイズ・重量:290×23×260㎜・約1.0㎏(実測)
接続方法:Bluetooth
本体表示項目:体重のみ
登録可能人数:10人

結果はこちらです。

  • 総合得点: 69/100pt

目的によって選ぶべき体組成計は変わります

いかがでしたでしょうか。スポーツのためのトレーニングでも、増えすぎた体重を減らすダイエットでも、健康維持のためでも、理想の体を手に入れるためには体重の増減だけでなく、体脂肪率をはじめとしたさまざまな項目の数値をチェックすることが重要です。

目標によって見るべき項目は変わりますので、まずはどのような体を手に入れたいのか目標を決めてから、最適な体組成計を選んでください。