スポーツ品質も値段も優秀な「安くて良い家電」はどれ?

半導体不足によるデジタル家電の品薄、パナソニックやバルミューダの家電製品値上げ表明と、お財布を直撃する話題の多い昨今。

そこで本音の家電ガイド『家電批評』では、コスパに優れた逸品を探すことに。また、話題の最新製品も辛口ジャッジ。そんなテストを重ねて見つけた「安くて良い家電」を紹介します。

今回は、THRIVEの「腹筋トレーナー」です。通販番組でよく紹介される腹筋マシーンですが、本当に効果があるのか、プロのトレーナーと検証しました。

スポーツたるんだお腹に効く腹筋マシンがほしい!

お家で過ごす時間がまだまだ続いている昨今。運動不足が続き、お腹のたるみに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。でも、いざ家で腹筋しようとしてもなかなか続かない……。

そんなとき、お家で腹筋をスタートするのに役立つ家電があると嬉しくないですか?

今回は、そんな要望をかなえてくれそうな腹筋マシンの性能をテスト。パーソナルトレーナーの田中真央さんにご協力いただき、腹筋に効果があるのか検証しました。

また、気になる金額面もジムやその他の筋トレグッズと比較して安いかどうか確認しました。使い勝手については後編で、編集部員が自宅や仕事の合間でチェックした結果をお届けします!

スポーツ深夜番組で気になる「THRIVE」の腹筋マシーン

そこで気になるのが、深夜の通販番組で頻繁に目にする筋トレグッズ。なかでも編集部が注目したのは、最近とくに猛プッシュされているTHRIVEの「腹筋トレーナー FD-105」です。

THRIVE「腹筋トレーナー FD-105」

THRIVE
腹筋トレーナー
FD-105
実勢価格:1万4800円

サイズ:W375×D400×H320㎜(背もたれが起きた状態)、W375×D465×H250㎜(背もたれが倒れた状態)
重量: 約4.2kg
電源コード長さ:約1.8m
材質:張地 ポリエステル/台座 ABS樹脂
付属品:ACアダプター
適応体重:100kg以下

背もたれ部分が電動で動く

座ってスイッチを入れると、背もたれの部分が動きます。下がる角度や速さ、回数を調整でき、ソフト、ミディアム、ハードのコースも備わっています。

口コミを見ると、肯定的な声もあれば否定的な声もあってバラバラ。その効果が気になるところです。

肯定派

·使ってみると結構効きます
·無理なく気軽に腹筋できる

否定派

·自分で腹筋できる人には物足りないかも
·腰が痛くなる

そこでまずは、パーソナルトレーナーが試してみました。

スポーツテスト1:パーソナルトレーナーが実際に使用

THRIVE「腹筋トレーナー FD-105」の原理はわりとシンプル。腹筋している際に、一番キツイ体勢で背もたれが上下に動きます。そのため見た目以上にハードですが、とても理にかなっていて、お腹周辺の筋肉を鍛えるには効果的でした。

田中真央 氏
健康運動指導士 米国NLP協会トレーナー
田中真央 氏 のコメント

50回までできる設定もありますが、そこまでできる人はほとんどいないと思います。20回でも相当キツイはずなので無理せず続けることが大事!

また、パーソナルトレーナーの田中さんが使用した結果、腹筋だけでなく、お腹周辺から足の付け根あたりの筋肉にも効果があるとわかりました。

効果が得られるのはこの4カ所!

1:腹筋

お腹が出てる人が一番気にする部位。腹筋は鍛えると基礎代謝量を取り戻す役割があるため、痩せるには腹筋を鍛えるのがオススメです。また、便秘を解消する役割もあり、鍛えるといいこと尽くし!

2:腸腰筋

上半身と下半身をつなぐ役割をしており、運動能力や姿勢をキープするのに重要な役割を担っています。鍛えると腰痛予防にも。また、下腹ポッコリの解消にも腸腰筋を鍛えるのがよいそうです。

3:脇腹

落としにくい部位として誰もが悩む脇腹ですが、実は使い方次第で鍛えられます(方法は次回の後編でお伝えします)。内臓を正常な場所に保つのに良く、健康的になれます。

4:内転筋

太もも周りにある筋肉をまとめて内転筋と呼びます。太もものたるみが気になったり足を細く見せたい人は、ここを重点的に鍛えるとよいそう。ガニ股やO脚改善にも効果があります。

テスト1の結果としては、THRIVE「腹筋トレーナー FD-105」は想像以上の効果があることが判明しました。お腹のたるみに悩んでいる人だけでなく、ボディビルダーのように普段から鍛えている人でも効果を得られるはずとのこと。もし効果を感じてない人は一度効くポイントを押さえて、どこが効いているかを確認するといいでしょう。

また、運動不足の人やお年寄りの人は、ソフトモードでも体に痛みが出る場合も。製品が合っていない可能性もあるので、無理せず使用をやめましょう。

田中真央 氏
健康運動指導士 米国NLP協会トレーナー
田中真央 氏 のコメント

お年寄りには下手するとハードなトレーニングになる可能性があります。ボディビルダーでも十分効果を感じることができるはず!

スポーツテスト2:コストパフォーマンスはどう?

続いて、コスト面を検証しました。

THRIVE「腹筋トレーナー FD-105」は1万4800円と決して安いとは言えません。同様に通販番組で頻繁に紹介されている「EMS腹筋ベルト」にはより安い製品もありますが、効果を実感するには付けているだけでは不十分。また、ジムに通えば様々な部位を鍛えられますが、毎月かかる金額を考えると行きづらい人も多いはずです。

そこで腹筋強化の方法として、「THRIVEの腹筋トレーナー」「EMSベルト」「スポーツジム」の3つでかかる費用を比較してみました。

1:THRIVE 腹筋トレーナー(価格 1万4800円)

メリット ……自宅でできる
デメリット……鍛える部位は限られる

鍛えられる部位がお腹まわりに限定されますが、その箇所だけでいい人であれば買って損しないはず!

2:EMS腹筋ベルト(3000円~4万円)

メリット ……ながらで効果が得られる
デメリット……ベルトだけではあまり効果がない

EMS系はお腹を引き締める効果は確かにありますが、単体だと偏った効き方になってしまいます。

3:ジム(平均価格 6000円/月)

メリット ……いろいろな部位を鍛えられる
デメリット……ランニングコストがかかる

継続的に通える人、ランニングコストを気にしない人は、いろいろな部位を鍛えることができるジムもよいでしょう。

以上の3つを比較してみると、自宅で継続的に筋トレするならTHRIVE「腹筋トレーナー FD-105」はコスパはいいと言えます。家でできる手軽さを考慮すれば、決して高くはないでしょう。

以上、THRIVE「腹筋トレーナー FD-105」の紹介でした。次回の後編では、編集部員が実際に使ってみたレビューと結論、トレーナーによるおすすめの活用法をお届けします。

スポーツトレーニンググッズの売れ筋ランキングもチェック!

トレーニンググッズのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。