洗濯物の悩みを解決してくれる衣類乾燥機能付き除湿機

雨が続くと室内に干した洗濯物がなかなか乾かない、部屋干しすると洗濯物がなんだかニオう……。こんな経験はありませんか?

そんなときは、室内の湿気を吸い取り、乾いた空気を放出することで、洗濯物を乾かす衣類乾燥除湿機が大活躍します。

衣類乾燥除湿機を使えば、こんな問題もすんなり解決します。

「雨で洗濯物が外に干せない」が解決!

雨で洗濯物が外に干せなくても、衣類乾燥除湿機を使えば、部屋干しした洗濯物を短い時間でしっかりと乾かすことができます。

「夜しか洗濯物を干す時間がない」が解決!

普段夜しか洗濯できないので部屋干しするという人でも、衣類乾燥除湿機を使えば、翌朝には洗濯物が乾いていてすぐに着られます。

このように、湿度の高い雨の日や急いで服を乾かしたいときに、衣類乾燥除湿機は大活躍します。

そこで今回は、いま買うべき衣類乾燥除湿機を見つけるべく、最新の衣類乾燥除湿機をピックアップして比較検証を行うことにしました。

衣類乾燥除湿機の選び方は?

今回比較検証するのは、パナソニックやシャープをはじめとする最新の衣類乾燥除湿機。基本の除湿性能や衣類乾燥性能、ニオイの心配をどれくらい解消してくれるかについて、専門家と一緒に徹底検証しました。

▼今回比較する衣類乾燥除湿機はこちら
・パナソニック F-YHUX90
・シャープ CV-N180
・三菱電機 MJ-M120SX
・コロナ CD-H1820(2020年モデル)
・シャープ CV-NH140
・パナソニック F-YC120HUX
・三菱電機 MJ-PV250SX
・アイリスオーヤマ KIJDC-K80


上記の衣類乾燥除湿機8台は、3つのタイプに分類されます。それぞれのタイプについて解説します。

タイプ1:デシカント式

デシカント式(デシカント方式)は、低温時の使用や結露対策に向いています。今回、アイリスオーヤマ「KIJDC-K80」が唯一のエントリー。

タイプ2:コンプレッサー式

コンプレッサー式(コンプレッサー方式)は、気温の高い季節ほど除湿力を発揮します。室温上昇が少ないのもいいです。

タイプ3:ハイブリッド式

ハイブリッド式(ハイブリッド方式)は両方のいいとこ取りで、夏はコンプレッサー式で、冬はデシカント式で稼働し、1年を通して活躍します。

どの方式の衣類乾燥除湿機を選ぶかは、自身の生活環境やタイプから、いちばん使用する時期を考えるといいでしょう。

ランキング前にココにも注目!おすすめ機能やポイントとは

ランキング前に、上記で紹介したチェックポイント以外の、注目して欲しいポイントやおすすめ機能を紹介していきます。細かいポイントにはなりますが、チェックしておくとより自分に適した商品に出会えるでしょう。

排水タンクが大きいと手間いらずで扱いやすい

地味ながら重要なポイントとなるのが、衣類乾燥除湿機が搭載している排水タンクの容量。除湿機は、取り除いた湿気を水分として排水タンクに溜める構造が一般的です。

そのタンクの容量が小さいと、溜まった水を捨てに行く頻度が高くなってしまうので、面倒になってしまいます。中には排水タンクが一杯になると、運転を停止してしまう製品もあるため、除湿が行われずに衣類や部屋がジメジメといったことも。

就寝中や外出時でも問題なく稼働させるためには、2L以上あれば安心です。しかし、排水タンクが大きくなるほど本体のサイズも大きくなるので、設置場所と手間の両方を考慮して選ぶ必要があります。

また、排水タンクが一杯になったら知らせてくれるものや、ホースをつなげることで連続排水できるものもあるので、あわせてチェックしておきましょう。

手入れ・メンテナンスがしやすいと使用がラクになる

シーズン問わずに高頻度で稼働させるのであれば、手入れやメンテナンスがしやすいかにも注目しましょう。

衣類乾燥除湿機は空気清浄機などと同様に、定期的なフィルターの手入れが必要です。また、排水タンクはこまめに掃除してあげないと、タンク内にカビが発生してしまいます。共に手入れがしにくいと面倒になってきてしまうので、洗いやすいか取り出しやすいかといった点もチェックしましょう。

脱臭やタイマー機能が備わっているとより快適に

脱臭機能やタイマー機能といった+αの機能が備わっていれば、活躍してくれる場面も幅広くなります。

衣類乾燥をメインとするのであれば、脱臭機能は注目しておきたい機能のひとつで、湿気の多い季節に発生する、生乾きのニオイを抑えてくれます。シャープのプラズマクラスターや、パナソニックのナノイーといった脱臭機能を目安に選ぶのがおすすめです。

外出時や就寝時に活躍してくれるのが、タイマー機能。ONタイマー機能付きであれば、より便利に使用可能です。タイマー機能は、1時間ごとに設定できるモデルから、設定時間が決まっているものまでさまざま。用途に合わせて使いやすいものを選びましょう。

衣類乾燥除湿機の効果的な使い方は?

服を乾燥させるのに導入した衣類乾燥除湿機も、ただなんとなく使っているのでは、効果的ではありません。きちんとした使用法でないと、生乾きのニオイや、余計な電気代がかかるなど、せっかくの衣類乾燥除湿機が台無しになってしまいます。

使い方のコツは、除湿機の搭載する送風機能を使い、衣類の下から風を送ってあげること。洗濯したあとの衣類は、水分が下へ下がっていくので下のほうが乾きにくい傾向にあります。速く乾かすには、乾きにくい箇所めがけて下から風を当てるのがポイント。

下からの送風が難しい場合は、除湿機を真横に設置し可能な限り風が当たるように工夫しましょう。また、干す隙間を適度にあけることで風の通り道ができるため、より効果的ですよ。さらに、サーキュレーターや扇風機を併用するのもおすすめです。

速く乾かすことは、生乾きのニオイを抑えることにも繋がります。衣類乾燥除湿機を効果的に使うことで、時短にも不快なニオイの防止にも繋がるのです。

衣類乾機除湿機の部屋干し解消力は?

洗濯物の部屋干しで気になるのが、部屋干し臭です。とくに今は家にいる時間が増えていて、その生活臭が洗濯物に移ってしまうこともあるようです。

専門家いわく、「人が1人いるとそれだけで室内の温度は2~3℃ほど上がります。さらに、人は汗をかいたりニオイのもとになる物質を出したりしています。それが乾く前の洗濯物に付着すると、部屋干し臭の原因になるでしょう」とのこと。

そこで今回は、衣類乾燥除湿機を使うことによって洗濯物の部屋干し臭がどれほど減るのかを、臭気判定士の石川 英一氏に徹底チェックしてもらいました。

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

今回はいつにも増して厳しい検証をしました。

衣類乾機除湿機の比較方法は?

基本性能の検証はLAB.360室長の松下和矢が監修し、あらゆる角度から基本性能をチェック。取り回しやメンテナンスなどの使い勝手については、雑誌『家電批評』編集部が採点しています。

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

基本性能も丁寧かつ徹底的に検証しました。

比較したのは、次の7項目です。

比較1:衣類乾燥

一定の温湿度に保った室内で洗濯脱水後の洗濯物を吊り干しし、衣類乾燥除湿機を「速乾」などの最強モードで運転。一定時間後の洗濯物の重量から乾燥率を算出しました。

比較2:除湿性能

多湿条件を保った恒温室内で除湿機を「強」などの除湿最強モードで運転。一定時間後にタンクに溜まった水量を精秤しました。

比較3:ニオイ

着臭させたTシャツを同条件で量産。これをそれぞれ一定条件で洗濯し、各衣類乾燥除湿機で一定時間乾燥させ、自然乾燥させたものと比較して臭気強度を判定しました。

ちなみに、今回は違いを見るために、完全乾燥させず、あえて生乾き状態で検証を行いました。

※ニオイについてはどの製品も時間をかけてしっかり乾燥させれば、低減できると考えられます。ただし付着臭や元の汚れから発生するニオイは除きます。

比較4:消費電力

衣類乾燥モード、除湿モードそれぞれ一定時間運転した際の消費電力を計測しました。

比較5:静音性

運転音が静かかどうかは、在宅中に使う場合に重要です。騒音計で衣類乾燥時と室内除湿時それぞれの、最強モードと最も静かなモードの運転音の騒音値を測定しました。

比較6:排水頻度

除湿性能検証で得られた結果とタンク容量から、タンクが満水になるまでの時間を算出しました。排水タンク容量が大きく、排水頻度が少ないほど高得点となります。

比較7:使い勝手

操作パネルの操作性、本体の持ち運び・移動のしやすさ、タンクに溜まった水の捨てやすさ、フィルターなどのメンテナンスのしやすさなどをチェックしました。

それでは、お待ちかねの検証結果をおすすめランキングで発表します。

【おすすめ衣類乾燥除湿機1位】三菱電機「MJ-M120SX」

三菱電機
MJ-M120SX
実勢価格:4万7900円

サイズ・重量:W360×D210×H534mm・13.5kg
除湿方式:コンプレッサー式
タンク容量:約3.0L
定格除湿能力:11.0L(50Hz)、12.0L(60Hz)

▼テスト結果

  • 衣類乾燥: 28点/35点
  • 除湿性能: 7点/10点
  • ニオイ: 7点/10点
  • 消費電力: 9点/10点
  • 静音性: 7点/10点
  • 排水頻度: 3点/5点
  • 使い勝手: 8点/10点
  • 合計: 69点/100点

ベストバイに輝いたのは、三菱電機「MJ-M120SX」。前回の検証でも前モデルがベストバイとなり、後継機種である本機も評価が高かったです。おまかせムーブアイにより、”効率よく乾かす”ことで結果を出しました。

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

コンパクトなため取り回しの良さも目立つ一台です。

ココが強み1:洗濯物の乾き残りを見つけて効率よく乾かす

おまかせムーブアイはセンサーで洗濯物や窓・壁の表面温度を検知できる機能で、洗濯物の湿った部分や部屋の湿気のこもった場所だけに風があたるように、送風の向きや風量を調節しています。これにより、洗濯物を乾かすことや、部屋の除湿を効率よく行うことができます。

洗濯物の表面温度を検知し、その結果が低い=濡れている、となれば、そこを集中的に乾かすことができ、効率のいい乾燥ができるのが強み。ちなみに、おまかせムーブアイは室内除湿の際も湿気の溜まっている場所を検知します。

光ガイドによって、おまかせムーブアイが検知している場所が視覚的にわかります。ちなみに、おまかせムーブアイは室内除湿の際も湿気の溜まっている場所を検知します。

結果、衣類乾燥性能のテストでは好成績を残しました。とくにTシャツに関しては、ほぼ完全に乾いていました。

ココが強み2:乾かしたい場所を指定できる

送風方向を手動で調整し、1着の服を素早く乾かすズバッと乾燥モードを備えています。どうしてもすぐ着たい1着に送風方向を合わせれば、それに集中して一気に乾かします。また、下向き送風できるので靴に対しても有効です。

ニオイの検証でも全体2位の好結果!

乾燥させた時間が1時間のため、洗濯物は生乾きという超厳しい条件でのテストでありながら、酸味のあるニオイがわずかに残るだけと優秀でした。

ニオイがつきにくい理由として、衣類乾燥性能の高さが挙げられます。乾燥率が高い分だけ、洗濯物が乾いているということになり、それだけ部屋干し臭が残りにくくなると考えられます。

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

超厳しいテストでも結果は○。生乾き臭はわずかです。

大きくて見やすい液晶ディスプレイ

 

大きな液晶に、今どんなモードで除湿しているのかが表示されるので、わかりやすいです。送風方向を合わせるカーソルの使い勝手も○。

移動に便利なハンドル

 

13.5kgとそこそこ重さのあるMJ-M120SXですが、ハンドルを起こして、底面のキャスターを転がして移動することができます。

タンク排水の際にはフタを外す必要アリ

 

タンク排水時にはフタごと外す必要があります。長時間使用する場合には市販のホースをつないで、連続排水がおすすめです。

フィルターカバーは外しやすくお手入れがラク

 

フィルターカバーにフィルターをセットするタイプです。お手入れは掃除機で汚れを取るか、水洗いができます。

総合点で見ると他製品とそれほど大きな差があるわけではなかった三菱電機「MJ-M120SX」。タンクにハンドルがないことや、タンクのフタを開けなければ排水ができない点もありますが、除湿も衣類乾燥も湿りを狙い撃ちし、効率的に乾かします。

【おすすめ衣類乾燥除湿機2位】コロナ「CD-H1820」

コロナ
CD-H1820
実勢価格:4万7270円

サイズ・重量:W365×D202×H570mm・12.5kg
除湿方式:コンプレッサー式
タンク容量:約4.5L
定格除湿能力:16.0L(50Hz)、18.0L(60Hz)
※Amazonは「CD-H1821」の商品ページです

▼テスト結果

  • 衣類乾燥: 31点/35点
  • 除湿性能: 8点/10点
  • ニオイ: 8点/10点
  • 消費電力: 7点/10点
  • 静音性: 5点/10点
  • 排水頻度: 3点/5点
  • 使い勝手: 6点/10点
  • 合計: 68点/100点

2位はコロナ「CD-H1820」。昨シーズンのモデルですが、特筆すべきはニオイ検証におけるその優秀さ。ニオイ残りはほんのわずかでした。総合的に見ても、ベストバイとは僅差で、衣類乾燥性能や除湿性能など上回る項目もあります。

ココが強み1:300Wヒーター+ワイドな吹き出し口

衣類速乾モードでは内蔵ヒーターも稼働します。それによって衣類乾燥性能はアップしますが、静音性の部分では、多少ハンデになっています。

洗濯物の手前側だけでなく、奥へも送風できるようにルーバーが動きます。温風を洗濯物全体に届かせます。

生乾き臭がごく少量で優秀!

非常に厳しい条件で検証しましたが、どの機種も一定の防臭効果はみられました。その中でもコロナは生乾き臭がごく少量と大変優秀でした。

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

半乾きの状態のテストでも生乾き臭はごく少量◎。

10年交換不要のフィルターが付属

 

10年交換不要とされるフィルターが付属しています。フィルターカバーの取り外しも簡単で、掃除もラクラクです。

ハンドルがあるので片手で移動できる

 

キャスターも付いているので、ハンドルを持って片手で動かせます。他の荷物を持っての部屋移動の際に便利です。

引き出しやすく水をこぼす心配なし

 

タンクの容量は約4.5Lと大きめですが、除湿性能が高いので、その分だけ排水する機会は多くなりそうです。

とくに部屋干し臭が気になる人や、家族での利用で洗濯物が多いという人は、MJ‐M120SXより大型の、CD‐H1820またはCD‐H1821がベストバイとなります。

【おすすめ衣類乾燥除湿機3位】シャープ「CV-N180」

シャープ
CV-N180
実勢価格:6万1799円

サイズ・重量:W359×D248×H665mm・16.5kg
除湿方式:コンプレッサー式
タンク容量:約4.5L
定格除湿能力:16.0L(50Hz)、18.0L(60Hz)

▼テスト結果

  • 衣類乾燥: 24点/35点
  • 除湿性能: 7点/10点
  • ニオイ: 6点/10点
  • 消費電力: 9点/10点
  • 静音性: 8点/10点
  • 排水頻度: 4点/5点
  • 使い勝手: 7点/10点
  • 合計: 65点/100点

3位はシャープ「CV-N180」。定格除湿能力(室温27℃・相対湿度60%を維持したときの、一日あたりの除湿量)が、シャープの最新の衣類乾燥除湿機ラインナップの中では最大ですが、消費電力は相対的に見て低く、コスパの高いモデルです。

ココが強み1:風が広く届くので洗濯物が多い日も安心

上下と左右のスイングで広範囲に送風します。洗濯物が2段になっていても守備範囲です。

ココが強み2:空気を循環後に除湿してカビの発生を抑制

室内の空気を十分に循環させてから除湿することによって、カビの付着を抑制します。

平均以上に防臭効果を発揮

対象の洗濯物は衣類乾燥除湿機に1時間だけかけて、乾ききらないまま袋に密閉して1日放置という条件でも、平均以上に防臭効果を発揮しました。期待が大きかったのですが、今回は惜しくも2位のコロナ、ベストバイの三菱電機「MJ-M120SX」らに次ぐ結果に。

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

洗濯物が半乾きという厳しい条件で健闘です。

一度取説を見れば使いこなせる

 

操作パネルはシンプルなボタン配置で、一度取扱説明書を読めば、どんな操作も一通りできるようになります。また、静音性も好結果を残しており、夜干しの際も「稼働音がうるさくて眠れない」というようなことはなさそうです。

フィルターは8台中唯一外しにくい

 

カバーは外しにくいです。ただ通常のお手入れはフィルターの外から掃除機で行えるので、大きな問題ではなさそうです。

タンクにはハンドルあり

 

タンクを引き出すとき、手が大きい人だと、甲が床にすれてしまうことも。しかし、ハンドルがあり持ち運びに便利です。

シャープ「CV-N180」は稼働音が静かで、多くの洗濯物を乾かせるので、小さなお子さんのいるファミリーに最適です。

4位: 【おすすめ衣類乾燥除湿機4位】シャープ「CV-NH140」

シャープ
CV-NH140
実勢価格:6万6800円

サイズ・重量:W365×D235×H645mm・15.0kg
除湿方式:ハイブリッド式
タンク容量:約3.6L
定格除湿能力:11.0L(50Hz)、13.0L(60Hz)

▼テスト結果

  • 衣類乾燥: 28点/35点
  • 除湿性能: 6点/10点
  • ニオイ: 5点/10点
  • 消費電力: 7点/10点
  • 静音性: 8点/10点
  • 排水頻度: 4点/5点
  • 使い勝手: 6点/10点
  • 合計: 64点/100点

4位はシャープ「CV-NH140」。衣類乾燥性能は3位とほぼ同じで、バランスの良い結果を残しました。中でも衣類乾燥性能は3位とほぼ同じです。

ココが強み1:乾燥後も防臭する

衣類乾燥後も、部屋干し臭が洗濯物に付着しないように、ニオイ戻りを抑制し続けます。

ニオイは多少残る

汗のニオイと思われる、低級脂肪酸性の酸っぱいと感じるニオイが、多少残ってしまいました。

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

今回の検証ではニオイが残りました。

タンク容量は約3.6L

 

持ち運びにはハンドルがあり便利です。タンク容量は約3.6Lと十分な大きさです。

シャープ「CV-NH140」はハイブリッド式なので、季節の寒暖にかかわらず、一年を通して活躍してくれる一台です。

5位: 【おすすめ衣類乾燥除湿機5位】パナソニック「F-YC120HUX」

パナソニック
F-YC120HUX
実勢価格:6万4840円

サイズ・重量:W370×D225×H583mm・13.9kg
除湿方式:ハイブリッド式
タンク容量:約3.2L
定格除湿能力:9.0L(50Hz)、10.0L(60Hz)

▼テスト結果

  • 衣類乾燥: 27点/35点
  • 除湿性能: 6点/10点
  • ニオイ: 5点/10点
  • 消費電力: 6点/10点
  • 静音性: 5点/10点
  • 排水頻度: 4点/5点
  • 使い勝手: 7点/10点
  • 合計: 60点/100点

5位はパナソニック「F-YC120HUX」。ルーバーが左右独立しているのが特長です。それぞれ異なるスピードで動くことで、さまざまな方向に送風し、除湿・衣類乾燥を行います。

ココが強み1:左右のルーバーが独立

2つのルーバーが別々に動くことで、洗濯物を広げるような風を送り、乾かします。

多少ニオイが残る

洗濯物が半乾きの状態で検証する条件では、多少不快と感じるニオイが残っていました。

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

厳しい検証のため多少ニオイがしました。

整然としていてわかりやすい操作パネル

 

一度取扱説明書を確認してしまえば、操作方法で迷うことはありませんでした。

パナソニック「F-YC120HUX」は、部屋や衣類のケアモードなど、付加機能も充実。内部乾燥機能付きで、運転後も内部の水滴を乾燥させて清潔に保てます。

6位: 【おすすめ衣類乾燥除湿機6位】パナソニック「F-YHUX90」

パナソニック
F-YHUX90
実勢価格:4万4500円

サイズ・重量:W470×D250×H335mm・10.5kg
除湿方式:ハイブリッド式
タンク容量:約2.4L
定格除湿能力:6.0L(50Hz)、6.5L(60Hz)

▼テスト結果

  • 衣類乾燥: 25点/35点
  • 除湿性能: 4点/10点
  • ニオイ: 5点/10点
  • 消費電力: 9点/10点
  • 静音性: 3点/10点
  • 排水頻度: 4点/5点
  • 使い勝手: 8点/10点
  • 合計: 58点/100点

6位はパナソニック「F-YHUX90」。洗濯物の真下に置けるように、背が低くなっています。2人分ぐらいの洗濯物であれば、必要十分な衣類乾燥性能を持っています。

7位: 【おすすめ衣類乾燥除湿機7位】アイリスオーヤマ「 KIJDC-K80」

アイリスオーヤマ
KIJDC-K80
実勢価格:3万4800円

サイズ・重量:W334×D285×H739mm・11.5kg
除湿方式:デシカント式
タンク容量:約3.5L
定格除湿能力:8.0L(50Hz・60Hz共用)

▼テスト結果

  • 衣類乾燥: 26点/35点
  • 除湿性能: 3点/10点
  • ニオイ: 7点/10点
  • 消費電力: 3点/10点
  • 静音性: 6点/10点
  • 排水頻度: 5点/5点
  • 使い勝手: 6点/10点
  • 合計: 56点/100点

7位はアイリスオーヤマ「 KIJDC-K80」。今回唯一のデシカント式です。今回の検証方法では、得点が伸びませんでしたが、ニオイ残り検証では2位タイの好記録を残しました。

【おすすめ衣類乾燥除湿機 番外編】三菱電機「MJ-PV250SX」

三菱電機
MJ-PV250SX
実勢価格:8万4000円

サイズ・重量:W410×D299×H630mm・17.9kg
除湿方式:コンプレッサー式
タンク容量:約5.5L
定格除湿能力:24.5L(50Hz・60Hz共用)
 

▼テスト結果

  • 衣類乾燥: 29点/35点
  • 除湿性能: 10点/10点
  • ニオイ: 5点/10点
  • 消費電力: 9点/10点
  • 静音性: 9点/10点
  • 排水頻度: 3点/5点
  • 使い勝手: 6点/10点
  • 合計: 71点/100点

番外編としてご紹介するのが、三菱電機「MJ-PV250SX」。定格除湿能力が24.5L/日と図抜けており、検証で好結果ながら、同様の検証では他と比較しかねると考え、今回は番外としました。

キャスターが縦横斜めに動くのは、今回はこの機種のみ。デカいのに機動性は最高です。

【まとめ】総合力ではベストバイと大差なし

以上、衣類乾燥除湿機おすすめランキング8選でした。

衣類乾燥性能が高く、ニオイ検証も好結果だった三菱電機「MJ-M120SX」が見事に連覇を果たし、ベストバイとなりました。しかし、総合力では大きな違いはなく、その差は縮まっていることがわかりました。

ニオイ解消力で選ぶなら2位のコロナ「CD-H1820」、家族で使うなら4位のシャープ「CV-NH140」や5位のパナソニック「F-YC120HUX」もアリなので、ランキングを参考に選んでみてください。