家電今年こそ買いたい最強の扇風機

気象庁の発表によると、2021年3月までの平均気温は平年より高く推移しており、夏の気温も「平年より高い」と予想されています。

そこで役立つのが、扇風機です。

そこで今回は、今年こそ入手しておきたい最新・最強の扇風機を雑誌『家電批評』が徹底比較しました。

納得いく1台を購入するために、まずは扇風機の基本をおさらいしておきましょう。

家電扇風機の基礎知識:モーターはAC、DC、タワー型

最近の扇風機は、搭載するモーターの違いで、ACモーター扇風機DCモーター扇風機に大別できます。さらに、スリムな形のタワー型(タワーファン)があります。

AC、DC、タワー型各モデルの特徴は以下の通りです。風の性質以外に、搭載される機能やタイマーなどにも違いがありました。

ACモーター搭載扇風機の特徴

  • 交流モーターで作動
  • 構造が単純
  • 耐久性の高い製品を作れる
  • 風量調整が3段階と少ないものが多い
  • 首振り機能は左右にブレがあるものも

DCモーター搭載扇風機の特徴

  • 直流モーターで作動
  • 回転の制御と効率に優れている
  • 風量の微調節や静音性に優れる
  • 風量調節が6段階以上のものが多い
  • タイマーは入・切どちらも付いている
  • デザイン重視のものだと、伸縮は2段階しかないことも

タワー型扇風機の特徴

  • 掃除が行いにくい場合もある
  • 高さは変えられないが、吹き出し口が縦に広いのは◎
  • スリムだから場所をとらない

扇風機の2つのタイプと特徴がわかったところで、早速本題の比較テストの内容について解説します。

家電扇風機の比較方法は?

扇風機の比較テストはこれまでにも数多く行ってきましたが、「風を送り出す」というシンプルな機能を深堀りするために、風の質や心地よさを重視していました。しかし、各社の風の質が向上してきた現在は機能面も見過ごせません。

そこで今回は、使い勝手のテストを大幅に強化することに。2021年春時点で入手可能な各メーカーの新製品と現行機種8製品を対象に、次の25項目を比較検証しました。

風の出方・ムラ

格子間隔で風速を測定。速度ごとに色分けして作図し、グラデーションから風の出方やムラを評価しました。

最大風速

格子間隔で風速を測定。速度ごとに色分けして作図し、グラデーションから風の出方やムラを評価しました。

全風量

風の出方・ムラ検証で測定した風速と範囲から、風量を算出して評価しました。

気流タイプ

扇風機の背面にフォグマシンの煙を流し込んで撮影し、煙が作り出す形状で気流を判断・評価しました。

風当たり

数名にて扇風機の風に当たり、風質(風の強さ、柔らかさ、均一性など)を主観で評価しました。

消費電力

3時間運転したときの消費電力を、ワットモニターで計測、評価しました。

静音性

扇風機中心部から一定距離地点の騒音値を計測。最強モードと最弱モードを計測して評価しました。

パネル位置

本体操作パネルの位置を評価。操作しやすい場所に配置されていれば高評価としました。

パネルボタン

操作パネルのボタンが押しやすいかどうかを評価。ボタン配置や配列は基本的に加味していません。

パネル表示

ボタンの判別しやすさを評価。プリントされている図・文字で機能がすぐにわかれば◯としました。

パネル発光

就寝時の操作を想定し、本体の操作パネル周りのボタン発光がまぶしいかどうかで評価しました。

リモコン操作

本体パネルとリモコンのボタンで操作可能な項目数を比較。操作できない機能があれば減点しました。

リモコンボタン

リモコンのボタンが純粋に押しやすいかどうか評価。ボタンの配置・配列も加味しています。

リモコン表示

リモコンの各種ボタンが何の機能を表しているか、ひと目でわかるかどうかを評価しました。

収納場所

扇風機本体にリモコンの収納場所があるかないかを評価。ある場合は収納のしやすさを加味しています。

首振り角度

ファンヘッドの水平方向の首振り幅を評価。角度が広い製品ほど高評価としています。

高さ調整

本体の高さ調整機能を評価。自在に高さを調整できる製品ほど高評価としました。

首振り性能

首振り性能を評価。水平方向だけではなく、上下方向に首振りできる機種を高評価にしました。

風量段階

こまやかな風量切替・調節ができるか否かを評価。調節できる段階が多い製品ほど高評価としています。

タイマー

タイマーの機能性を評価。オン・オフ両方搭載、設定時間が豊富な機種ほど高評価としました。

付加価値

風量調整以外の付加価値的機能を評価。特別な機能が豊富なものほど高評価としました。

組立難度

購入後の本体組み立ての難易度を体感的に評価。こまかく解体できる機種はその点を考慮しました。

メンテナンス

掃除やメンテナンスをする際に発生する、ファンカバーや羽根の取り外しやすさを評価しました。

本体重量

本体の移動がしやすいかどうかを評価。本体のが軽いほど持ち運びしやすいとし高評価にしました。

運搬取っ手

本体取り付けの取っ手を持って運んだときの体感的な重さで評価。取っ手なしの機種は減点しました。

以上の25項目で基本性能を比較し得点を集約。結果は評価の高かった製品から順に、おすすめランキングとして発表します。

なお、今回はいつもの総合ランキングに加え、場所・用途ごとに適した扇風機も選出。リビング用が欲しい、空気循環や換気用にも使える機種が欲しいといった、ニーズごとのランキングも紹介します。記事後半もぜひチェックしてください!

それでは、まずは総合ランキングからどうぞ!

第1位【おすすめ扇風機1位】シロカ「DC音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇 SF-V151」

シロカ(Siroca):DC 音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇 SF-V151:扇風機
王冠アイコン

シロカ(Siroca)
DC 音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇
SF-V151
実勢価格:1万3800円~

Rentioレンタル価格(1ヵ月あたり):3,000円
サイズ:W360×D300×H680~880mm
重量:約4.2kg

▼テスト結果

  • 風の質・ムラ: 16点/20点
  • 最大風速: 10点/10点
  • 全風量: 8点/10点
  • 気流タイプ: 8点/10点
  • 風当たり: 5点/10点
  • 消費電力: 5点/5点
  • 静音性: 2点/5点
  • 使いやすさ: 22点/30点
  • 合計: 76点/100点

ベストバイに輝いたのは、シロカ「DC音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇 SF-V151」。風の心地よさでは2位のバルミューダには届きませんが、今回細分化した「使いやすさ」や、「最大風速」「風量」でポイントを重ね、ベストバイの座を勝ち取りました。

気流タイプ

気流タイプは均一タイプです。

風質

強い風が出ていてムラも少ないです。風が広い範囲に強く当たります。

使いやすさ18種のテストで総合トップの成績!

メンテナンス

高さ調節

操作パネル

メンテナンスをはじめ、高さ調節、操作パネルなど、各項目で優秀な成績をおさめました。

上方90度にヘッドが向くだけでなく、ボタンひと押しで最大風量になる換気モードや音声操作機能搭載のシロカ。直進する強い風が持ち味で直接当たると寒いくらい。風当たりではバルミューダが勝りますが、音声操作や換気モードといった機能面で評価を上げました。

第2位【おすすめ扇風機2位】バルミューダ「The GreenFan EGF-1700」

バルミューダ(BALMUDA):The GreenFan EGF-1700:扇風機

バルミューダ(BALMUDA)
The GreenFan
EGF-1700
実勢価格:3万9600円

Rentioレンタル価格(14泊15日):6,980円
サイズ:W330×D320mm×H497・871
重量:約4.1kg

▼テスト結果

  • 風の質・ムラ: 20点/20点
  • 最大風速: 6点/10点
  • 全風量: 6点/10点
  • 気流タイプ: 10点/10点
  • 風当たり: 8点/10点
  • 消費電力: 3点/5点
  • 静音性: 3点/5点
  • 使いやすさ: 16点/30点
  • 合計: 72点/100点

2位はバルミューダ「The GreenFan EGF-1700」。過去の検証では不動の1位を誇り、風当たりは唯一無二の心地よさですが、付加機能が少なく順位を下げました。

気流タイプ

気流タイプは均一+拡散タイプです。

風質

ムラの少なさは8台中トップ。きれいな円状に風が広がります。

ベストバイとの明暗を分けたのは、付加機能。バルミューダは自動首振り角度の設定くらいで、風量調整はシロカの半分の4段階で機能面の差は歴然です。とはいえ、風の心地よさだけで2位に入る実力はさすがといえます。

第3位【おすすめ扇風機3位】三菱電機「SEASONS R30J-DDA」

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC):SEASONS R30J-DDA:扇風機

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
SEASONS
R30J-DDA
実勢価格:3万7400円

サイズ:W370×D370×H580・1020mm
重量:約5.1kg

▼テスト結果

  • 風の質・ムラ: 16点/20点
  • 最大風速: 6点/10点
  • 全風量: 6点/10点
  • 気流タイプ: 6点/10点
  • 風当たり: 6点/10点
  • 消費電力: 4点/5点
  • 静音性: 4点/5点
  • 使いやすさ: 21点/30点
  • 合計: 69点/100点

3位は三菱電機「SEASONS R30J-DDA」。上下・左右とも100度を超える自動首振り性能は本機のみ。風の強さは普通ですが、立体的にグリグリ動くヘッドのおかげで空気循環・換気用途でも活躍します。

気流タイプ

気流タイプは拡散タイプです。

風質

ムラは少なく、優秀な風質です。やや下側に風が集まる傾向があります。

三菱電機は機能面が充実していて、実は上位と大きな差はありませんでした。

4位: 【おすすめ扇風機4位】パナソニック「F-CU339」

パナソニック(Panasonic):F-CU339:扇風機

パナソニック(Panasonic)
F-CU339
実勢価格:3万5000円

サイズ:W370×D370×H905~1100mm
重量:約6.0kg

▼テスト結果

  • 風の質・ムラ: 12点/20点
  • 最大風速: 6点/10点
  • 全風量: 10点/10点
  • 気流タイプ: 6点/10点
  • 風当たり: 6点/10点
  • 消費電力: 2点/5点
  • 静音性: 5点/5点
  • 使いやすさ: 21点/30点
  • 合計: 68点/100点

4位はパナソニック「F-CU339」。風は弱めながら風の届く範囲が広く、リビングなどの間取りが大きい部屋に向きます。ナノイー、1/fゆらぎなど、複数の付加機能をもつのが特徴です。

気流タイプ

気流タイプは拡散タイプです。

風質

広範囲に柔らかく広がるので、冷やしすぎたくないときにいいです。

パナソニックも上位と大きな差がないため、子どもがいる家庭のリビングでの使用に向いた扇風機といえます。

5位: 【おすすめ扇風機5位】ドウシシャ「Kamomefan mini FKLW-231B」

ドウシシャ(DOSHISHA):Kamomefan mini FKLW-231B:扇風機

ドウシシャ(DOSHISHA)
Kamomefan mini
FKLW-231B
実勢価格:2万5080円

サイズ:W280×D230×H580mm
重量:約2.6kg

▼テスト結果

  • 風の質・ムラ: 11点/20点
  • 最大風速: 4点/10点
  • 全風量: 4点/10点
  • 気流タイプ: 4点/10点
  • 風当たり: 7点/10点
  • 消費電力: 4点/5点
  • 静音性: 5点/5点
  • 使いやすさ: 22点/30点
  • 合計: 61点/100点

5位はドウシシャ「Kamomefan mini FKLW-231B」。ヒーターにもなり温度設定、背面送風など独自機能が満載で機能面は充実。風量はやや物足りない印象ですが、空気清浄された風を送れるのはダイソンだけです。

気流タイプ

気流タイプは波打ちタイプです。

風質

小型の中ではかなり強い風ですが、ムラは少なく、心地よさもいいです。

6位: 【おすすめ扇風機6位】YAMAZEN「DCモーター 30cm ハイリビング扇風機 YHX-FGD30」

山善(YAMAZEN):DCモーター 30cm ハイリビング扇風機 YHX-FGD30:扇風機

山善(YAMAZEN)
DCモーター 30cm ハイリビング扇風機
YHX-FGD30
実勢価格:1万800円

サイズ:W350×D350×H640・940mm
重量:約3.3kg

▼テスト結果

  • 風の質・ムラ: 12点/20点
  • 最大風速: 4点/10点
  • 全風量: 8点/10点
  • 気流タイプ: 6点/10点
  • 風当たり: 4点/10点
  • 消費電力: 2点/5点
  • 静音性: 3点/5点
  • 使いやすさ: 19点/30点
  • 合計: 58点/100点

6位はYAMAZEN「DCモーター 30cm ハイリビング扇風機 YHX-FGD30」。カモメの羽にヒントを得た独自形状のファンが、強すぎず心地のよい風を運んでくれます。製品名にあるとおり、従来より小さいタイプで取り回し面は優秀。

気流タイプ

気流タイプは拡散タイプです。

風質

広範囲かつ弱めな風で全身で風を浴びやすい傾向があります。

7位: 【おすすめ扇風機7位】ダイソン「Dyson Pure Hot+Cool」

ダイソン(Dyson):Dyson Pure Hot+Cool :扇風機

ダイソン(Dyson)
Dyson Pure Hot+Cool 
実勢価格:7万7000円(雑誌『家電批評』編集部調べ)

サイズ:W248×D248×H764mm
重量:約5.7kg

▼テスト結果

  • 風の質・ムラ: 8点/20点
  • 最大風速: 6点/10点
  • 全風量: 4点/10点
  • 気流タイプ: 6点/10点
  • 風当たり: 5点/10点
  • 消費電力: 1点/5点
  • 静音性: 4点/5点
  • 使いやすさ: 20点/30点
  • 合計: 54点/100点

7位はダイソン「Dyson Pure Hot+Cool 」。ヒーターにもなり温度設定、背面送風など独自機能が満載で機能面は充実。風量はやや物足りない印象ですが、空気清浄された風を送れるのは本製品だけ。

気流タイプ

気流タイプは均一タイプです。

風質

風の質はやわらかく、風は縦に広がる傾向があります。

8位: 【おすすめ扇風機8位】Elegear「FOLDAWAY FAN RECHARGEBLE QZ-011」

Elegear:FOLDAWAY FAN RECHARGEBLE QZ-011:扇風機

Elegear
FOLDAWAY FAN RECHARGEBLE
QZ-011
実勢価格:6680円

サイズ:W280×D280×H535~940mm
重量:約2.2kg

▼テスト結果

  • 風の質・ムラ: 11点/20点
  • 最大風速: 4点/10点
  • 全風量: 4点/10点
  • 気流タイプ: 4点/10点
  • 風当たり: 4点/10点
  • 消費電力: 3点/5点
  • 静音性: 5点/5点
  • 使いやすさ: 17点/30点
  • 合計: 52点/100点

8位はElegear「FOLDAWAY FAN RECHARGEBLE QZ-011」。ムラが少ない直進性のある風で風速や風量は測定値以上の印象。ただ、リモコンで電源オンができず、付加機能が少ないなど、使い勝手の悪さが足を引っ張りました。

気流タイプ

気流タイプは波打ちタイプです。

風質

意外にもムラは少なく優秀でした。

続いて、リビング用、1人用、寝室用、空気循環・換気用と4つの場所・用途別におすすめの製品をご紹介します。

家電【目的別】リビング用におすすめの扇風機は?

家族全員が集まるリビングは、広い間取りで空間も大きい場合がほとんど。また人の出入りや移動も頻繁なうえ、小さな子どもがいる家庭では操作パネルを勝手にいじってしまうことも。

そんなリビング用に最適な扇風機はどんな製品なのでしょうか。ここからは、リビングで使うのに適した扇風機(リビングファン)の条件とおすすめ3製品をご紹介します。

リビング用扇風機のベストバイの条件

家族が集まるリビングに最適な扇風機は、「広範囲に風を届ける力がある」、「ぶつかっても倒れにくい」、「リモコンで全機能が操作できる」、「子どもが触っても危なくないセーフティ機能がある」といった要件を満たすものだといえます。

具体的な条件がこちら。

▼リビング用扇風機のベストバイの条件

  • 風が広く当たる
  • 首振り幅が広め
  • 倒れにくい
  • リモコンが多機能
  • 子どもがいたずらしにくい

リビング向け扇風機の条件がわかったところで、おすすめの3製品を発表します。

【1位】三菱電機「SEASONS R30J-DDA」

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC):SEASONS R30J-DDA:扇風機

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
SEASONS
R30J-DDA
実勢価格:3万7400円

サイズ:W370×D370×H580・1020mm
重量:約5.1kg

リビング用扇風機の1位は三菱電機「SEASONS R30J-DDA」。「拡散タイプ」で「背が高い」うえ、首振り角度が「最も広い」ことでリビング1位に。ファンガードとファンの間隔が広く、指を入れてもファンに当たりにくい点も評価を高めました。

自動首振りの範囲がとにかく広い!

左右180度、上下100度の範囲で自動首振りできます。

広いリビングでも風をふわっと届ける

約1mの高さから拡散する風をふわっと送り出します。上下首振りでより広範囲に。

拡散型の風質で1mまで高さ調整できるうえ、さらに首振りは左右180度、上下100度もあり、広い部屋でもまんべんなく風を届けてくれます。

土台はしっかりとして倒れにくく、チャイルドロックもきちんと搭載。まさに家族向けのリビング扇風機として最適です。

【2位】パナソニック「F-CU339」

パナソニック(Panasonic):F-CU339:扇風機

パナソニック(Panasonic)
F-CU339
実勢価格:3万5000円

サイズ:W370×D370×H905~1100mm
重量:約6.0kg

2位はパナソニック「F-CU339」。風を広範囲に送る力は1位の三菱電機と遜色なし。ただ、ファンとファンガードの間隔が狭く、安全性の面で評価を下げました。

リビング向きの倒れにくい本体

重量のある土台と太めの支柱で不意にぶつかっても倒れません。

【3位】山善「DCモーター 30cm ハイリビング扇風機 YHX-FGD30」

山善(YAMAZEN):DCモーター 30cm ハイリビング扇風機 YHX-FGD30:扇風機

山善(YAMAZEN)
DCモーター 30cm ハイリビング扇風機
YHX-FGD30
実勢価格:1万800円

サイズ:W350×D350×H640・940mm
重量:約3.3kg

3位はYAMAZEN「DCモーター 30cm ハイリビング扇風機 YHX-FGD30」。広範囲に風を届ける点では上位2機種と同等でしたが、3.3㎏と軽量がゆえに倒れやすさで評価を下げて3位に。

搭載機能のすべてがリモコンで操作可能

家電【目的別】1人用におすすめの扇風機は?

一人暮らしや書斎などで自分だけが扇風機を使う場合には、リビング向けとはまた違った条件が求められます。

では、1人用に最適な扇風機はどんな製品なのでしょうか。ここでは、1人用に適した扇風機の条件とおすすめ3製品をご紹介します。

1人用の扇風機のベストバイの条件

リビングより狭い自室で風に当たるのは自分1人……という状況を想定した場合、扇風機に求められるのは「風がブレずにきちんと当たり」、「コンパクトで場所を取らずに移動しやすく」、「パネルの操作がしやすい」ことなどが考えられます。

具体的な条件がこちら。

▼1人用の扇風機のベストバイの条件

  • 風がきちんと当たる
  • 風のムラが少ない
  • コンパクトでジャマにならない
  • 軽くて移動しやすい
  • パネル操作がしやすい

以上の1人用扇風機のベストバイの条件を踏まえて、おすすめの3製品を発表します。

【1位】Elegear「FOLDAWAY FAN RECHARGEBLE QZ-011」

Elegear:FOLDAWAY FAN RECHARGEBLE QZ-011:扇風機

Elegear
FOLDAWAY FAN RECHARGEBLE
QZ-011
実勢価格:6680円

サイズ:W280×D280×H535~940mm
重量:約2.2kg

一人用扇風機の1位はElegear「FOLDAWAY FAN RECHARGEBLE QZ-011」。4~10時間の稼働が可能なバッテリーを標準搭載。狭い自室でも手軽に位置変えできる取り回しのよさが高評価につながりました。

風のムラが少なくダイレクトに当たる

やや縦方向に広がるものの中心部は固まっているので、当てたい場所に風を当てられます。

最軽量&バッテリー式で取り回し性能はNo.1。室内だけでなく外にも持ち出せます。

【1位】ドウシシャ「Kamomefan mini FKLW-231B」

ドウシシャ(DOSHISHA):Kamomefan mini FKLW-231B:扇風機

ドウシシャ(DOSHISHA)
Kamomefan mini
FKLW-231B
実勢価格:2万5080円

サイズ:W280×D230×H580mm
重量:約2.6kg

同1位はドウシシャ「Kamomefan mini FKLW-231B」。こちらも別売ながらバッテリー稼働ができます。高さの調節はできませんが、Elegearより風の質は優れています。

軽量+取っ手付きで移動がラクラク!

2.9㎏と軽量なうえ、ファン部の裏に取っ手があるので移動がとてもラクです。

【3位】バルミューダ「The GreenFan EGF-1700」

バルミューダ(BALMUDA):The GreenFan EGF-1700:扇風機

バルミューダ(BALMUDA)
The GreenFan
EGF-1700
実勢価格:3万9600円

Rentioレンタル価格(14泊15日):6,980円
サイズ:W330×D320mm×H497・871
重量:約4.1kg

3位はバルミューダ「The GreenFan EGF-1700」。ファン部と土台を直接つなぐショートサイズにして別売バッテリーを装着すると、1人用に最適の扇風機になります。

最小サイズで使うとジャマにならない

ファン部を土台に直接取り付けるショートサイズだと、高さは約50㎝に!

家電【目的別】寝室用におすすめの扇風機は?

扇風機を寝室で使いたいという人も多いかと思います。その場合、どんな機能がある製品だと快適かつ便利なのでしょうか。

ここでは、寝室用に最適な扇風機の条件とおすすめ3製品をご紹介します。

寝室用扇風機のベストバイの条件

就寝時の使用で重要なのは、「稼動時の騒音レベルが低いこと」、そして「就寝専用モードの有無」です。また人によっては、オン・オフタイマーの機能性や操作パネルの明るさ、消灯後の操作のしやすさもポイントになりえます。

具体的な条件がこちら。

▼寝室用扇風機のベストバイの条件

  • 静音性が高い
  • 暗所でも操作がしやすい
  • 専用モードがある
  • タイマーが細かく設定できる
  • パネルがあまり発光しない

寝室用扇風機のベストバイの条件がわかったところで、おすすめの3製品をご紹介します。

【1位】ドウシシャ「Kamomefan mini FKLW-231B」

ドウシシャ(DOSHISHA):Kamomefan mini FKLW-231B:扇風機

ドウシシャ(DOSHISHA)
Kamomefan mini
FKLW-231B
実勢価格:2万5080円

サイズ:W280×D230×H580mm
重量:約2.6kg

寝室用扇風機の1位はドウシシャ「Kamomefan mini FKLW-231B」。静音性の高さとオン・オフタイマーの使い勝手のよさも相まって寝室用1位になりました。

風量MAXでも気にならない静音性

最小風量時は動作音を感じず、最大風量でも少し音を感じる程度と静音性は抜群です。

オン・オフタイマーで稼働が自由自在!

オン・オフタイマーは、1、2、3、8時間の4段階があり、柔軟に設定できます。

就寝用モードである「おやすみ風」は風量に強弱をつけるリズム風が時間の経過とともに弱くなるハイブリッド仕様。自然に近い風当たりが徐々に弱くなっていくので、心地よい眠りに誘われます。

【2位】シロカ「DC音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇 SF-V151」

シロカ(Siroca):DC 音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇 SF-V151:扇風機

シロカ(Siroca)
DC 音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇
SF-V151
実勢価格:1万3800円~

Rentioレンタル価格(1ヵ月あたり):3,000円
サイズ:W360×D300×H680~880mm
重量:約4.2kg

2位はシロカ「DC音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇 SF-V151」。就寝用の「おやすみモード」は30分ごとに風量を下げてくれます。オン・オフタイマーは4段階と幅広いのも特徴です。

声をかけるだけで各種操作ができる

今回の検証機中で唯一、布団に入ったまま操作できる「音声操作」が可能です。

【2位】パナソニック「F-CU339」

パナソニック(Panasonic):F-CU339:扇風機

パナソニック(Panasonic)
F-CU339
実勢価格:3万5000円

サイズ:W370×D370×H905~1100mm
重量:約6.0kg

同2位はパナソニック「F-CU339」。パナソニックはおやすみモードのほかにタイマー機能も優秀。他社製にはないオン・オフの同時設定が可能です。

同時設定できるオン・オフタイマー

おやすみモードは室温に合わせて風量調節されるので快適な風で寝られます。

家電【目的別】空気循環・換気用におすすめの扇風機は?

扇風機をサーキュレーター代わりにして冷房効率を高めたい、またはコロナ禍で必要性が叫ばれる換気機器として使いたいという人もいるかと思います。

ここでは、空気循環・換気用に最適な扇風機の条件とおすすめ3製品をご紹介します。

空気循環・換気用扇風機のベストバイの条件

室内の空気を循環させるのに求められるのは、「首振りの範囲が広い」「風力が強く風に直進性がある」「稼働時間が長いのに消費電力が低い」などです。

具体的な条件がこちら。

▼空気循環・換気用扇風機のベストバイの条件

  • 上下左右に首振りできる
  • 風量がある
  • 風に直進性がある
  • 背が低い
  • 消費電力が低い

空気循環・換気用扇風機のベストバイの条件がわかったところで、おすすめの3製品をご紹介します。

【1位】シロカ「DC音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇 SF-V151」

シロカ(Siroca):DC 音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇 SF-V151:扇風機

シロカ(Siroca)
DC 音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇
SF-V151
実勢価格:1万3800円~

Rentioレンタル価格(1ヵ月あたり):3,000円
サイズ:W360×D300×H680~880mm
重量:約4.2kg

空気循環・換気用扇風機の1位は、シロカ「DC音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇 SF-V151」。直進性のある風、消費電力の低さはまさに一日中稼働させることが多い空気循環・換気用途としても最適の1台です。

直進性のある風が室内の空気を循環

均一タイプ+5.1m/sの強力な風速によって、室内の空気を効率的に循環してくれます。

自動首振り角度こそ左右60度しかありませんが、手動で上方向に90度動かせるうえ、換気ボタンを押すだけで最大風量に切り替えられます。

さらに消費電力が最も低く、最大風量で1日稼働しても2.41円(雑誌『家電批評』編集部調べ)しかかからない優秀さ。総合1位に輝いたシロカは、なんと空気循環・換気用途でも最強でした。

【1位】ドウシシャ「Kamomefan mini FKLW-231B」

ドウシシャ(DOSHISHA):Kamomefan mini FKLW-231B:扇風機

ドウシシャ(DOSHISHA)
Kamomefan mini
FKLW-231B
実勢価格:2万5080円

サイズ:W280×D230×H580mm
重量:約2.6kg

同1位はドウシシャ「Kamomefan mini FKLW-231B」。上下方向100度の自動首振りが可能なうえ、全高が約60㎝と小さいので低い位置から上方へ空気を攪拌できます。

小型だから自然と足元から風を送れる

冷房の冷たい空気を、撹拌するのにぴったり。消費電力もシロカに次ぐ2位、移動も簡単と使い勝手が抜群です。

【3位】三菱電機「SEASONS R30J-DDA」

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC):SEASONS R30J-DDA:扇風機

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
SEASONS
R30J-DDA
実勢価格:3万7400円

サイズ:W370×D370×H580・1020mm
重量:約5.1kg

3位は三菱電機「SEASONS R30J-DDA」。今回の検証機中で随一の首振り性能が空気循環・換気に役立ちます。消費電力も3位と大きさの割に省エネです。

3D首振りで空気を循環させる

首振り角度の広さが、空気を循環させるのに◎。

家電【まとめ】場所や用途に適した扇風機を選びましょう

以上、扇風機のおすすめランキング8選でした。

今回は総合ランキングに加えて、場所・用途ごとに適した扇風機のおすすめランキングもご紹介しました。

どの扇風機を購入するかは新製品ラッシュが始まってから吟味していたのでは遅い可能性もあるので、ランキングを参考に、自分が欲しい扇風機を決めておくことをおすすめします。