スポーツランニングするならまずはシューズを用意!

ランニングは特別な道具やスキルが不要なため、気軽に始められる運動です。ランニングを始めたばかりでも、専用のランニングシューズを買いましょう。ランキングシューズを買う理由について、ご紹介します。


ランニングシューズが必要な理由

ランニングを始めるときに「走るだけだから、普段履いているスニーカーでいいのでは?」と考えるかもしれません。しかし、走っているときは着地時に体重の3~4倍の負荷が足にかかっています。

ランニングシューズはソールのクッション性が高いため、足にかかる負荷を軽減して足を守る役割があるのです。また、スニーカーにはない独特の反発力で快適な走りのサポートもしてくれます。

長くランニングを続けるためにも、まずはランニングシューズを用意しましょう。


ランニングシューズには種類がある

ランニングシューズはクッション性能や重さの違いで、次の3種類に分けられます。

1.クッション性が高く低反発で、重さがある
2.クッション性が高く反発性があり、軽さも考慮されている
3.クッション性が低く反発性が高く、軽い

1は着地時にかかる負荷から足を守れるうえ、重さがあるため安定感があります。2は足にかかる負荷と軽さのバランスがいいことが特徴です。3は足を守る効果が低い代わりに、軽量化によりスピードアップに特化しています。

走る目的やシーン・ランナーとしてのレベルによって、合うランニングシューズが変わります。


厚底シューズと薄底シューズの違いは?

ランニングシューズの常識を変えたのが、2016年のリオデジャネイロオリンピックで初登場したNikeの厚底シューズです。「上級者ランナーは薄底軽量」というランニングシューズの流れが、Nikeの厚底シューズで変わりました。

厚底シューズの特徴は、衝撃が吸収されるため足に負担がかかりにくいことです。歩幅が伸びスピードが安定する代わりに、使いこなすための筋力が必要になります。

薄型シューズは軽量で着地時の衝撃を感じやすいため、足や身体のバランスを鍛えられるのが特徴です。しかし衝撃を感じる分、足には負担がかかってしまいます。厚底・薄底の違いを押さえて、自分に合ったシューズを選びましょう。

スポーツランニングシューズは走りのレベルで選ぼう

一口にランニングシューズといっても、各メーカーから多くの種類が販売されています。デザインだけでなく機能や重さにそれぞれ違いがあるので、選ぶときには最低限の知識を持っておきましょう。


初心者には重めのシューズ

ランニングを始めるときは「軽いシューズのほうが速く走れそうだし、疲れないのでは?」と考えてしまいがちです。しかし、初心者に向いているのは『クッション性が高く低反発で、重量がある』ものです。

慣れないうちはフォームが定まらないため、適度な重さがあるランニングシューズのほうが足元は安定します。

クッション性が高く低反発なシューズは、着地の衝撃から足を守ります。走りに慣れてフォームが安定するまでは、ソールが厚く重めのランニングシューズを履きましょう。


中級以上になったら軽いシューズを

走ることに慣れてフォームが安定し、ペースアップを目指すようになったら『クッション性が高く反発性があり、軽量性も考慮されている』中級者向けのランニングシューズに切り替えましょう。

初心者向けのものよりもクッション性は低くなりますが、軽くて反発性に優れているため、足の運びがスムーズになります。

速さを追求する上級者には、『クッション性が低く反発性が高く軽量』なランニングシューズが向いています。クッション性がない代わりに、しっかりとしたグリップで力強く走れるのが特徴です。

スポーツランニングシューズを選ぶときの注意点

ランニングするときは、着地時に足へ負担がかかります。楽しくランニングをするためには、普段履く靴を選ぶときよりも慎重に選ばなければなりません。


足のサイズや形をよく知ろう

ランニングシューズを探す前に、自分の足のサイズや形をしっかり把握しておきましょう。まずは次の手順で、正確な『足長』を測ります。

1.A4用紙と定規、背表紙の厚い本か箱を用意
2.紙を縦に置いて下のほうに水平に線を引き、横線に対し90度に縦の線を引く
3.横線に合わせて本か箱を置き、かかとを付ける
4.かかとの中心と人さし指を縦線に置いたら、本か箱をつま先側に移動させる
5.先端の指に当たる部分で縦線と90度になるように本や箱を置き、印を付ける

かかと側の横線からつま先側の印までの長さが、足長です。次に親指付け根の出っ張りから小指付け根の出っ張りまで、メジャーで1周測り『足囲』を出します。


フィット感も大事

ランニングシューズを購入する際、デザインや予算も大切ですが、長く履けるものを選ぶためにフィット感を重視しましょう。ネットで買うなら、商品情報から自分の足長と足囲に合うかどうか確認する必要があります。

『26.5cm』という足長だけでなく、『E』や『EE』『3E』などで表す『ウィズサイズ(幅)』もチェックしましょう。普段履いている靴のウィズサイズか、自分の足長と足囲が分かればネットでもフィット感が分かります。

販売サイトの『ウィズサイズチャート表』でD~EEEE(4E)のどれに当てはまるかを調べられるのです。サイズが合わないとマメや靴ずれの原因になるので、フィットするサイズかどうか買う前に調べておきましょう。

スポーツ初心者向けランニングシューズ

初心者に向いている重量があるランニングシューズには、どんなアイテムがあるのでしょうか?初心者から中級者になるまで使える、軽さとクッション性を両立したランニングシューズを紹介します。


HOKA ONEONE(ホカ オネオネ) CLIFTON 8

HOKA ONEONE
CLIFTON 8
実勢価格:1万7600円

カラー:イビザブルー/スキューバブルー、ブラック
重さ:250g(27cm片方)
※画像はAmazonより

『CLIFTON』は『HOKA ONEONE』を初めて履く人に向けたエントリーモデルです。8から採用された超軽量のミッドソールフォームが足元を包み込み、軽量化とクッション性を両立しています。アウトソールはフラットウエスト形状で安定性があるため、フォームの定まっていない初心者にも走りやすいでしょう。

洗練された一体設計のプルタブが着脱を簡単にしており、準備でもたつくことがありません。足の甲には『エンジニアードメッシュアッパー』が採用され、通気性と快適性があります。


on(オン) Cloudstratus

on
Cloudstratus
実勢価格:1万2936円〜

カラー:ブラック/シャドー、ピスタチオ/グレー、コブル/アイビー、
重さ:305g(27cm片方)
※画像はAmazonより

ソールに軽量性・反発性・耐久性に優れたonの独自素材『Helion』を採用しています。『CloudTec』は2層構造になっており、着地時の衝撃を吸収してくれる、初心者に優しいランニングシューズです。優れたクッション性とレスポンスが、足への優しさと走りの向上を実現します。

星形シューレースシステムと2列のシューホールで、自分の足に合わせてフィット感を調節できるのも魅力です。アッパー(足の甲)のメッシュ部分はランニングの動きを計算して非対称に作られており、通気性のよさと丈夫さが両立されています。


PUMA(プーマ) ディヴィエイト ニトロ

PUMA
ディヴィエイト ニトロ
実勢価格:1万1991円〜

カラー:イエロー アラート、エレクトロ グリーン、ブラック、ラバ ブラスト、グリーングレア
重さ:255g(27cm片方)
※画像はAmazonより

クッション性と高い反発性を両立させたランニングシューズです。従来モデルより軽量化された『NITRO Foamミッドソール』を採用しています。

どの部分で接地してもクッションの反発性と推進性があるため、フォームの定まっていない初心者に優しいのが特徴です。

着地から蹴り出しまでの力を最大化する『INNOPLATE』と、あらゆる路面に対応するグリップ性を持つ『PUMA GRIP』が快適な走りをサポートします。メッシュは通気性がよく、長距離のランニングも快適です。


Salomon(サロモン)XT-6 FT

Salomon
XT-6 FT

実勢価格:2万8600円
カラー:ベージュ
重さ:336g(27cm片方)
※画像は公式サイトより

フランス発祥のアウトドアブランド『SALOMON』から、トレイルランニング用として発売されたランニングシューズです。トレイルとは未舗装路や山道のことで、これからトレイルランニングを始めたい人に向いています。

衝撃吸収力と安定性に優れた『Agile Chassis System』と、接地時の衝撃を緩和する『EnergyCell』、グリップ力を発揮する『Mud Contagrip』が快適な走り心地のカギです。起伏のある地面やぬかるんだ道でも、足を痛めにくいでしょう。

クイックレースやレースポケット・レースロッカーがあり、着脱のしやすさも抜群です。

スポーツ厚底シューズの先駆け「NIKE(ナイキ)」

厚底シューズでランニングの常識を変えたNIKEは、厚底以外のラインナップも豊富です。初心者〜中級者向けシューズの中から、特におすすめのランニングシューズを紹介します。


ダウンシフター 11

NIKE
ダウンシフター 11

実勢価格:5720円〜
カラー:ブラックレー、ユニバーシティレッド
※画像はAmazonより

軽量ながらも柔らかいクッション性で、足裏とかかとをサポートしてくれるランニングシューズです。長距離のランニングを快適にします。高コスパでクッション性と重さのバランスがよく、初心者に向くタイプです。

半透明のウインドウから、靴ひもを締めたときにサポート部分を見て確認できます。ラバーのアウトソールに溝が刻まれており、推進力を発揮しながら柔軟に曲がるのも特徴です。

シューズのフチをラバーで包み込む設計で、クッション性と耐久性が強化されています。


エア ズーム ペガサス 38

NIKE
エア ズーム ペガサス 38
実勢価格:7900円〜

カラー:ホワイト/ハイパーピンク/ダイナミックターコイズ/ウルフグレー、ベアリーボルト/ボルト/フォトンダスト/ブラック、ブラック/アンスラサイト/ボルト/ホワイト、ほか6色
※画像はAmazonより

1983年からアップデートやマイナーチェンジを繰り返している、人気ランニングシューズ『ペガサス』の38代目モデルです。軽量で高反発な『Nike React』フォームでクッション性に優れており、初心者から距離を伸ばしたい中級者に向いています。

足の動きに合わせて伸縮する形とペガサスのフィット感を生かしつつ、足の前側が幅広い設計でつま先への締め付けを軽減しています。通気性に優れたメッシュ素材で、快適さも抜群です。


リニュー ラン 2

NIKE
リニュー ラン 2
実勢価格:7293円

カラー:ブラックレー
※画像はAmazonより

フォームのミッドソールが足裏にクッション性をもたらす、柔らかい履き心地のランニングシューズです。つま先のスキンで耐久性が強化されており、初心者から中級者になるまで長く愛用できます。

かかとやタン(靴ベロ)が足をしっかりサポートするため、サポート力にも優れています。甲の部分には通気性に優れたメッシュと剛性素材を使い、足をしっかり固定できるよう作ってあるのもうれしいポイントです。

ラバーの靴アウトソールが推進力を強化するつくりは、長距離のランニングにもピッタリです。

スポーツ日本人の足にフィット「ASICS(アシックス)」

ASICSは1949年、神戸で創業された国内メーカーです。スポーツ工学に基づいた機能的で高品質なシューズは、国内外で人気があります。ASICSだからこそ実現できる、日本人の足にフィットするランニングシューズをチェックしてみましょう。


JOLT 3

ASICS
JOLT 3
実勢価格:3971円

カラー:ブラック/ホワイト、オリーブキャンバス/ブラック、ブラック/エレクトリックレッド、ホワイト/ブラック、クラシックレッド/ブラック、フレンチブルー/ブラック、ほか10色
※画像はAmazonより

ランニングだけでなく、ウォーキングや軽い運動に使えるランニングシューズです。ウォーキングだけでなく、ランニングも楽しみたい人や、軽く走るときのシューズを探している中・上級者に向いています。

クッション性や耐久性・フィット感も優れているため、ウォーキングもランニングも快適にできるでしょう。見た目の特徴は、ASICSのロングセラーシューズ『GTシリーズ』から着想を得たクラシックなデザインです。


NOVABLAST 2

ASICS
NOVABLAST 2
実勢価格:1万939円〜

カラー:グラシアグレー/サンダーブルー、ブラック/ピュアシルバー、ブラック/グローイエロー、フレンチブルー/ピュアシルバー
※画像はAmazonより

足を包み込むような履き心地と、高い反発性が特徴のランニングシューズです。アウトソールの接地面積が広く着地感が安定するので、フォームの定まっていない初心者に向いています。

高反発素材『FLYEFOAM BLAST』とアウトソールのトランポリン構造で、弾むような走り心地を実現しているのが特徴です。初心者だけでなく、走り慣れた中級者でも満足できるでしょう。

メッシュ穴の大きさを部位によって調整する『エンジニアードメッシュ』で通気性もよく、長時間のランニングでも快適です。こだわったデザインは、フィットネスやアフターランにも映えるでしょう。


HYPER SPEED

ASICS
HYPER SPEED
実勢価格:4990円〜

カラー:フレンチブルー/ハザードグリーン、ブラック/ホワイト、サンライズレッド/ホワイト、ブレイジンレッド/ブラック、グロウイエロー/ディープシーティール、デジタルアクア/ホワイト/グロウイエロー
重さ:210g(27cm片方)
※画像はAmazonより

軽量にこだわり、優れた走行効率性を発揮する、中・上級者向けのランニングシューズです。つま先が弓状に上がったガイドソールテクノロジーを採用することで、重心移動と蹴り出しをスムーズにしています。

足の甲部分のメッシュは穴が斜めに配置されており、通気性が高く長距離ランのときでも足がムレません。アウトソールにグリップ力があってすり減りにくいため、ハードなトレーニングにも安心です。

スポーツおしゃれなデザインも高ポイント「adidas(アディダス)」

スリーストライプスで有名なadidasは、トレンドを反映させたおしゃれなランニングシューズが高ポイントです。デイリーにも使える初心者向けのものから、中・上級者向けの本格的なランニングシューズまで紹介します。


ウルトラブースト 22

adidas
ウルトラブースト 22
実勢価格:1万6800円

カラー:コアブラック/ソーラーイエロー
重さ:333g(27cm片方)
※画像はAmazonより

高いクッション性と反発性のあるミッドソール『BOOST』フォームを使用し、初心者でも快適に走れるランニングシューズです。『Linear Energy Push』システムを組み合わせて反発力が強化されているため、中・上級者でも満足できます。

自動車やレース用自転車でも使われている『Continental』をアウトソールに採用しており、グリップ力が路面のコンディションに左右されません。ヒール部分は足に柔らかくフィットする設計で、靴ずれを抑えます。


デュラモ SL 2.0

adidas
デュラモ SL 2.0
実勢価格:4480円

カラー:ブラック/ホワイト/ブラック、ブラック/ブラック/ホワイト、レジェンドインク/インク、ホワイト/ブラック/グレー
※画像はAmazonより

ランニング時だけでなく、ウォーキングやタウンユースなどマルチに使えるランニングシューズです。ランニングを始めたい初心者から、軽く走るときやデイリーに履けるシューズを探している中・上級者まで向いています。

気軽に履けるうえにファッション性も高いのが特徴です。ランニングシューズとしてももちろん優秀で、『LIGHTMOTION』のクッション性や縫い目のないオーバーレイでサポート力があります。


アディゼロ ジャパン 6

adidas
アディゼロ ジャパン 6
実勢価格:6604円〜

カラー:レガシーインディゴ/フットウェアホワイト/ターボ、フットウェアホワイト/コアブラック/ソーラーレッド、ソニックインク/スクリーミンググリーン/フットウェアホワイト、ほか5色
重さ:224g(27cm片方)
※画像はAmazonより

軽量性と反発力にこだわった、中級者向けのランニングシューズです。『BOOST』フォームと『Lightstrike』クッショニングを組み合わせたミッドソールで、軽やかに走れます。テンポアップランやハーフマラソンにピッタリです。

『BOOST』フォームとアウトソールに採用されている『Continental』は、温度や路面状態からの影響を受けにくいため、あらゆる天候下でのランニングで反発力をキープします。

スポーツスニーカーで人気「new balance(ニューバランス)」

履きやすくさとデザイン性が人気のnew balanceには、ランニングシューズも充実しています。軽いランニングやデイリーユースに向いているものから、初心者から中級者まで長く履けるシューズを見ていきましょう。


VIAZA M

new balance
VIAZA M
実勢価格:4590円〜

カラー:グレー、ブラック/ホワイト、ブルー/ブラック、ブラック、ブルー、ライム、ピンク/ブラック
※画像はAmazonより

反発性とグリップ性に優れた設計で、走るフォームが安定してきた中級者に向くランニングシューズです。ベロは独自の構造で足に心地よくフィットし、靴ずれを防ぎます。

アウトソールにラバーを、ミッドソールに『DYNASOFT』を使用することで、優れた耐久性とグリップ性・反発性を持たせています。甲のメッシュは通気性が高いため、長時間のランニングも快適です。


FLASH M

new balance
FLASH M
実勢価格:5990円〜

カラー:ブラック、ブラック/レッド、ブルー、ホワイト
※画像はAmazonより

クッション性と耐久性はもちろん、ファッション性が高くデイリーユースにも向くランニングシューズです。ランニング初心者から、通勤や軽く走りたいときに履けるシューズを探している中・上級者まで向いています。

ソフトなクッション性をもたらす『DYNASOFT』ミッドソールと、耐久性に優れた全面ラバーアウトソールが、軽いランニングをサポートします。高いフィット性とサイドもサポートする形状で、フィットネスや長時間のウォーキングにも安心です。


FRESH FOAM VONGO M

new balance
FRESH FOAM VONGO M
実勢価格:5698円〜

カラー:ブラック、ディープシー、ホワイト
※画像はAmazonより

高いクッション性とサポート性が特徴の『FRESH FOAM』が誇る上位モデルです。軽さと柔らかさに優れたnew balance独自開発のミッドソール素材『FRESH FORM』は、初心者にも中級者にも向いています。

凹凸デザインを配置し、安定性とクッション性を高めたFRESH FOAMが快適な走りをサポートしてくれるでしょう。アウトソールの接地面積を広くし、着地時の荷重を適度に減らしてくれるのも魅力です。

スポーツ軽やかな走りを目指すなら「MIZUNO(ミズノ)」

日本の大手スポーツメーカーMIZUNOは、ランニングシューズも数多く展開しています。スポーティーなデザインと幅広シューズが多いのが特徴です。初心者から上級者までランナーの足を支える、MIZUNOのランニングシューズを紹介します。


マキシマイザー24

MIZUNO
マキシマイザー24
実勢価格:3910円〜

カラー:ブラック、ホワイト、ブラック/イエロー、ブラック/ホワイト、ブルー/ホワイト/イエロー、ホワイト/ブラック、レッド/ブラック、グレー/チャコール、ネイビー
重さ:260g(27cm片方)
※画像はAmazonより

リーズナブルな価格と快適な履き心地で、軽い運動にも使えるランニングシューズです。ランニングを始める初心者から、さまざまな場面で使えるシューズを探す中・上級者に向いています。

ゆったりフィットする足幅で、柔らかく軽快な履き心地をかなえるのが特徴です。アウトソールには耐摩耗性ラバー『X10』が使用され、滑りにくくなっています。インソールは取り外し可能で、丸洗いするときも便利です。


ウエーブライダー 25

MIZUNO
ウエーブライダー 25
実勢価格:1万2106円〜

カラー:ブラック/ブラック、ホワイト/シルバー、ブラック/グレー/ブルー、イエロー/ブラック/レッド、オレンジ/シルバーブラック、グリーン/ホワイト/ライム、ブルー/グレー/ピンク、ほか4色
重さ:275g(27cm片方)
※画像はAmazonより

スムーズな走りを追求する中級者に向いているランニングシューズです。柔軟性に優れた素材『MIZUNO ENERZY』と、中足部の安定性を高めた『MIZUNO WAVE』を採用しています。接地から蹴り出しまでスムーズに走れるでしょう。

フィット感を高めたシュータンはずれにくく、長時間のランニングも快適です。通気性の高いメッシュで快適性を、ホールの大きさを調整することでサイドのホールド感を高めています。


ウエーブエアロ19 ワイド

MIZUNO
ウエーブエアロ19 ワイド
実勢価格:7574円〜

カラー:ブラック/ブラック/ホワイト、イエロー/イエロー/ホワイト、ブラック/グレー/ブルー、レッド/レッド/ホワイト、グレー/ホワイト/コーラル
重さ:215g
※画像はAmazonより

フルマラソンで3時間30分を切る『サブ3.5』を目指す人のために設計された、軽さ・反発力・クッション性を追求した上級者向けランニングシューズです。

MIZUNO最高の反発性を持つ『MIZUNO ENERZY』にレーシングタイプのウエーブプレートを組み合わせ、反発性と推進力をサポートしています。

横に伸縮し、縦には伸びにくい『ウーブンアッパー』を採用し、適度なフィット感をかなえる設計です。走行時のパワーロスを軽減し、スピードアップを目指す助けになります。

スポーツ中・上級者向け! ファッショナブルなレディースランニングシューズ

走ることに慣れてフォームが安定してきたら、いよいよ中級者です。ランニングシューズもランクアップさせましょう。ファッショナブルな可愛いカラーがうれしい、レディースランニングシューズを紹介します。


ASICS TARTHER RP 2

ASICS
ASICS TARTHER RP 2
実勢価格:1万2713円〜

カラー:ホワイト/ブレージンコーラル
※画像はAmazonより

スピードアップを目指して設計されたランニングシューズです。アウトソールに丈夫なプレートを搭載することで、力をダイレクトに地面に伝える反発性を持たせています。

つま先部分の『ASICSGRIP』は、路面のコンディションを選ばずに優れたグリップ力を発揮するでしょう。軽い『FLYTEFOAM』をミッドソール前面に採用し、スムーズな足運びを実現します。


NIKE エア ズーム テンポ ネクスト%

NIKE
エア ズーム テンポ ネクスト%
実勢価格:1万6500円〜

カラー:ブラック/ホワイト アンスラサイト、ブラック/アンスラサイト/ピュアプラチナム/ホワイト、ブラック/グラシア アイスホワイト、ロイヤルパルス/ゲームロイヤル、ホワイト/ブラック ピンクブラスト、ホワイト/ピンクブラスト/ブラック
※画像はAmazonより

レース用シューズのようなデザインと優れた耐久性で、自己記録更新への挑戦をサポートするランニングシューズです。『Nike React』テクノロジーを採用したかかと部が、軽量性と耐久性をかなえます。

踏み出すときにクッション性を発揮するため、安定した履き心地です。ラバーのアウトソールは路面状態を問わずグリップ力を発揮します。非対称の編み構造で、足をしっかり固定できるのが魅力です。


MIZUNO ウエーブライダーNEO 2

MIZUNO
ウエーブライダーNEO 2
実勢価格:1万2700円〜

カラー:ブラック/シルバー/ブルー
重さ:225g
※画像はAmazonより

接地から蹴り出しまでがスムーズで、ストレスのない走り心地のランニングシューズです。特殊な樹脂を分割配列した『G3ソール』で、軽量性とグリップ性が高められています。

軽量性を追求するために採用された『モノフィラメントエンジニアードメッシュ』は通気性に優れており、履き心地は快適です。ベロと履き口が一体になっているため、フィット感がよくベロもずれにくいでしょう。

スポーツ中・上級者向け!周りと差を付けるメンズランニングシューズ

ランニングが中級者以上になったら、タイムの向上や長距離のランニングに挑戦できるランニングシューズを探しましょう。スピードを重視した、中・上級者向けのメンズランニングシューズを紹介します。


MAGIC SPEED

ASICS
MAGIC SPEED
実勢価格:1万1000円〜

カラー:グラシアグレー/サンダーブルー、ブラック/ホワイト、サンライズレッド/ホワイト、グロウイエロー/ディープシーティール、ブレイジンレッド/ブラック、マコブルー/ハザードグリーン、グラシアグレー
※画像はAmazonより

ASICSの上級者モデル『METASPEED』シリーズから、機能やデザインを引き継いだランニングシューズです。ASICSレーシングモデル最高峰のひとつである『MAGIC SPEED』は、自己ベストを目指す中上級者に向いています。

『エンジニアードモノフィラメントメッシュ』を甲の部分に採用しており、長時間のランニングも快適です。

グリップ力と耐久性を両立するソール設計と、反発性と軽量性に優れたフォーム素材『FLYTEFOAM BLAST』を採用しています。スピードランニングをしっかりサポートしてくれるでしょう。


HOKA ONE ONE BONDI 7 WIDE

HOKA ONE ONE
BONDI 7 WIDE
実勢価格:2万3100円

カラー:ブラック/ブラック、ブルー
重さ:303g
※画像はAmazonより

HOKA ONE ONEのロードシューズの中で最もクッション性が高く、フルマラソン完走を目指す人向けのシューズです。ボリュームのある『フルEVAミッドソール』と、通気性の高いアッパーで長距離の走りをサポートします。

独自開発の『メタロッカーテクノロジー』で、耐久性と軽量化を実現したアウトソールが特徴です。足首を優しく包む形状記憶フォームのアンクルパッドによって、快適な履き心地が実現されています。


UNDER ARMOUR UA ホバー インフィニット3 メンズ

UNDER ARMOUR
UA ホバー インフィニット3 メンズ
実勢価格:7007円〜

カラー:Black/White/White、Black、White、Red
※画像はAmazonより

上級者長距離ランナーに求められる効率性にこだわったランニングシューズです。軽量性とすり減りにくさを重視したメッシュアッパーと全面プリントで、さまざまなワークアウトが快適になるでしょう。

着地の衝撃を緩和する『UA HOVRテクノロジー』で、軽い履き心地とエネルギーリターンを両立しているのが特徴です。かかとをしっかりホールドする内側のヒールカウンターで、長距離のランニングもサポートします。

スポーツまとめ

ランニングを始めるときは、まず自分に合ったランニングシューズを用意することが大切です。足に合ったサイズで探すことはもちろん、ランナーとしてのレベルも考えて選びましょう。

初心者から中級者まで使えるクッション性と軽さを重視したシューズや、軽いランニングからデイリーユースまで可能なシューズもあります。中・上級者は走り方や気分によって、シューズを使い分けるのがおすすめです。

自分に合ったランニングシューズを見つけて、楽しく長くランニングを続けましょう。