スポーツActivbody「Activ5」

Activbody「Activ5」

Activbody
Activ5
実勢価格:1万8480円

サイズ・重量:W78.7×H94× D33mm・283.5g
サポート:iOS9、Android5.0以降
接続方法:Bluetooth4.0
バッテリー:単4電池1本

Activbody「Activ5」は手のひらに収まるほど小さいサイズですが、全身で「静止トレーニング」ができるデバイス。本格トレーニングができるので、筋トレ経験者にもおすすめのアイテムです。

使い方はシンプルで、体のさまざまな部位にこの「Activ5」を挟み込んで思い切りプレスします。すると内蔵されている圧力センサーが筋力を推定する仕組み。挟むだけなので、どこでもトレーニングができます。

いろいろな部位に挟んでキープ!

両手の平で押し合ったり、両膝の内側で挟んだり、かかとで踏み込んだりと、トレーニングのバリエーションが豊富です。

チェストフライ(大胸筋)を鍛える

チェストフライ(大胸筋)を鍛える

椅子のポーズで臀筋群を刺激

椅子のポーズで臀筋群を刺激

踏みつけてハムストリングス(もも裏)を鍛える

踏みつけてハムストリングス(もも裏)を鍛える

簡単そうに見えますが、力を入れながら同じ姿勢をキープするので、やってみると想像以上に辛いです。

注意:カテゴリーに誤りがある?

注意:カテゴリーに誤りがある?

運動メニューは部位別になっているのですが、バイセップカール(上腕二頭筋)が大胸筋に分類されているなど誤りがありました。

ゲーム感覚で楽しめます

ゲーム感覚で楽しめます

プロトレーナーの田中さんによると、初心者が使うなら腹筋、大腿四頭筋、スクワット系がオススメとのこと。ガイドに沿って負荷をコントロールする運動は、ゲーム感覚で楽しめます。

トレーニーも唸るハードさでした

小型のデバイスながら、ハードさはなかなかのもの。筋トレが日課だというモデルの上田操さんに腹筋エクササイズをやってもらったところ、「キツい!」という声が。

トレーニーも唸るハードさでした

右膝と左肘でプッシュする動きですが、30秒くらいでヘトヘトになるほどしっかり負荷がかかっていました。筋トレ好きにこそオススメしたい製品です。

スポーツ【まとめ】筋トレ経験者にはおすすめです

【まとめ】筋トレ経験者にはおすすめです

さいごにActivbody「Activ5」の検証による評価と、良かった点と惜しかった点をまとめてみました。

▼検証結果

  • B+評価

▼良いところ

  • 1つの動きが15~30秒
  • コンパクトで携帯性がいい
  • ケガのリスクが低い

▼惜しいところ

  • 初心者にとっては難しい
  • 運動強度がわかりづらい
  • 動画で解説してほしかった

Activbody「Activ5」は小型でどこでもトレーニングができる便利なアイテム。手軽でストレスなく使えるのがいいところです。

ただしトレーナーの田中さんは、「初心者にはどの筋肉を動かしているのか意識するのが難しいエクササイズが含まれている。筋肉を意識できるかで筋トレは効果が変わる。そのため、全くのビギナーには扱いが難しい」と指摘します。

ふだん運動していない人にも向いているかという観点から、総合評価は「B+」となりましたが、スポーツや筋トレに日頃から親しんでいる人にはおすすめしたい製品です。

トレーニングの目標や成果が可視化されてやる気につながるため、ついサボってしまうという人も試してみる価値アリです!

筋トレ初心者にはこちらがオススメ!

なお、同様にスマホ連携できる筋トレグッズで、筋トレ初心者にはこちらがおすすめです。

スポーツ筋トレグッズの売れ筋ランキングもチェック!

筋トレグッズのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。