スポーツ短時間集中エクササイズで楽しく燃え尽きる!「Move It beat」

Move It
Move It beat
スマートダンベル
実勢価格:1万780円

サイズ・重量:W190×H58×D58mm・0.5kg
サポート:OS9.0またはAndroid4.4以降
接続方法:Bluetooth4.0
充電:microUSB Type-B

▼検証結果

  • A評価

Move It「Move It beat スマートダンベル」は、センサー内臓でBluetoothが搭載されたダンベルです。

スマホアプリとダンベルが連動しており、動画内のトレーナーにならって体を動かすと、センサーが細かい動きまで検知。1セッションの消費カロリーを算出し、動きの精度も評価してくれます。

各運動メニューはだいたい3~6分と短時間ですが、全身を使ったダンスのような動きをともなうため、メニューが終わった頃には額にじんわり汗をかいていました。アップテンポなBGMに乗せて体を動かせば、ストレス解消間違いなし!

スポーツ高評価の理由1:動画と同じ動きをするだけ。超シンプル!

テンポよく体を動かすと「PERFECT」「GOOD」などのコメントが表示され、音ゲーのようにエクササイズを楽しめます。

別の動画では、スタンダードな動きのほか、初心者向けの動きも表示してくれて親切。動画だと真似しやすいです。

スポーツ高評価の理由2:消費カロリーや体重を記録できる

目標体重やトレーニング日数を設定してトレーニングするとカロリーなどを自動で計算してくれ、進捗を管理できます(ただし体重は手動入力)。ダンベルをしっかり動かさないと消費カロリーがカウントされないため、サボりにくい点も評価されました。

スポーツ高評価の理由3:練習メニューをカスタマイズ

目標消費カロリーに合わせて、数分間の運動メニューを組み合わせたプログラムを組んでくれ、強度に応じてメニューを選べるのも嬉しいポイント。トレーニングを続けて体力が上がると新しいメニューにもチャレンジできるようになります。

スポーツ一般的なフィットネスゲームよりコスパがいい

「リングフィットアドベンチャー」などのゲームよりも機能やゲーム数は劣るものの、「音に合わせて楽しく汗を流す」点は同じ。“音ハメ”がクセになります。価格も1万円ほどと、ゲーム機から揃えるよりははるかに安いです。

スポーツ初心者が筋トレをするうえで大事なことは?

「トレーニングは1人で粛々とやりたいけれど、動作が合っているか不安」。あるいは、「周りに人がいたほうがやる気が出るけれど、ジムやスタジオのペースについていけない」といった悩みを抱えていませんか? 

「Move It beat スマートダンベル」は、ガイド付きの動画を見ながらマイペースで有酸素運動を行えるので、運動から長らく遠ざかっていた人にもオススメ。

3分程度の初心者向けメニューに慣れてきたら、難易度の高い運動にチャレンジしたり、運動時間を徐々に長くしていったりと、無理なくステップアップしていけますよ。

「Move It beat スマートダンベル」は軽いものの、腕が疲れます。

「Move It beat スマートダンベル」を握ってスクワットすれば、胸と足の両方に効きます。

田中真央 氏
健康運動指導士 米国NLP協会トレーナー
田中真央 氏 のコメント

動きの正確さを気にするよりも、楽しく体を動かしてみることから始めてみましょう。

スポーツまとめ

さいごに、Move It「Move It beat スマートダンベル」の良かった点と惜しかった点をまとめてみました。

▼良いところ

  • 動画がわかりやすい
  • 音ゲー感覚で楽しめる
  • 短時間である程度の負荷

▼惜しいところ

  • アプリ起動時にやや手間
  • 初回は動画DLが必要
  • アプリが一部中国語表記

「Move It beat スマートダンベル」は、1つのトレーニングも数分間と短いため、初心者でもこなしやすい点が魅力。スタジオでトレーニングを受けている感覚もありつつ、途中で一時停止もできるので、無理なく自分のペースで続けられそうです。

ジムで筋トレしたいけど、行きにくいし続けるのが難しそうという人や、ゲーム感覚で楽しく運動したい人におすすめですよ。

スポーツダンベルの売れ筋ランキングもチェック!

ダンベルのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。