ヘルスケアカラダが可視化される「Oura Ring」は何がいいの?

今回の検証のため、本音の家電ガイド『家電批評』編集部員は「Oura Ring(オーラリング)」を実際に購入。

その理由は「家電専門誌を担当してるんだし、試してみるか」が半分、そしてもう半分は、「不摂生の極みを炸裂させている自身の健康状態を知りたい(できることなら改善したい)という思いからでした。

何しろ40才が見えてきて、駅の階段ではゼーハーしますし、体重の増加もいよいよ気になっているこの頃。

建部博
家電批評編集部 編集長
建部博 のコメント

実装は先ですが、血中酸素濃度の測定も可能になると知り、健康に気づかうべき年齢なので購入!

雑誌『家電批評』では、以前に初代オーラリングも紹介しています。当時の結論は「睡眠改善モニターとしては最高傑作」というものでした。

最新版の第3世代はどうなのでしょうか。実際に3カ月使用したレビューをご覧ください。

ヘルスケアOURA「Oura Ring 3」

OURA
Oura Ring 3
実勢価格:5万7000円

サイズ:全8サイズ
重量:約4~6g
素材:チタン(PVDコーティング)
耐水性能:最大100m
バッテリー:1回の充電で4~7日駆動、充電は約20~80分
リング種類:シルバー、ゴールド、グロッシーブラック、ステルスブラック

OURA「Oura Ring」は、心拍数や健康状態や睡眠の状況、また歩数や運動の状況といった、自身の体の状態を専用アプリを通じてモニタリングできる指輪です。3世代目となる「Oura Ring 3」では、すべての機能を利用するのに月額費がかかるようになりました。

指にはめているだけでわかる項目は主に以下です。

わかる項目1:睡眠時間と質

  • 睡眠時間(レム睡眠の割合や覚醒時間なども)
  • 睡眠中の心拍変動 ほか

実際に布団に入ったタイミング、入眠した時間帯、トイレに立った時間など、かなり正確に計測できます。子どもに起こされた時間もばっちりわかりました。睡眠の質評価も可能です。

わかる項目2:運動時間、強度

サイクリングなどのワークアウト内容や運動時間を自動検出(編集も可能)します。歩数や運動の強度、合計消費カロリーなどをもとにアクティビティの評価もされ、運動しなきゃなあと思わされます。

建部博
家電批評編集部 編集長
建部博 のコメント

突きつけられる運動不足感。生活を変えるきっかけになりました!

わかる項目3:体のコンディション全般

  • 安静時心拍数、心拍変動
  • 体表温の上下推移
  • 呼吸速度 ほか

新型コロナウイルスの感染有無はわからない(それ目的で購入する人もいた)ですが、体表音や心拍数の変化から不調を推測するヒントにはなります。なお、体温は「℃」表記ではなく、「±」で出ます。

ヘルスケア生活全般の改善を気にするようになった

今回、約3カ月の普段使いを経て感じたのは、睡眠のみならず生活全般の改善を“自分ごと”にしてくれるということでした。

日々の食事の内容や体重を記録するレコーディングダイエットと同じ発想ですが、コンディションや睡眠の質などといった体の調子が数値で示されることで、「軽くてもいいからウォーキングを続けよう」「疲れてる日は休まないと数値が良くならないな」とはっきり理解できるようになります。

それだけ、オーラリングが示す数値が自身の感覚としっくりくるという裏付けでもあります。漠然としていた体を気遣わなきゃなぁという意識だったのが、急激に自分自身の課題が見えたようで、とにかく体のことをすごく気にするようになりました。

ここからは、改善されたポイントを解説していきます。

ヘルスケア改善ポイント1:睡眠時間

実際に改善を実感できたのは睡眠の質です。これまでは、睡眠時間と日中のパフォーマンスの因果関係がなんとなく紐づいていることはわかっていただけ、でした。

ですが、実際にアプリで睡眠時間と体のコンディションを毎日見ていくと、調子がいい日はあきらかに睡眠の質もいいです。具体的には、僕の場合はレム睡眠が睡眠時間の20%を超えると睡眠の質の良さが実感できました。

これがわかってから、レム睡眠の割合を増やすべく、睡眠時間そのものをなるべく伸ばすように生活を調節しました。

3月初旬

3月初旬はレム睡眠の時間が短く、寝入りも遅かったです。

4月初旬

翌日のコンデションを高めるために早めに寝て、長い時間眠るように。レム睡眠の時間も増えました! 

実際、翌日の調子がかなりよくなり、調子が悪いと感じる日が減りました。

ヘルスケア改善ポイント2:心の安定

心の安定と言うと自分でも大げさに思えますが、睡眠&休みの「自分なりのリズム」がつかめるようになると、「コンディション」の数値がみるみる上がってきて気持ちが落ち着きます。何かに急かされているような焦りも減った気がします。

建部博
家電批評編集部 編集長
建部博 のコメント

寝不足や疲れてるときにドキドキするのですが、生活を変えるとそれが減ることがわかりました。

ヘルスケア改善ポイント3:休むようになった

ポイント1・2・3はどれも連動しているのですが、コンディションの数値を上げるにはしっかり休息を取り、ちゃんと寝たり運動も適度にしたりするのが大切。「休まないと辛いのが目に見えてるぞ!」と自分を納得させ、計画的に休もうと思えるようになる根拠ができました。

ヘルスケア結論:自分の体が可視化され、体のことが自分ごとになる

以上、OURA「Oura Ring」の3カ月検証レビューでした。

特に改善を実感した睡眠では、翌日のコンディションを高めるべくレム睡眠の時間を増やすのを目標にしていました。そのために早めに就寝・長い時間眠るようになり、翌日の調子がかなり良くなったという結果に。

もちろん、達成できない日もあるのですが、「明日は達成しよう」とやる気になることが大事だなと感じます。

また、睡眠を大事にすることで「心の安定」「休むようになる」という嬉しい変化も。睡眠時間を取りたい→しっかり休みを取らなきゃ→休めていると精神的にも安定するというシンプルな構造ですが、やはり「Oura Ring」によって自分ごととして捉えられるようになったおかげですね。

数値がやる気につながる人ならば、試す価値大アリなのでおすすめですよ。

ヘルスケア日本製の同ジャンルな指輪「SOXAI Ring」が発売予定

「Oura Ring」とほぼ同様な機能を持つとされる日本発のスマートリング、SOXAI「SOXAI Ring」。2022年7月頃からクラウドファンディング購入者に届くとの噂が。雑誌『家電批評』では、本製品がどのように違うのか、良し悪しを検証する予定です!

ヘルスケア睡眠グッズの売れ筋ランキングもチェック!

睡眠グッズのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。