ヘルスケア最新家電で「健康なカラダ」作りませんか?

ダイエットをしたいけれど続かない。身体が痛いけれど整体に行く時間がない。食習慣を改善できずに体調がすぐれない……など、多くの人が抱えているカラダの悩み

実は、そんな悩みを解決してくれる家電が近年続々増加&売れています。

ということで、本音の家電ガイド『家電批評』がカラダ家電を集め、テストを決行!

ご飯屋さん、整体、ジムに行かなくても、自宅で毎日身体をリフレッシュできちゃう最新家電をお届けします。

ヘルスケアウォッチで体脂肪率や摂取カロリーを計測

リングフィットや、格安フィットネスバイクなど、手軽に行える運動グッズが増えてきましたが、それでも長期間続けるのは難しいもの。そこで活用したいのが、カラダの変化を記録できる最新ガジェットです。

今回は、カラダを記録する最新ガジェット「体組成計ウォッチバンド」と「スマートバンド」の2製品をご紹介します。

家電【体組成計ウォッチバンド】 Aura「Aura Strap」

Aura
Aura Strap
実勢価格:1万3090円

電池:CR2025
使用可能期間:最大6カ月

Auraの「Aura Strap」は、Apple Watchに装着するウェアラブル体組成計です。どこででも体脂肪率や筋肉量を計測できるという発想自体は素晴らしいのですが、自動ではなく、毎回マニュアルで測定する必要がある点、測定の際の音がそこそこ大きい点、そしてたまに数値が大きくズレる点は残念でした。

ヘルスケア【good】少しうるさいけれど、計測は簡単でした

計測は難しくありませんでした。

1:測定ボタンを押す

2:立った状態で装着している反対側の手首とクロスさせる

3:横のボタンを押す

測定は、Apple Watchのアプリで測定ボタンを押し、立った状態で装着している反対側の手首とクロスさせ、本体横のボタンを押すだけ! ただし、計測の時の音が若干うるさいです。

Apple Watchのアプリで管理ができます。

ヘルスケア【惜しい】精度にややズレ&体重入力必須が面倒

体脂肪率などの数値は一般的な体組成計の数値とズレは少ないですが、時折なぜかズレた数値が出ることもありました。

突然に体脂肪率が爆上がりすることも……! 

測定後に体重を入力するのが少し面倒に感じました。

「Aura Strap」の検証結果

いつものウォッチで脂肪や筋肉量を測定できるという発想は素晴らしいのですが、精度にややズレがあることと毎回体重入力必須なのが惜しかったです。次のアップデートに期待したいです!

家電【摂取カロリーがわかるスマートバンド】 HEALBE「GoBe3」

HEALBE
GoBe3
実勢価格:2万9700円

サイズ:W35×D13.5×H45mm(本体)
重量:42g(バンド込み)

HEALBEの「GoBe3」は、体液の移動から1日全体の摂取カロリーを計測する未来系ガジェットです。精度は日によっては正確なこともありますが、時々ズレることがあります。また、バッテリーのもちとスマホ通知に非対応な点も惜しいところ。

ヘルスケア【good】食べた量をざっくりと計測してくれる

腕につけているだけでその日食べたもののカロリーを計測してくれます。

▼ある1日の食事例
ハンバーグ丼(特):1240kcal
ハンバーガー(LL):1107kcal
[水分]コーヒー(特):16kcal
計2363kcal


▼「GoBe3」の表示カロリー
計1468kcal

近い数値の日もありましたが、このように大きくズレてしまうことも…。また、食事後すぐに反映されない点は残念です。

ヘルスケア【惜しい】1日持たないバッテリーが残念

スペックでは32時間もつようですが、実際は1日持たず、1日1回の充電はマストです。充電には1回1.5時間程度かかるうえ、その間の計測ができないのが残念です。

「GoBe3」の検証結果

腕につけているだけで累計の摂取カロリーがざっくりとであってもわかることは便利。ただ食事後すぐ反映されない点、バッテリー持ちが悪い点、スマホ通知が非対応の点など惜しいポイントがありました。今後の改善を期待したいです!

以上、カラダを記録する最新ガジェット「体組成計ウォッチバンド」と「スマートバンド」をご紹介しました。

惜しい点はありますがワクワクするような機能のガジェットでした。これからのアップデートに要注目です!

▼スマートウオッチを選ぶなら!

家電『家電批評』2021年3月号

晋遊舎
家電批評
2021年3月号
700円

「家電批評」2021年3月号の特集「新カラダ家電ベストバイ」では、ほかにも様々な最新家電をご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。