カメラ新製品からイマがわかる! 家電新品FLASH

家電新品FLASH

次々と発表される最新家電。数え切れないほどある各メーカーのニュースリリースから、雑誌『家電批評』がセレクトし、毎日の暮らしがより充実する、注目の家電を紹介します。

『家電批評』2022年6月号掲載の「新製品からイマがわかる!」から、今回はカメラと関連機器​​4製品をお届けします!

カメラ大型タッチパネル搭載で操作性がさらに向上! リコー「RICOH THETA X」

大型タッチパネル搭載で操作性がさらに向上! リコー「RICOH THETA X」

リコー
RICOH THETA X
実勢価格:11万円前後
(市場想定価格)

リコー「RICOH THETA X」は、THETAシリーズ初搭載となる2.25型の大型タッチパネルモニターが特色の360度カメラ。撮ったその場で画像の確認が可能です。最大約60MPの静止画撮影と最大5.7Kの動画撮影が可能で、誰でも手軽に高画質な映像を残せます。

カメラ世界最軽量を実現した広角パワーズームレンズ ソニー「『FE PZ 16-35mm F4 G』SELP1635G」

世界最軽量を実現した広角パワーズームレンズ ソニー「『FE PZ 16-35mm F4 G』SELP1635G」

ソニー
『FE PZ 16-35mm F4 G』SELP1635G
実勢価格:16万5000円

ソニー「『FE PZ 16-35mm F4 G』SELP1635G」は、約353gと軽量ながら、最新のレンズ設計技術によりGレンズならではの高い解像性能と美しくやわらかなぼけ描写を実現した交換式レンズ。最短撮影距離0.24m、最大撮影倍率0.23倍の高い近接撮影能力も特徴です。

カメラ4K対応でノイキャンマイク搭載の多機能ジンバルカメラ THINKWARE「SNAP G」

4K対応でノイキャンマイク搭載の多機能ジンバルカメラ THINKWARE「SNAP G」

THINKWARE
SNAP G
実勢価格:4万9500円
(一般販売予定価格)

THINKWARE「SNAP G」は、本体正面に2インチの液晶ディスプレイを搭載し、設定などの操作やモニタリングを容易に行うことが可能な3軸ジンバルカメラ。また、133.9度の超広角レンズにより広範囲を歪みなく撮影することができます。

カメラひとつのカメラで4K撮影と360度撮影が楽しめる ハコスコ「Insta360 ONE RS ツイン版」

ひとつのカメラで4K撮影と360度撮影が楽しめる ハコスコ「Insta360 ONE RS ツイン版」

ハコスコ
Insta360 ONE RS ツイン版
実勢価格:6万9800円

ハコスコ「Insta360 ONE RS ツイン版」は、3つのパーツで構成されたモジュール型のアクションカメラで、レンズを組み替えることで360度カメラにも高解像度のアクションカメラにもなり、利用シーンに応じて使い分けることが可能です。

以上、「新製品からイマがわかる!」家電新品FLASH『家電批評』2022年6月号より、注目のカメラと関連機器4製品を紹介しました。気になる製品がありましたら、ぜひチェックしてみてください。

カメラデジタルカメラの売れ筋ランキングをチェック!

デジタルカメラのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。