炭酸水を毎日飲むなら自宅で作るほうが安くなる!

アサヒ飲料の「ウィルキンソン」がヒットし、ハイボールブーム、ダイエットや健康ブームの後押しもあり、この10年で急成長を遂げた強炭酸飲料。日常的な水分摂取は炭酸水という方や、夜はチューハイなどお酒を割って楽しむという方も多いと思います。

新製品も続々と登場するなかで、自宅で炭酸水が作れる家庭用炭酸水メーカー(ソーダメーカー、ソーダマシン、炭酸メーカー)が人気を集めています。

毎日ペットボトルで炭酸水を飲んでいると、それなりの消費量になります。実は、炭酸水メーカーで作った場合、500mlあたり10~50円程度と意外と日々のコストを抑えられるんです。

また、地味に面倒だった、空のペットボトルの処分問題も解決されるメリットもあります。ケース買いしているひとも多いと思いますが、置き場所を取る問題も解決します。

「いつでもフレッシュな炭酸水が飲める」という憧れもしかり、コスト面のメリットもあるとなると、ちょっと欲しくなりませんか?

炭酸水メーカーで知名度の高い「ソーダストリーム」をはじめ、強炭酸に作れるもの、水専用ではなくジュースを炭酸ジュースにできるものや、お酒にも使える製品まで種類はさまざまです。

今回は、炭酸水メーカーの選び方から実際の炭酸の強さ、使いやすさを検証し、おすすめ商品ランキングを紹介します。

500mlのコストは10円~50円!毎日飲むなら確実にお得

まずはじめに、炭酸水メーカーが市販のペットボトルの炭酸水に比べてコスパがいい、という点について説明しましょう。

炭酸水メーカーで炭酸水を作るとき、ガスを注入するための「詰め替え用シリンダー(カートリッジ)」を使います。このシリンダー1本で、1L~最大142Lもの炭酸水が作れます。

炭酸水メーカーの本体価格は3000円~1万円以上とそれなりのお値段。ですが、詰め替え用だけで考えると炭酸水500ml換算でほぼ10~50円程度です。

つまり、毎日飲むなら、ペットボトルの炭酸水を買うよりも、コストパフォーマンスが良くなるというわけ。飲むたびに元が取れる、というイメージがわかりやすいでしょうか。

そんな、意外なメリットもある炭酸水メーカー。「なら、どれがいいの?」という疑問が沸いてきたところで、選び方を紹介していきます……その前に、多少高くても気軽にペットボトルの炭酸水が飲みたいと言う方は、こちらの記事もチェックしてください!

▼「炭酸水のおすすめランキング20選」はこちら

炭酸水メーカーは大きく2つのタイプがあります

炭酸水メーカーは炭酸ガスの充填方法の違いで大きく分けて2つのタイプがあります。これが本体の大きさにも関係してくるのですが、主に「ガスカートリッジ方式」と「ガスシリンダー方式」に分かれます。

[タイプ1]ガスカートリッジ式炭酸水メーカー
専用カートリッジをセットして炭酸水をつくり、一度にひとつの炭酸カートリッジを使い切る方式です。目安として、一回に約1Lの炭酸水が作れます。

カートリッジの材質はスチール製が多く、自治体にもよりますが、使用後は燃えないゴミとして処分ができます。

[タイプ2]ガスシリンダー式炭酸水メーカー
こちらは、ボンベ型の専用ガスシリンダーをセットして炭酸水を作ります。炭酸の濃度が調整でき、なかには1本で最大142Lの炭酸水が作れるものもあります。

ですが、使用後のシリンダーは家庭で処分できず、メーカーに返却す必要がある手間があります。使い終わったシリンダーを返却し、新しいシリンダーを購入する形式です(正規販売店なら概ね店頭での持ち込み交換に対応)。

送料のことを考えると、近くに正規販売店があるか確かめて購入したほうが良さそうです。

一番の大きな違いは炭酸の強さが一定か、自分で調節できるかです。シリンダー式は好みの強さにできるので、強炭酸が好きならシリンダー式を選ぶのが最適です。

実際に、今回紹介するカートリッジ式とシリンダー式の炭酸水メーカーで作った炭酸水と、一般的なペットボトルの強炭酸水の炭酸の濃度(vol.)を比べたところ、市販の強炭酸水に勝る炭酸水を作れたのは、すべてシリンダー式でした。

逆に、微炭酸がお好みならカートリッジ式のほうがぴったりくると思います。

カートリッジ式とシリンダー式のメリットとデメリットは?

また、商品タイプの違いによって、コストにも差が出ます。

コスト面から見ると、カートリッジ式は本体価格が安いぶんランニングコストが高め。逆にシリンダー式は本体が高めですが、ランニングコストが抑えめの傾向があります。

いずれにせよ長く使うぶんには、ペットボトルの炭酸水よりコスパは良くなりますので、炭酸の濃度とコスト以外のメリット・デメリットをふくめて、一度まとめてみました。

・カートリッジ式のメリット・デメリット
 ◯ カートリッジが家庭で処分できる
 ◯ 本体価格は3000円~手軽に買える
 ◯ 持ち運びがしやすい
 × 炭酸水1Lあたりのコストが高い
 × 炭酸の強度は弱め
 × 一度にたくさんの炭酸水は作れない

カートリッジ式は、本体価格は3000円~1万円程度と意外とお手頃価格。そのぶん補充用のカートリッジ代金にコストを置いているので、初期投資をおさえたい人向けです。

交換用カートリッジの価格は1本80~100円前後と、そこそこ高めですが、それでも、炭酸水500mlで換算するとだいたい40~50円程度で済みます。

カートリッジは大手量販店でも手軽に買えるので、なるべく割引率の高い店でまとめ買いすればお得になりますよ。

・シリンダー式のメリット・デメリット
○炭酸水1Lあたりのコストが安い
 ◯一度にたくさんの炭酸水が作れる
 ◯強炭酸が作れる
 × 本体価格は1万円~やや高め
 × 使用済みのシリンダーはメーカー返却が必須
 × 機種ごとに使えるシリンダーが異なる

シリンダー式は、本体はどれも1万円以上とやや高めですが、シリンダー1本で大量に炭酸水が作れるので、たくさん使えばそれだけモトが取れるシステム。炭酸水500mlで換算すると、ほぼ10~30円程度で作れます。

シリンダーの販路が限られていてやや手間がかかりますが、一定額を購入すれば送料が無料にできる場合もあるので活用したいところです。

ただ、同一メーカーでも使用するシリンダーのガス容量や価格がちがう場合があるのでご注意を。シリンダータイプは長く使うぶん、ランニングコストをよくチェックして購入しましょう。

では続いて、今回のテスト内容を紹介していきましょう。

おすすめ炭酸水メーカーのテスト方法は?

今回のテストでは、シリンダー式5製品、カートリッジ式4製品の人気炭酸水メーカー全9製品を集めて、Amazonブランドの「ハッピーベリー」というミネラルウォーターで炭酸水を作成しました。

検証したのは、次の5項目です。

テスト1:炭酸濃度

最も炭酸が強い条件で数値を計測しました。

テスト2:炭酸の質

プロが試飲して、炭酸の特徴を確認。

テスト3:味・のどごし

炭酸の泡立ちや水の味わいをチェックしました。

鶴田雅人 氏
日本アクアソムリエ協会認定 アクアソムリエマイスター
鶴田雅人 氏 のコメント

炭酸の泡や味は、製品ごとに違いがありました。

テスト4:使いやすさ

設置性や使用感など、多角的に検証しました。

テスト5:コスパ

500mlのコストと本体価格で採点。2021年8月中旬時点の実売価格でコスパを算出しました。

以上の5項目をテストした結果は、「シリンダー式」と「カートリッジ式」の2つのタイプ別にランキングを発表します。

ランキング発表の前に、テストしてわかった違いをまとめてみました。

テストしてわかった違いはココ!

ボトルに入れる水を「常温」と「冷水」で作ってみると、それぞれの炭酸濃度に違いが見られました。

ソーダは冷水で作るのが正解!

▼シリンダー式とカトリッジ式の比較
シリンダー式(シナジートレーディング ドリンクメイト620 DRM1010使用)
・常温水:3550mg/L
・冷水:4100mg/L

カートリッジ式(ソーダスパークル マルチスパークル2 MS2-1使用)
・常温水:3200mg/L
・冷水:3350mg/L

シリンダー式もカートリッジ式も、冷水のほうがより高い濃度をマーク。自宅でソーダメーカーを使うときは、あらかじめ水を冷やしておくのがオススメです。

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

水は低温になるほど、炭酸が溶け込みやすい傾向でした。

それでは、お待ちかねの炭酸水メーカーのおすすめランキングを発表します。まずは、「シリンダー式」からどうぞ!

【炭酸水メーカーシリンダー式1位】シナジートレーディング「ドリンクメイト シリーズ620 スターターセット DRM1010」

シナジートレーディング
ドリンクメイト
シリーズ620 スターターセット
DRM1010
実勢価格:1万8568円

サイズ・重量:D230×W135×H425mm・2㎏
材質:ABS
対応飲料:水、ジュース、酒
炭酸濃度:4100mg/L
500mlあたりの価格:12.5円(別売りマグナムシリンダー142L使用の場合)

▼テスト結果

  • 炭酸濃度: 7点/10点
  • 炭酸の質: 9点/10点
  • 味・のどごし: 7点/10点
  • 使いやすさ: 9点/10点
  • コスパ: 11点/15点
  • 合計: 43点/55点

シリンダー式のベストバイは、シナジートレーディング「ドリンクメイト シリーズ620 スターターセット DRM1010」。手頃な価格でコスパもよく、トータルバランス最強の1台。しっかり強炭酸ができて、味ものどごしもハイレベルです。

炭酸濃度を調節できる

炭酸の強さを4段階で調整できるつまみ搭載。試飲では、きちんと炭酸の強さに違いが感じられました。ガスの充填回数を増やしたり、水量を増減する必要がなく、炭酸の強さを機械まかせできるのはとても便利です。

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

炭酸の強さをつまみで調整できるのはラクです。

炭酸は強くてウマい!

飲んだときの炭酸の強さはトップクラス。濃度の測定値は4100mg/Lと十分でしっかりとした発泡が感じられ、泡は細かめで舌ざわりもバツグンでした。また、元の水の味も損なわれず、含まれているミネラルによる起伏のある味わいを楽しめると高評価でした。

操作も迷わずスムーズ

炭酸強度を調節したら、あとはガスの充填ボタンを押すだけで操作完了。専用ボトルの設置場所が見えにくくてやや面倒ですが、慣れれば問題なし。シリンダーも軽く回すだけでスムーズにはめ込めます。

【炭酸水メーカーシリンダー式2位】シナジートレーディング「ドリンクメイトマグナムグランド スターターセットDRM 1005」

シナジートレーディング
ドリンクメイトマグナムグランド
スターターセットDRM 1005
実勢価格:2万1868円

炭酸濃度:5250mg/L
500mlあたりの価格:12.5円

▼テスト結果

  • 炭酸濃度: 8点/10点
  • 炭酸の質: 8点/10点
  • 味・のどごし: 8点/10点
  • 使いやすさ: 8点/10点
  • コスパ: 10点/15点
  • 合計: 42点/55点

シリンダー式2位はシナジートレーディング「ドリンクメイトマグナムグランド スターターセットDRM 1005」。雑誌『家電批評』ではベストバイ常連の実力モデル。価格はちょっと高めですが、そのほかのトータルバランスは優秀です。

【炭酸水メーカーシリンダー式3位】aarke(アールケ)「Carbonator 3」

aarke(アールケ)
Carbonator 3
実勢価格:2万8500円

サイズ・重量:H414×W153×D258mm・1450g
シリンダー:Sodastream社製などのシリンダー対応
炭酸濃度:5900mg/L
500mlあたりの価格:18.0円

▼テスト結果

  • 炭酸濃度: 9点/10点
  • 炭酸の質: 6点/10点
  • 味・のどごし: 6点/10点
  • 使いやすさ: 7点/10点
  • コスパ: 9点/15点
  • 合計: 37点/55点

シリンダー式3位はaarke(アールケ)「Carbonator 3」。オールステンレス製のデザインは、キッチンやダイニングに置くだけでバー気分を満喫できます。炭酸濃度が高く、飲んだときに繊細な泡立ちを感じました。やや高めですが、デザインにこだわるならあり!

濃度調節がラクチン

レバーを押すことでガスが充?される仕組みで、ボタンを押すモデルよりも力を入れやすいのもポイント。レバーを押す回数で炭酸強度を変えられるのが特徴。迷うことがないのが高評価!

上品で細かい泡立ち

炭酸の泡はかなり繊細で上品なテイスト。炭酸水の味も臭いも問題ないです。

【炭酸水メーカーシリンダー式3位】モリリン「PRODI ソーダガン PSG1002」

モリリン
PRODI ソーダガン
PSG1002
実勢価格:1万780円

サイズ・重量:W80×D182×H300mm・1250g(ガスシリンダー含む)
材質:本体:ABS 樹脂ボトル
PET:PP
炭酸濃度:1700mg/L
500mlあたりの価格:28.8円

▼テスト結果

  • 炭酸濃度: 4点/10点
  • 炭酸の質: 9点/10点
  • 味・のどごし: 8点/10点
  • 使いやすさ: 6点/10点
  • コスパ: 10点/15点
  • 合計: 37点/55点

シリンダー式同3位は、モリリン「PRODI ソーダガン PSG1002」。片手で持ち運べるサイズ感。泡の粒が細やかで、長く口の中に発泡感が残る印象でした。ただ、メーカーが提供するシリンダー交換は実店舗のみ(少ないですが、一部ECショップで郵送交換あり)が残念です。

準備も操作も超カンタン

ボトルを本体にはめやすく、ガスの充填もレバーを引くだけで操作が◎。ボタン式より軽い力ですみます。

ボンベ交換がやや面倒

ボトルやシリンダーはユニットにはめやすく、使いやすさは問題なし。しかし、メーカーが提供するシリンダー交換は実店舗のみで、使い勝手はややマイナスです。

5位: 【炭酸水メーカーシリンダー式5位】e-soda「サーバー本体+ボトル+炭酸ガスシリンダー1本セット」

e-soda
e-soda サーバー本体+ボトル+炭酸ガスシリンダー1本セット
実勢価格:1万6940円

炭酸濃度:4450mg/L
500mlあたりの価格:18.0円
※公式サイトは単品の販売ページです

▼テスト結果

  • 炭酸濃度: 7点/10点
  • 炭酸の質: 5点/10点
  • 味・のどごし: 5点/10点
  • 使いやすさ: 6点/10点
  • コスパ: 10点/15点
  • 合計: 33点/55点

シリンダー式5位は、e-soda「サーバー本体+ボトル+炭酸ガスシリンダー1本セット」。スタイリッシュなデザインが秀逸。炭酸水のウマさもまずまずで、オシャレなバーの雰囲気を自宅で再現!

次に「カートリッジ式」のランキングを紹介します!

【炭酸水メーカーカートリッジ式1位】ソーダスパークル「マルチスパークル2 スターターキット MS2-1」

ソーダスパークル
マルチスパークル2
スターターキット MS2-1
実勢価格:7480円

サイズ・重量:約φ86×H385mm・約436g
耐熱・耐冷温度(ボトル) /耐熱100℃/耐冷1℃
炭酸濃度:3350mg/L
500mlあたりの価格:37.0円

▼テスト結果

  • 炭酸濃度: 6点/10点
  • 炭酸の質: 3点/10点
  • 味・のどごし: 4点/10点
  • 使いやすさ: 8点/10点
  • コスパ: 11点/15点
  • 合計: 32点/55点

カートリッジ式のベストバイは、人気メーカーソーダスパークルの「マルチスパークル2 スターターキット MS2-1」。カートリッジを入れたユニットを専用ボトルにセットしたら、時計回りに回すだけと操作も簡単です。また、炭酸濃度も検証したカートリッジ式製品のなかではトップで、トータルバランスに優れた1台です。

カートリッジ式なのに低コスパ

専用カートリッジはAmazonで購入が◎。500mlあたり37円と、低コスパを実現しています。

操作はカンタンで設置性も〇

ボトルはスリムで握りやすく、カートリッジをセットし、フタを回すだけ。ボトルがスリムなのでテーブルやキッチンに置いても邪魔にならず、冷蔵庫に収納しやすいのも高評価です。

【炭酸水メーカーカートリッジ式2位】グリーンハウス「ツイスパソーダ スターターキット SODABK」

グリーンハウス
ツイスパソーダ
スターターキット SODABK
実勢価格:9250円

炭酸濃度:2750mg/L
500mlあたりの価格:115.7円

▼テスト結果

  • 炭酸濃度: 5点/10点
  • 炭酸の質: 3点/10点
  • 味・のどごし: 2点/10点
  • 使いやすさ: 8点/10点
  • コスパ: 7点/15点
  • 合計: 25点/55点

カートリッジ式2位は、グリーンハウス「ツイスパソーダ スターターキットSODABK」。テーブルに置きやすいサイズ感で、操作もシンプル。炭酸はやや弱めですが、使いやすさは高評価です。

【炭酸水メーカーカートリッジ式3位】メイスイ「ソーダメーカー S1000」

メイスイ
ソーダメーカー S1000
実勢価格:1万3240円

炭酸濃度:2500mg/L
500mlあたりの価格:73.0円

▼テスト結果

  • 炭酸濃度: 5点/10点
  • 炭酸の質: 4点/10点
  • 味・のどごし: 4点/10点
  • 使いやすさ: 4点/10点
  • コスパ: 6点/15点
  • 合計: 23点/55点

カートリッジ式3位は、メイスイ「ソーダメーカー S1000」。注いだ水の量が見えないなど操作性にネックはありますが、炭酸水の強さや「味」はまずまずのレベルです。

4位: 【炭酸水メーカーカートリッジ式4位】日本炭酸瓦斯「ステンレスサイホン」

日本炭酸瓦斯
ステンレスサイホン
実勢価格:1万3500円

サイズ・重量:φ102×H290mm
付属品:計量スリーブ抜き、ソーダバルブ×2本
炭酸濃度:795mg/L
500mlあたりの価格:73.0円

▼テスト結果

  • 炭酸濃度: 3点/10点
  • 炭酸の質: 2点/10点
  • 味・のどごし: 2点/10点
  • 使いやすさ: 4点/10点
  • コスパ: 5点/15点
  • 合計: 16点/55点

カートリッジ式4位は、日本炭酸瓦斯「ステンレスサイホン」。重厚感のあるデザインですが、炭酸が弱めで違和感のある臭みを感じました。また、水の量が見えないため、計量カップなどで別に計量する手間や本体が重くガス注入後に振りにくいのもネックです。

水量が見えないのがネック

注いだ水量が視認できないので、別容器で計量するのがやや面倒です。

注ぐときに飛び散ることも……

バーを押すと炭酸水が出てくる仕組みで、勢いはかなり強めです。

【まとめ】炭酸水メーカーはコスパと使い勝手が重要

以上、炭酸水メーカーのおすすめランキング9選でした。

炭酸水メーカー選びは低コスパと使い勝手を両立するのがキモ! シリンダー式はシナジートレーディング「ドリンクメイト シリーズ620 スターターセット DRM1010」、カートリッジ式は「ソーダスパークル」を選ぶといいでしょう。ぜひ、自宅での炭酸水作りに挑戦して、快適な炭酸水ライフを楽しんみてください。