家電おすすめお米のおいしさの決め手は洗い方や水の質・量

お米のおいしさの決め手は洗い方や水の質・量 イメージ

炊きたてのごはんやおにぎり、お弁当など、毎日の食卓で私たちの胃袋を支えてくれるお米。その時季ならではの旬の食材が店頭に並ぶと、おいしいお米が食べたくなりますよね。

お米のおいしさの決め手は洗い方や水の質・量 イメージ2

ご飯をおいしく炊くためには、水の質、お米の洗い方、水の量の3つの要素が重要です。

水の質はお米の芯まで浸透する力に影響し、洗い方はお米の表面にあるでんぷん質を落とすことで、ご飯の食感が変わり、水の量はご飯のふくらみ具合が変化します。

今回はそれを踏まえて、雑誌『LDK』がおうちでもすぐにマネできる、おいしいご飯の炊き方やおすすめアイテムを教えます。

家電おすすめ炊飯器の価格の違いで何が変わる?

炊飯器の価格の違いで何が変わる? イメージ

炊飯器の価格の差の主な要因は、加熱する方式の違いで、オススメはムラなく炊けるIH方式

高価格帯はモードが多く火力や圧力も強いのが特徴ですが、自分に必要な機能なのか見極めも大切。IH方式を選べば安くても十分おいしく炊けます。

IH方式とマイコン方式は熱の伝わり方が違う

「IH方式」は釜全体が発熱し、お米1粒ずつに均等に熱が伝わりおいしく炊けます。一方「マイコン方式」は釜底からの加熱で炊くので、上と下に温度のムラが出てしまうんです。そのため同じお米を炊いても、IH方式のほうがおいしく炊き上がります。

価格帯別の炊飯器の特徴

5万円以上

均等に熱を加える「IH方式」に加え、圧力をかけて炊く「圧力IH方式」のものが多いです。銘柄炊きなど、便利な機能が満載ですが、価格が高いのが1番のネックです。

2万~5万円

この価格帯から、釜全体で熱を発する「IH方式」の炊飯器が主力に。IHはヒーターよりも火力が強いのが特徴で、ご飯がおいしく炊けて保温性能がよい炊飯器が多数あります。

2万円未満

2万円前後なら「IH方式」の炊飯器もありますが、1万円以下はヒーター熱源による「マイコン方式」がほとんど。ヒーター熱源だと火力や圧力が弱く、炊き上がりの味はイマイチです。

家電おすすめ手頃な価格の炊飯器のおすすめは?

A評価日立「RZ-G10EM」

  • 日立RZ-G10EM
  • 実勢価格: ¥20,780検証時価格: ¥19,800

今回、手頃な価格でおいしいご飯が炊ける炊飯器を探して3製品を比較。

その結果、2〜3万円前後のスタンダードクラスの炊飯器のなかでベストバイに選ばれたのは日立「炊飯器 5.5合 RZ-G10EM」でした。

ふっくらおいしく炊けてプロも感激。炊きたては十数万円モデル級です。

コスパも高いうえに、早炊きと冷やご飯もおいしくて高評価でした。

24.2cm
奥行
34.7cm
高さ
22.1cm
重量
5.1kg
型番
RZ-G10EM(T)
片山真一 氏
五ツ星お米マイスター
片山真一 氏 のコメント

ハイエンド機に負けない味に炊けました!

炊いて3時間後の冷やごはんもおいしい

炊いて3時間後の冷やごはんもおいしい イメージ

粒の食感がしっかり残り、程よい粘り気も。時間がたっても甘みがありおいしいのがスゴいです。

家電おすすめおいしいご飯の炊き方は?

おいしいご飯の炊き方は? イメージ

お米は事前に冷たい水で浸水するだけで格段においしくなります炊飯器は普通炊きスタート後にぬるま湯で浸水する時間があるため、ただ炊くだけだとお米の表面が先にふやけてしまい、ムラの原因に。冷水なら米粒の中に均一に熱が伝わるんです。

プロに聞いたおいしいご飯の炊き方は、以下の2つです。

方法1:5分浸水+普通炊きモード

洗ったお米を適量の冷水に5分浸水し、そのあと普通炊きモードで炊き上げます。

方法2:30分浸水+早炊きモード

洗ったお米を適量の冷水に30分浸水。そのあとは早炊きモードで一気に炊き上げます。

家電おすすめ古くなったお米がおいしくなる炊き方は?

古くなったお米がおいしくなる炊き方は? イメージ

古いお米は乾燥しパサつくことが多いので、米由来の純米酒や本みりん、塩麹や甘酒を加えると甘さをプラスすることで、つややかに仕上げる効果が期待できます。各材料ともお米2合につき大さじ1程度が目安です。

古くなったお米がおいしくなる炊き方は? イメージ2

腸活するなら、塩こうじをちょい足しするのがおすすめ。風味はそのままで、もっちり炊けて麹菌も摂れます。

ひかり味噌「生塩こうじ 麹の花」

  • ひかり味噌生塩こうじ 麹の花
  • 実勢価格: ¥540検証時価格: ¥540

※Amazonのリンク先は内容量580gのセット販売です

ひかり味噌「生塩こうじ 麹の花」は麹の甘みを感じられます。

内容量
350g

以上、おいしいご飯の炊き方とおすすめのアイテムの紹介でした。今回の記事を参考にして、お米を炊くのも食べるのも楽しんでくださいね。

家電おすすめお米の売れ筋ランキングもチェック!

お米のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。