スマートフォンiPhone12シリーズ全モデルをガチテスト!

2020年秋に発売された新型iPhone12。シリーズは「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」「iPhone 12 mini」の全4モデル。

選択肢が多く、どれを購入すべきかわからないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、本特集では悩めるユーザーに変わって、本音の家電ガイド『家電批評』新型iPhoneの全モデルをガチテスト

使い勝手やサイズ比較だけでなく、“落として”“沈めて”“測って”と耐久度や耐水性能、5Gの通信速度やバッテリーの持ちまで、徹底的に比較しました。

iPhone12シリーズのラインナップはこちら

Apple
iPhone 12 Pro Max
実勢価格:12万9580円(128GB)~

Apple
iPhone 12 Pro
実勢価格:11万7480円(128GB)~

Apple
iPhone 12
実勢価格:9万4380円 (64GB)~

Apple
iPhone 12 mini
実勢価格:8万2280円 (64GB)~

さて今回は、いよいよ結論編。さまざまなテストの結果、雑誌『家電批評』がベストバイとして選んだ最新モデルはこちらです!

▼iPhone12の徹底検証シリーズはこちら(一部)

スマートフォンサイズ・価格・性能の3拍子揃った「mini」がベスト!

Apple
iPhone 12 mini
実勢価格:8万2280円~

(64GBモデル)

サイズ:H131.5×W64.2×D7.4mm
重量:133g
カラー:ブルー、グリーン、(PRODUCT)RED、ホワイト、ブラック
チップ:A14 Bionic
画面サイズ:5.4インチ(2340×1080ピクセル)
ストレージ:64GB、128GB、256GB
カメラ:デュアル12MPカメラシステム、12MP TrueDepthカメラ
スピーカー:ステレオ
通信:5G、ギガビットLTE、MIMO対応802.11ax Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0

ここまでさまざまなテストを行ってきましたが、『家電批評』編集部の今年のイチオシは手にしっくりくるサイズの「iPhone 12 mini」です。

おすすめのワケ:映画みたいな動画撮影など欲しい要素全部入り

Proシリーズと同じ最新のA14 Bionicチップで、コンパクトなサイズながらSEよりも大画面の超高解像度ディスプレイを搭載。

画面はもちろん、Ceramic Shieldで守られており、耐水性能も水深6mまでアップ。ナイトモードに対応した超広角カメラも使えて、最大30フレームですが色鮮やかに細部まで撮影できるDolbe Visionでの動画撮影も可能です。

おすすめのワケ:リーズナブルな価格と絶妙サイズ感

5GやMagSafeアクセサリにも対応しており、新要素はほぼ詰まっていると言えるでしょう。何より、新モデルの中でもっともリーズナブルな価格と、カラバリ、そしてサイズ感がとても魅力的です。

全5色のカラーバリエーションは、新色のブルーとグリーン、容量では256GBモデルが人気です。

スマートフォンiPhone12「mini」の残念ポイントは?

性能とコスパの点からイチオシのiPhone12「mini」ですが、惜しいポイントもあります。

コンパクトな分、迫力不足は否めない

Phone 12 miniはコンパクトで持ち歩きやすい反面、動画やゲームの迫力不足は否めません。画面内の文字も小さくなるため、Maxを使っていた人や高齢の方には不向きかもしれません。

Proに比べると搭載メモリは少ない

また、搭載メモリはProの5.6GBに対して3.63GBと少なめ。ですが、普段の利用でメモリ不足を感じることはありません。

稼動時間も短めですが、MagSafe充電器でもminiのみ最大12Wの制限がかかります。

長時間の動画視聴時以外は快適に使える

とはいえ、11 Pro Maxから乗り換えた担当編集も、長時間の動画視聴時以外は快適そのものと実感しています。ズボンのポケットに入れた際にかさばらないのが何よりも嬉しいポイント。万人にオススメできる1台です。

以上、新型iPhone全モデルでベストに選ばれた「iPhone 12 mini」のご紹介でした。ぜひ新モデル選びの参考にしてくださいね!

▼iPhoneに最適な置くだけ充電器は?