スマートフォンiPhone12全モデルをガチテスト!

2020年秋に発売された新型iPhone12。シリーズは「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」「iPhone 12 mini」の全4モデル。

選択肢が多く、どれを購入すべきかわからないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、悩めるユーザーに変わって、本音の家電ガイド『家電批評』が新型iPhoneの全モデルをガチテスト

使い勝手やサイズ比較だけでなく、“落として”“沈めて”“測って”と耐久度や耐水性能、5Gの通信速度やバッテリーの持ちまで、徹底的に比較しました

スマートフォン全モデルの基本性能は一緒!サイズ優先でOK

まず、新型iPhoneの4モデルは、トリプルカメラを搭載した上位モデルの「Proシリーズ」と、デュアルカメラで価格を抑えた「12シリーズ」の大きく2シリーズに分けられます。

Proシリーズ

Apple
iPhone 12 Pro Max
実勢価格:12万9580円(128GB)~

Apple
iPhone 12 Pro
実勢価格:11万7480円(128GB)~

12シリーズ

Apple
iPhone 12
実勢価格:9万4380円 (64GB)~

Apple
iPhone 12 mini
実勢価格:8万2280円 (64GB)~

しかし、12シリーズはSEのような旧チップを搭載した廉価版ではなく、Proシリーズとまったく同じ最新チップを搭載しています。つまり、基本的な処理能力はまったく一緒です。

さらに、去年は11と11 Pro、11 Pro Maxですべてサイズが違いましたが、今年は12と12 Proがまったく同サイズ。このため、昨年以上にモデル選びが難しくなっています。

今回はさまざまなテスト結果を紹介していきますが、その結果を見てモデルを選ぶ前に、まずは新モデルの進化ポイントを再確認しておきましょう。

11シリーズからの変更点は大小こまごまとありますが、大きく進化したポイントは5つです。

スマートフォンiPhone12の進化ポイント1:miniがラインナップに新登場

昨年は11と11 Proでサイズが違いましたが、今年は12と12 Proがまったく同じサイズで登場。さらにそこにコンパクトなminiが追加され、2シリーズ・計4モデル・3サイズ展開とちょっとややこしい状態になっています。

▼iPhone 12 Pro Max

11 Pro Maxよりやや大きく史上最大画面を搭載!

▼iPhone 12 & 12 Pro

11 Proとほぼ同サイズで画面サイズがアップ!

▼iPhone 12 mini

SEより小さくて大画面な小型モデル。

なお、ProもPro Maxも昨年より大画面化され、miniもSEより大画面となっています。

スマートフォンiPhone12の進化ポイント2:デザインが一新!ガラス強度は4倍に?

11シリーズは側面が丸みのあるデザインでしたが、新モデルは平らになり、iPhone 5sを思い出させるデザインに変更。これに伴ってベゼルがより狭くなったため、12と12 Proは11 Proとほぼ同サイズを維持したまま、大画面化を実現しています。

また、ガラスは、Ceramic Shieldで耐落下性能が11シリーズの4倍になっています。

仕上げは12シリーズとProシリーズで真逆に

材質や仕上げは12シリーズとProシリーズで異なり、12シリーズはアルミニウム製で背面が光沢、側面がマットに。Proシリーズはステンレススチール製で背面がマット、側面が光沢です。

スマートフォンiPhone12の進化ポイント3:iPhone初の5Gに対応!

注目の的となったのがiPhone初の5G対応です。設定には、5G優先の「5Gオン」とバッテリー消費を抑えつつ5Gを使う「5Gオート」の2種類のオプションが用意されています。

もちろん、5G回線に接続するには5G対応の回線契約が必要ですが、5Gエリア内に入れば自動で5G回線に接続されます。

とはいえ、まだまだ対応エリアは限られており、都市部でもなかなか5G表示にお目にかかれません。

ただしデュアルSIMだと現状は利用不可

SIMカード+eSIMのデュアルSIM環境では、まだ対応前のため5G回線に接続できません。

スマートフォンiPhone12の進化ポイント4:全モデル最新のA14 Bionic!

新モデルは価格を抑えた「12シリーズ」とトリプルカメラ搭載の「Proシリーズ」の2シリーズに分かれていますが、12シリーズもProシリーズも同じ最新のチップ「A14 Bionic」を搭載しています。このため、基本的な処理能力はどのモデルも一緒。

実際にベンチマークアプリで計測してみたところ、わずかな誤差は出るもののスコアはほとんど一緒でした。

▼計測に使用したアプリはこちら

Primate Labs Inc.
Geekbench 5
実勢価格:120円

スマートフォンiPhone12の進化ポイント5:カメラ性能がさらにアップ!

カメラ機能のハードウェア的な性能は大きく変わってはいませんが、新モデルは11シリーズよりもさらに明るい広角レンズを搭載しています。これにより、暗い場所での撮影により向いています。

ポートレートモードやナイトモードもさらに進化しており、超広角での撮影でもナイトモードが使えるようになりました。

また、Proには望遠カメラとLiDARスキャナが搭載されています。

※Pro Maxはカメラの配置が違います。

以上、iPhone12シリーズのスペックについてのご紹介でした。

ほかにも、耐久度や5Gの通信速度、バッテリーの持ちまで、徹底的に比較した結果を順次お届けしていくので引き続きサンロクマルをチェックしてくださいね。

▼ワイヤレス充電器のおすすめは?