スマートフォンiPhone12シリーズ全モデルをガチテスト!

2020年秋に発売された新型iPhone12。シリーズは「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」「iPhone 12 mini」の全4モデル。

選択肢が多く、どれを購入すべきかわからないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、本特集では悩めるユーザーに変わって、本音の家電ガイド『家電批評』が新型iPhoneの全モデルをガチテスト

使い勝手やサイズ比較だけでなく、“落として”“沈めて”“測って”と耐久度や耐水性能、5Gの通信速度やバッテリーの持ちまで、徹底的に比較しました。

iPhone12シリーズのラインナップはこちら

Apple
iPhone 12 Pro Max
実勢価格:12万9580円(128GB)~

Apple
iPhone 12 Pro
実勢価格:11万7480円(128GB)~

Apple
iPhone 12
実勢価格:9万4380円 (64GB)~

Apple
iPhone 12 mini
実勢価格:8万2280円 (64GB)~

スマートフォンメインカメラとナイトモードを検証!

今回は、iPhone12シリーズのメインカメラとナイトモードに注目。カメラ性能がどう変わったのか、「iPhone 11 Pro」と比較検証してみました。

それでは、メインカメラとナイトモードについてわかったことを、それぞれの結果ごとにご紹介します。

スマートフォン【メインカメラ検証】カメラ性能がアップして明るく撮れる

カメラ性能は前モデルから比べると、スペック上の違いはわずかです。新モデルのほうが広角カメラに明るいレンズを採用しているので、暗い場所でもキレイに撮影できます。

新モデル内で比べても、広角カメラを使った通常の撮影では、12シリーズもProシリーズも撮った写真に差はほとんどありません。

11Proに比べて12は人物が明るい

11Proは最新モデルと比べると全体的に暗めの印象です。

12miniで撮影した写真は人物が明るめに写っています。

通常の撮影では12、12PRO、12ProMAxで画質に差は出ず

通常の撮影では、12も12PROも画質に大きな差は感じません。また、もっとも高性能な12ProMaxでも通常撮影では差が出ません。

また、超広角カメラは全モデル共通で同じレンズが搭載されているので、どのモデルでも撮影できます。

超広角は全モデルで利用できますがズーム機能には差があります

12シリーズとProシリーズで大きなカメラ性能の差は、望遠カメラを搭載しているかどうかです。

Proシリーズの3つめのカメラは望遠なので、Proシリーズは劣化ナシの光学ズーム撮影ができます。さらに、光学ズームの倍率はProは2倍、Pro Maxは2.5倍とモデルで異なります。

なお、望遠カメラを搭載していない12シリーズでも、画質は粗くなりますがデジタルズームを使った撮影は可能です。

ただし、これもモデルによって倍率が異なり、12シリーズは最大5倍、Proは最大10倍、Pro Maxは最大12倍までズームできます。

ズームをさほど使わないのであれば、12シリーズでも十分満足できますが、ズーム撮影を多用するのであれば、Proシリーズの購入を検討するのもいいでしょう。

スマートフォン【ナイトモード検証】超広角でも自撮りでも使える!

暗い場所でも数秒間動かさずに撮影することで、明るく撮れる「ナイトモード」。前モデルにも搭載されていましたが、広角レンズがより明るくなったことで、さらに鮮明に撮ることができます。

上の2枚を比べてみても、12 Proのほうが空の表情がより詳細に写っていることがわかります。

さらに、ナイトモードの進化はこれだけではありません。前モデルでは通常撮影でしか使えなかったナイトモードですが、新モデルでは超広角カメラでの撮影でも利用できます

また、フロントカメラでも利用できるので、夜の自撮りも超キレイに写すことが可能。しかもこの機能、Proシリーズの特権ではなく、全モデルで利用できます。

以上、iPhone12シリーズのメインカメラとナイトモードの検証結果でした。

ほかにも、5Gの通信速度やバッテリーの持ちまで、徹底的に比較した結果をお届けしていくので楽しみにしていてくださいね。

▼USB充電器のおすすめは?