アウトドアなんで今ソロ&デイキャンプがいいのか?

なんで今ソロ&デイキャンプがいいのか?

日頃のストレスを発散するのもままならないご時世のなか、人気が高まっている「ソロ&デイキャンプ」。そのいちばんの魅力は、モノが最低限で済み、お手頃な価格で道具一式を揃えられることです。

また、それらをバッグひとつにまとめてしまえば、車がなくてもふらっと気軽にキャンプに行けて、準備も片付けもラクにできます。

理由1:安く始められる

理由1:安く始められる

デイキャンプで必要なアイテムは、ざっくりまとめると、以下になります。

  • 住環境(タープ、ポール、テーブルなど)   :約1万5928円
  • 食事(クッカー、バーナー、クーラバッグなど):約1万9432円
  • くつろぎ(チェア、焚き火グッズなど)    :約1万3459円
  • 便利グッズ(おしぼり、ヘッドライト、救急セットなど):約5495円

上記をすべて収納するバッグも合わせて、総額6万1994円で必要なものがそろいます!

今回は、最低限必要なアイテムの中で安くてコンパクトにしまえるものを識者と一緒に厳選しました。

理由2:バッグひとつに全部入る

理由2:バッグひとつに全部入る

今回ご紹介するキャンプグッズは、全てキャリーバッグひとつに入ります。焚火台やテーブル、チェアなどの大物から、ヘッドライトやおしぼり、ゴミ袋にいたるまでコンパクトに収まるので、より気軽にキャンプに行けます。

さらにタープやポールなどもコンパクトなタイプのものを選べば、このバッグに入れることも可能です。

理由3:片付けに困らない

理由3:片付けに困らない

コンパクトなキャンプ道具は、帰ってからも収納場所を取りません。実際にキャンプから帰宅したあとは、キャリーバッグのまま自宅の棚や収納スペースに入れるだけでした。荷物を整理しなおす必要がなくてラクチン。またすぐキャンプに行けます。

そんな魅力的なソロ&デイキャンプを皆様におすすめすべく、過去に雑誌『MONOQLO』やキャンプムックに掲載した製品や、新たに検証してわかったベストバイを集め、安くて、バッグひとつにまとめられる、手軽なキャンプセットを紹介します。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

実際に検証して初心者におすすめな物を探しました!

今回は、「焚火&食まわり」のおすすめキャンプグッズ9製品を紹介します。

▼キャンプグッズを入れるのにおすすめなキャリーバッグはこちら

アウトドア超コンパクト! SOTO「ワンアクションソロテーブル

超コンパクト! SOTO「ワンアクションソロテーブル」

SOTO
ワンアクションソロテーブル
フィールドホッパー ST-630
実勢価格:5490円

サイズ・重量:W29.7xD21xH7.8cm・395g

SOTO「ワンアクションソロテーブル フィールドホッパー ST-630」は、持ち運びに便利なミニテーブル。パッと開くと脚が飛び出す構造で、一瞬で設営が完了します。

超コンパクト! SOTO「ワンアクションソロテーブル」

重さは395gと軽量で、閉じて収納すればA4の縦半分になってしまうコンパクトさ。薄くて小さいので、バッグに入れても場所を取りません。

アウトドア厚めでしっかり熱が伝わる SOTO「ミニマルクッカー

厚めでしっかり熱が伝わる SOTO「ミニマルクッカー」

SOTO
ミニマルクッカー角 ST-3108
実勢価格:5500円

サイズ・重量:W14.7×D14.7×H8.0cm・約375g
付属品:リフター、収納ポーチ

SOTO「ミニマルクッカー角 ST-3108」は1.6mmという厚さで丈夫なだけでなく、食材に熱をムラなく伝えます。ラーメンや焼き物など、煮たり焼いたり使い方は自由自在。インスタントから本格調理までOKです。バーナーが中に入るので案外コンパクトです。

アウトドア熱い料理を入れても持ちやすい キャプテンスタッグ「食器丸型」

熱い料理を入れても持ちやすい キャプテンスタッグ「食器丸型」
王冠アイコン

キャプテンスタッグ
18-8 ステンレス 食器
丸型 カレー皿 UH-43
実勢価格:1373円

サイズ:φ220×H30mm
重量:約110g

キャプテンスタッグ「18-8 ステンレス 食器丸型 カレー皿 UH-43」は丈夫なステンレス製。深すぎず浅すぎずで、カレーなどのご飯ものが食べやすいプレートです。リムが広がっていて持ちやすく、熱くなりにくい構造。もちろんステーキやスープにも使えます。

アウトドアホットもアイスも適温をキープ! スノーピーク「ステンレスマグ」

ホットもアイスも適温をキープ! スノーピーク「ステンレスマグ」

スノーピーク
ステンレス真空マグ300
実勢価格:3960円

サイズ:φ73.4×H90.3mm・110g 容量:300ml

スノーピーク「ステンレス真空マグ300」は、ステンレスマグの定番品。内側が真空構造になっているので、淹れたてのコーヒーを注いでも外側が熱くなりにくく、熱々をキープしてくれるのがポイントです。もちろん、コールドにも!

アウトドアゴトクがしっかりして便利 SOTO「レギュレーターストーブ」

ゴトクがしっかりして便利 SOTO「レギュレーターストーブ」

SOTO
レギュレーターストーブ ST-310
実勢価格:6800円

サイズ・重量:W16.6×D14.2×H11cm・330g

SOTO「レギュレーターストーブ ST-310」は、外気温が低下しても火力が落ちにくいのが特徴。安定感のあるゴトクは大きめの鍋ものせられます。アウトドア専用のOD缶ではなく、コンビニでも手に入るCB缶が燃料なのも使いやすいです。

ゴトクがしっかりして便利 SOTO「レギュレーターストーブ」

コンパクトにたためます。

アウトドア3役こなす優れモノ キャプテンスタッグ「ペグ抜きハンマー」

3役こなす優れモノ キャプテンスタッグ「ペグ抜きハンマー」

キャプテンスタッグ
鍛造
ペグ抜きハンマー
実勢価格:2928円

サイズ・重量:40×120×全長315mm・490g

キャプテンスタッグ「鍛造 ペグ抜きハンマー」は、地面にペグを打ち込む際に便利。地面が固くてもラクラク打ち込めます。ハンマーの反対側は鍬状になっていて、柄の先にはペグ抜きが付いているため、打つ、抜く、掘るが1本でOK。3役をこなす多機能ハンマーです。

アウトドアケガの応急処置に OHKEY「ファーストエイドキット」

ケガの応急処置に OHKEY「ファーストエイドキット」

OHKEY
ファーストエイド キット
実勢価格:2080円

サイズ・重量:13×20.5cm・361g

OHKEY「ファーストエイド キット」は、キャンプでケガをしてしまった!というときのために用意しておきたい救急キット。

ケガの応急処置に OHKEY「ファーストエイドキット」

絆創膏、包帯など応急処置に必要なアイテムが一通り入っています。

アウトドアほどよいサイズで手頃なDAISO「焼き網(角型)」

ほどよいサイズで手頃なDAISO「焼き網(角型)」

DAISO
焼き網(角型)
実勢価格:110円

サイズ:W27×H27cm

焚き火台のゴトクにセットすればBBQもできる焼き網。何度か使うと焦げ付きが取れなくなってしまうので、消耗品と考えるのもアリ。そこでおすすめがDAISO「焼き網(角型)」。ソロのBBQに最適なサイズで、焦げつきがひどくなったら気軽に買い替えられます。

アウトドアコンパクトなのに薪を切らずに使える
 TokyoCamp「焚き火台」

コンパクトなのに薪を切らずに使える TokyoCamp「焚き火台」
王冠アイコン

TokyoCamp
焚き火台
実勢価格:4980円

サイズ・重量:W400×D220×H260mm・965g
収納サイズ:W300×D220×H20mm 耐荷重:10kg
付属品:スピット(2本)・収納ケース

TokyoCamp「焚き火台」は、過去にベストバイを獲得した製品です。折りたためばA4サイズとコンパクトに。燃焼効率が高いため、初心者でも火おこしがしやすく、太い薪もガンガン燃やせます。付属のゴトクは網やスキレットで調理をする際にも便利。

アウトドア【おまけ】金属製品のパッキングのポイント

【おまけ】金属製品のパッキングのポイント

キャリーバッグにキャンプグッズをスマートに収納していくには、ちょっとしたコツがあります。

今回ご紹介したテーブルや焚き火台は薄くたためるのでそのまま入れればOKですが、鉄など金属製のアイテムは体積があり、組み合わせに注意が必要です。

たとえば、クッカーやマグカップなど、変形できず中身が空洞のものはバッグの空間を取りがち。なるべくすき間をなくすため、できるだけそれより小さなものを中に詰めるなどして、無駄な空間が出ないようにしましょう。

以上、ソロ&デイキャンプにおすすめの焚火&食まわりグッズ9選でした。次回は「あると便利な小物類8選」を紹介します。

アウトドアアウトドアグッズの売れ筋ランキングもチェック!

アウトドアグッズのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。