保温マグカップとは?

保温マグカップとは? 保温マグカップおすすめ イメージ

ホットコーヒーや紅茶、お茶は冷めるとおいしさが半減することもあって、できるだけあたたかい状態で飲みたいですよね。そんなときにもってこいなのが、時間が経っても一定のあたたかさをキープできる「保温マグカップ」です。

保温力は蓋つきがおすすめ

保温力は蓋つきがおすすめ 保温マグカップおすすめ イメージ

保温マグカップにもいろいろな製品が出回っていて、店頭だけでなくAmazonや楽天などネットショップでも購入することが可能です。たとえばAmazonで人気なのは、600以上のレビュー数を誇る「サーモス」の蓋つきの保温マグカップ。シンプルなデザインが魅力のロングセラー商品です。

サーモス:保温マグカップ JDC-351ESP

※Amazonより

しかし、人気が高いからといって機能性が伴っているかどうかはわかりません。そこで今回は、サーモス以外にもAmazonでレビュー数が多い6製品の蓋つき保温マグカップを集めて、温度変化を計測することに。6製品の中でもっともおすすめの製品を探します。

今回検証した製品

・サーモス JDC-351ESP 350ml
・パール金属 BLKP AZ-5022 330ml
・和平フレイズ RH-1290 330ml
・KINTO CAFEPRESS22728 260ml
・アルベル MG-T330CP 330ml
・Oncezytime 真空断熱タンブラー 450ml

キッチンおすすめはアスベル「真空断熱マグカップ」

おすすめはアスベル「真空断熱マグカップ」 保温マグカップおすすめ イメージ
王冠アイコン

アスベル(ASVEL)
真空断熱マグカップ
MG-T330CP
実勢価格:2170円

容量:330ml
サイズ:約W12.3×D9.3×H10.3cm
重量:207g (実測)
※Amazon、楽天ともに商品ページのカラーは「ホワイト」です。

今回ベストを獲得したのは、アスベル「真空断熱マグカップ MG-T330CP」です。こちらの詳細は、後ほど発表するランキングでたっぷりお伝えしますね。

メインのランキングに入る前に、保温マグカップの種類や選び方のポイントを見てみましょう。

保温マグカップの選び方は?

製品の検証結果発表の前に、おすすめの保温マグカップの選び方をご紹介します。保温マグカップの選び方に迷っているという方は必見ですよ。ぜひ参考にしてみてください。

保温マグカップの選び方は? 保温マグカップおすすめ イメージ

1:材質を選ぶ

まず、材質ごとに選ぶ方法をご紹介します。使用場所や使用用途に合わせて材質を選ぶようにしましょう。ビジネスシーンから日常まで幅広く使いたいという方は、ステンレス製がおすすめです。ステンレス製の保温マグカップは軽くて丈夫、錆びにくいなどの特徴があります。どの材質にするか迷ったら、幅広く使えるステンレス製を選ぶのが無難です。ステンレスということで金属の臭いが気になる場合があるので、事前に確認するようにしましょう。

保温マグカップに用いられる材質には、ガラスや陶器などもあります。どちらも耐熱性に長けているということが特徴です。外出先での使用はおすすめできませんが、自宅でお洒落に使いたいという方に、ガラス製や陶器製はおすすめですよ。

2:蓋の有無で選ぶ

続いて、蓋の有無で選ぶ方法です。蓋付きの保温マグカップの特徴は、とにかく保温力が高いということです。蓋によって飲み物の熱を逃さず、またほこりなどのゴミが入ることも防ぎます。保温力や衛生面にこだわりたいという方は、蓋付きの保温マグカップがおすすめです。

3:シンプルさで選ぶ

次に保温マグカップ本体のシンプルさで選ぶ方法をご紹介します。シンプルな保温マグカップは、簡単に組み立てることができる、洗い物が楽などの特徴があります。また本体がシンプルであれば、移動用としても重宝します。このようにシンプルさで選ぶのも良いですね。

4:使いやすさで選ぶ

最後に使いやすさで選ぶ方法をご紹介します。保温マグカップの使いやすさを判断する時のポイントは2つあります。取っ手の幅が指2本分あるかどうか、底がゴム製であるかどうかです。取っ手の幅が指2本分あれば、ほとんどの方が持ちやすいと感じることができます。底がゴム製であると本体を机などに置いた時、音が立ちません。ビジネスシーンなどで静かに使いたいという方におすすめですよ。

マグカップ選びで押さえるべきポイントは?

ここまでは、保温マグカップを選ぶ方法をご紹介しました。続いて、保温マグカップを購入するときにこれだけは外せない!というポイントをご紹介します。購入を急いでいるという方は、ここでご紹介するポイントだけは外さないようにしましょう。

マグカップ選びで押さえるべきポイントは? 保温マグカップおすすめ イメージ

1:容量

まず欠かせないポイントは容量です。保温マグカップの容量は様々であり、240ml~500mlまでと幅広いです。小さすぎても大きすぎても不便ですので、ご自身の用途に合わせた容量を選ぶようにしましょう。オフィスシーンでは240mlのもの、自宅用は350mlアウトドアでは500mlなどが人気です。

2:保温力

続いてのポイントは保温力です。保温マグカップというだけあって、どの製品も従来のマグカップと比べて保温力が高いものがほとんどですが、より保温力が高く作られているものを選びましょう。保温力が高いものを選ぶには、先ほどご紹介した蓋付きのものか、素材が真空断熱構造になっているものを選ぶのが良いですよ。

今回の比較テストでも検証したのでぜひ参考にしてください!

3:倒れにくい

倒れにくいのも重要なポイントです。倒れにくい保温マグカップの特徴は、しっかりとした重さがあり、底が広くゴム製であることなどがあります。本体が倒れて中身がこぼれてしまうと周りに迷惑を掛けてしまうこともありますので、なるべく倒れにくい保温マグカップを選ぶようにしましょう。

4:お手入れが楽

最後のポイントはお手入れが楽なことです。毎日使用することになる保温マグカップですので、お手入れが楽なものを選ぶようにしましょう。先ほどご紹介したシンプルなデザインのものや、食洗機対応タイプはお手入れが楽ですよ。

飲みやすい保温マグカップの特徴とは?

保温マグカップを購入する上で、飲みやすさは重視したいポイントになりますよね。

飲みやすい保温マグカップとは、飲み口に広さと傾斜があるものです。飲み口に広さと傾斜がある保温マグカップでは、どんなに熱い飲み物でも、すぐに口に運ばれることなく安心して飲むことができます。飲み口に広さと傾斜がない場合、飲み物がすぐ本体から出てきてしまうことも。飲みやすさを重視するという方は、飲み口に広さと傾斜があるものを選ぶようにしましょう。

プレゼントにも人気な保温マグの選び方

プレゼントにも人気な保温マグの選び方 保温マグカップおすすめ イメージ

保温マグカップは日常使いできて便利なので、プレゼントにも人気なんです。でも、人に贈るものを選ぶのは難しいですよね。

そこで、保温マグカップをプレゼントするときに気をつけたいポイントをまとめました!

どうして保温マグカップは喜ばれるの?

最近では、日付や名前などの刻印を入れることができる保温マグカップも登場しています。そういったデザインにするとオリジナル感を演出しやすいため、プレゼントとして喜ばれるのです。

渡す側のメリットとしても、保温マグカップは500円~5,000円で購入できるため価格調整しやすくリーズナブルだというポイントもあります。

プレゼント用の保温マグの選び方は?

まずは、プレゼントした相手が保温マグカップを使う場面がオフィスかそうでないのかというポイントを考えましょう。もしオフィスで使うものならば、保温マグカップを倒して書類やPCをダメにしてしまわないために転倒防止機能がついているものがおすすめです。

さらに、デザインを選ぶ際はプレゼントする相手が実際に使っている姿をイメージするなど、前もって相手が好きな食器やデスク周りグッズのデザインをリサーチしてから商品を探すと喜ばれるものが見つかりやすくなりますよ!

メーカーはどこを選ぶ?

プレゼントにわたすなら人気・有名メーカーから選びたいこともありますよね。ここでは保温マグカップの有名メーカーと特徴をご紹介します。

1:サーモス

サーモスは保温マグカップを検索する際によく目にするメーカーなので知っている方も多いかと思います。真空断熱などの高度な機能がついているものでも、名前入れをしてもらうことができます。機能性とデザイン性どちらも兼ね備えているために、相手に喜んで使ってもらえますよ。

ディズニーやミッフィーとのコラボ商品もあるので、おしゃれでかわいい保温マグカップをプレゼントしたいときはぜひチェックしてみてください!

2:アスベル

シンプルなデザインのキッチン用品を扱っているメーカーです。落ち着いたデザインにさりげないロゴが程よいアクセントになっているのが特徴。今回のランキングでテストしたアスベルの保温マグカップは、機能性がとても高かったです。実用性とシンプルさを求める人に贈るなら要チェックです!

3:モンベル

モンベルはアウトドア製品を作っているメーカー。シンプルなデザインのものが多いためアウトドアやオフィスなど、さまざまな場面で使うことができることがポイントです!

4:キャプテンスタッグ

蓋つきな上に転倒防止機能がついている商品が多く、オフィスのお供に最適なプレゼントをお探しの方におすすめです。カップを倒してデスクの上のものをダメにしてしまうなどのお悩みを解決してくれます。

サーモスとアスベルは今回の比較テストでも登場するので参考にしてみてください!

保温マグのテスト方法は?

保温マグのテスト方法は? 保温マグカップおすすめ イメージ

今回テストを行うのは、Amazonで人気の蓋つき保温マグ6製品もっとも重要な「保温力」を中心に「口当たり」「使いやすさ」の合わせて3項目をチェックして、6製品を厳しく評価します。

保温マグのテスト方法は? 保温マグカップおすすめ イメージ2

肝心の保温力のテストについては、電熱対センサーを使用。センサーをつけ、蓋をした状態のマグカップに沸騰した同量のお湯を入れ、沸騰状態から50℃に下がるまでの保温時間を計測しました。

蓋なしと蓋ありの状態でそれぞれの保温力を検証した結果、蓋ありの場合は保温力、使いやすさ、飲みやすさは、製品によってかなり違いが出るという結果が出ました。逆に、蓋なしの場合は、大きな差はありませんでした。参考までに以下をどうぞ。

[蓋なし]保温力はどの製品もさほど変わらず

 

  保温マグカップおすすめ イメージ
  保温マグカップおすすめ イメージ2

それでは早速、お待ちかねの[蓋あり]のテスト結果を発表します!

キッチン保温マグのおすすめは?

実際に使ってみた、保温マグカップのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品 おすすめポイント
第1位
アスベル真空断熱マグカップ
保温マグカップおすすめ アスベル 真空断熱マグカップ イメージ
優秀な保温力を発揮/蓋をズラして飲める使い勝手や飲み口の口当たりの良さも◎
330ml
第2位
パール金属マグカップ BLKP
保温マグカップおすすめ パール金属 マグカップ BLKP イメージ
保温力は優秀
330ml
第3位
和平フレイズフォルテックハウス
保温マグカップおすすめ 和平フレイズ フォルテックハウス イメージ
スライドの口が開けやすい
330ml
サーモス保温マグカップ
保温マグカップおすすめ サーモス 保温マグカップ イメージ
350ml
Oncezytime真空断熱 タンブラー
保温マグカップおすすめ Oncezytime 真空断熱 タンブラー イメージ
450ml
KINTOCAFEPRESS
保温マグカップおすすめ KINTO CAFEPRESS イメージ
260ml

第1位アスベル「真空断熱マグカップ MG-T330CP」

  • アスベル真空断熱マグカップ
  • 実勢価格: ¥2,300

※Amazon、楽天ともに商品ページのカラーは「ホワイト」です。

保温・飲み口・取っ手・洗いやすさ、どれも優秀だったのが、アスベル「真空断熱マグカップ MG-T330CP」。温度変化のテストでは約2時間半、定番のサーモスよりも30分間もあたたかい状態で飲めた優秀な保温力を叩き出しました。さらに、マグカップの蓋をズラして飲める使い勝手や飲み口の口当たりの良さが素晴らしくて欠点のない逸品です。

おすすめポイント
  1. 優秀な保温力を発揮
  2. 蓋をズラして飲める使い勝手や飲み口の口当たりの良さも◎
12.3cm
奥行
9.3cm
高さ
10.3cm
重量
207g
容量
330ml
型番
MG-T330CP

▼テスト結果

保温     :◎
蓋なしの保温力:38分
口当たり   :◎
使いやすさ  :◎

▼テスト結果 保温マグカップおすすめ イメージ

蓋はパッキンで強く密閉しますが、閉めにくさや開けにくさは一切感じませんでした。また蓋を外すと、ステンレスの飲み口で飲めます。

▼テスト結果 保温マグカップおすすめ イメージ2

蓋の形状は、蓋を外したり、くるっと飲み口を回す製品が多かった中、アスベルは口をズラすだけで飲める使い勝手の良さがポイントです。

第2位パール金属「マグカップ BLKP AZ-5022」

  • パール金属マグカップ BLKP
  • 実勢価格: ¥1,285

2位となったのは、パール金属「マグカップ BLKP AZ-5022」。保温力はアスベルと同様に約2時間半とかなり良かったです。しかし、口当たりが硬く若干、違和感を感じてしまったので、2位という結果になりました。

おすすめポイント
  1. 保温力は優秀
がっかりポイント
  1. 口当たりが硬い
容量
330ml
型番
AZ-5022

▼テスト結果

保温     :◎
蓋なしの保温力:33分
口当たり   :◯
使いやすさ  :◯

第3位和平フレイズ「フォルテックハウス RH-1290」

  • 和平フレイズフォルテックハウス
  • 実勢価格: ¥1,412

和平フレイズ「フォルテックハウス RH-1290」は3位。蓋の口部分に高さがあり、お湯が口に入るまで距離があり若干不安に。スライドの口は開けやすいです。保温時間は約2時間でした。

おすすめポイント
  1. スライドの口が開けやすい
がっかりポイント
  1. お湯が口に入るまで距離がある
容量
330ml
型番
RH-1290

▼テスト結果

保温     :◯
蓋なしの保温力:30分
口当たり   :△
使いやすさ  :◯

4位: サーモス「JDC-351ESP」

  • サーモス保温マグカップ
  • 実勢価格: ¥1,480

保温ボトルを代表するサーモス「JDC-351ESP」はまさかの4位に。保温時間は約2時間と優秀ながら、蓋は上に添えるタイプで飲むときは外さなくてはいけません。ステンレス素材が苦手な人には不向きかもしれません。

12.5cm
奥行
9.5cm
高さ
11cm
重量
236g
容量
350ml
型番
JDC-351ESP

▼テスト結果

保温     :◯
蓋なしの保温力:38分
口当たり   :◯
使いやすさ  :◯

5位: Oncezytime「真空断熱 タンブラー」

  • Oncezytime真空断熱 タンブラー
  • 検証時価格: ¥1,599

Oncezytime「真空断熱 タンブラー」が5位。今回ラインナップされた製品の中では450mlと唯一容量が多いですが、蓋の飲み口はかなり小さく、一度に量を飲めません。カップのフチも太すぎるのが残念でした。保温力も1時間27分と上位製品と比べると微妙でした。

容量
450ml

▼テスト結果

保温     :△
蓋なしの保温力:29分
口当たり   :△
使いやすさ  :◯

6位: KINTO(キントー)「CAFEPRESS 22728」

  • KINTOCAFEPRESS
  • 実勢価格: ¥1,650

KINTO(キントー)「CAFEPRESS 22728」が6位でした。唯一、カップに茶こしがついたタイプで、コーヒーや紅茶も飲めます。しかし、保温力が1時間7分とイマイチで成績は低めでした。

容量
260ml
型番
22728

▼テスト結果

保温     :△
蓋なしの保温力:36分
口当たり   :◯
使いやすさ  :◯

[結論]1位はアスベルの「真空断熱マグカップ」でした!

以下、今回のテストをまとめた表です。

【テスト結果】

 

  保温マグカップおすすめ イメージ

以上、保温マグカップおすすめランキング6選でした。上位4製品は僅差という結果に。

保温マグカップの機能性は一見どれも同じように思えますが、保温力や飲みやすさにかなり違いがあります。最高の飲み口と保温力を誇るアスベルは、人気のサーモスよりも優秀ですので、温かい飲み物に、ぜひお試しください。