自転車今こそ買うべき電動アシスト自転車のオススメは?

コロナ禍のなかで注目されている電動アシスト自転車。通勤時の密を避けたり運動不足対策として「e-シティサイクル」や、子どもを乗せられる「e-子乗せ」が人気のようです。

そこで、テストするモノ批評誌『MONOQLO』が電動アシスト自転車初心者に向けて、オススメを徹底調査しました。

自転車近場も遠出もスピーディーにスイスイ走れる「e-クロスバイク」

電動アシスト自転車には、子ども乗せタイプやシティサイクル以外にも様々なジャンルがあります。また、ジャンルによって、走行性能や機能性が大きく変わるので、使用する目的によって選ぶジャンルが変わります。

気軽にスポーティーな走りを味わいたいという人は、スピード感と安定感が両立している「e−クロスバイク」がオススメ。比較的価格が安く、ちょい乗りからロングライドまでこなせる万能さで高い人気を誇るジャンルです。

そこで今回は、プロのおすすめe-クロスバイク2台を紹介します。

自転車スポーティーで抜群に乗りやすい キャノンデール「Quick Neo」

キャノンデール
Quick Neo
実勢価格:35万2000円

ホイール/タイヤ径:700×35c
重量:18.6kg
走行距離(※):165km
バッテリー容量:500Wh
(※)ECOモードの場合。メーカー公称の走行距離

キャノンデール「Quick Neo」は、丈夫なアルミフレームにしなやかなカーボンフォーク、パワフルなバッテリー搭載と、スピーディーで快適な走りを実現するe-クロスバイク。

雨の日でもしっかり働いてくれる油圧ディスクブレーキ採用など、安全性が高いのも魅力です。

田中弾 氏
自転車雑誌ライター
田中弾 氏 のコメント

パワフルな加速で速度の伸びもいい快適な一台です。

各パーツのポイント

ハンドル

操作性に優れる長めのフラットバーハンドルは、曲がり道が多い街中を走る際に便利。視野も広く安心感があります。

変速

シマノ製の9速ギアを搭載しているので、坂道などの状況に応じて柔軟にギアチェンジできます。

タイヤ

ロードバイクと同じタイヤ径ながら、タイヤは太めの35cを採用しており、スムーズな走りと安定感を両立しています。

自転車エントリーモデルとして◎ パナソニック「ジェッター」

パナソニック
ジェッター
実勢価格 16万8000円

ホイール/タイヤ径:700×38c
重量:21.2kg
走行距離(※):85km
バッテリー容量:12.0Ah
充電時間:4時間
(※)ECOモードの場合。メーカー公称の走行距離

パナソニック「ジェッター」は、スポーティーな乗り心地と比較的安定した走り心地を実現しつつ、約17万円という価格が魅力。街乗りや通勤などのシーンにおいて、利便性がかなり高い逸品です。2サイズ展開で体型に合わせて選べます。

田中弾 氏
自転車雑誌ライター
田中弾 氏 のコメント

人車一体のような乗り心地が魅力。心地よく走れます。

以上、プロのおすすめe-クロスバイク2台の紹介でした。

電動アシスト自転車は、人気上昇を受けて各モデルの性能もどんどん進化しています。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてくださいね。

自転車電動アシスト自転車の売れ筋ランキングもチェック!

電動アシスト自転車のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。