カメラ暮らしの悩み&ストレスが解決できるWi-Fi術って?

今では私たちの生活に欠かせないものとなったWi-Fi。ですが、そんなWi-Fiのことを「ギガの節約で使うもの」程度に考えていませんか?

実は、最新家電の多くはWi-Fiと連携させることでより便利になるんです。そこで、本音の家電ガイド『家電批評』が、快適な部屋づくりができるストレスゼロの最新Wi-Fi術をお届けしちゃいます。

Wi-Fi術を駆使して家中の悩みを解決するとともに、「ぶっちゃけ、Wi-Fiのことよくわかってない」というストレスも解決します!

カメラ留守中に自宅の安全を守ってくれるアイテムはある?

快適な部屋づくりにあたり、「リビング」「キッチン」「風呂・トイレ」など、エリアごとにフォーカスしました。

今回は番外編の「外出時」編。留守中に誰もいないと空き巣などが怖いですよね。そこで、Amazon「Echo Auto」と連携することで不審者を検知する、おすすめのセキュリティカメラを紹介します。

カメラ運転中に音声操作できる Amazon「Echo Auto」

※画像はAmazonより

Amazon
Echo Auto
実勢価格:4980円

サイズ・重量:W85×D47×H13.28mm・45g
通信:Bluetooth
出力:3.5mmオーディオ出力
連携可能デバイス:Echo、Nest

初の車載デバイスとしてデビューしたAmazon「Echo Auto」。スマホの音楽再生を操作するだけでなく、自宅に設置しているEcho Dotとつなげている家電を、車を運転しながら操作することができます。

基本はエアコンの噴き出し口に設置し、電源はシガーソケットやUSBポートからとります。自宅の家電との通信にはスマホが必須。Echo Autoと接続しておきましょう。

カメラ不審者の姿を逃さない +Style「セキュリティカメラ」

※画像はAmazonより

+Style
セキュリティカメラ
実勢価格:1万980円

サイズ・重量:W57×D58×H98.2mm・約211g
撮影解像度:1080p(フルHD) 200万画素
対応microSDカード:最大128GB(別売り)
防水:IP65準拠
Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz帯)

外出中の留守宅を見守る+Style「セキュリティカメラ」は、不審者を素早く検知してスマホに通知してくれる、頼れる見張り番です。

通知を受けたらリアルタイムで状況を確認しつつ、「素早く通報する」「ブザーを鳴らして追い出す」「帰宅時に遭遇するのを避ける」など、状況に応じた最適な行動につなげましょう。

カメラスマホと連携して家の様子を見える化できる

ポイント1:モーション検知で不審者を察知

人の動きを検知すると録画を開始するとともにスマホに通知が届きます。些細な動きでも敏感に検知してくれるので異変にすぐ気づけます。

ポイント2:スマホにも録画を保存可能

スマホからの遠隔操作でも録画が可能。動画をスマホに保存できます。また、赤外線暗視モードを搭載しているため、夜間に照明がついていない時間でもはっきり映ります。

ポイント3:Alexa連携! ディスプレイで動画が見られる

ディスプレイ付きの「Echo Show」と連携すると、カメラの映像をリアルタイムで表示可能。赤ちゃんの見守りカメラなどに活用できます。

カメラソーラーパネルで常時給電できる

付属のソーラーパネルをつなげば、室内照明でも充電が開始されました。旅行などで長期間留守にした際に、バッテリー切れを防いでくれます。

なお、惜しかった点もあります。SDカードが簡単に取り出せること。そして、SDカード未挿入時は検知しても録画が自動で開始されません。

以上、留守中の不審者対策におすすめな+Style「セキュリティカメラ」の紹介でした。留守中の自宅が不安という人は、ぜひ導入してみてくださいね。

カメラ防犯カメラの売れ筋ランキングもチェック!

防犯カメラのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。