家電快眠のために整えたい室内環境

一日の疲れをリセットするのに大切な睡眠。みなさんはぐっすり眠れていますか? 忙しくて時間がとれないなら、眠りの質を改善をはかってはいかがでしょうか。

そこで、室内の環境を整えて快眠をサポートするアイテムに注目。睡眠の専門家といっしょにスマートリモコンなど、空調家電や照明の操作を自動化できるアイテムを集めて検証しました。

家電質のよい睡眠をとるための三原則

自分がしっかり眠れているのか、イマイチわからないという人もいると思います。そもそも「快眠」というのはどんな状態のことをいうのでしょうか。

1:快眠の状態とは?

快眠とは、眠りの深さとリズムが整った状態のこと。自分で測定することはむずかしいですが、以下の3点を、本人が起きた時に実感できるかどうかが判断の目安となります。

・寝つきがいい
・途中で何度も起きない
・熟睡感がある

2:快眠のカギは就寝前の行動にあり

眠る前は、快眠しやすいようなコンディションに整えておくと効果的です。

深部温度を下げておく

体温が高いままだと寝つきが悪くなります。体の深部体温を下げておくこと、とくに“高いところから急降下させる”ことが重要。入浴の際に湯船につかって一度体温を上げると、そのあとで下がりやすくなるためオススメです。

自律神経を整えておく

心地よく眠りにつくには、自律神経を整えておくことも大切。音楽を流したり、 照明の色温度を落とすなどして、リラックスした状態(副交感神経が優位)をつくりましょう。

3:眠るための環境を整える

自分のコンディションだけでなく、寝室の環境も重要です。具体的に以下のような状態が理想的です。

▼室温:18~20℃
冬の間は18~20℃に設定します。可能なら朝方に1〜2℃高めにできるとベスト!

▼湿度:50%台
加湿器や除湿機などを使って50%台をキープします。

▼風:風速0.4m
寝室のドアを開けるなどして、体に感じないくらいの風(不感気流)をつくります。

▼音:40dB以下
室外の環境にもよりますが、部屋がシーンと静まり返った状態がこのくらいです。

▼明るさ:0.3ルクス以下
暗闇がベストですが、カーテンの裾から漏れる光ほどであれば問題ありません。

▼その他(触覚、嗅覚)
体に触れるものは柔らかいものを。香りはラベンダーやシダーウッドなどがおすすめです。

家電朝日で自然に起きられる「スマートカーテン」

睡眠時間を長くとるのは難しくても、上記のような空調家電や照明の設定なら改善できそうですよね。

ということで、今回ご紹介するのは「スマートカーテン」です。起床時に合わせてセットすると、カーテンを自動で開けてくれる便利なアイテム。朝がニガテという方も起きやすくなりますよ。

6000円台~1万4000円台のスマートカーテン3製品を比較した結果、おすすめ順に紹介します。

S評価パワーも運転音も文句ナシ ROBIT「mornin’Plus」

王冠アイコン

ROBIT
mornin’Plus
実勢価格:6980円(1台)

サイズ・重量/約W6.2×D4.6×H11cm・約108g(電池除く)
電源:単3アルカリ乾電池3本
通信規格:BLE

▼テスト結果

  • 設定のしやすさ :16/20点
  • 接続のしやすさ :30/30点
  • 運転音(静音性):30/30点
  • 使い勝手    :20/20点
  • 総合点     :96/100点

S評価を獲得して今回1位となったのは、ROBIT「mornin’Plus」です。組み立て不要ですぐ使え、設置も簡単。カーテンに応じた微調節もできるなど文句ナシ。

リモコンはありませんが、スマートリモコンの「Remo」と連携できるのもポイントです。

▼スマートリモコン「Remo」の紹介記事はコチラ

重さのあるカーテンもOKでうるさくない

パワーをフレキシブルに変更でき、遮光カーテンのような重いものもラクラク開閉。

デフォルトのままだとタイヤの昇降音がややうるさいですが、速度の調節で静かにできます。

手での開け閉めをジャマしない

普段は本体のタイヤは収納状態になっています。手でカーテンを開け閉めするときも邪魔になりません。

アプリが親切&移動時間の調節OK

設定時のアプリのナビゲートが親切でわかりやすいのがうれしい。

移動時間など、動作を細かく設定できるのも強みです。

A評価接続カンタンで音も静か +Style
「スマートカーテン」

+Style
スマートカーテン
実勢価格:1万3800円

▼テスト結果

  • 設定のしやすさ :12/20点
  • 接続のしやすさ :30/30点
  • 運転音(静音性):30/30点
  • 使い勝手    :12/20点
  • 総合点     :84/100点

2位はA評価の+Style「スマートカーテン」。接続しやすく運転音も静で説明書も親切。ただし、パワーが変えられないのが惜しかったです。

B評価任意の場所で止められる「SwitchBotカーテン」

SwitchBot
SwitchBotカーテン
実勢価格:8980円

▼テスト結果

  • 設定のしやすさ :8/20点
  • 接続のしやすさ :18/30点
  • 運転音(静音性):18/30点
  • 使い勝手    :16/20点
  • 総合点     :60/100点

3位はB評価のSwitchBot「SwitchBot カーテン」です。任意の場所まで開けられるところはよかったです。本体のほかに、別途ハブの購入が必要なのでご注意ください。

以上、スマートカーテン3製品を比較した結果でした。睡眠環境が気になっている方はチェックしてみてくださいね。

家電目覚まし時計の売れ筋ランキングもチェック!

目覚まし時計のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。