AV機器新製品からイマがわかる! 家電新品FLASH

家電新品FLASH

次々と発表される最新家電。数え切れないほどある各メーカーのニュースリリースから、雑誌『家電批評』がセレクト。おうち時間を思いっきり楽しめる便利家電を紹介します。

『家電批評』2021年9月号掲載の「新製品からイマがわかる!」から、今回は注目のAV機器4製品をご紹介します!

AV機器24時間連続稼働が可能なOptoma「ZU720T」

Optoma「ZU720T」

Optoma
ZU720T
実勢価格:105万6000円(市場想定価格)

Optoma「ZU720T」は、WUXGA(1920×1200ピクセル)、高輝度7000ルーメンのレーザー光源プロジェクター。高解像度でダイナミックな映像が魅力。

また、レーザー光源のためランプ交換は不要で、独自のDuraCoreレーザー技術により、最大3万時間の長寿命光源を実現しました。

さらに上向き、下向き、縦向きなど360°設置が可能。さらに、電動方式の垂直水平レンズシフト機能も備えています。

AV機器5.1.4chサラウンドを実現したSennheiser「AMBEO Soundbar」

Sennheiser「AMBEO Soundbar」

Sennheiser
AMBEO Soundbar
実勢価格:35万7500円

Sennheiser「AMBEO Soundbar」は、自社開発の13個のハイエンドドライバーを搭載し、5.1.4chを1台で実現する世界初のサウンドバー。

欧州最大の研究機関であるフラウンホーファーと共同開発したバーチャルサウンド技術により、リアリティあふれる立体サウンドを自宅で気軽に体験できます。

AV機器静音設計にこだわったアイ・オー・データ機器「静かeco録 HDPZ-UT2K」

アイ・オー・データ機器「静かeco録 HDPZ-UT2K」

アイ・オー・データ機器
静かeco録
HDPZ-UT2K
実勢価格:1万780円

アイ・オー・データ機器「静かeco録 HDPZ-UT2K」は、寝室など静かな環境でも作動音が気にならないように、静音構造を施しています。同梱されているUSBケーブルを使って、外付けUSB HDD録画機能搭載のテレビとつなぐだけで使えます。

また、従来商品「HDCZ-UTCシリーズ」と比較して、消費電力量を約16%削減した省エネ設計。容量は2TB。

AV機器部屋を広く使える! サンワサプライ「100-PL026」

サンワサプライ「100-PL026」

サンワサプライ
100-PL026
実勢価格:1万円6800円

サンワサプライ「100-PL026」は、3段階の高さ調整に加え、壁よせのハイタイプで部屋を広く使うことができ、掃除もしやすいテレビスタンド。

壁掛けタイプと違いケーブルを隠したり、テレビの高さを変更させたりすることが可能。32型~65型に対応し、耐荷重は40kg。サンワダイレクト限定販売。

AV機器AV機器の売れ筋ランキングをチェック!

AV機器のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、「新製品からイマがわかる!」家電新品FLASH『家電批評』2021年9月号「AV機器」編でした。家でのエンタメを充実させたい今、大活躍しそうなものばかりです。

AV機器『家電批評』2021年9月号

『家電批評』2021年9月号

『家電批評』
2021年9月号
実勢価格:700円


「新製品FLASH」を掲載している『家電批評』2021年9月号はこちらでも読むことができます。ぜひ参考にしてみてくださいね。