感動した神アイテムを発表! 「2021年上半期 ベストバイ」

優勝カップ

早くも2021年が半分過ぎました。『家電批評』ではたくさんの製品をテストして紹介してきましたが、今年はいつも以上に「これ絶対買ってほしい!」と感動させてくれたものがたくさんありました。

そこで、そんな「神アイテム」を「家電批評 2021年上半期 ベストバイ」として発表します! すべての製品は、プロのチェックによる「ベストバイと呼べる根拠アリ」。ぜひお買い物の参考にしてください。

今回はU10万円FHDプロジェクター部門からアンカー「Nebula Cosmos」をご紹介します。

家電昼間も使えてOS入り! アンカー「Nebula Cosmos」

 
王冠アイコン

アンカー
Nebula Cosmos
実勢価格:7万9800円

サイズ・重量:約W289×D198×H88mm・約2kg
最大投射:120インチ

アンカー「Nebula Cosmos」は、精細な映像を大画面で映せて、音質も合格点なプロジェクター。OS内蔵で8つの動画サービスに対応しているので、プロジェクター単体で楽しめちゃいます。

マストバイな理由:昼でも輝度900ANSIルーメンを実現

アンカー「Nebula Cosmos」2

日中 (カーテン閉め/照明 OFF)
暗所での輝度は十分で、昼間の輝度も許容範囲で、さほど見づらくはありません。

以上、アンカー「Nebula Cosmos」の紹介でした。

ネトフリもHuluも約120インチの大画面で鑑賞できちゃう、おすすめのプロジェクターです。これでおうち時間をいっそう楽しんではいかがでしょう?

▼検証の詳細とお手頃価格なプロジェクター9製品比較はこちら

ホームプロジェクターの売れ筋ランキングもチェック!

ホームプロジェクターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

『家電批評』 2021年8月号

 『家電批評』 2021年8月号

晋遊舎
家電批評
2021年8月号
700円

『家電批評』2021年8月号には、神アイテム33選+αが掲載されています。ぜひ参考にしてみてくださいね。