注目されることは少ないけれど、意外に重要なんです

注目されることは少ないけれど、意外に重要なんです 電源タップおすすめ イメージ

パソコンや家電、スマホ、ゲーム機など、AC電源を使用する機器は家庭内にたくさん。壁コンセントが足りなくなったことはありませんか?常時点けているものや日々充電が必要になる機器など、電子機器を多く使う人にとって必要になっていくのが電源タップです。

注目されることは少ないけれど、意外に重要なんです 電源タップおすすめ イメージ2

でも、電源タップの形状によって差し込み口がムダになったり、ホコリが入って火災の原因になったり(トラッキング現象)と、じつは製品によって使い勝手安全性に大きな差が出るんです。

電力を中継する地味な存在と思われがちですが、設置する場所目的に応じて最適なものを選ぶと、差し込み口をムダなく、安全に使うことができるんです。

また、USBポートを搭載しているものも増えており、急速充電に対応した製品もあります。こうした製品は、デスクの上に設置したり、デスクのそばで使用するとモバイル機器の充電が楽になるのでおすすめです。

パソコン電源タップにはどんな種類がある?

電源タップといっても形やプラグの指し口の数などはさまざま。まずは、電源タップの特徴をご紹介していきます。

延長コードタイプの特徴は?

延長コードタイプは、家の壁コンセントから離れた場所で電源を使いたいときに便利です。

延長コードの長さは余裕を持って選ぶようにしましょう。長すぎると邪魔になってしまいますが、短すぎると電子機器を使いたい場所で使うことができないので、目安として「接続したい位置の+50cm」くらいを考えておくといいですよ。

延長コードタイプの特徴は? 電源タップおすすめ イメージ

タワー型の特徴は?

タワー型は円柱や角柱の形状のタイプです。大きさや高さがある分、差し込み口の数が多いのが特徴です。

数は多いですが、タワー型は縦に長いのでスペースを取りすぎることはありません。デスク上など限られた場所で多くのコンセントが必要となる場合にはタワー型も便利ですよ。

タワー型の特徴は? 電源タップおすすめ イメージ

マグネット型の特徴は?

電源タップは床やテーブルに置くのが基本ですが、冷蔵庫など磁石がつく場所であればマグネット式を使うことで貼り付けられます。

電源タップの周辺はコードなどがごちゃついてつまずいてしまうケースがありますが、床に置かなければ足元がごちゃつく心配もなく、またホコリがたまりにくいので事故が起こりづらくなります。

壁掛けタイプの特徴は?

磁石のない場所で立てかけたいときには壁掛けタイプを選びましょう。壁掛けタイプもマグネット型と同様にコンセントがごちゃつきやすいという悩みを解決することができます。電源タップ周辺は使うものが多いからこそ、すっきりとさせておきたいものです。

フックやビスなどを使って自分の好きな場所に取り付けられるので、ここにあったら便利という位置に付けておくとよいでしょう。

直付けタイプの特徴は?

電源の口数だけを増やしたいという人や、電源から距離を取らなくても問題ないという人であればコードを必要としない直付けタイプでも不便なく使うことができます。

一人暮らしの人や点けっぱなしのコンセントが少ない人であれば、部屋をすっきりとさせることができますのでおすすめです。

直付けタイプの特徴は? 電源タップおすすめ イメージ

パソコンUSB-Cポート付き電源タップのおすすめは?

A+評価アンカー「Anker Prime Charging Station(6-in-1,140W)」

  • アンカーAnker Prime Charging Station(6-in-1,140W)
  • 実勢価格: ¥14,990

140WでUSB出力できるモンスター電源タップ出現!

電源タップのおすすめランキングでベストバイを獲得したのは、A+評価のアンカー「Anker Prime Charging Station(6-in-1,140W)」でした!

Anker Primeの新製品として登場した電源タップは、USB-CとUSB-Aをそれぞれ2つずつ装備。特にUSB-Cポートは、単ポート利用で140W出力というモンスター仕様。

それでいて、サイズはiPhone 14 Pro相当とかなりコンパクト。デスク回りの配線がこれ1台でスッキリと使えるます。

コンパクトで高性能なタップを求めている人におすすめです。

おすすめポイント
  1. 単ポート利用で140W出力
  2. サイズがコンパクト
79mm(約)
奥行
18mm(約)
高さ
162mm(約)
重量
300g(約、本体のみ)
最大出力
AC:1000W、USB:140W
型番
A9128

USB仕様

  • USB-C×2
  • USB-A×2
  • 最大出力:140W

各ポート単体

  • USB-C1:約91W
  • USB-C2:約85W
  • USB-A1:約9W
  • USB-A2:約9W

140W出力対応なので、USB-Cポート単体利用でも圧倒的な高出力。140W入力に対応した機器があれば、もっと上までいけるでしょう。

全ポート同時

  • USB-C1:約64W
  • USB-C2:約45W
  • USB-A1:約8W
  • USB-A2:約8W

全ポート同時利用でも合計で約125Wと無駄のない分配です。

出力がすべてディスプレイで分かる

出力がすべてディスプレイで分かる 電源タップおすすめ イメージ

ディスプレイを搭載しており、出力がひと目で分かります。

表示は「合計出力」「W(ワット)表示」「V(ボルト)/A〈アンペア)表示」。側面のボタンで表示内容の切り替えが可能です。

A評価アンカー「Anker Nano Charging Station(6-in-1,67W)」

  • アンカーAnker Nano Charging Station(6-in-1, 67W)
  • 実勢価格: ¥6,990

アンカー「Anker Nano Charging Station(6-in-1,67W)」は、電源タップのおすすめランキングでA評価となりました。

100mm(約)
奥行
93mm(約)
高さ
19mm(約)
重量
298g(約)
合計最大出力
65W
型番
A9129

USB仕様

  • USB-C×2
  • USB-A×2
  • 最大出力:67W

各ポート単体

  • USB-C1:約66W
  • USB-C2:約65W
  • USB-A1:約8W
  • USB-A2:約8W

全ポート同時

  • USB-C1:約28W
  • USB-C2:約18W
  • USB-A1:約7W
  • USB-A2:約9W

A評価CIO「Polaris CUBE WALL」

  • CIOPolaris CUBE WALL
  • 実勢価格: ¥5,794

CIO「Polaris CUBE WALL」は、電源タップのおすすめランキングでA評価となりました。

サイズ
54×84×38mm(約)
重量
180g(約)
差込口
AC×3・USB-C×2・USB-A×1
型番
CIO-PC67W2C1A-AC3-BK

USB仕様

  • USB-C×2
  • USB-A×1
  • 最大出力:67W

各ポート単体

  • USB-C1:約67W
  • USB-C2:約67W
  • USB-A:約10W

全ポート同時

  • USB-C1:約44W
  • USB-C2:約9W
  • USB-A:約4W

B評価CIO「ハイブリッドマルチタップ CIO-42W1C2A-TAP01」

電源タップおすすめ CIO ハイブリッドマルチタップ イメージ1
  • CIOハイブリッドマルチタップ
  • 実勢価格: ¥2,890

CIO「ハイブリッドマルチタップ CIO-42W1C2A-TAP01」は、電源タップのおすすめランキングでB評価となりました。

型番
CIO-42W1C2A-TAP01

USB仕様

  • USB-C×1
  • USB-A×2
  • 最大出力:42W

各ポート単体

  • USB-C:約28W
  • USB-A1:約10W
  • USB-A2:約10W

全ポート同時

  • USB-C:約28W
  • USB-A1:約6W
  • USB-A2:約6W

C評価エレコム「ECT-25215」

  • エレコムECT-25215
  • 実勢価格: ¥3,119

エレコム「ECT-25215」は、電源タップのおすすめランキングでC評価となりました。

型番
ECT-25215WH

USB仕様

  • USB-C×1
  • USB-A×2
  • 最大出力:32W

各ポート単体

  • USB-C:約19W
  • USB-A1:約10W
  • USB-A2:約10W

全ポート同時

  • USB-C:約19W
  • USB-A1:約8W
  • USB-A2:約8W

パソコンまとめ:ベストバイなら140WでUSB-C出力できる!

以上、USB-Cポート付き電源タップのおすすめランキングでした!

ベストバイに輝いたのは、USB-Cの単ポートで140W出力できるアンカー・ジャパン「Anker Prime Charging Station(6-in-1, 140W)」でした。

全ポート利用時でも合計約125Wと、分配に無駄がありません。また、ディスプレイ付きで出力がひと目で分かるのも魅力です。

また、アンカー「Anker Nano Charging Station(6-in-1,67W)」CIO「Polaris CUBE WALL」はA評価を獲得。価格を考えると、コスパは悪くないといえるでしょう。

今回ご紹介した商品詳細を参考に、自分に合った電源タップをぜひ見つけてみてはいかがでしょうか。

電源タップのおすすめ

電源タップのおすすめ 電源タップおすすめ イメージ

アンカー・ジャパン
Anker Prime Charging Station(6-in-1, 140W)

パソコン電源タップの売れ筋ランキングもチェック!

電源タップのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。