家電おすすめデスク上のごちゃつき問題を解決できる電源タップとは?

作業デスクがぐっちゃぐちゃな状態で、仕事が「デキる」という人はそう多くないはずです。飲み物、電源タップ、オフィス小物、ケーブル、書類などが散らかっているという人は、今回紹介する製品で片付けましょう。

そこで今回注目したのが、「クランプ式の電源タップ」です。

クランプ式の電源タップとは?

クランプ式の電源タップは、クランプでデスクの外や端に固定することができます。その分だけ机のうえの作業スペースを確保することができ、転がって邪魔になることもないので、おすすめです。

そこで今回は、人気の2製品で取り付けやすさとズレにくさ、使用感を比較検証しました。それでは、おすすすめ順に紹介します。

家電おすすめクランプ式電源タップのおすすめは?

A+評価フレキシスポット(FlexiSpot)「デスクに取り付ける電源タップ ps022」

  • FlexiSpotデスクに取り付ける電源タップ ps022
  • 実勢価格: ¥6,600

総合評価: 4.00

取り付けやすさ
 4.00
ズレにくさ
 5.00
使用感
 3.00

コンセントの抜き差し自由自在!

フレキシスポット(FlexiSpot)「デスクに取り付ける電源タップ ps022」は、デスクの端にクランプで固定できる電源タップ。斜め上を向いているからコンセントの抜き差しもしやすいです。

デスクに取り付けたときの安定感がバツグンで、斜め上を向いているからコンセントの抜き差しもしやすく、ズレにくいです。

取り付けがラクで安定感もありますが、本体が3ピンコンセントな点に注意しましょう。

80mm(約)
奥行
48mm(約)
高さ
52mm(約)
重量
1kg
定格容量
15A・100V-125V(1875Wまで)
USBポート
TYPE Cポート×1・TYPE Aポート×1
USB出力
DC5V/3.1A
電源コード長
2m
型番
ps022

3種類のポートに対応

3種類のポートに対応 クランプ式電源タップおすすめ イメージ

3種類のポートに対応しており、汎用性が高いです。

ハンドルが回しやすい

ハンドルが回しやすい クランプ式電源タップおすすめ イメージ

ハンドルが回しやすくて、デスク奥側にも簡単に取り付けできます。

本体のコンセントは3ピンタイプ

本体のコンセントは3ピンタイプ クランプ式電源タップおすすめ イメージ

電源タップ自体は3ピンコンセントなので、差し込み口を選びます。なお、家電量販店などで安価に買える、3ピンから2ピンの変換アダプタで対応は可能。

A評価サンワサプライ「クランプ式タップ」

  • サンワサプライクランプ式タップ
  • 実勢価格: ¥4,300

総合評価: 3.67

取り付けやすさ
 2.00
ズレにくさ
 4.00
使用感
 5.00

取り付けがちょっと難しい……

サンワサプライ「クランプ式タップ」は、電源スイッチが付いており、AC4口にUSB-A2口と使い勝手は良好! ただ、クランプが本体から抜けたりパーツが多かったりで取り付けにくい点はちょっと残念です。

182.5mm
奥行
80mm
高さ
46mm
重量
700g(約)
定格容量
14A・100V(1400Wまで)
USBポート
2ポート
USB出力
DC5V/2.4A(2ポート合計最大)
電源コード長
3m
型番
700-TAP047DBRM

なお、ご紹介した2製品のように固定はできないですが、ズレにくくてリーズナブルな電源タップをお求めなら、滑り止めゴムタイプの電源タップもあります。

おすすめなのはこちら。

家電おすすめLetmy「電源タップ」

  • Letmy電源タップ
  • 実勢価格: ¥2,000

滑り止めゴムタイプのタップ

Letmy「電源タップ」は固定はできないものの、ズレにくいです。ACが4口、横面にはUSB-Aが3口。デスクに置いてズレにくいので、こちらも便利に使えます。

型番
AS-2312

以上、デスク上のスペースを確保して、仕事効率をアップしてくれるクランプ式の電源タップの比較と、おすすめの電源タップを紹介しました。ぜひ参考にして、机上に仕事が「デキる」環境を整えてみてくださいね。

家電おすすめ電源タップの売れ筋ランキングもチェック!

電源タップのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。