<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は2020年4月時点のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

プロスポーツ選手も愛用する
パワーボールって何?

プロスポーツ選手も愛用するパワーボールって何?

自宅にいながら省スペースでトレーニングもできる、パワーボール本格的に手や腕を鍛えたり、遊び感覚で使ったりと、手放せない人が急増中です

プロスポーツ選手も愛用するパワーボールって何?

スナップボール、リストボールとも呼ばれるパワーボール。指や手首、腕などを鍛えることができ、テニスやゴルフ、バスケット、野球、ボルダリング、バトミントンなど、腕を使うあらゆるスポーツのトレーニングツールになります。実際に世界中で多くのスポーツ選手がパワーボールを使用しています。

パワーボールは内部のローターの遠心力を利用して手や腕に負荷をかけます。負荷は振動数や回転数に比例して大きくなります。中には最大39.6Kgといった高い負荷をかけることができる製品もあります。

効率よく筋肉を鍛えられるのが
パワーボールの人気の秘密です

それでは、パワーボールの人気の秘密と使うメリットをご紹介したいと思います。

メリット1:関節への負担が少ない

メリット1:関節への負担が少ない

パワーボールはノン・インパクト(非衝撃)ツールです。ダンベルやパワーリストなどに比べて関節に負担をかけずにトレーニングを行うことができます。

また、握力や手首、前腕などを同時に鍛えることができるのも魅力の1つ。持ち方や角度を変えることで、ふだん使っていない筋肉も鍛えることができます。

メリット2:省スペースでトレーニングができて携帯性抜群

メリット2:省スペースでトレーニングができて携帯性抜群

パワーボールを使う最大のメリットは、場所を取らないこと。オフィスで休み時間に、あるいは自宅のソファーの上でテレビを見ながらなど、省スペース&ながらトレーニングを行うことができます。

また、手に収まるサイズ感なので、どこにでも持ち運べ、手軽にトレーニングが行えます。

メリット3:ゲーム感覚でできる

メリット3:ゲーム感覚でできる

家族みんなで発光の強さや回転数などを競ったりと、遊び感覚で使えるのも魅力。家から出られないときなどのストレス解消にもオススメです。

パワーボールを使えば
普段使わない筋肉も鍛えられます

三角筋や上腕二頭筋、前腕の筋肉、指、手首など、パワーボール1つでさまざまな部位の筋肉を鍛えることができます。

パワーボールは握り方や回し方、姿勢などで負荷を与える場所が変わってきます。慣れると、握り方と回し方を工夫し、普段あまり使われていない筋肉へ効果的に刺激を与えることができるようになります。

パワーボールの回し方を
プロが解説!

パワーボールの回し方をプロが解説!

実際にパワーボールがどんなものかイメージできない方も多いと思います。そこで、どのように回すのかを簡単に解説。パワーボールはヒモで回すモデルとオートスタートモデルの2種類があります。ここでは、オートスタートモデルの回し方を解説します。

パワーボールの回し方をプロが解説!

パワーボールに内蔵されたローター(内側の球)に矢印が記されているので、その方向にバネを巻く感じで10~15回ぐらい回します。

パワーボールの回し方をプロが解説!

指を離すとローターが回り出します。ただ握っていると回転の方向が分かるので、その方向に合わせて手首を回していきます。

パワーボールの回転と手首の回転がうまく合うと高速で回り始めます。その際音が変わってきます。ボールが手の中で暴れますので、飛ばないようにうまく握りながら3分間ほど回し続けますが、強烈に腕がパンパンになります。あとは回すのを止め、回転が収まるまで待って終了です。

パワーボールは価格や
タイプ、機能によって異なります

では、パワーボールにはどんな種類のものがあるかを具体的に見ていきましょう。

1.価格

1.価格

パワーボールやスナップボールは高い物だと1万円以上、安いものだと1000円以下と価格帯が幅広いのが特徴です。今回検証を行ったところ、安いものでも「回しやすい」ものがあり、一概に価格で良し悪しを判断できないことが分かりました。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

最初は無理して高い物を買わなくてもOKです。一般的な価格帯は1000円~4000円なので、まずはこの中から探すとよいでしょう。

2.スタートのタイプ

スタート時にはローターを自分で回さなければなりませんが、そのやり方にはオートスタートとコードスタートの2種類があります。

コードスタートタイプ

 

 

コードスタートは紐を使って回すタイプ。ローターの溝に紐を通して巻きつけてから、紐を勢いよく引っ張りローターを回します。

オートスタートタイプ

 

 

オートスタートはローターを矢印の方向に回して手を離すだけでOKです。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

両者を比較すると圧倒的にストレスフリーなのがオートスタートタイプ。とくに慣れない初心者の方にオススメです。

3.回転数・負荷

3.回転数・負荷

振動数や回転数は「1秒間振動数(Hz)」、もしくは「1分間の回転数(RPM)」という単位で表されます。

たとえば5000RPMなら約7.39kgの瞬間的な力を必要とします。商品説明では最大負荷が記されている場合があるので、購入の参考にしましょう。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

中には最大回転数15000rpm~18000rpmとかなり回転数まで回す事ができるものがありますが、一般的な成人男性の場合、かなり回せても8000rpm程度ですので、初心者は最大回転数をあまり気にしなくても良いかと思います。

4.各種機能

パワーボールにはデジタル機能付きのものやLED発光機能のものがあります。

デジタル機能
1分間の回転数やトレーニング時間を表示する機能です。トレーニングの効果を確認することができます。自分の記録にも挑戦するのもよいでしょう。

LED発光機能
高速回転すると発光する機能です。トレーニング効果とは関係ありませんが、見ていて楽しく、モチベーションUPに役立ちます

4つのポイントに注意して
パワーボールを選びましょう

4つのポイントに注意してパワーボールを選びましょう

それではパワーボール購入時の選び方を板谷氏に解説してもらいます。今回は初心者~中級者向けで5000円以下の商品をピックアップ。板谷氏とスタッフで実際に商品を使ってみて、その後評価とランキングを行いました。

[選びのポイント1.回しやすさ]
初心者でも簡単に回すことができるか

[選びのポイント1.回しやすさ]初心者でも簡単に回すことができるか

初心者でも簡単に高速回転させることができるか。また回転を長時間維持できるかチェックしました。板谷氏とスタッフ2人の計3名で実際に全商品を試し、回しやすさを調べました。[配点:30点]

[選びのポイント2.使いやすさ]
スタート時に手間がかからないかどうか

[選びのポイント2.使いやすさ]スタート時に手間がかからないかどうか

オートスタートかどうか。オートスタートの場合巻きやすいかなどスタートのしやすさをチェック。コードスタートとオートスタートでは、比較的セッティングが簡単な後者が高評価になりました。「配点:30点」

[選びのポイント3.機能]
さまざまな機能が付加されているか

[選びのポイント3.機能]さまざまな機能が付加されているか

デジタルカウンターやLED発光など各種機能の有無。さらにそれらの機能の優劣をチェックしました。またカウンターがある場合、その使いやすさ、見やすさも検証しました。[配点:20点]

[選びのポイント4.コスパ]
機能や性能と価格のバランスはどうか

[選びのポイント4.コスパ]機能や性能と価格のバランスはどうか

回しやすさや使いやすさなどをふまえた上で、価格に見合った性能を持つ商品かどうか判定しました。[配点:20点]

以上の4つのポイントを元に、板谷氏には実際に使ってもらった後で詳細なヒアリングを実施しました。

それではランキングスタートです!

滑らかな回転で安定感抜群
RPM Sports「NSD パワーボール 280Hz Autostart Classic」

滑らかな回転で安定感抜群RPM Sports「NSD パワーボール 280Hz Autostart Classic」

RPM Sports
NSD パワーボール 280Hz Autostart Classic
実勢価格:3980円


タイプ:オートスタート
重量:260g
カウンターなし、発光なし

▼テスト結果

  • 回しやすさ: 29/30pt
  • 使いやすさ: 29/30pt
  • 機能   : 19/20pt
  • コスパ  : 19/20pt
  • 総合   : 96/100pt

1位はRPM Sports「NSD パワーボール 280Hz Autostart Classic 」。オートスタートで非常に回しやすく負荷もかなり高いアイテムです。280Hz高性能ローター搭載で静かでバランスの取れた滑らかな回転を実現。1年保証付きなので安心して使えます。

滑らかな回転で安定感抜群RPM Sports「NSD パワーボール 280Hz Autostart Classic」

滑り止めが施されていて握りやすいパワーボールです。こちらもオートスタートで余計な手間が省け、すぐにトレーニングが始められます。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

今回の採点ポイントには含まれていませんでしたが、非常に静音性に優れています。高負荷ながら回転が滑らかで安定感のあるアイテムです。

デジタルカウンターで使いやすい
NSD「Spinnerスピナー」

デジタルカウンターで使いやすいNSD「Spinnerスピナー」

NSD Spinner
スピナー
実勢価格:4780円


タイプ:オートスタート
重量:約266g(編集部計測)
カウンターあり、発光なし

▼テスト結果

  • 回しやすさ: 29/30pt
  • 使いやすさ: 28/30pt
  • 機能   : 20/20pt
  • コスパ  : 17/20pt
  • 総合   : 94/100pt

2位はNSD「Spinnerスピナー」。1分間の回転数(RPM)が一目で分かるデジタルカウンター付。性能では1位と肩を並べる商品です。

デジタルカウンターで使いやすいNSD「Spinnerスピナー」

デジタルカウンターでは、回転数測定モード、スピード測定モード、回転数測定モード (最も高い回転数のデータ記憶)、トレーニング測定モードの4つの測定モードが可能です。

回しやすさや回転のなめらかさ、静音性はほぼ1位と一緒。こちらも簡単にスタートできるタイプで初心者にもおすすめです。なお同モデルのラインナップには発光機能付きのものもあります。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

非常に高性能な商品で使い心地は1位商品とほぼ互角。カウンター付きで機能では上ですが、価格がややお高めなのでコスパの点で評価を下げました。回転数など記録しながらより本格的にトレーニングができるモデルだと思います。

手が滑っても安全なストラップ付き
DUKKORE「スナップボール オートスタット ストラップ付」

手が滑っても安全なストラップ付きDUKKORE「スナップボール オートスタット ストラップ付」

DUKKORE
スナップボール オートスタット ストラップ付
実勢価格:1999円


タイプ:オートスタート
重量:約272g(編集部計測)
カウンターあり、発光あり

▼テスト結果

  • 回しやすさ: 27/30pt
  • 使いやすさ: 27/30pt
  • 機能   : 19/20pt
  • コスパ  : 19/20pt
  • 総合   : 92/100pt

3位はDUKKORE「スナップボール オートスタット ストラップ付」。コスパに優れたスナップボールです。デジタルカウンターとLED発光機能付きで、オートスタート方式。すぐに回すことができます。3か月保証付きなのも◎。

手が滑っても安全なストラップ付きDUKKORE「スナップボール オートスタット ストラップ付」

ストラップが付いているので、誤って手から離れても安心です。また通販サイトでは同商品を使う際の持ち方・握り方がかなり詳細に解説されているので、ぜひ参考にしてみてください。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

滑らかさや回しやすさでは1,2位商品が上ですが、断然の安さでランクインしました。初心者が使うには十分な商品だと思います。

4位: 専用ポーチがうれしい
BUTEFO「2020最新版 スナップボール」

4位: 専用ポーチがうれしいBUTEFO「2020最新版 スナップボール」

BUTEFO
「2020最新版」スナップボール
実勢価格:2000円


タイプ:オートスタート
重量:約275g
カウンターあり、発光あり

▼テスト結果

  • 回しやすさ: 27/30pt
  • 使いやすさ: 27/30pt
  • 機能   : 19/20pt
  • コスパ  : 18/20pt
  • 総合   : 91/100pt

4位はBUTEFO「2020最新版」スナップボール。こちらも初心者向きのお得なスナップボールです。オートスタート、LED発光、カウンターと便利な機能をほぼ備えています。

4位: 専用ポーチがうれしいBUTEFO「2020最新版 スナップボール」

うれしいのは専用ポーチ。結構立派な作りで、ボールを傷つけることなく持ち運べます。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

回しやすさや滑らかさではさすがに1~2位商品が上ですが、こちらも合格点を与えられる商品です。性能的には3位商品とほぼ同じといってよいでしょう。オートスタートですぐにトレーニングを始められ、しっかりと腕に負荷をかけることができます。

5位: 高コスパで回しやすい
ロベンズナオミ「スナップボール リスト トレーニングボール」

5位: 高コスパで回しやすいロベンズナオミ「スナップボール リスト トレーニングボール」

ロベンズナオミ
スナップボール リスト トレーニングボール
実勢価格:899円


タイプ:コードスタート
重量:約250g
カウンターなし、発光なし

▼テスト結果

  • 回しやすさ: 28/30pt
  • 使いやすさ: 25/30pt
  • 機能   : 17/20pt
  • コスパ  : 20/20pt
  • 総合   : 90/100pt

5位はロベンズナオミ「スナップボール リスト トレーニングボール」。あまりにも安いのとコードスタートということで事前の評価が?だったのですが、見事上位にランクインしました。ローターにコードを差し込んでスタートさせるのが面倒。またカタカナのロゴが入ったデザインもイマイチだけれど回しやすさは抜群でした!

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

初心者でも短時間で高速回転させることができるのが驚きです。しっかりと腕に負荷をかけることができるのも◎。耐久性は不明ですが、回転に関しては上位機種に迫る性能です。コードスタートなので初心者は最初に手間取るでしょうが、非常に回しやすい機種なのでコツさえ覚えれば、しっかりと高速回転させることができると思います。

6位: 通販サイトで1位獲得
ACEFITS「ツイストボール オートスタート 手首強化」

6位: 通販サイトで1位獲得ACEFITS「ツイストボール オートスタート 手首強化」

ACEFITS
ツイストボール オートスタート 手首強化
実勢価格:2000円


タイプ:オートスタート
重量:約257g(編集部計測)
カウンターなし、発光なし

▼テスト結果

  • 回しやすさ: 27/30pt
  • 使いやすさ: 27/30pt
  • 機能   : 17/20pt
  • コスパ  : 18/20pt
  • 総合   : 89/100pt

6位はACEFITS「ツイストボール オートスタート 手首強化」。全3色のカラフルなラインナップで通販サイトで第1位を獲得したこともあり、値段も手頃で初心者でも購入しやすい商品。ただレビューでは高評価が多い反面、「使い込むと雑音がする」「回転数が上がらない」「オートスタートができない」などの報告もいくつか見られました。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

編集部に届いた商品は問題なく使えましたが、雑音など個体差があるのかもしれません。手頃な商品で回しやすさや使いやすさは平均的ですが合格点。初めて使う分には問題ないと思います。

7位: ケース付きで機能満載
resbo「スナップボール オートスタート LED発光」

7位: ケース付きで機能満載resbo「スナップボール オートスタート LED発光」

resbo
スナップボール オートスタート LED発光
実勢価格:1699円

※商品画像はAmazonより

タイプ:オートスタート
重量:約244g(編集部計測)
カウンターなし、発光あり

▼テスト結果

  • 回しやすさ: 26/30pt
  • 使いやすさ: 27/30pt
  • 機能   : 17/20pt
  • コスパ  : 16/20pt
  • 総合   : 87/100pt

7位はresbo「スナップボール オートスタート LED発光 」。LED発光機能、オートスタートという機能を備えながら価格がお安めなのも◎。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

回転の滑らかさや静音性では上位商品に負けますが、性能的には問題ありません。回しやすさも初心者向けで1台目にオススメの商品です。

7位: 静音性に優れた
NSD Spinner「腕力アップ パワースピナー PB-688 ヒモ式」

7位: 静音性に優れたNSD Spinner「腕力アップ パワースピナー PB-688 ヒモ式」

NSD Spinner(エヌエスディスピナー)
腕力アップ パワースピナー PB-688 ヒモ式
実勢価格:2000円

※商品画像はAmazonより

タイプ:オートスタート
重量:約250g(編集部計測)
カウンターなし、発光なし

▼テスト結果

  • 回しやすさ: 28/30pt
  • 使いやすさ: 26/30pt
  • 機能   : 16/20pt
  • コスパ  : 17/20pt
  • 総合   : 87/100pt

同7位はNSD Spinner「腕力アップ パワースピナー PB-688 ヒモ式」。回しやすさや回転の滑らかさ、静音性に関してはさすがの品質です。ただ今回はコードスタートタイプということで評価を下げました。カラーバリエーションは3色で好みのタイプを選べるのが◎。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

コードスタートなので回し始める手間はありますが、かなりレベルが高い商品です。高速で回転し始めるとグングンうねり出し、その動きが心地よい。相当腕に負荷をかけることができると思いました。

9位: コスパ抜群!
Soomloom 「スナップボール オートスタート」

9位: コスパ抜群!Soomloom 「スナップボール オートスタート」

Soomloom
スナップボール オートスタート
実勢価格:999円

※商品画像はAmazonより

タイプ:オートスタート
重量:約270g
カウンターなし、発光なし

▼テスト結果

  • 回しやすさ: 26/30pt
  • 使いやすさ: 26/30pt
  • 機能   : 16/20pt
  • コスパ  : 18/20pt
  • 総合   : 86/100pt

9位はコスパ抜群のSoomloom「スナップボール オートスタート 」。回しやすさや使いやすさは上位商品に比べて評価が落ちるものの、問題なく使えました。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

コスパに優れた商品で、初めて使用する人にはオススメできると思います。ただ回しやすさや扱いやすさは上位商品に比べて劣りました。

10位: 品質は上々で中級者向き
Resbo「スナップボール オートスタット LED発光」

10位: 品質は上々で中級者向きResbo「スナップボール オートスタット LED発光」

Resbo
スナップボール オートスタット LED発光
実勢価格:2000円

※商品画像はAmazonより

タイプ:オートスタート
重量:約276g(編集部計測
カウンターあり、発光あり

▼テスト結果

  • 回しやすさ: 25/30pt
  • 使いやすさ: 26/30pt
  • 機能   : 18/20pt
  • コスパ  : 16/20pt
  • 総合   : 85/100pt

10位はResbo「スナップボール オートスタット LED発光」。オートスタートでデジタルカウンター、LED発光機能装備。おまけにストラップと専用ケース付きと文句なしの商品ですが、今回の商品の中ではやや回しづらく評価を下げました。

板谷一樹 氏
格闘家・スポーツトレーナー
板谷一樹 氏 のコメント

初心者にはやや回しづらい、回すのにコツが必要な商品でした。慣れている人やベテランなら問題なく回せると思います。初心者というポイントがなければ、より上位にランクインする商品だと思います。

ベストはRPM Sports!
強力な回転を体験してみましょう

以上、パワーボールランキング10選でした。パワーボールはデザインなどもモチベーションを高めるために重要なので、購入する際は選びのポイントに加えるとよいでしょう。まずは1個、手頃なパワーボールを購入し、強力な回転を体験してみましょう!