キッチンフィッシュロースターとは?

フィッシュロースターとは? フィッシュロースターおすすめ イメージ

自宅のキッチンに備え付けのグリルは、サンマやホッケなど大きめの魚をおいしく焼くのが難しいですよね。そこでおすすめの調理家電が「フィッシュロースター」です。

フィッシュロースターとは、魚をおいしく焼くことに特化した調理家電。遠赤外線ヒーターや反射板を採用するなど、各製品でさまざまな工夫がされています。

フィッシュロースターを使うメリットは?

フィッシュロースターは多くの製品で消臭フィルターや煙を吸い込むファンを搭載し、煙やニオイを抑える工夫がされています。また、魚を途中でひっくり返す必要がなく、タイマーで自動で焼き上げてくれる製品も多いため、手間なくきれいに仕上がるというメリットもあります。

テーブルに置いて食事しながら使ったり、肉や野菜などのグリルに使うこともでき、幅広く活用できるアイテムです。

魚焼きグリルとフィッシュロースターの違いは?

キッチン備え付けの魚焼きグリルとの違いは、まずはフィッシュロースターなら特大サイズの魚が焼けること。そして上下のヒーターで両面焼きするので熱効率が高く、魚をパリッと焼くことができます。食材を途中で返す必要がないので、ありがちな「身を崩しちゃった!」という失敗も少ないです。

ヒーター部に食材の油が落ちないように設計されているタイプなら、グリルに比べてより煙やニオイも少ないです。

キッチンフィッシュロースターの選び方は?

フィッシュロースターの選び方は? フィッシュロースターおすすめ イメージ

ランキングの前に、フィッシュロースター選びのポイントを見てみましょう。

選び方1:サイズ

選び方1:サイズ フィッシュロースターおすすめ イメージ

まずはサイズをチェックしましょう。たとえばファミリーであれば、サンマを一度に4尾くらい焼ける大きさがほしいところ。庫内の大きさは余裕があるほうが肉や野菜など魚以外の食材の調理にも便利なので、用途を想定して選びましょう。

ただしフィッシュロースターのネックは、置き場所。電子レンジくらいの大きさはあるので、キッチンのスペースや保管場所を事前に確認しましょう。

食卓で使う場合はコンパクトなほうが扱いやすく、持ち運びしやすい重さであるかも要チェックです。

選び方2:煙・ニオイの防止機能

魚を焼くときに気になるのは、部屋にこもる煙やニオイですよね。フィッシュロースターを購入するなら、高性能な消臭フィルターや煙を吸い込むファンなど、煙・ニオイを抑える機能があるかチェックしましょう。

選び方3:お手入れのしやすさ

選び方3:お手入れのしやすさ フィッシュロースターおすすめ イメージ

魚を焼いたあとは、焼き網とトレーのお手入れが必要です。脂がこびりついてもすぐに落とせるように、パーツを分解して洗えるものを選びましょう。フタも取り外して洗えるとより快適に使えます。

キッチンフィッシュロースターの人気商品を徹底比較

フィッシュロースターの人気商品を徹底比較 フィッシュロースターおすすめ イメージ

今回は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどネット通販で購入できる中から、「サンマが4尾焼ける庫内でありながら、食卓に置けるサイズ」「おおよそ1万円以下で購入できる」をポイントに3製品ピックアップ。

雑誌「MONOQLO」編集部が、料理研究家の桃世真弓さんと一緒に以下の5項目でテストしました。

▼検証項目
  • おいしさ
  • 焼きムラ
  • 煙・におい
  • 使い勝手
  • ​汎用性

なお検証には、小田原の老舗干物屋、山安「極上ほっけ一夜干し」を使いました。商品名どおりの極上のお味に、一同驚愕でした!

山安「極上ほっけ一夜干し」

 
山安「極上ほっけ一夜干し」 フィッシュロースターおすすめ イメージ
山安「極上ほっけ一夜干し」 フィッシュロースターおすすめ イメージ2

山安
極上ほっけ一夜干し
実勢価格:¥745

それでは、フィッシュロースターのおすすめ商品を紹介します!

キッチンフィッシュロースターのおすすめは?

プロと一緒に実際に使ってみた、フィッシュロースターのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品
A+評価
新津興器HOME SWAN フィッシュロースター SFR-120
フィッシュロースターおすすめ 新津興器 HOME SWAN フィッシュロースター SFR-120 イメージ
4.00
470×270×195mm
310×190mm
1200W
A評価
アイリスオーヤママルチロースター EMT-1103-B
フィッシュロースターおすすめ アイリスオーヤマ マルチロースター EMT-1103-B イメージ
3.60
496×306×192mm
345×215mm
1100W
A評価
山善両面焼き ワイドグリル NFR-1100
フィッシュロースターおすすめ 山善 両面焼き ワイドグリル NFR-1100 イメージ
3.40
460×300×210mm
315×205mm
1100W

A+評価【1位】新津興器 「HOME SWAN フィッシュロースター SFR-120」

  • 新津興器HOME SWAN フィッシュロースター SFR-120
  • 実勢価格: ¥9,279

総合評価: 4.00

おいしさ
 5.00
焼きムラ
 4.00
煙・におい
 3.00
使い勝手
 4.00
汎用性
 4.00

こんがり&ふわふわっ! 焼き魚がおいしく焼ける

フィッシュロースターのおすすめランキング1位は、新津興器「HOME SWAN(ホームスワン) フィッシュロースター SFR-120」でした。

製品名にフィッシュが入っているだけあって、焼き魚の仕上がりは他より頭一つ飛び抜けています。消費電力1200Wと他製品より少し高く、肉でも早めに焼き色がつくのが特徴。

蒸しとのバランスもよく、野菜の甘みもしっかり引き出していました。ほっとくだけで、魚・肉・野菜、どれも「お店の味」に。美味しさにこだわるならおすすめです!

おすすめポイント
  1. 焼き上がりの美味しさがバツグン
  2. 火力強めでしっかり焼き色がつく
  3. 分解できて洗いやすい
サイズ(本体)
470×270×195mm
サイズ(焼き網)
310×190mm
消費電力
1200W
型番
SFR-120

強力火力で早めに焼き色がつく

強力火力で早めに焼き色がつく フィッシュロースターおすすめ イメージ

上下のヒーターで裏表を一気に焼き上げます。途中で食材をひっくり返す必要がありません。

強力火力で早めに焼き色がつく フィッシュロースターおすすめ イメージ2

特徴のひとつが強めの火力。他製品に比べて早めに焼き色がつき、食欲をそそりました!

スチーム効果で程よく水分は残す

スチーム効果で程よく水分は残す フィッシュロースターおすすめ イメージ

網焼きなので、余分な脂や水分は下に落とします。

スチーム効果で程よく水分は残す フィッシュロースターおすすめ イメージ2

中のしっとり感も本製品が一番。このジューシーさと外側のパリッと感のバランスがいいです。

使用後は分解してお手入れ

使用後は分解してお手入れ フィッシュロースターおすすめ イメージ

焼き網だけでなく、フタ、受け皿が本体から外せます。丸洗いできるので、魚や肉の脂もスッキリ落とせます。

A評価【2位】アイリスオーヤマ「マルチロースター EMT-1103-B」

  • アイリスオーヤママルチロースター EMT-1103-B
  • 実勢価格: ¥7,500

総合評価: 3.60

おいしさ
 4.00
焼きムラ
 3.00
煙・におい
 3.00
使い勝手
 3.00
汎用性
 5.00

庫内が広いので大人数で使うならおすすめ

フィッシュロースターのおすすめランキング2位は、アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)「マルチロースター EMT-1103-B」でした。

3製品中で最も庫内が広く、特大ホッケを置いても余裕あり。大人数で使いたいならこちらがおすすめです。

付属の平プレートも他製品にはない特徴です。汁気のある料理にも使えるので汎用性抜群。アクアパッツァも作れます。

おすすめポイント
  1. 庫内が広く、焼き網も大きめ
  2. 平プレートが付属
サイズ(本体)
496×306×192mm
サイズ(焼き網)
345×215mm
消費電力
1100W
型番
EMT-1103-B

焼き網も他より大きめ

焼き網も他より大きめ フィッシュロースターおすすめ イメージ

とりもも肉と野菜のグリルだったら、とり肉2枚は置けそうな広さです。

A評価【3位】山善「両面焼きワイドグリル NFR-1100」

  • 山善両面焼き ワイドグリル NFR-1100
  • 実勢価格: ¥5,900

総合評価: 3.40

おいしさ
 4.00
焼きムラ
 3.00
煙・におい
 3.00
使い勝手
 4.00
​汎用性
 3.00

「蒸し」が得意なコンパクトタイプ

フィッシュロースターのおすすめランキング3位は、山善(YAMAZEN)「両面焼き ワイドグリル NFR-1100」でした。

「蒸し」に強みを発揮するタイプ。とり肉や野菜がしっとりと仕上がりました。他よりコンパクトサイズで圧迫感が弱めなので、卓上で使いたい方にはこちらがおすすめです。

汚れが目立たず、洗いやすいところも高評価でした。

おすすめポイント
  1. 火力が強すぎない
  2. 蒸しが得意でしっとり仕上がる
  3. コンパクトで卓上使いしやすい
サイズ(本体)
460×300×210mm
サイズ(焼き網)
315×205mm
消費電力
1100W
型番
NFR-1100 G

汚れが一番目立たなかった

汚れが一番目立たなかった フィッシュロースターおすすめ イメージ

焼き網や反射板など汚れが目立たず、洗いやすくなっています。
 

キッチンフィッシュロースターを使ったおすすめレシピは?

「とりもも肉と野菜のグリル」の作り方

「とりもも肉と野菜のグリル」の作り方 フィッシュロースターおすすめ イメージ

フィッシュロースターで簡単にできるおすすめレシピを紹介。塩こしょうだけでお店の味に仕上がります!

1:受け皿に水を入れて予熱する

1:受け皿に水を入れて予熱する フィッシュロースターおすすめ イメージ

受け皿に水を500ml入れます。水の量は製品により異なるので説明書のご確認を。

2:材料を網にのせてフタを閉め、タイマースタート

2:材料を網にのせてフタを閉め、タイマースタート フィッシュロースターおすすめ イメージ

切った野菜はアルミホイルで作った皿に載せます。タイマーは17〜18分が目安。

3:あとは待つのみ。肉に火が通れば完成!

3:あとは待つのみ。肉に火が通れば完成! フィッシュロースターおすすめ イメージ

途中、のぞき窓から様子を見て、野菜が焦げそうであればアルミホイルでカバーを。

桃世真弓 氏
料理家 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

オリーブオイルであえると仕上がりがワンンランクアップします!

キッチンフィッシュロースターのおすすめ まとめ

以上、フィッシュロースターのおすすめ商品の紹介でした。

今回の検証では、「1万円内」「サンマ4尾が焼ける庫内でありながら、食卓に置けるサイズ」の条件をクリアする3製品で比較。結果としてはどれも優秀で、全製品おすすめできるレベルとなりました。

なかでも美味しさで抜きん出たのが、ベストバイの新津興器 「HOME SWAN フィッシュロースター SFR-120」です。

A+評価こんがり&ふわふわに仕上がる 「HOME SWAN フィッシュロースター」

 
こんがり&ふわふわに仕上がる「HOME SWAN フィッシュロースター」 フィッシュロースターおすすめ イメージ
こんがり&ふわふわに仕上がる「HOME SWAN フィッシュロースター」 フィッシュロースターおすすめ イメージ2

新津興器
HOME SWAN フィッシュロースター SFR-120

新津興器「ホームスワン フィッシュロースター」は、中はふっくら、外はこんがりで、他製品に差をつける焼き上がり。火力強めで、おいしそうな焼き目がしっかり付くのもポイントでした。

フィッシュロースターは、失敗を気にせず、ほっておくだけで魚が主役になる調理マシン。食卓に置いて、みんなでわいわい囲むのも楽しいです。

焼き魚を究めるならぜひ試してみてくださいね。

キッチンフィッシュロースターの売れ筋ランキングもチェック!

フィッシュロースターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。