赤ちゃんに必要なお風呂グッズは?

赤ちゃんに必要なお風呂グッズは?

赤ちゃんにもお風呂は必須ですが、大人と違ってたくさんのアイテムが必要ですよね。

生まれたての赤ちゃんは沐浴のためのベビーバスが必要ですし、ベビーバス卒業後は浴室内での待機場所としてバスチェアバスマットが欠かせません。

今回は、『LDK』が選んだ赤ちゃんのお風呂アイテムのおすすめを、まとめてご紹介します!

ベビーバスの選び方は?

ベビーバスの選び方は?

生まれたばかりの赤ちゃんに必要な沐浴(もくよく)

生まれたての赤ちゃんは細菌などへの抵抗力が弱いため、感染などを防ぐために生後1ヶ月は大人と一緒の浴槽ではなく、ベビーバスなどを使って体を洗う「沐浴」が必要です。

ママ・パパにとっても赤ちゃんにとっても一大イベントで、最初に入れるときは緊張で手が震えることも多いでしょう。

そこで上手に使いたいのがベビーバス。使う期間は生後1~2カ月までと短いですが、意外と選ぶのが難しいですよね。ベビーバス選びでは、いったい何を意識すればいいのでしょうか?

選び方1:使い勝手を重視する

選び方1:使い勝手を重視する

大事な赤ちゃんの安全を守るためにも、ママ・パパにとっての使いやすさで選びましょう。ゆったりとした気持ちで行えるように、ラクな姿勢で使えるものや後片付けが簡単なものを選ぶのがポイントです。

使う場所はお風呂かキッチンなどのシンク、洗面台が一般的です。バスルームにしゃがんでの沐浴は腰に負担がかかるため、シンクにも入るコンパクトタイプや広げて使えるタイプなら立ってラクに使えておすすめです。

シンクや洗面台に入らない!というトラブルがないように、サイズはしっかり確認しておきましょう。

選び方1:使い勝手を重視する

赤ちゃんがお湯に沈まないようになっているものだと安心して使えます。ネットやストッパーが赤ちゃんの安全を守ってくれます。

選び方:おりたたみできるものにする

選び方:おりたたみできるものにする

ベビーバスはいつからいつまで使うものかというと、誕生から1~2ヶ月程度なんです。ベビーバス卒業までの期間が早いので、レンタルを利用するのも便利です。

購入を検討しているなら収納場所に困らない折りたたみタイプか、小さくつぶせるエアタイプがおすすめ。折りたたみタイプは隙間に収納できる薄さになり、エアタイプは空気を抜けば軽々と高い場所にもしまえます。

選び方:おりたたみできるものにする

折りたたむとこんなにコンパクトになるものも。脱衣場のちょっとした隙間などにも収納できて便利です。

選び方:おりたたみできるものにする

使わない時期は収納しやすいように折りたためるのが今の主流ですが、ひと昔前はこんなプラスチック製が主流でした。

プラスチックは耐久性があって長く使えますが、収納場所に困るのが難点。処分するのも手間がかかります。プラスチック製を使いたいならレンタルサービスを利用する方がお得です。

それでは、小さく折りたためて機能性も十分なおすすめのベビーバス製品をご紹介します。

軽くて持ち運びやすいリッチェル「ふかふかベビーバス」

リッチェル
ふかふかベビーバスW
実勢価格:2040円

対象年齢:新生児~3カ月頃まで
適用身長:60cmまで
サイズ:W47×H29×D68cm
容量:10~25リットル
素材:塩化ビニル樹脂

リッチェルの「ふかふかベビーバス」は、エアポンプでふわふわに膨らませて使えます。背もたれがあるので新生児もラクにおすわりできます。

軽くて持ち運びやすいリッチェル「ふかふかベビーバス」

足の間にはずり落ち防止のストッパーがあるので、万が一手を滑らせたらどうしようと不安な沐浴初心者でも安心して使えます。

軽くて持ち運びやすいリッチェル「ふかふかベビーバス」

赤ちゃんを寝かせたときにリラックスできる体勢になるよう、角度がつけられています。ふんわりしたやわらかいエアタイプなので、赤ちゃんにぶつかっても大丈夫です。

軽くて持ち運びやすいリッチェル「ふかふかベビーバス」
折りたたむと雑誌くらいの大きさになります。

折りたたむと薄く平たくなって、収納にも困りません。お座りできるようになってからの水遊びでも使えそうです。

プラ製で滑りにくいダッドウェイ「スキップホップ」

ダッドウェイ:スキップホップ ホエールバスタブ:ベビー用品

ダッドウェイ
スキップホップ
ホエールバスタブ
実勢価格:6050円

対象年齢:新生児~3歳頃まで
サイズ:W70×D48×H29㎝
素材:ポリプロピレン・ポリエステル・ポリエチレン・塩化ビニル樹脂(非フタル酸)

ダッドウェイ「スキップホップ ホエールバスタブ」は、プラスチック製だけど使いやすくて高評価を獲得しました。

ビニール製よりも赤ちゃんが滑りにくく、安心感があるのがうれしいです。メッシュネットがあることで、夏は涼しく、冬はヒヤッとせず、おすわりをさせて体を洗うこともできます。

プラ製で滑りにくいダッドウェイ「スキップホップ」

ねんねの姿勢で赤ちゃんを支えるネットは、付け方を変えると赤ちゃんがおすわりの姿勢に。

プラ製で滑りにくいダッドウェイ「スキップホップ」

ためたお湯は片手で栓を抜くだけで排水できます。

プラ製で滑りにくいダッドウェイ「スキップホップ」

フックで吊り下げておけばすぐに乾いて衛生的です。

お座りですっぽり収まるスイマーバ「マカロンバス」

スイマーバ:ふわふわベビーバス マカロンバス:ベビー用品

スイマーバ
ふわふわベビーバス
マカロンバス
実勢価格:4290円

対象年齢:新生児~2歳頃まで
サイズ:外径約48cm、内径約30cm、高さ25cm
容量:18リットル
素材:PVCプラスチック

浮き輪を3つ重ねたようなデザインがかわいらしいスイマーバの「マカロンバス」は、1/3程度の深さまでお湯を入れると赤ちゃんを入れたときにお湯がちょうどいい高さに。使用する湯量は5Lと少なく、経済的です。

お座りですっぽり収まるスイマーバ「マカロンバス」

お座りした赤ちゃんがすぽっと収まるサイズなので、赤ちゃんが滑ることもありません。赤ちゃん用のバスチェアとして浴室でも使えます。

おしゃれで機能的なストッケ「フレキシバス」

ストッケ:フレキシバス:ベビー用品

ストッケ
フレキシバス
実勢価格:4950円

対象年齢:新生児~4歳頃まで
サイズ:W35×H24×D66cm(折り畳み時:W18×H24×D64cm)
重さ:1.3kg

北欧ブランドのストッケの「フレキシバス」は、おしゃれで機能的です。

使わないときは薄く畳んでコンパクトにできるのがおすすめポイント。プラスチック製で丈夫だから、沐浴が終わってからも、中に水をためて子ども用のプールとして使うことができます。

おしゃれで機能的なストッケ「フレキシバス」

ひっくり返さなくてもプラグを外すだけでカンタンに排水できます。プラグは温度によって色が変わる仕様です。

おしゃれで機能的なストッケ「フレキシバス」

折りたたむと、こんなに薄くコンパクトになります。ちょっとした隙間に入れておけるので、スペースを取ることがありません!

お腹の中にいた状態を再現タミータブ「ベビーバス」

タミータブ:ベビーバス:ベビー用品

タミータブ
ベビーバス
実勢価格:2499円

対象年齢:新生児~2歳頃まで
サイズ:直径38cm、高さ33cm
素材:ポリプロピレン、合成ゴム
※Amazonは並行輸入品です

タミータブの「ベビーバス」は、ママのおなかの中にいる状態を再現したユニークな形。ドイツの助産師さんが開発しました。赤ちゃんがリラックスできるおすわり型なので、仰向けの沐浴が苦手な子に最適です。

お腹の中にいた状態を再現タミータブ「ベビーバス」

バスタブにお湯を入れて赤ちゃんを座らせておけば、湯冷めすることもないので、洗い場での待機用としても使えます。

また、沐浴を卒業した後はバスマットバスチェアが便利です。バスマット・バスチェアの選び方をご紹介します。

バスマット・バスチェアの選び方は?

大人が二人いれば洗う係、受け取り係と分担できますが、ワンオペ育児だと困るのが浴室内での赤ちゃんの居場所です。

床に直接寝かせるわけにもいかず、おすわりはまだ不安定で心配…。そんなときに活躍するのがバスマットバスチェアです。

選び方1:バスマットかバスチェア、おすすめは?

バスマット

 

 

バスマットの特徴
・沐浴でも、浴室での待機場としても使える
・寝かせたまま体を洗える
・待機場として使う際はお湯がかからないように注意が必要

バスチェア

 

 

バスチェアの特徴
・沐浴卒業後、ママと一緒にお風呂に入る際の待機場として使う
・チェアから下ろして体を洗う
・ママが体を洗うときに赤ちゃんにお湯がかかりにくい
・リビングでも使えるものがある


沐浴にも使いたいならマットタイプ、待機場所としてだけならバスチェアがおすすめです。

選び方2:バスチェアのおすすめの素材は?

ハードタイプ

 

 

メリット
・安全性に優れる
・リクライニングができる


デメリット
・使わないときに場所をとる
・接続部分などが洗いにくい


硬い素材のバスチェアは安定性があって、リクライニングができるというメリットがありますが、使わないときの収納場所に困るといったデメリットもあります。

エアタイプ

 

 

メリット
・軽くて座り心地やわらか
・コンパクトになり省スペース


デメリット
・赤ちゃんが活発だと不安定


エアタイプはふかふかで安心感があり、空気を抜けばコンパクトになるので収納には適しています。

バスマットやバスチェアは腰がすわらないうちはフラットなものか、リクライニングができるものを、腰がすわってからはエアタイプなど調節ができないものでも大丈夫です。

赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、安全性や清潔を保てるかなども重要なポイント。乾きやすいか、洗いやすいかなども考慮して選びましょう。

それでは、バスマット・バスチェアのおすすめ6商品からバスマットのおすすめをご紹介します。

マットとバスの2WAY「安心やわらか沐浴マット」

赤ん坊カンパニー
安心やわらか沐浴マット
実勢価格:1924円

サイズ:W70×H1×D53cm
素材:スポンジ部(ポリウレタン)、メッシュ部(ポリエステル)、バイアス部(ナイロン)

赤ん坊カンパニーの「安心やわらか沐浴マット」は、ベビーバスとバスマットの2WAYで使えます。一緒にお風呂に入れるようになってから、浴室の床に寝かせたいときにも便利です。

メッシュ素材だから、水切れもよく、すぐ乾きます。

マットとバスの2WAY「安心やわらか沐浴マット」

※画像はAmazonより

新生児のうちはベビーバスとして使えます。シンクで使えるからかがむことなく沐浴させることができ、腰の負担が軽減されます。

マットとバスの2WAY「安心やわらか沐浴マット」

丸めればこんなにコンパクトになります。水切れがよく、すぐ乾くのも◎。

腰すわり前ならコレ! リッチェル「おふろマットR」

リッチェル:ひんやりしないおふろマットR:ベビー用品

リッチェル
ひんやりしないおふろマットR
実勢価格:2239円

対象年齢:新生児~6カ月頃まで
サイズ:約W37×D57×H13cm
材質:ポリプロピレン
耐熱温度:80℃

リッチェルの「ひんやりしないおふろマットR」に赤ちゃんを寝かせると体がくぼみにぴったり収まり、体を洗っているときにマットから転がり落ちにくい形状です。浴室に立てかけておけばすぐに乾くので、カビないのも嬉しいポイント。

腰すわり前ならコレ! リッチェル「おふろマットR」

厚みがあり、床の冷たさを感じさせないのが特徴で、このまま体を洗うこともできます。発泡スチロールなのでひんやりせず、赤ちゃんがびっくりしません。

続いて赤ちゃん用バスチェアのおすすめ商品をご紹介します。

転がり落ちにくいリッチェル「ふかふかバスチェア」

リッチェル
ふかふかベビーチェアR
実勢価格:2069円

対象年齢:7カ月~2歳頃まで
適用体重:12kgまで
サイズ:W48×H27×D46cm
素材:本体・エアポンプ・空気栓(塩化ビニル樹脂)、空気弁(合成ゴム)、内部空気弁(ポリウレタン)

人気ブランドのリッチェル「ふかふかベビーチェアR」はおすわりがまだ上手にできない赤ちゃんでも安定して座れるバスチェア。すっぽりとお尻がハマるので転がり落ちにくい構造です。

お風呂で不要になってもリビングで使えます。

転がり落ちにくいリッチェル「ふかふかバスチェア」

冷めたお湯がバスチェアにたまらないように、お尻の下の穴からお湯を排水します。

転がり落ちにくいリッチェル「ふかふかバスチェア」

足の間のストッパーにエアポンプが内蔵されているので、簡単に空気が入れられます。

背もたれが倒せる&外せるアップリカ

ニューウェルブランズ・ジャパン:アップリカ はじめてのお風呂から使えるバスチェア:ベビー用品

ニューウェルブランズ・ジャパン
アップリカ
はじめてのお風呂から使えるバスチェア
実勢価格:3655円

対象年齢:新生児~2歳頃まで
サイズ:W34.5×D41~53.8×H22.5cm(ベッド時:W34.5×D55.9×H22.5cm)

こちらも人気ブランドのアップリカ「はじめてのお風呂から使えるバスチェア」。背もたれが倒せるので、まだ首がすわっていないうちから使えます。ガード部分は取り外せるので乗せ下ろしもラク。リクライニング部分は倒れるだけでなく、取り外せるので洗いやすいです。

背もたれが倒せる&外せるアップリカ

背もたれは片手で簡単に倒れるので、首がすわる前の赤ちゃんを寝かせることができます。

背もたれが倒せる&外せるアップリカ

肌に直接触れるバスマットは、取り外して洗って乾かすことができ、清潔に保てます。

スリムに折りたためる日本育児「ソフトバスチェア」

日本育児:ソフトバスチェア:ベビー用品

日本育児
ソフトバスチェア
実勢価格:2700円

対象:新生児~体重11kgまで
サイズ:W30×H27、31、33×D61.5cm
素材:スチール・ABS 樹脂・ポリエステル
重さ:約1.05kg

日本育児の「ソフトバスチェア」は、椅子としてだけではなく、シンクでの沐浴にも使えるバスチェア。背もたれは月齢によって角度を3段階に調節できます。スリムに折り畳めるため、持ち運びや収納にも便利です。

安いのにかわいい西松屋「smart start」

西松屋:smart start バスソファ ポンプアップ ヘッドレスト付きオレンジ:ベビー用品

西松屋
smart start
バスソファ ポンプアップ
ヘッドレスト付きオレンジ
実勢価格:2000円

対象年齢:腰がすわってから~2歳頃まで
サイズ:D48×W48×H37cm
適応体重:11kgまで

西松屋「smart start バスソファ ポンプアップ ヘッドレスト付きオレンジ」は、リッチェルのバスチェアと同じような使い勝手ですが、価格が安いのがおすすめポイントです。大きめのヘッドレストが頭を支えるのをサポートします。

かわいい柄付きなので、見た目も重視するおしゃれな人にも人気です。

赤ちゃんに必要なものを揃えよう!

お風呂グッズの他にも赤ちゃんには揃えるものがたくさん!赤ちゃんに必要なものを『LDK』が比較して、おすすめを紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ベビーバスの売れ筋ランキングもチェック!

ベビーバスと赤ちゃん用バスチェアのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

▼ベビーバスの売れ筋ランキングもチェック!

▼赤ちゃん用バスチェアの売れ筋ランキングもチェック!

おわりに

以上、おすすめベビーバス製品の紹介でした。ベビーバスは赤ちゃんが快適に沐浴できて、ママ・パパの負担にならないものがおすすめ。沐浴用だけではなくバスチェアや水遊び用として長く使えるものも多いです。収納に困らないコンパクトタイプを選んでみてくださいね。

▼ベビーバスのおすすめ

リッチェル:ふかふかベビーバスW:ベビー用品

リッチェル
ふかふかベビーバスW
実勢価格:2040円

▼バスマットのおすすめ

赤ん坊カンパニー:安心やわらか沐浴マット:ベビー用品

赤ん坊カンパニー
安心やわらか沐浴マット
実勢価格:1924円

▼赤ちゃん用バスチェアのおすすめ

リッチェル:ふかふかベビーチェアR:ベビー用品

リッチェル
ふかふかベビーチェアR
実勢価格:2069円