ベビーベビーバスとは? 本当に必要?

ベビーバスとは? 本当に必要? ベビーバスおすすめ イメージ

ベビーバスとは赤ちゃん用のお風呂のこと。生まれたての赤ちゃんは細菌などに対する抵抗力が弱く、感染などを防ぐため、生後約1カ月は大人とは浴槽を別にする必要があります。

ベビーバスなどにお湯をためて赤ちゃんを入れ、体を洗ってあげることを「沐浴(もくよく)」と言います。ベビーバスは新生児から必要なので出産前から準備しておきたい育児アイテムです。

ベビーバスを選ぶときは、浴室やキッチンなど、どこで洗うか、沐浴卒業後も含めて誰がお風呂に入れるかを検討することが大切です。

ベビーバスとは? 本当に必要? ベビーバスおすすめ イメージ2

でも、ベビーバスは、西松屋・アカチャンホンポ・リッチェル・永和などのベビー用品を扱うメーカーから多くの製品が発売され、どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

新米のママ・パパはワンオペの沐浴タイムは不安いっぱいという人も多いはず。赤ちゃんも入れてあげる人もストレスなく安心して使えるものを選びたいところです。

そこで、雑誌「LDK」では人気のベビーバスを集めて比較検証を実施。洗いやすさや機能性など口コミだけではわからない実力をテストし、おすすめを探しました。

ベビーベビーバスの選び方は?

おすすめ商品を紹介する前に、まずはベビーバスを選ぶときのポイントを紹介します。

選び方1:タイプ

軽くてコンパクトになるエアタイプや、大人が体を洗っているあいだの待機に便利なバスチェアやバケツ型、赤ちゃんを寝かせたまま洗えるお風呂マットなど、用途によってさまざまなタイプがあります。

新生児期から6カ月先などママ・パパの生活スタイルを想像しながら選択することで、失敗なく選ぶことができます。

床置きタイプ

床置きタイプ ベビーバスおすすめ イメージ

床置きタイプは安定感があるのが特徴のベビーバスです。床・テーブルの上など場所を選ばず使用でき、初めて沐浴をするママ・パパでも安心して使いやすいのが魅力。底面に滑り止めが付いているものだとより安全に使えます。

昔ながらのプラスチック製で、耐久性があり長く使えますが大きめなので収納場所に困るというデメリットも。シンクや洗面台に入らない! というトラブルがないように、サイズはしっかり確認しておきましょう。

折りたたみタイプ

折りたたみタイプ ベビーバスおすすめ イメージ

折りたたみ式のベビーバスは、収納のしやすさが魅力。コンパクトになるので洗面所にある隙間などに立てかけて保管することができます。使用するたびに広げる必要があるので、開閉がスムーズにできるものがおすすめです。

エアータイプ

エアータイプ ベビーバスおすすめ イメージ

エアータイプのベビーバスは自分で空気を入れて膨らまして使用します。空気を抜いた状態で折りたためばかなりコンパクトになり、軽量なので里帰りや旅行など外出時に持ち運びやすいのが特徴。

エアポンプが内蔵されているものや空気入れが付属されているものだと空気を入れる手間が省けます。エアータイプは本体が柔らかいので、沐浴中に赤ちゃんの体に当たっても痛くないのが安心です。

マットタイプ

マットタイプ ベビーバスおすすめ イメージ

マットタイプのベビーバスは赤ちゃんを寝かせた状態で使用するのが特徴。キッチンのシンクや洗面台に置いて使用することができ、ほかのタイプより省スペースで保管しやすいのが魅力です。

塩化ビニル樹脂やポリプロピレンなどプラスチック素材のものは水切れがよくお手入れしやすいのがメリット。赤ちゃんの寝心地を重視するならクッション性のあるものを選ぶとよいでしょう。

選び方2:機能性

首が座っていない新生児の赤ちゃんは、沐浴中にしっかりと手で支えてあげなければなりません。

より安全に沐浴を行うなら、ずり落ち防止機能を備えたモデルを選びましょう。ネットやストッパー付きで赤ちゃんがお湯に沈まないようになっているものだと安心して使えます。

また、入浴後はバスタブに張ったお湯を捨てる必要があります。水抜き栓付きのタイプなら簡単に排水できるので使用後の片付けがラクになり、おすすめです。

選び方2:機能性 ベビーバスおすすめ イメージ

なかには、背もたれの角度を調整できるものや、乾燥させるのに便利なフック付きのものも。製品によって備わっている機能が違っているので何を重視するかを考えて選びましょう。

選び方3:使いやすさ

大事な赤ちゃんの安全を守るためにも、ママ・パパにとっての使いやすさで選びましょう。

ワンオペでもゆったりとした気持ちで行えるように、ラクな姿勢で使えるものや後片付けが簡単なものを選ぶのがポイントです。

使う場所はお風呂かキッチンなどのシンク、洗面台が一般的。バスルームにしゃがんでの沐浴は腰に負担がかかるため、シンクにも入るコンパクト設計になっているタイプや広げて使えるタイプなら立ってラクに使えておすすめです。

なお、ベビーバスの使用期間は誕生から1~2ヶ月程度と短め。沐浴卒業後はベビーバスを使用しないと考えているならレンタルを利用するのも便利です。

こんなベビーバスがベスト!

ママ目線

  • 赤ちゃんを支えていても腕が疲れにくい
  • 拭き取りやすい形状で乾きやすいもの
  • 収納場所に困らない

ベビー目線

  • 首をしっかり支えてほしい
  • 滑りや溺れを回避したい

ベビーベビーバスの人気商品を比較

ベビーバスの人気商品を比較 ベビーバスおすすめ イメージ

今回は雑誌「LDK」が、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどネット通販で購入できる人気のベビーバスをピックアップ。
ママ&パパモニターさんと一緒に、以下の項目でテストしました。

テスト1:洗いやすさ

赤ちゃんを支えつつ、体や頭、太ももなど全身が洗いやすいかをチェックしました。

テスト2:お手入れ

細菌などを避けるため毎日清潔なバスタブに入れることが大切です。

テスト3:機能性

ずり落ち防止機能や温度計など、機能や汎用性の高さもチェックしました。

テスト4:コスパ

価格と機能性が見合っているかしっかり検証して考慮しました。

それでは、テスト結果を評価の高かった順にベビーバスのおすすめ商品を紹介します。

ベビーベビーバスのおすすめは?

プロと一緒に実際に使ってみた、ベビーバスのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品 おすすめポイント
A評価
リッチェルふかふかベビーバス K
ベビーバスおすすめ リッチェル ふかふかベビーバス K イメージ
4.25
赤ちゃんの体にフィットする/ずり落ちガードの形状が絶妙で洗いやすい/フックで吊るして乾燥させやすい
5.00 4.00 4.00 4.00
新生児~6カ月頃
満水時約25L、MAXライン位置約10L
68㎝
47㎝
29㎝
580g
A評価
ストッケフレキシバス ニューボーンサポート付き
ベビーバスおすすめ ストッケ フレキシバス ニューボーンサポート付き イメージ
4.00
おしゃれで汎用性が高い/水が溜まらず拭き取りやすい/折りたたんでコンパクトに収納できる
4.00 4.00 4.00 4.00
新生児~4歳頃まで
36L
64cm
24cm
34cm
1.7kg
A評価
ピープルHugシリーズ ラッコハグ +
ベビーバスおすすめ ピープル Hugシリーズ ラッコハグ + イメージ
3.75
背もたれ付きで腕がラクに沐浴できる/安心できる姿勢を保ちやすい/フックで吊るせて乾かしやすい
4.00 3.00 4.00 4.00
新生児~2歳頃
満水時約13L
58cm
42cm
36cm
710g
A評価
グランチョイスふんわりコンパクトバス イエロー
ベビーバスおすすめ グランチョイス ふんわりコンパクトバス イエロー イメージ
3.50
高さがなくて洗いやすい/安価でシンプルなデザイン/ずり落ちストッパー付き
4.00 3.00 3.00 4.00
新生児~6カ月頃まで
不明
65㎝
45㎝
18㎝
610g
B評価
アカチャンホンポすべり落ち股ガード付き シンクでも使える ベビーバス
ベビーバスおすすめ アカチャンホンポ すべり落ち股ガード付き シンクでも使える ベビーバス イメージ
3.25
3.00 4.00 3.00 3.00
新生児~6カ月頃まで
約19L
60cm
40㎝(底面30㎝)
23㎝(足元20㎝)
不明
B評価
Hügmuuベビーバス クッションセット
ベビーバスおすすめ Hügmuu ベビーバス クッションセット イメージ
3.00
3.00 3.00 3.00 3.00
新生児~2歳
満水時約25L、MAXライン位置約10L
80cm
47cm
20cm
1.45kg

A評価【1位】リッチェル「ふかふかベビーバス K」

  • リッチェルふかふかベビーバス K
  • 実勢価格: ¥2,640

総合評価: 4.25

洗いやすさ
 5.00
お手入れ
 4.00
機能性
 4.00
コスパ
 4.00

赤ちゃんもママ・パパも快適なお風呂時間が過ごせる

ベビーバスのおすすめランキング1位ではベストバイに選ばれたのは、リッチェル「ふかふかベビーバス K」でした。

場所によって縦横の形状が異なる膨らみをしているのは、赤ちゃんの体がフィットしやすく、ママ・パパの腕が乗せやすいよう計算されているから。

ずり落ちガードは安全面も洗いやすさも兼ね備えられ使い勝手もいいです。

シンクでの使用も可能なので、大人が立ったまま赤ちゃんを洗うことができ、腰の負担も軽減できます。

おすすめポイント
  1. 赤ちゃんの体にフィットする
  2. ずり落ちガードの形状が絶妙で洗いやすい
  3. フックで吊るして乾燥させやすい
使用月齢
新生児~6カ月頃
容量
満水時約25L、MAXライン位置約10L
68㎝
奥行
47㎝
高さ
29㎝
重量
580g
型番
4945680203913

ずり落ちガードの形状が絶妙

ずり落ちガードの形状が絶妙 ベビーバスおすすめ イメージ

片手でも赤ちゃんの太ももや下半身が洗いやすいです。やわらかく安心のエアタイプで、赤ちゃんの背中をしっかり包み込みます。

ずり落ちガードの形状が絶妙 ベビーバスおすすめ イメージ2

丸みのある三角の形状も高評価。エアタイプなので、大人がフチに腕を置いて洗えるので疲れにくいのもうれしいです。

吊るしておけば水が溜まりにくい

吊るしておけば水が溜まりにくい ベビーバスおすすめ イメージ

フックで吊るすと自然に水が落ちるようになっています。あらかじめ水が溜まりやすい場所を拭けば乾くのも早いです。

A評価【2位】ストッケ「フレキシバス ニューボーンサポート付き」

  • ストッケフレキシバス ニューボーンサポート付き
  • 実勢価格: ¥6,875

総合評価: 4.00

洗いやすさ
 4.00
お手入れ
 4.00
機能性
 4.00
コスパ
 4.00

おしゃれ&汎用性の高さが魅力

ベビーバスのおすすめランキング2位は、ストッケ(STOKKE)「フレキシバス ニューボーンサポート付き」でした。

水が溜まらないので拭き取りやすく清潔。排水プラグの色が変化して適温がわかります。

洗面所のすき間に収納できるコンパクトさでかさばりません。

おしゃれなデザインで汎用性の高さが魅力のベビーバスです。

おすすめポイント
  1. おしゃれで汎用性が高い
  2. 水が溜まらず拭き取りやすい
  3. 折りたたんでコンパクトに収納できる
使用月齢
新生児~4歳頃まで
容量
36L
64cm
奥行
24cm
高さ
34cm
重量
1.7kg

A評価【3位】ピープル「Hugシリーズ ラッコハグ +」

  • ピープルHugシリーズ ラッコハグ +
  • 実勢価格: ¥4,999

総合評価: 3.75

洗いやすさ
 4.00
お手入れ
 3.00
機能性
 4.00
コスパ
 4.00

背もたれ付きで腕がラクに沐浴できる

ベビーバスのおすすめランキング3位は、ピープル「Hugシリーズ ラッコハグ +」でした。

全体的にコンパクトなサイズ感で安心できる姿勢を保てます。フックで吊るせるので乾かしやすいです。

膨らませやすい専用の空気入れが付属されています。

おすすめポイント
  1. 背もたれ付きで腕がラクに沐浴できる
  2. 安心できる姿勢を保ちやすい
  3. フックで吊るせて乾かしやすい
使用月齢
新生児~2歳頃
容量
満水時約13L
58cm
奥行
42cm
高さ
36cm
重量
710g
型番
PI-036

A評価【4位】グランチョイス「ふんわりコンパクトバス イエロー」

  • グランチョイスふんわりコンパクトバス イエロー
  • 実勢価格: ¥1,080

※現在は市場在庫のみ販売中

総合評価: 3.50

洗いやすさ
 4.00
お手入れ
 3.00
機能性
 3.00
コスパ
 4.00

高さがなくて洗いやすい

ベビーバスのおすすめランキング4位は、グランチョイス「ふんわりコンパクトバス イエロー」でした。

シンプルなデザインで安価かつストッパー付き。高さがなく洗いやすいのが魅力です。

吊るせますが水は落ちにくいため拭く手間がかかります。短期間での使用におすすめのベビーバスです。

おすすめポイント
  1. 高さがなくて洗いやすい
  2. 安価でシンプルなデザイン
  3. ずり落ちストッパー付き
使用月齢
新生児~6カ月頃まで
容量
不明
65㎝
奥行
45㎝
高さ
18㎝
重量
610g

B評価【5位】アカチャンホンポ「すべり落ち股ガード付き シンクでも使える ベビーバス」

ベビーバスおすすめ アカチャンホンポ すべり落ち股ガード付き シンクでも使える ベビーバス イメージ1
  • アカチャンホンポすべり落ち股ガード付き シンクでも使える ベビーバス
  • 検証時価格: ¥1,408

総合評価: 3.25

洗いやすさ
 3.00
お手入れ
 4.00
機能性
 3.00
コスパ
 3.00

足が開きやすくて洗いやすい

ベビーバスのおすすめランキング5位は、アカチャンホンポ「すべり落ち股ガード付き シンクでも使える ベビーバス」でした。

シンクでは頭が支えやすく、お湯がすぐ抜けるので洗いやすいです。お風呂場ではやや頭を支えづらくなります。

黄色いゴム栓ははめ込みやすいです。

使用月齢
新生児~6カ月頃まで
容量
約19L
60cm
奥行
40㎝(底面30㎝)
高さ
23㎝(足元20㎝)
重量
不明

B評価【6位】Hügmuu「ベビーバス クッションセット」

  • Hügmuuベビーバス クッションセット
  • 実勢価格: ¥4,480

総合評価: 3.00

洗いやすさ
 3.00
お手入れ
 3.00
機能性
 3.00
コスパ
 3.00

クッションが体を包み込んでくれる

ベビーバスのおすすめランキング6位は、Hügmuu「ベビーバス クッションセット」でした。

ビーズクッションなので、赤ちゃんの体をしっかり支えてくれますが、毎日乾かすのは手間になります。

折りたためますが大きめでかさばります。大きめで長く使えそうな点は魅力です。

使用月齢
新生児~2歳
容量
満水時約25L、MAXライン位置約10L
80cm
奥行
47cm
高さ
20cm
重量
1.45kg

ベビーバスチェアのおすすめは ?

ここでは番外として、少し成長してママパパと一緒にお風呂に入るようになってから使えるバスチェアの過去検証のおすすめ商品を紹介します。

バスチェアとは?

バスチェアは、沐浴卒業後の赤ちゃんがパパママと一緒にお風呂に入る際の待機場として使うお風呂椅子のこと。パパママが体を洗うときに赤ちゃんにお湯がかかりにくくく、ワンオペ入浴の救世主になります。リビングでも使用できるものもあります。

バスチェアの種類は?

ハードタイプとソフトタイプがあります。ハードタイプのメリットは、安全性に優れること、リクライニングができる点。デメリットは、使わないときに場所をとること、接続部分などが洗いにくい点です。

エアーを入れて使うソフトタイプのメリットは、軽くて座り心地やわらかな点、コンパクトになり省スペースになる点。デメリットは赤ちゃんが活発だとやや不安定な点です。

バスチェアは腰がすわらないうちはフラットなものか、リクライニングができるものを、腰がすわってからはエアタイプなど調節ができないものでも大丈夫です。

ソフトタイプのバスチェアのおすすめは?

  • リッチェルふかふかベビーチェアR
  • 実勢価格: ¥2,475

赤ちゃんが転がり落ちにくい構造

人気ブランドのリッチェル「ふかふかベビーチェアR」は、過去のバスチェア比較でベストバイを獲得。

おすわりがまだ上手にできない赤ちゃんでも安定して座れるバスチェア。すっぽりとお尻がハマるので転がり落ちにくい構造です。

足の間のストッパーにエアポンプが内蔵されているので、簡単に空気が入れられます。

お風呂で不要になってもリビングで使えます。

サイズ
W48×H27×D46cm
対象年齢
7カ月~2歳頃まで
型番
180082

ハードタイプのバスチェアのおすすめは?

  • アップリカはじめてのお風呂から使えるバスチェア
  • 実勢価格: ¥3,800

背もたれが倒せる&外せるアップリカ

アップリカ「はじめてのお風呂から使えるバスチェア」はハードタイプのバスチェアです。

背もたれが倒せるので、まだ首がすわっていないうちから使えます。ガード部分は取り外せるので乗せ下ろしもラク。リクライニング部分は倒れるだけでなく、取り外せるので洗いやすいです。

肌に直接触れるバスマットは、取り外して洗って乾かすことができ、清潔に保てます。

対象年齢
新生児~2歳頃まで
型番
91593

ベビーベビーバスのおすすめ まとめ

以上、ベビーバスのおすすめランキングとバスチェアのおすすめ商品紹介でした。

今回は赤ちゃんもママ・パパも疲れにくい形状を探して人気のベビーバスを比較。その結果、ベストバイに選ばれたのはリッチェル「ふかふかベビーバス K」でした。

赤ちゃんの体にフィットして洗いやすいリッチェル

赤ちゃんの体にフィットして洗いやすいリッチェル ベビーバスおすすめ イメージ
赤ちゃんの体にフィットして洗いやすいリッチェル ベビーバスおすすめ イメージ2

リッチェル
ふかふかベビーバス K
実勢価格:¥3,300

リッチェル「ふかふかベビーバス K」は、赤ちゃんの体にフィットする形状でママ・パパも洗いやすいように設計されています。エアタイプなのでやわらかく、安心。フックで吊るせるようになっているので、使用後のお手入れもラクにできます。

ベビーバスを選ぶときには、ぜひ今回のランキングも参考にしてみてくださいね。不安いっぱいな沐浴を楽しいバスタイムにしましょう。

ベビーベビーバスの売れ筋ランキングもチェック!

ベビーバスのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。