ベビートイレトレーニングで便利な踏み台とは?

トイレトレーニングで便利な踏み台とは? トイレ用踏み台おすすめ イメージ

子どもが1歳を過ぎると、トイレトレーニングを検討し始めるママ・パパは多いのではないでしょうか。

補助便座とともに、準備しておきたいのが足置きとなる子ども用の踏み台(ベビーステップ)です。

自分から便座に乗り降りしてくれる踏み台があると、抱っこ不要になり便利です。段差があると乗り降りしやすいですが、本体が大きくスペースを取ります。

そこで今回は、収納場所を取らずお手入れしやすい子ども用踏み台を探すべく、人気の4製品をプロと比較しました。

ベビートイレ用踏み台の選び方は?

まずは、トイレ用踏み台の選び方を見ておきましょう。

1:形状で選ぶ
 

1:形状で選ぶ  トイレ用踏み台おすすめ イメージ

トイレ用踏み台には、アーチ型と長方形型があります。それぞれの特徴とメリットを押さえておきましょう。

アーチ型:小スペースでトイレに設置できるものも

真ん中がアーチ型のものならトイレにフィットするため、大きめのものでも小スペースで設置できるものもあります。このようなアーチ型のものは置きっぱなしにしていても大人がトイレを使うときに邪魔になりません。片付ける手間がないのも魅力です。

長方形:洗面所のステップ台などにも使える

長方形型のものならトイレ以外にも、洗面所やキッチンなど、さまざまな場所で使えます。子どもが大きくなり使わなくなってからもほかの用途で考えたい場合は、こちらがおすすめです。

2:子どもの身長や月齢で高さを選ぶ

子どもがしっかり足をつけられる高さのものを選ぶのがポイント。座った状態で足から床までの距離を測るといいでしょう。

段差がついたものを選ぶと乗り降りしやすいですが、本体が大きくスペースを取ります。背が高い子や月齢によっては1段でも自分で降りられます。子どもの身長やトイトレの状況を考慮して選びましょう。

3:デザイン性で選ぶ

トイレに合ったデザインや、子どもが気に入ったデザインのものを選ぶのもありです。とくに後者の場合、子どもが積極的にトイレトレーニングに取り組んでくれるでしょう。

ベビートイレ用踏み台4製品を比較

トイレ用踏み台4製品を比較 トイレ用踏み台おすすめ イメージ

今回は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどで購入できる、リッチェルや3COINSなど人気4製品をピックアップ。以下の項目で徹底比較しました。

テスト1:お手入れ

構造や形状がシンプルだとサッとふけて清潔な状態を保ちやすく、掃除の負担が減ります。

テスト2:デザイン

乗り降りしやすいか、足を置きやすいか、ふんばりやすいかが大事です。このほか、子どもがお気に入りのデザインだとトイレトレーニングがスムーズに進みます。

テスト3:収納力

トイレ内に収納しているという人が多いトイレ用踏み台。使用しないときでもトイレのなかで邪魔にならないサイズかをチェックしました。

それでは、テスト結果を発表します。

ベビートイレ用踏み台のおすすめは?

プロと一緒に実際に使ってみた、トイレ用踏み台のおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品 サイズ 使用月齢
リッチェルトイレサポートステップ
トイレ用踏み台おすすめ リッチェル トイレサポートステップ イメージ
3.33
4.00 3.50 2.50
W36×D30.5×H25cm
650g
1歳6カ月~6歳頃(体重30kgまで)
スリーコインズトイレ踏み台
トイレ用踏み台おすすめ スリーコインズ トイレ踏み台 イメージ
3.33
3.00 3.50 3.50
W42×D26.5×H17cm(約)
533g(約)
記載なし
ベビービョルンベビーステップ
トイレ用踏み台おすすめ ベビービョルン ベビーステップ イメージ
3.00
3.00 3.00 3.00
W34×D25×H16cm(約)
600g(約)
耐荷重450kgまで
PIYO踏み台
トイレ用踏み台おすすめ PIYO 踏み台 イメージ
3.00
3.00 4.00 2.00
W36×D33×H26.5cm
808g
耐荷重90kgまで

【ベストバイ】リッチェル「トイレサポートステップ」

  • リッチェルトイレサポートステップ
  • 実勢価格: ¥1,138

総合評価: 3.33

お手入れ
 4.00
デザイン
 3.50
収納力
 2.50

子どもが乗り降りしやすい位置に置ける

トイレ用踏み台おすすめベストバイは、リッチェル「トイレサポートステップ」です。

ステップの高さが25cmだから2歳の子どもでも足が届きやすいです。上部のステップには滑り止め加工付きもついています。

自分で乗り降りしやすく、足が届くことでふんばるサポートもしてくれます。

おすすめポイント
  1. 滑り止め加工付き
  2. 子どもが自分で乗り降りしやすい
サイズ
W36×D30.5×H25cm
重量
650g
使用月齢
1歳6カ月~6歳頃(体重30kgまで)
型番
4945680202589

トイレのカーブにフィットして置きやすい

トイレのカーブにフィットして置きやすい トイレ用踏み台おすすめ イメージ

トイレのカーブにフィットして、乗り降りしやすい場所に設置できます。

【ベストバイ】スリーコインズ「トイレ踏み台」

LDK: ベストバイ[リボンなし]	トイレ用踏み台おすすめ スリーコインズ トイレ踏み台 イメージ1
  • スリーコインズトイレ踏み台

総合評価: 3.33

お手入れ
 3.00
デザイン
 3.50
収納力
 3.50

幅が狭いのでトイレでかさばらない

トイレ用踏み台おすすめベストバイの2つ目は、3COINS「トイレ踏み台」です。

背が高い子にはおすすめ。足を置ける最小限の幅で、トイレのカーブに合わせたデザインです。

使わないときは便座に寄せて置けば、大人が座ったときも邪魔になりません。

おすすめポイント
  1. 小スペースでトイレに置きやすい
サイズ
W42×D26.5×H17cm(約)
重量
533g(約)
使用月齢
記載なし

トイレにすっきり置ける

トイレにすっきり置ける トイレ用踏み台おすすめ イメージ

小スペースでトイレに置けます。

【3位】ベビービョルン「ベビーステップ」

  • ベビービョルンベビーステップ
  • 実勢価格: ¥3,080

総合評価: 3.00

お手入れ
 3.00
デザイン
 3.00
収納力
 3.00

選べる7つのカラー

トイレの踏み台おすすめランキング3位は、ベビービョルン「ベビーステップ」。

洗面台やキッチンなど、さまざまなところに使えます。足を置く上部とステップ裏面には滑り止めが付いているから安定感も安心感も両方叶います。

7色から選べる点もポイントです。

サイズ
W34×D25×H16cm(約)
重量
600g(約)
使用月齢
耐荷重450kgまで
型番
-

トイレ以外の用途でも使いやすい

トイレ以外の用途でも使いやすい トイレ用踏み台おすすめ イメージ

カラーはパウダーピンクやディープグリーン、グレーなど7色あり、くすみカラーがかわいいです。

【位】PIYO「踏み台」

  • PIYO踏み台
  • 実勢価格: ¥2,680

総合評価: 3.00

お手入れ
 3.00
デザイン
 4.00
収納力
 2.00

取っ手付きで持ち運びしやすい

トイレの踏み台おすすめランキング3位は、PIYO(ピヨ)「踏み台」

2段になっているからトイレでも洗面所でも子どもの乗り降りがしやすいです。

裏面と段差には滑り止め加工がしてあるから安心して、トイトレ卒業後も長く使えます。取っ手付きで持ち運びもラクチン。

サイズ
W36×D33×H26.5cm
重量
808g
使用月齢
耐荷重90kgまで
型番
-

少しかさばるのが惜しいポイント

少しかさばるのが惜しいポイント トイレ用踏み台おすすめ イメージ

奥行きが約33cmと大きめですが、安心して使えます。カラーは4色展開。

ベビートイレの踏み台のおすすめ まとめ

以上、おすすめのトイレ用踏み台でした。いかがでしたか?

今回はアーチ型と長方形型のトイレ用踏み台4点の使い勝手を検証しました。

トイレだけでなく、洗面所のステップ台にも使えるもの、収納性にすぐれたもの、お手入れがしやすいシンプルなものなど種類はさまざま。

月齢によっては1段でも自分で乗れるため、子どもの身長やトイトレの状況を考慮して選びましょう。

ぜひ、今回のテスト結果も参考にしてみてくださいね。

ベビーベビー用ステップツールの売れ筋ランキングもチェック!

ベビー用ステップツールのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。