ベビー哺乳瓶は老舗のピジョンを買うのが正解?

哺乳瓶は老舗のピジョンを買うのが正解? 哺乳瓶おすすめ イメージ

哺乳びんは赤ちゃんにミルクを飲ませるために必要なベビー用品。

赤ちゃんをミルクと母乳併用で育児をしているママのなかには「哺乳瓶だと飲むのに、母乳は飲まない」というお悩みを抱えている人も多いのでは?

逆に、卒乳した赤ちゃんや母乳がうまく出ないときなど「哺乳瓶で飲んで欲しいのに、なかなか飲んでくれない」というお悩みもあるのではないでしょうか。

もしかすると、哺乳瓶の選び方が原因かもしれません。

おっぱいに近い飲み心地の哺乳瓶選びがポイント

実は、あまり飲みやすい哺乳瓶を使っても、赤ちゃんが母乳を嫌がってしまうということもあります。そうならないためには、なるべくおっぱいに近い飲み心地の哺乳瓶を選ぶことがコツです。

哺乳瓶は多くの製品が発売されていますが、なかでも新米ママたちに圧倒的な人気を誇るのが老舗メーカー「ピジョン」のほ乳びんです。

おっぱいに近い飲み心地の哺乳瓶選びがポイント 哺乳瓶おすすめ イメージ

そこで、雑誌「LDK」では、人気のピジョンをはじめ、西松屋・リッチェルなどの哺乳瓶をピックアップ。ピジョンの哺乳瓶を買うのが本当に正解なのか、専門家と一緒にチェックしました。

古市菜緒 氏
バースコンサルタント
古市菜緒 氏 のコメント

初めてのほ乳びん選びで失敗しないコツをお教えします。

ベビー哺乳瓶の選び方は?

おすすめ商品を紹介する前に、まずはほ乳びんを選ぶときのポイントをお伝えします。

選び方1:サイズ

まず揃えるべきは160mlと240mlの2サイズ

まず揃えるべきは160mlと240mlの2サイズ 哺乳瓶おすすめ イメージ

哺乳瓶は約160mlの小と約240mlの大の2つを揃えておき、新生児は小サイズからが鉄則。いきなり大サイズから始めると空気をのみやすく、むせる原因にもなります。

160mlから始めて、3か月頃を目安にサイズアップしましょう。

古市菜緒 氏
バースコンサルタント
古市菜緒 氏 のコメント

月齢が0歳~と表示されているものならOKです。

選び方2:形状

理想はくびれアリの調乳しやすい広口タイプ

哺乳瓶は真ん中にくびれがあると、どんな大きさの手にもフィットして持ちやすいのでオススメです。持ち運びしやすいスリムタイプもありますが、調乳のしやすさでは広口タイプを選ぶのがベストでしょう。

くびれアリ
くびれアリ 哺乳瓶おすすめ イメージ

くびれがあると持ちやすく落とす心配も少なくなります。形状もコロンとかわいいです。

古市菜緒 氏
バースコンサルタント
古市菜緒 氏 のコメント

広口タイプならキューブタイプも入れやすいです。

くびれナシ
くびれナシ 哺乳瓶おすすめ イメージ

くびれのない哺乳瓶は手の小さい人や携帯するのには便利。スリムタイプのものが多く持ち運びしやすいですが、粉が入れにくく、洗いにくいのが難点です。

選び方3:素材

哺乳瓶に使われている主な素材はガラスとプラスチックです。

ガラス素材のメリット・デメリット

ガラス素材のメリット・デメリット 哺乳瓶おすすめ イメージ

ガラスは傷がつきにくく衛生的なのがメリット。耐熱ガラス製のものなら煮沸・薬液・電子レンジなどの消毒方法を選べます。食器洗浄機で洗うこともできるので手入れが簡単です。

プラスチック素材のメリット・デメリット

プラスチック素材のメリット・デメリット 哺乳瓶おすすめ イメージ

プラスチック製は軽いので持ち運びがしやすく、お出かけの際に重宝します。割れにくいので赤ちゃんが投げたり落としたりしても安心。ガラスとプラスチックは、どちらも一長一短なので必要なシーンで使い分けましょう。

古市菜緒 氏
バースコンサルタント
古市菜緒 氏 のコメント

家用と外出用の2タイプを揃えるのもアリです。

値段を考えないなら新しいプラ素材「T-Ester」がベスト

値段を考えないなら新しいプラ素材「T-Ester」がベスト 哺乳瓶おすすめ イメージ

ひとつ選ぶなら、ガラスとプラスチックのいいとこ取りで見た目もきれいな、T-Ester(ティーエスター)がベストです。T-Esterは、食品衛生法に適合した高い透明度の新規プラスチック素材です。

ほかには、トライタンやPPSUのタイプがあります。トライタンはきれいで割れにくいですが電子レンジ消毒は不可。PPSUは見た目がイマイチです。

▼T-Esterのメリット・デメリット
  • ◎ 傷がつきにくく衛生的
  • ◎ 軽くて外出用にも便利
  • △ 見た目もきれいだがまだ種類が少ないうえ高価
▼ガラスのメリット・デメリット
  • ◎ 傷がつきにくく衛生的
  • ◎ 種類豊富でお手頃価格
  • △ 重いので携帯するのには向かない
  • △ 落とすと割れる心配がある

選び方4:ニップル

ニップルとは、哺乳瓶用ちくびのこと。消耗品として交換しながら使う必要のあるパーツです。

まずは丸穴から始めてスリーカットに変えて

まずは丸穴から始めてスリーカットに変えて 哺乳瓶おすすめ イメージ

ほ乳びんを傾けると自然にミルクが出る丸穴は新生児向け。生後2~3か月経ち、哺乳力がついてきたら成長に合わせて、スリーカット、クロスカットに変えていきましょう。

▼丸穴のメリット・デメリット
  • ◎ 吸う力が弱くても飲みやすい
  • ✕ 飲みすぎてしまうかも
▼スリーカットのメリット・デメリット
  • ◎ 吸う力のトレーニングになる
  • ✕ 新生児には向かない
▼クロスカットのメリット・デメリット
  • ◎ 飲む量が増えてきた赤ちゃんに
  • ✕ 吸う力が弱い赤ちゃんには向かない
古市菜緒 氏
バースコンサルタント
古市菜緒 氏 のコメント

病院などで口にしていたものが確実です。

ベビーLDKがピジョンをはじめ人気の哺乳瓶をチェック

LDKがピジョンをはじめ人気の哺乳瓶をチェック 哺乳瓶おすすめ イメージ

今回は雑誌「LDK」が、実店舗をはじめ、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどネット通販で購入できる人気の哺乳瓶をピックアップ。

バースコンサルタントの古市菜緒さんと一緒に「ニップル」「素材」「形状」「サイズ」をチェックしました。

それでは、初めての哺乳瓶選びでチェックしてほしい4項目で合格点だったおすすめの6商品を紹介します!

ベビー哺乳瓶のおすすめは?

新生児から使える哺乳瓶のおすすめ一覧です。商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品 おすすめポイント
ピジョン母乳実感哺乳びん T-Ester (プラスチック製) 200ml
哺乳瓶おすすめ ピジョン 母乳実感哺乳びん T-Ester (プラスチック製) 200ml イメージ
おっぱいに近い形で母乳との併用に最適/ラッチライオン付きで授乳しやすい/バリエーション豊富で哺乳量に合わせやすい
200ml
ポリプロピレン(フード・キャップ)、シリコーンゴム(ニップル)、T-Ester(ボトル)
SSサイズ、丸穴
煮沸、レンジ、薬液
リッチェルはなえみ PPSU 哺乳びん 160ml
哺乳瓶おすすめ リッチェル はなえみ PPSU 哺乳びん 160ml イメージ
ミルクを振り混ぜやすい/円すい形で隅々まで洗いやすい/パーツを付ければストローマグとしても使える
160ml
ポリフェニルサルホン、ポリプロピレン、シリコーンゴム
Sサイズ、丸穴
煮沸、レンジ、薬液
コンビテテオ 授乳のお手本哺乳びん プラスチック製 160ml SS サイズ 乳首付
哺乳瓶おすすめ コンビ テテオ 授乳のお手本哺乳びん プラスチック製 160ml SS サイズ 乳首付 イメージ
吸う力に合わせてミルクの出る量を調節できる/唾液とミルクが混ざりやすい工夫がされている
160ml SSサイズ 乳首付
ポリプロピレン(フード、キャップ、調節リング B、ニップルビン)、シリコーンゴム(乳首、中ぶた、調節リングA)、PPSU(ボトル)
SSサイズ、丸穴3つ
煮沸、レンジ、薬液
NUKプレミアムチョイス ほ乳びん (ガラス製) 120ml
哺乳瓶おすすめ NUK プレミアムチョイス ほ乳びん (ガラス製) 120ml イメージ
ニップルの構造が優秀/飲み頃の温度がわかる目盛り付き
120ml
ほうけい酸ガラス(ボトル)、シリコーンゴム(ニップル)、ポリプロピレン(フード、キャップ)
Sサイズ、丸穴
煮沸、レンジ、薬液
チュチュマルチフィット 広口タイプ プラスチック製哺乳びん 160ml
哺乳瓶おすすめ チュチュ マルチフィット 広口タイプ プラスチック製哺乳びん 160ml イメージ
吸う力に応じてミルクの出る量がコントロールされる/1サイズで全月齢に対応する
160ml
PPSU(ボトル)、シリコーンゴム(乳首)、ポリプロピレン(フード、キャップ)
1サイズ、クロスカット穴(マルチフィット乳孔)
煮沸、レンジ、薬液
西松屋Smart Angel 広口ガラス哺乳びん 160ml
哺乳瓶おすすめ 西松屋 Smart Angel 広口ガラス哺乳びん 160ml イメージ
ガラス製のなかでは軽めでコスパも優秀/ピジョン「母乳実感」のニップルを付けられる
160ml
シリコーンゴム(乳首)、ポリプロピレン(ニップル ケアビン、キャップ、カバー)、ほうけい酸ガラス(ボトル)
丸穴
煮沸、レンジ、薬液

【ベストバイ】ピジョン「母乳実感哺乳びん T-Ester (プラスチック製) 200ml」

  • ピジョン母乳実感哺乳びん T-Ester (プラスチック製) 200ml
  • 実勢価格: ¥2,599

おっぱいに近い形で時間をかけて飲める

ピジョン「母乳実感哺乳びん T-Ester (プラスチック製) 200ml」は、哺乳瓶のベストバイに選ばれました。

ママのちくびのやわらかさをお手本にしたニップルは母乳育児との併用に最適。

ラッチオンラインも付いて授乳しやすさもUPします。 T-Esterのボトルは軽くてきれいで扱いやすさも抜群です。

おすすめポイント
  1. おっぱいに近い形で母乳との併用に最適
  2. ラッチライオン付きで授乳しやすい
  3. バリエーション豊富で哺乳量に合わせやすい
容量
200ml
素材
ポリプロピレン(フード・キャップ)、シリコーンゴム(ニップル)、T-Ester(ボトル)
乳首
SSサイズ、丸穴
消毒
煮沸、レンジ、薬液
型番
1034046

「ラッチオンライン=くわえる深さの目安」付き

「ラッチオンライン=くわえる深さの目安」付き 哺乳瓶おすすめ イメージ

赤ちゃんがニップルをくわえる深さの目安となる波型のラインがあるので、授乳の不安を軽減します。

バリエーションが豊富で哺乳量に合わせやすい!

バリエーションが豊富で哺乳量に合わせやすい! 哺乳瓶おすすめ イメージ

ガラス製ボトルの大小サイズも揃ううえ、ニップルも吸い穴の形や大きさを変えて6サイズから選べます。

リッチェル「はなえみ PPSU 哺乳びん 160ml」

  • リッチェルはなえみ PPSU 哺乳びん 160ml
  • 実勢価格: ¥1,617

調乳&洗うのがラクで使いやすい

リッチェル「はなえみ PPSU 哺乳びん 160ml」は、ミルクを振り混ぜやすく、隅々まで洗いやすい円すい形が特徴。

別売りのパーツを取り付ければストローマグにもなります。

おすすめポイント
  1. ミルクを振り混ぜやすい
  2. 円すい形で隅々まで洗いやすい
  3. パーツを付ければストローマグとしても使える
容量
160ml
素材
ポリフェニルサルホン、ポリプロピレン、シリコーンゴム
乳首
Sサイズ、丸穴
消毒
煮沸、レンジ、薬液
型番
4945680205344

コンビ「テテオ 授乳のお手本哺乳びん プラスチック製 160ml SS サイズ 乳首付」

  • コンビテテオ 授乳のお手本哺乳びん プラスチック製 160ml SS サイズ 乳首付
  • 実勢価格: ¥1,164

コンビ(Combi)「テテオ 授乳のお手本哺乳びん プラスチック製 160ml SS サイズ 乳首付」は、赤ちゃんの吸う力に合わせてミルクの出る量を4段階に調節が可能。

ニップルには唾液とミルクが混ざりやすい工夫もされています。

おすすめポイント
  1. 吸う力に合わせてミルクの出る量を調節できる
  2. 唾液とミルクが混ざりやすい工夫がされている
容量
160ml SSサイズ 乳首付
素材
ポリプロピレン(フード、キャップ、調節リング B、ニップルビン)、シリコーンゴム(乳首、中ぶた、調節リングA)、PPSU(ボトル)
乳首
SSサイズ、丸穴3つ
消毒
煮沸、レンジ、薬液
型番
E389157H

NUK「プレミアムチョイス ほ乳びん (ガラス製) 120ml」

  • NUKプレミアムチョイス ほ乳びん (ガラス製) 120ml
  • 実勢価格: ¥2,090

NUK(ヌーク)「プレミアムチョイス ほ乳びん (ガラス製) 120ml」は、いつも母乳を飲んでいる赤ちゃんが戸惑わずに飲める構造のニップルが優秀。

飲み頃の温度がわかるメモリが付いています。

おすすめポイント
  1. ニップルの構造が優秀
  2. 飲み頃の温度がわかる目盛り付き
容量
120ml
素材
ほうけい酸ガラス(ボトル)、シリコーンゴム(ニップル)、ポリプロピレン(フード、キャップ)
乳首
Sサイズ、丸穴
消毒
煮沸、レンジ、薬液

チュチュマルチフィット 広口タイプ プラスチック製哺乳びん 160ml」

  • チュチュマルチフィット 広口タイプ プラスチック製哺乳びん 160ml
  • 実勢価格: ¥1,726

チュチュ(ChuChu)マルチフィット 広口タイプ プラスチック製哺乳びん 160ml」は、吸う力に応じてミルクの出る量がコントロールされるマルチフィット乳孔。

1サイズで全月齢に対応するのが嬉しいです。

おすすめポイント
  1. 吸う力に応じてミルクの出る量がコントロールされる
  2. 1サイズで全月齢に対応する
容量
160ml
素材
PPSU(ボトル)、シリコーンゴム(乳首)、ポリプロピレン(フード、キャップ)
乳首
1サイズ、クロスカット穴(マルチフィット乳孔)
消毒
煮沸、レンジ、薬液
型番
4973210995991

西松屋「Smart Angel 広口ガラス哺乳びん 160ml」

哺乳瓶おすすめ 西松屋 Smart Angel 広口ガラス哺乳びん 160ml イメージ1
哺乳瓶おすすめ 西松屋 Smart Angel 広口ガラス哺乳びん 160ml イメージ2
哺乳瓶おすすめ 西松屋 Smart Angel 広口ガラス哺乳びん 160ml イメージ1
哺乳瓶おすすめ 西松屋 Smart Angel 広口ガラス哺乳びん 160ml イメージ2
  • 西松屋Smart Angel 広口ガラス哺乳びん 160ml
  • 検証時価格: ¥944

西松屋「Smart Angel 広口ガラス哺乳びん 160ml」は、ガラス製のなかでは軽めでコスパも非常に優秀。

ピジョンの「母乳実感」のニップルを付けることもできます。

おすすめポイント
  1. ガラス製のなかでは軽めでコスパも優秀
  2. ピジョン「母乳実感」のニップルを付けられる
容量
160ml
素材
シリコーンゴム(乳首)、ポリプロピレン(ニップル ケアビン、キャップ、カバー)、ほうけい酸ガラス(ボトル)
乳首
丸穴
消毒
煮沸、レンジ、薬液

ベビー授乳のお悩み Q&A

授乳のお悩み Q&A 哺乳瓶おすすめ イメージ

ここからは、専門家に伺った授乳のお悩みをQ&A形式で紹介します。

ミルクが赤ちゃんの口の横からたれます。哺乳瓶を替えたほうがいいですか?

穴が大きくてミルクが出すぎているのかもしれません。もう少し小さいサイズに変えましょう。

ミルクは吸っているのに、赤ちゃんが飲みにくそうなのはなぜですか?

まだ哺乳力が弱めで硬いニップルだと吸いにくいのかもしれません。新生児用のニップルを使っている場合は乳頭混乱を起こしている可能性もあります。

ミルクの吐き戻しが多いのですが、飲ませすぎているのでしょうか?

ミルクが自然に出る丸穴タイプで飲みすぎてしまっているのかも。スリーカットのニップルに変えて様子を見てみてください。

ミルクと一緒に空気をよく飲んでしまう理由は?

ボトルが大きいため、ミルクと一緒に空気を飲みやすくなっています。サイズダウンをしましょう。

ベビー哺乳瓶のおすすめ まとめ

以上、哺乳瓶の選び方とおすすめ商品を紹介しました。

初めての哺乳瓶選ぶでチェックしたい「サイズ」「形状」「素材」「ニップル」の4項目をクリアした製品の中でも、圧倒的な人気を誇るピジョン「母乳実感哺乳びん T-Ester (プラスチック製) 200ml」がベストバイに選ばれました。

赤ちゃんが飲みやすく扱いやすさも抜群のピジョン

赤ちゃんが飲みやすく扱いやすさも抜群のピジョン 哺乳瓶おすすめ イメージ
赤ちゃんが飲みやすく扱いやすさも抜群のピジョン 哺乳瓶おすすめ イメージ2

ピジョン
母乳実感哺乳びん
T-Ester (プラスチック製)
200ml
実勢価格:¥2,640

ピジョン「母乳実感哺乳びん T-Ester (プラスチック製) 200ml」は、おっぱいに近い形のニップルで、赤ちゃんが時間をかけてミルクを飲むことができます。

ラッチオンラインもあるので、新米ママ・パパでも授乳がしやすいです。ボトルとニップルはバリエーションが豊富で哺乳量に合わせやすいのも魅力です。

哺乳瓶を選ぶときは、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

ベビー哺乳瓶の売れ筋ランキングもチェック!

哺乳瓶のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。