ベビーベビーローションとは?

ベビーローションとは? ベビーローションおすすめ イメージ

赤ちゃんの肌はとても敏感。入浴によって肌の保湿成分が失われていき、皮脂の分泌も少なめなので、乾燥しがちです。

乾燥が続くと、肌荒れなど肌トラブルの原因になりがちなので、そうならないよう、年中通じてベビーローションなどの保湿剤を塗ってしっかりと保湿しましょう

ベビーローションは赤ちゃんの未熟なお肌のバリア機能をサポートしてくれる低刺激の商品が多いので、敏感肌の大人の人も一緒にお風呂上がりや外出前などに使うことができます。

ベビーローションやベビークリームの違いは?

赤ちゃん用の保湿アイテムには、ベビーローションのほかにベビークリームやベビーオイルがあります。これらは水分量と油分量のバランスで分けられ、水分が多く油分が少ないのがローション、水分が少なく油分が多いのがオイル、どちらも均等に配合されているのがクリームです。

ベビーローションのメリット・デメリット

ベビーローションのメリット・デメリット ベビーローションおすすめ イメージ

水分量の多いベビーローションは肌への浸透性が高く、赤ちゃんの肌にしっかりとうるおいを与えます。一方で油分量が少ないので潤いを閉じ込める力が弱く、水分が逃げやすいです。

ベビーオイルのメリット・デメリット

ベビーオイルは潤いを閉じ込める力が高いのが特徴。肌を保護し、乾燥を防いでくれます。油分量は多いですが水分量は少ないため、肌へ潤いを与える力は弱めです。

ベビークリームのメリット・デメリット

ベビークリームのメリット・デメリット ベビーローションおすすめ イメージ

ベビーローションとベビーオイルの中間にあたるのがベビークリームです。水分量と油分量が均等に配合され、うるおいを与えながら肌を保護します。ローションやオイルに比べてテクスチャーが固く、塗りにくいというデメリットがあります。

赤ちゃんの保湿はいつから始める?

赤ちゃんの肌のバリア機能は弱く肌トラブルが起こりやすいため、乾燥や外部の刺激から守ってあげる必要があります。特に、新生児の赤ちゃんの肌はデリケート。赤ちゃんの肌の保湿は生まれてからなるだけすぐに始めてあげましょう。

そこで今回は、雑誌「LDK」が人気のベビーローションを比較。デリケートな赤ちゃんの肌を肌トラブルから守るおすすめを探しました。

ベビーベビーローションの選び方は?

ベビーローションは赤ちゃんもママ・パパも使いやすいものを選ぶことが大切。伸びがよくて塗りやすく、低刺激のものだとママ・パパも安心して使えます。また、ベタベタせず匂いが強くないものだと赤ちゃんが心地よく使えるでしょう。

おすすめを紹介する前に、ここではベビーローションを選ぶときのポイントをお伝えします。

保湿力で選ぶ

保湿力で選ぶ ベビーローションおすすめ イメージ

選び方で最も大切なことは保湿力の高さ。子どものお肌は水分たっぷりでプルプルかと思いきや、水分の保持力が弱くてデリケートな分、乾燥しやすいんです。

乾燥が続いてしまうと、炎症を起こしたり発疹が出たりするなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

ただ水分を与えるだけではなく、うるおいを閉じ込めてキープできるかがポイント。保湿を重視した商品には「保湿タイプ」「しっとりタイプ」など書かれているのでチェックしてみてください。

赤ちゃんの肌へのやさしさで選ぶ

赤ちゃんの肌へのやさしさで選ぶ ベビーローションおすすめ イメージ

デリケートな赤ちゃんの肌に使うものなので、肌へのやさしさもチェックしましょう。界面活性剤、合成着色料、アルコールなど、刺激になりやすい成分が無添加のものを選ぶとより安心です。

自然派ならオーガニックも選択肢のひとつですが、子どもの肌には刺激になることも多いので、注意しながら使うようにしてください。

あせもやかぶれなどの肌荒れが気になる場合は、抗炎症成分が配合された医薬部外品・薬用のものを選ぶのがおすすめです。

【肌によい成分の一例】

保湿成分

主にセラミド、ヒアルロン酸、ヘパリン類似物質など。乾燥した肌にうるおいを与え、しっとり保湿してくれます。

肌荒れ防止成分

主にグリチルリチン酸2K、アラントインなど。有効成分として配合されているかチェック。肌の炎症を抑えたり、傷んだ皮膚の修復を促したりしてくれます。

塗りやすさで選ぶ

いくら保湿力が高くても、ベタついてしまったら使い心地は半減してしまいます。お風呂上がりに裸で動き回る赤ちゃんに素早く塗らねばならないシーンでは、片手でさっと素早く全身に塗り広げられるよう、伸びのよさもポイントです。

こっくりとしたものからとろとろのものまで、製品によってテクスチャーはさまざま。汗をかいてベタつきがちな夏場は、サッパリした使い心地の化粧水タイプを使うのも手です。

使いやすさで選ぶ

使いやすさで選ぶ ベビーローションおすすめ イメージ

ボトル型・ポンプ型など商品によって容器の形状が異なります。本体を押し出して使うボトル式は持ち運びしやすいですが、片手が塞がるため、手間なく使いたいなら片手でプッシュすれば出せるポンプタイプを選ぶとよいでしょう

また、製品によっては香料の入っているものがあります。香りに敏感な人や出先でも使うなら無香料のものがおすすめです。

コスパで選ぶ

良成分配合のものを選ぶのは当然ですが、毎日使うものなので、コスパが抑えられればさらにいうことナシ。リーズナブルな価格なら、惜しみなくたっぷり使えます。

ベビーベビーローションの人気商品を比較

今回、雑誌「LDK」ではドラッグストア、ベビー用品ショップをはじめ、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどネット通販で購入できる人気のベビーローションを比較。以下の項目でプロと一緒にテストしました。

テスト1:保湿力

各製品を複数のモニターの腕に塗り、一定時間をおいて塗布前後の肌水分量を測定しました。

テスト2:成分

成分のプロが全配合成分を分析。刺激となりうる成分の有無もチェックしました。

テスト3:使用感

複数のモニターが実際に使用し、塗り心地や香り、容器の使いやすさを評価しました。

それでは、テスト結果を評価の高かった順にベビーローションのおすすめ商品を紹介します。

ベビーベビーローションのおすすめは?

プロと一緒に実際に比べてみた、ベビーローションのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品
A評価
フォーファムボディローション
ベビーローションおすすめ フォーファム ボディローション イメージ
4.63
5.00 4.00 4.50
300g
A評価
持田ヘルスケアスキナベーブ ベビーミルキーローション
ベビーローションおすすめ 持田ヘルスケア スキナベーブ ベビーミルキーローション イメージ
4.50
5.00 3.50 4.50
200ml
B評価
ミキハウス ベビーベビースキンケア ベビーミルクローション
ベビーローションおすすめ ミキハウス ベビー ベビースキンケア ベビーミルクローション イメージ
4.23
4.50 3.00 4.90
120ml
B評価
アカチャンホンポ赤ちゃんしっとり ベビーローション
ベビーローションおすすめ アカチャンホンポ 赤ちゃんしっとり ベビーローション イメージ
4.15
4.00 4.50 4.10
300ml
B評価
丹平製薬アトピタ 保湿全身ミルキィローション
ベビーローションおすすめ 丹平製薬 アトピタ 保湿全身ミルキィローション イメージ
3.85
4.00 3.00 4.40
300ml
B評価
ピジョンベビーミルクローション
ベビーローションおすすめ ピジョン ベビーミルクローション イメージ
3.78
3.50 3.50 4.60
300g
B評価
ママフィ潤いミルキーローション
ベビーローションおすすめ ママフィ 潤いミルキーローション イメージ
3.73
4.50 2.00 3.90
150ml
B評価
matsukiyomatsukiyo ベビーローション
ベビーローションおすすめ matsukiyo matsukiyo ベビーローション イメージ
3.63
3.50 3.00 4.50
350ml
B評価
サラヤアラウベビー ミルキーローション
ベビーローションおすすめ サラヤ アラウベビー ミルキーローション イメージ
3.38
3.50 2.00 4.50
300ml
B評価
メディスキンベビーナチュラルベビーローション
ベビーローションおすすめ メディスキンベビー ナチュラルベビーローション イメージ
3.18
3.50 2.00 3.70
190ml

A評価【1位】フォーファム「ボディローション」

  • フォーファムボディローション
  • 実勢価格: ¥2,871

総合評価: 4.63

保湿力
 5.00
成分
 4.00
使用感
 4.50

圧倒的な保湿力でうるもち肌が長く続く

ベビーローションのおすすめランキング1位でベストバイに選ばれたのは、フォーファム(For fam)「ボディローション」でした。

保湿力、成分、使用感すべてで高評価を獲得。良質な保湿成分を配合し、カサつきやすい赤ちゃんの肌にしっかりうるおいを与えます。

牛乳・卵・大豆由来の原料フリーでアレルギーが気になる方も安心です。

おすすめポイント
  1. 保湿力が抜群でうるおいが続く
  2. 優秀な保湿成分を配合
  3. 塗ったそばから即しっとり
内容量
300g
型番
ff

抜群の保湿力でお肌がうるうる

抜群の保湿力でお肌がうるうる ベビーローションおすすめ イメージ

肌に塗って一定時間が経っても高い保湿力をキープしていました。デリケートな肌を乾燥からをしっかり守ってくれます。

優秀な保湿成分

保湿効果の高いヒト型セラミド4種とヒアルロン酸Naを配合しています。

塗ったそばから即しっとり!

乳液のようなこっくりとしたテクスチャーで、伸びもいいです。サラッとしすぎず保護感が得られます。

ママモニター
ママモニター のコメント

大容量かつ無香料なのもうれしいです。

ママモニター
ママモニター のコメント

かなりしっとりするのにベタつきません!

A評価【2位】持田ヘルスケア「スキナベーブ ベビーミルキーローション」

  • 持田ヘルスケアスキナベーブ ベビーミルキーローション
  • 実勢価格: ¥3,980

総合評価: 4.50

保湿力
 5.00
成分
 3.50
使用感
 4.50

スルスル塗れて時間がたっても乾燥知らず

ベビーローションのおすすめランキング2位は、持田ヘルスケア「スキナベーブ ベビーミルキーローション」でした。

グリチルリチン酸が有効成分の医薬部外品。あせもやあかぎれなど肌荒れ予防にも効果的。

油分が多めで肌の水分蒸散を防ぎ、しっとり感が持続します。

おすすめポイント
  1. 油分が多めでスルスル塗れる
  2. 肌の水分を保護ししっとり感が続く
  3. あせもなどの肌トラブル予防にも
内容量
200ml
医薬部外品
型番
20231114-2

ベストに次ぐ保湿力でうるおいキープ

特筆すべき保湿成分はないものの、ベストに次ぐ保湿力をみせました。

B評価【3位】ミキハウス ベビー「ベビースキンケア ベビーミルクローション」

  • ミキハウス ベビーベビースキンケア ベビーミルクローション
  • 実勢価格: ¥4,180

総合評価: 4.23

保湿力
 4.50
成分
 3.00
使用感
 4.90

みずみずしくスーッと伸びてうるおう

ベビーローションのおすすめランキング3位は、ミキハウス ベビー(mikihouse)「ベビースキンケア ベビーミルクローション」でした。

さっぱりしたテクスチャーで全身に伸ばしやすいミルクタイプのローション。

保湿力が高く、ぬるつきもベタつきも一切ありません。スリムでかわいいボトルも人気です。

内容量
120ml

さっぱりしているのにしっかりうるおった

軽めの使用感ながら、保湿力はバッチリ。時間がたっても肌のうるおいを逃がしませんでした。

B評価【4位】アカチャンホンポ「赤ちゃんしっとり ベビーローション」

ベビーローションおすすめ アカチャンホンポ 赤ちゃんしっとり ベビーローション イメージ1
  • アカチャンホンポ赤ちゃんしっとり ベビーローション
  • 検証時価格: ¥602

総合評価: 4.15

保湿力
 4.00
成分
 4.50
使用感
 4.10

ベビーローションのおすすめランキング4位は、アカチャンホンポ「赤ちゃんしっとり ベビーローション」でした。

成分評価も高く、保湿力も文句ありません。

内容量
300ml

B評価【5位】丹平製薬「アトピタ 保湿全身ミルキィローション」

  • 丹平製薬アトピタ 保湿全身ミルキィローション
  • 実勢価格: ¥1,280

総合評価: 3.85

保湿力
 4.00
成分
 3.00
使用感
 4.40

ベビーローションのおすすめランキング5位は、丹平製薬「アトピタ 保湿全身ミルキィローション」でした。

伸びがよくしっとりするのにベタつきません。

内容量
300ml

B評価【6位】ピジョン「ベビーミルクローション」

  • ピジョンベビーミルクローション
  • 実勢価格: ¥658

総合評価: 3.78

保湿力
 3.50
成分
 3.50
使用感
 4.60

ベビーローションのおすすめランキング6位は、ピジョン(Pigeon)「ベビーミルクローション」でした。

みずみずしくスルスル伸びてベタッとしません。

内容量
300g
型番
4902508083706

B評価【7位】ママフィ「潤いミルキーローション」

  • ママフィ潤いミルキーローション
  • 実勢価格: ¥1,540

総合評価: 3.73

保湿力
 4.50
成分
 2.00
使用感
 3.90

ベビーローションのおすすめランキング7位は、ママフィ(Mamafy)「潤いミルキーローション」でした。

目立った保湿成分はないですがどちゃんとうるおいます。

内容量
150ml
型番
009034

B評価【8位】matsukiyo「matsukiyo ベビーローション」

  • matsukiyomatsukiyo ベビーローション
  • 実勢価格: ¥583

総合評価: 3.63

保湿力
 3.50
成分
 3.00
使用感
 4.50

ベビーローションのおすすめランキング8位は、matsukiyo「matsukiyo ベビーローション」でした。

セラミド入り&ほどよいしっとり感が好印象です。

内容量
350ml

B評価【9位】サラヤ「アラウベビー ミルキーローション」

  • サラヤアラウベビー ミルキーローション
  • 実勢価格: ¥1,082

総合評価: 3.38

保湿力
 3.50
成分
 2.00
使用感
 4.50

ベビーローションのおすすめランキング9位は、サラヤ「アラウベビー ミルキーローション」でした。

伸びはいいですがいい成分は特にありません。

内容量
300ml

B評価【10位】メディスキンベビー「ナチュラルベビーローション」

  • メディスキンベビーナチュラルベビーローション
  • 実勢価格: ¥2,640

総合評価: 3.18

保湿力
 3.50
成分
 2.00
使用感
 3.70

ベビーローションのおすすめランキング10位は、メディスキンベビー「ナチュラルベビーローション」でした。

香りの強さとエタノール配合が気になります。

内容量
190ml
型番
-

ベビーベビーローションのおすすめ まとめ

以上、ベビーローションのおすすめランキングでした。

赤ちゃんの肌は皮脂の分泌量が少なく、入浴によって肌の保湿成分が失われて乾燥しがち。肌荒れなどのトラブルも起こしやすいので、ベビーローションでしっかりカサカサ肌を保湿しましょう。

今回ベストバイに選ばれたのは、フォーファム「ボディローション」でした。

うるもち肌が長く続くフォーファム

うるもち肌が長く続くフォーファム ベビーローションおすすめ イメージ
うるもち肌が長く続くフォーファム ベビーローションおすすめ イメージ2

フォーファム
ボディローション
300g
実勢価格:¥3,190

フォーファム「ボディローション」は保湿力が高く、空気が触れにくい二重構造のポンプも高評価でした。

おだやかな使い心地のベビーローションは赤ちゃんはもちろん、ママやキッズ、ほかの家族も一緒に使えます。ぜひチェックしてみてください。

ベビーベビーローションの売れ筋ランキングもチェック!

ベビーローションのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。