ヘルスケア歯間ブラシとは? フロスとの違い

歯間ブラシとは? フロスとの違い 歯間ブラシおすすめ イメージ

歯磨き粉や歯ブラシだけでは除去できない歯間の汚れを除去するのに活躍するのが、デンタルフロスや歯間ブラシなどのアイテムです。

でも、ドラッグストアには多くの商品が並んでいて、初心者にはどれを選べばいいのかよくわからないですよね。

歯医者さんによると、どんなに正しくブラッシングしてケアしたとしても、歯ブラシだけで歯垢(プラーク)を落とせるのは6〜7割ほど。歯の表面の汚れは落とせても、歯間など残りの3〜4割の汚れは落とせないそうです。その残った汚れが歯周病やムシ歯のもとになってしまいます。

越智信行 氏
神保町タワー歯科・矯正歯科 院長
越智信行 氏 のコメント

フロスや歯間ブラシを併用すると8〜9割の汚れを除去できると言われています。歯ブラシでは磨きにくい奥歯や歯間はトラブルが多いので要注意です。

デンタルフロスが向いている人は?

デンタルフロスとは、細いナイロン繊維からできている糸状のもの。歯みがきだけでは落としきれない、歯間の汚れを落とし、歯周病やムシ歯を予防してくれます。

比較的歯と歯ぐきの状態がよい人、歯と歯の間に隙間がない人におすすめです。

デンタルフロスが向いている人は? 歯間ブラシおすすめ イメージ

「F字型」「Y字型」のホルダータイプのほかにロールタイプもあります。

歯間ブラシが向いている人は?

歯間ブラシは、細い針金状の毛先のある小さな歯ブラシで、ゴム製・シリコン製のものも販売されています。歯並びの悪い人や歯と歯の間に隙間が生じやすい30代以降の人におすすめです。

歯間ブラシが向いている人は? 歯間ブラシおすすめ イメージ

歯の隙間に応じてさまざまなサイズがあり、形状や素材もさまざまな種類があります。

歯間ブラシを使うメリットは?

口臭は虫歯や歯周病によって起こりやすいとわれています。虫歯も歯周病も歯磨きの磨き残しが原因で起こるため、日頃のケアが大事です。歯間ブラシを日常的に使うことで、口臭や歯周病の予防&歯垢除去率がアップします。

口臭予防になる

歯間ブラシを毎日使用すると歯の間の汚れも落ちるので口臭予防になります。

口臭予防になる 歯間ブラシおすすめ イメージ

歯垢除去率が大幅にアップしてトラブルを防げる

多くの人は毎日歯磨きで歯を磨くと思いますが、歯ブラシや電動歯ブラシで掃除できる歯垢は約60%といわれています。そこからデンタルフロスや歯間ブラシも使うと除去率は80~90%に高まります。

越智信行 氏
神保町タワー歯科・矯正歯科 院長
越智信行 氏 のコメント

虫歯や歯周病の原因となる細菌による炎症のコントロールは、毎日継続して対策することが大切。歯ブラシだけでは歯間までは磨くことが難しいので、フロスや歯間ブラシを併用することも必要です。

でも、歯間ブラシはドラッグストアを見るだけでもさまざまなメーカーからさまざまな種類が出ていて、歯間ブラシ初心者はどれを選べばいいのかわからないですよね。

そこで雑誌「MONOQLO」が、汚れ落ちやコスパをチェックし、おすすめの歯間ブラシを探しました。

ヘルスケア歯間ブラシの選び方は?

歯間ブラシにはゴム・ワイヤーなどの複数のタイプがあり、サイズもさまざま。自分に合ったものを選びましょう。

選び方1:自分の歯間の合うサイズ

歯間ブラシは、ブラシの大きさやワイヤーの太さによって、SSSS(4S)、SSS、SS、S、M、L、LLといった細かいサイズ展開があります。サイズは自分の口にあったサイズを購入するのがよいです。

小さいサイズの歯間ブラシほど狭い隙間に適しています。初心者は極細で小さめの4S〜SSSサイズから試してみると挿入しやすいでしょう。

とはいえ、どのサイズが適しているのかが分からない場合はかかりつけ医にアドバイスをしてもらってください。

選び方2:形状

歯間ブラシにはにはI字タイプとL字タイプの2種類あります。この2つにはそれぞれ違った特徴があるため、用途に合わせて購入することをおすすめします。

L字型歯間ブラシの特徴

L字型歯間ブラシの特徴 歯間ブラシおすすめ イメージ

L字型の歯間ブラシは奥歯の清掃に適しています。奥歯は入り組んでいて見えにくいため、I字型では難しいですが、L字型では前歯も含めて清掃できるので、歯全体の清掃をしたい人におすすめです。

I字型歯間ブラシの特徴

I字型歯間ブラシの特徴 歯間ブラシおすすめ イメージ

I字型の歯間ブラシは前歯の汚れを取りやすい形です。前歯は1番見やすいところにあるので、鏡を見ながら磨くことが可能です。奥歯は入り組んでいるので、I字型の歯間ブラシでは磨きにくいといえます。

選び方3:素材はゴムとワイヤー、どっち?

歯間ブラシにはゴムタイプと、ナイロン毛がワイヤーで固定されているワイヤータイプがあります。

ワイヤータイプ歯間ブラシの特徴

ワイヤータイプ歯間ブラシの特徴 歯間ブラシおすすめ イメージ

ワイヤータイプは硬めのブラシが付いているため、しっかりと歯垢を除去できるのが特徴です。ゴムタイプに比べると耐久性もあります。歯茎が健康な人におすすめです。

ゴムタイプ歯間ブラシの特徴

ゴムタイプ歯間ブラシの特徴 歯間ブラシおすすめ イメージ

ゴムタイプはブラシ部分がゴムでやわらかいので、ワイヤータイプに比べて歯垢除去力は低め。ただ、歯茎にやさしく、痛みを感じにくいので、歯周病などで歯茎が腫れている人におすすめです。

ヘルスケアL字、I字、ゴムの歯間ブラシを徹底比較

今回は、ドラッグストアをはじめ、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのネット通販でも購入できる、ワイヤータイプのL字型、I字型歯間ブラシ、ゴムタイプの歯間ブラシをピックアップ。

以下の項目で、晋遊舎の検証機関「LAB.360」と、雑誌「MONOQLO」編集部が比較し、おすすめを探しました。

汚れ落ち

汚れ落ち 歯間ブラシおすすめ イメージ

歯型モデルに人工プラークを塗布した後、製品を使用し、その汚れの落ち具合を確認しました。

ちぎれにくさ(耐久性)

ブラシの根本を繰り返し曲げ、ちぎれるまでの回数で評価しました。

使い勝手

モニターが実際に使用し、ブラシの使用感などで総合的に評価しました。

コスパ

毎日使うものなので価格も大切。実勢価格から入り本数で割り出した、1本あたりの価格を評価しました。

※価格は検証時の購入価格で計算しています。

※本ページで紹介している商品評価につきましては、編集部独自で実施した評価であり、越智先生の評価ではございません。

ヘルスケアL字型歯間ブラシのおすすめは?

歯間ブラシ(ワイヤーL字型)のおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品 おすすめポイント
A+評価
matsukiyo 歯間ブラシL型
歯間ブラシおすすめ matsukiyo  歯間ブラシL型 イメージ
4.60
全項目高評価!/力を加減しやすく奥歯もすっきり/コスパ最強
5.00 5.00 4.00 4.00
8本
A+評価
サンスターGUM歯間ブラシL字型
歯間ブラシおすすめ サンスター GUM歯間ブラシL字型 イメージ
4.60
奥歯も根元もすっきり落ちる/ワイヤーはちぎれにくい/手頃な価格でコスパよし
5.00 5.00 4.00 4.00
10本
A評価
ライオンDENT.EX 歯間ブラシ
歯間ブラシおすすめ ライオン DENT.EX 歯間ブラシ イメージ
4.40
汚れ落ち、ちぎれにくさは◎/すべりにくい持ち手で使いやすい
5.00 5.00 4.00 3.00
4本

A+評価【1位】matsukiyo「歯間ブラシL型」

  • matsukiyo 歯間ブラシL型
  • 実勢価格: ¥294検証時価格: ¥268

総合評価: 4.60

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 4.00
コスパ
 4.00

力を加減しやすく奥歯にもスムーズに入れられる

L字型歯間ブラシのおすすめランキング1位はmatsukiyo「歯間ブラシL型」でした。全項目高評価でL字型歯間ブラシタイプのベストバイ。

ブラシが当たった場所の人工プラークはしっかりと落ちていて、洗浄力は問題ないレベルです。

ハンドル部分がゴムになっていて滑らず、動かしやすいのも高評価。ちぎれにくさ評価も高くて価格も安いので、歯間ブラシ初心者にもおすすめです。

おすすめポイント
  1. 全項目高評価!
  2. 力を加減しやすく奥歯もすっきり
  3. コスパ最強
本数
8本
力を加減しやすく奥歯にもスムーズに入れられる 歯間ブラシおすすめ イメージ

たった30円で歯間がすっきりします!

A+評価【1位】サンスター「GUM歯間ブラシL字型」

  • サンスターGUM歯間ブラシL字型
  • 実勢価格: ¥309検証時価格: ¥372

※Amazonのリンク先は3個セットのものとなります。

総合評価: 4.60

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 4.00
コスパ
 4.00

汚れ落ち、価格もお手頃で総合力の高さで高評価

L字型歯間ブラシのおすすめランキング1位はサンスター「GUM歯間ブラシL字型」でした。

歯間の人工プラークはきっちり落ちて、奥歯は根元もキレイに。ワイヤーは硬めですが、ワイヤー自体はちぎれにくくいという結果に。

価格もお手頃で総合力は高く、おすすめです。

おすすめポイント
  1. 奥歯も根元もすっきり落ちる
  2. ワイヤーはちぎれにくい
  3. 手頃な価格でコスパよし
本数
10本
型番
1

A評価【3位】ライオン「DENT.EX 歯間ブラシ」

  • ライオンDENT.EX 歯間ブラシ
  • 実勢価格: ¥415検証時価格: ¥499

総合評価: 4.40

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 4.00
コスパ
 3.00

ベストバイに引けを取らない実力

L字型歯間ブラシのおすすめランキング3位はライオン「DENT.EX 歯間ブラシ」でした。

汚れ落ちやちぎれにくさはベストバイとほぼ変わらない実力。持ち手はプラスチックですが、デコボコしていて滑りにくいです。価格がやや割高なのは残念でした。

おすすめポイント
  1. 汚れ落ち、ちぎれにくさは◎
  2. すべりにくい持ち手で使いやすい
がっかりポイント
  1. ちょっと高め
本数
4本

ヘルスケアI字型歯間ブラシのおすすめは?

A+評価【1位】デンタルプロ「歯間ブラシI字型」

  • デンタルプロ歯間ブラシI字型
  • 実勢価格: ¥210検証時価格: ¥231

総合評価: 4.60

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 4.00
コスパ
 4.00

ちぎれにくさテストで最も高成績

I字型歯間ブラシのおすすめランキング1位はデンタルプロ「歯間ブラシI字型」でした。

一部に少し残っただけで、前歯も奥歯も人工プラークを落としていました。持ち手に溝が入っていて、小さくても指先で持ちやすいのも高評価。

ちぎれにくさのテストは最高スコアで、曲げて奥歯に使っても安心感があっておすすめです。

おすすめポイント
  1. 全7製品中最大のちぎれにくさ
  2. 1本15円の良コスパ
  3. ちぎれにくく奥歯にも使いやすい
本数
15本
型番
4973227311296

A評価【2位】小林製薬「マイクロ歯間ブラシI字型」

  • 小林製薬マイクロ歯間ブラシ I字型
  • 実勢価格: ¥266検証時価格: ¥276

※Amazonリンク先は3個セットのものとなります。

総合評価: 4.34

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 4.00
使い勝手
 3.70
コスパ
 4.00

持ちやすく奥歯に届きやすい

I字型歯間ブラシのおすすめランキング2位は小林製薬「マイクロ歯間ブラシI字型」でした。

持ち手が長めで、奥歯にも届きやすいです。ちぎれにくさは平均的。ブラシが通った部分のプラークはしっかり落ちていました。

本数
15本

A評価【3位】エビス「デイリースリム 歯間ブラシ」

  • エビスデイリースリム 歯間ブラシ
  • 実勢価格: ¥289検証時価格: ¥319

総合評価: 4.26

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 3.00
使い勝手
 3.30
コスパ
 5.00

しっかり落ちてちぎれにくいのに最安

I字型歯間ブラシのおすすめランキング3位はエビス「デイリースリム 歯間ブラシ」でした。

1本あたりの価格は最安で、汚れ落ちも問題なし。持ち手がかなり細いので、ややつまみにくさを感じるかもしれません。

おすすめポイント
  1. 最安値でコスパバツグン
  2. 汚れ落ち良好
がっかりポイント
  1. 持ち手が細く持ちにくい
本数
30本
型番
4901221846308

A評価【3位】サンスター「GUM 歯間ブラシ I字型 ワイヤータイプ」

  • サンスターGUM 歯間ブラシ I字型 ワイヤータイプ
  • 実勢価格: ¥226検証時価格: ¥265

※Amazonリンク先は3個セットのものとなります。

総合評価: 4.26

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 3.00
使い勝手
 4.30
コスパ
 4.00

厚みのある持ち手で使いやすい

I字型歯間ブラシのおすすめランキング3位はサンスター「GUM 歯間ブラシ I字型 ワイヤータイプ」でした。

持ち手が平たく厚みがあり、指先で持ったときに力を入れやすいです。1本の価格は安いですが、ちぎれにくさは少し弱めでした。

おすすめポイント
  1. 平たい厚みのある持ち手で力を入れやすい
  2. 1本あたりの価格が安い
がっかりポイント
  1. ややちぎれやすい
本数
20本
型番
-

A評価【5位】BULK LIFE「歯間ブラシ I字型」

  • BULK LIFE歯間ブラシ I字型
  • 実勢価格: ¥1,360検証時価格: ¥255

※Amazonリンク先は5個セットのものとなります。

総合評価: 4.20

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 3.00
使い勝手
 4.00
コスパ
 4.00

柔らかな使い心地

I字型歯間ブラシのおすすめランキング5位はBULK LIFE「歯間ブラシ I字型」でした。

持ち手がゴム製で滑りにくいですが、軟らかいのは好き嫌いがありそう。価格は手ごろですが、ちぎれにくさは少し弱めでした。

おすすめポイント
  1. 滑りにくいゴムの持ち手
  2. 柔らかめが好きな人におすすめ
がっかりポイント
  1. ややちぎれやすい
本数
15本
型番
4904740646008

B評価【6位】クルツァージャパン「ルミデント」

  • クルツァージャパンルミデント
  • 実勢価格: ¥501検証時価格: ¥501

※Amazonリンク先は3個セットのものとなります。

総合評価: 4.00

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 4.00
使い勝手
 4.00
コスパ
 2.00

I字型歯間ブラシのおすすめランキング6位はクルツァージャパン「ルミデント」でした。

ブラシや持ち手は普通ですが、キャップ付きで清潔に保てます。ただ、1本あたりの価格が約100円と高いのは気になるかもしれません。

本数
5本
型番
rumidentus-3

B評価【7位】池本刷子工業「KENT 歯間ブラシ」

  • 池本刷子工業KENT 歯間ブラシ
  • 実勢価格: ¥282検証時価格: ¥440

総合評価: 3.86

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 3.00
使い勝手
 4.30
コスパ
 2.00

I字型歯間ブラシのおすすめランキング7位は池本刷子工業「KENT 歯間ブラシ」でした。

スライドバーでブラシを出し入れできるのが特徴。歯間へのは難なく入れやすいですが、1本約90円と割高ですが、ギミックが気に入ればアリです。

本数
5本

ヘルスケアゴムタイプ歯間ブラシのおすすめは?

A+評価【1位】オーラルB by ブラウン「オーラルB 歯間フレックスピック」

  • オーラルB by ブラウンオーラルB 歯間フレックスピック
  • 実勢価格: ¥198検証時価格: ¥469

※Amazonリンク先は6個セットのものとなります。

総合評価: 4.54

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 3.70
コスパ
 4.00

先端は細く根本は太い形状で汚れをしっかり落とす

ゴムタイプ歯間ブラシのおすすめランキング1位はオーラルB by ブラウン「オーラルB 歯間フレックスピック」でした。

ブラシが根元から先端にかけて細くなり、さまざまな歯間に対応できます。汚れ落ちテストでは、奥歯も前歯もブラシが通ったところは人工プラークをしっかりと落とせていました。

1本の価格も安く、おすすめです。

おすすめポイント
  1. 歯間に合わせやすく汚れがしっかり落ちる
  2. ゴムのソフトな当たりで歯茎へのダメージが少ない
  3. 破格の1本11円
本数
40本
型番
4902430900867

汚れをしっかり落とした

汚れをしっかり落とした 歯間ブラシおすすめ イメージ

奥歯も前歯も、磨いたところの人工プラークはキレイに落ちています。

A評価【2位】ダイソー「ソフト歯間ブラシ」

歯間ブラシおすすめ ダイソー ソフト歯間ブラシ イメージ1
  • ダイソーソフト歯間ブラシ
  • 実勢価格: ¥110検証時価格: ¥110

総合評価: 4.06

汚れ落ち
 3.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 4.30
コスパ
 5.00

1本10円以下で使いやすい

ゴムタイプ歯間ブラシのおすすめランキング2位はダイソー「ソフト歯間ブラシ」でした。

持ち手にゴムなどは付いてないですが、口の中で動かしやすいです。洗浄力は控えめですが、1本10円以下と格安なのでコスパ重視ならおすすめです。

おすすめポイント
  1. 使いやすい持ち手
  2. 1本10円以下の良コスパ
本数
15本

A評価【3位】リーチ「1450 ゴム歯間ブラシ」

  • リーチ1450 ゴム歯間ブラシ
  • 実勢価格: ¥502検証時価格: ¥878

総合評価: 3.94

汚れ落ち
 5.00
ちぎれにくさ
 2.00
使い勝手
 3.70
コスパ
 4.00

汚れ落ちはトップクラス

ゴムタイプ歯間ブラシのおすすめランキング3位はリーチ「1450 ゴム歯間ブラシ」でした。

人工プラークの落ち具合はトップクラス。ヘッドに角度が付き、奥歯も前歯もスムーズに入り込みます。汚れ落ち重視ならおすすめです。

おすすめポイント
  1. トップクラスの汚れ落ち
  2. 奥歯、前歯両方使いやすい形状
本数
60本
型番
4571537796675

A評価【4位】ライオン「DENT.EX 歯間ブラシ ノンワイヤー」

  • ライオンDENT.EX 歯間ブラシ ノンワイヤー
  • 実勢価格: ¥465検証時価格: ¥500

総合評価: 3.86

汚れ落ち
 4.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 4.30
コスパ
 2.00

ゴムタイプ歯間ブラシのおすすめランキング4位はライオン「DENT.EX 歯間ブラシ ノンワイヤー」でした。

L字型で奥歯への入れやすさはダントツにスムーズ。汚れ落ちも優秀ですが、割高なのが気になります。

おすすめポイント
  1. L字型で奥歯に入れやすい!
  2. 高評価の汚れ落ち
がっかりポイント
  1. ちょっと高い
本数
4本
型番
d-00002726

A評価【4位】小林製薬「やわらか歯間ブラシ ゴムタイプ」

  • 小林製薬やわらか歯間ブラシ ゴムタイプ
  • 実勢価格: ¥107検証時価格: ¥460

総合評価: 3.86

汚れ落ち
 3.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 4.30
コスパ
 4.00

ちぎれにくさは高評価

ゴムタイプ歯間ブラシのおすすめランキング4位は小林製薬「やわらか歯間ブラシ ゴムタイプ」でした。

歯茎への当たりが比較的ソフトで、口の中を動かしやすいです。価格は普通ですが、ちぎれにくさは高評価でした。

おすすめポイント
  1. ソフトな使い心地
  2. ちぎれにくく耐久性がある
本数
20本
型番
4987072025581

B評価【6位】サンスター「GUM 歯周プロケア ソフトピック」

  • サンスターGUM 歯周プロケア ソフトピック
  • 実勢価格: ¥265検証時価格: ¥346

※Amazonリンク先は7個セットのものとなります。

総合評価: 3.66

汚れ落ち
 2.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 4.30
コスパ
 5.00

ゴムタイプ歯間ブラシのおすすめランキング6位はサンスター「GUM 歯周プロケア ソフトピック」でした。

薄型の形状ですが、指先で持ちやすく、モニターから使い勝手は高評価。汚れ落ちは奥歯も前歯もイマイチです。

本数
40本
型番
0

B評価【7位】デンタルプロ「ソフトラバーピック」

  • デンタルプロソフトラバーピック
  • 実勢価格: ¥357検証時価格: ¥453

※Amazonリンク先は2個セットのものとなります。

総合評価: 3.60

汚れ落ち
 2.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 4.00
コスパ
 5.00

ゴムタイプ歯間ブラシのおすすめランキング7位はデンタルプロ「ソフトラバーピック」でした。

持ち手が広くてつまみやすいですが、人工プラークの残りは多め。ちぎれにくさや価格の面では高評価でした。

本数
60本
型番
0

B評価【8位】Aoyama・Labo「ソフトラバー 歯間ブラシ」

  • Aoyama・Laboソフトラバー 歯間ブラシ
  • 実勢価格: ¥886検証時価格: ¥781

総合評価: 3.54

汚れ落ち
 2.00
ちぎれにくさ
 5.00
使い勝手
 3.70
コスパ
 5.00

ゴムタイプ歯間ブラシのおすすめランキング8位はAoyama・Labo「ソフトラバー 歯間ブラシ」でした。

持ち手が狭くて安定せず、人工プラークも落ちムラが目立ちました。1本あたりの価格は最安です。

本数
120本

ヘルスケア歯間ブラシのおすすめ まとめ

以上、歯間ブラシタイプ別のおすすめ商品の紹介でした。

ワイヤーL型タイプ歯間ブラシは最安値のmatsukiyo「歯間ブラシL型」が全項目高評価!

ワイヤーI型歯間ブラシは、ちぎれにくく、曲げても使えるデンタルプロ「歯間ブラシI字型」、ゴムタイプ歯間ブラシはソフトながらしっかり汚れを落とすOral-B「オーラルB 歯間フレックスピック」がベストバイという結果になりました。

越智信行 氏
神保町タワー歯科・矯正歯科 院長
越智信行 氏 のコメント

お口の細菌によるトラブルは日々の手入れで予防できます。歯は、一生の財産。歯を大切にしましょう。

L字型ベストはmatsukiyo

L字型ベストはmatsukiyo 歯間ブラシおすすめ イメージ
L字型ベストはmatsukiyo 歯間ブラシおすすめ イメージ2

matsukiyo
歯間ブラシL型

matsukiyo「歯間ブラシL型」は、力を加減しやすく、無理なく奥歯にも入れられます。1本約30円とコスパ良好なので、まずL字型で試してみたい人におすすめです。

I字型ベストはデンタルプロ

I字型ベストはデンタルプロ 歯間ブラシおすすめ イメージ
I字型ベストはデンタルプロ 歯間ブラシおすすめ イメージ2

デンタルプロ
歯間ブラシI字型

デンタルプロ「歯間ブラシI字型」は、ちぎれにくく、持ちやすいので曲げて使う使い方もできます。そのため前歯だけでなく奥歯にも使いやすいのが魅力。コスパもバツグンで使い勝手のいい1本です。

ゴムタイプベストはオーラルB

ゴムタイプベストはオーラルB 歯間ブラシおすすめ イメージ
ゴムタイプベストはオーラルB 歯間ブラシおすすめ イメージ2

オーラルB by ブラウン
オーラルB 歯間フレックスピック

オーラルB by ブラウン「オーラルB 歯間フレックスピック」は、汚れをしっかり落としながら1本11円は破格! 柔らかい使い心地でダメージが気になる人におすすめです。

歯間ブラシといっても形状や素材はもちろん、汚れ落ちや使い心地はさまざま。毎日のオーラルケアに加えて、お口の健康を守りましょう。ぜひお買いものの参考にしてください。

ヘルスケア歯間ブラシの売れ筋ランキングもチェック!

歯間ブラシのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。