ホームなぜ銀座にダイソー・3COINSが進出?

なぜ銀座にダイソー・3COINSが進出?

銀座といえば百貨店が立ち並び、ハイブランドの路面店が軒を連ねるおしゃれな街。かつてはそんなイメージでしたが、新型コロナの影響で訪日観光客も激減し、インバウンド需要は減り、かつての活気は影を潜めてしまいました。

そんななか、2022年4月15日に銀座にダイソーがオープン。100円均一の「ダイソー」、300円均一の「Standard Products」「THREEPPY」の3つのブランドがそろい踏みしたグローバル旗艦店ということ、そして銀座の象徴のひとつだったプランタン銀座(現マロニエゲート銀座2)の6階に出店ということで注目を集めました。

なぜ銀座にダイソー・3COINSが進出?

経営コンサルタントの坂口孝則さんにお聞きしたところ、「インバウンド需要に左右されないダイソーは国内需要が高く、コロナ禍にあっても売上を伸ばし、銀座の高額な家賃を払えるのは、市場規模が1兆円に迫る100均くらいではないか」とのこと。

坂口孝則 氏
経営コンサルタント
坂口孝則 氏 のコメント

インバウンド需要が落ち込むなかで、銀座の家賃を払える体力があるのは国内需要が高い100均くらいかもしれません。

もちろん、中・長期的な生き残りには客単価を上げることが重要です。それを担うのが300円均一の2ブランド。高額でも安物でもなく、そこそこに質のよい製品を求める消費者をターゲットにしたミドル戦略がみてとれます。

それを実現できるのが、ダイソーの一度に大量の製品を発注する発注力。一定の質を担保しながら低価格を実現し、大口の仕事を受注できる工場とウィンウィンの関係を築けるのも強みです。

こうした努力により、製品にお値段以上の価値があると目の肥えた消費者に認められれば、ユニクロのようにダイソーも銀座に受け入れられるでしょう。

ホーム銀座進出の4店舗をチェック

そこで雑誌『MONOQLO』では、ダイソー3ブランドと、同じく4月に銀座進出を果たした3COINSの人気商品をピックアップ。その実力をプロといっしょに検証しました。

チェックしたのは以下の4店舗です。

▼ダイソー マロニエゲート銀座店

銀座進出の4店舗をチェック

▼Standard Products マロニエゲート銀座店

銀座進出の4店舗をチェック

▼3COINS+plus 西銀座デパート店

銀座進出の4店舗をチェック

▼THREEPPY マロニエゲート銀座店

銀座進出の4店舗をチェック

評価は、「絶対買い」「買ってよし」「人によってはアリ」「ちょっと待った」の4段階でオススメ度をジャッジしました。

今回は、文房具のプロと食のプロの協力のもと、ダイソーのブランド「Standard Products」からバズり中の人気商品、三徳包丁鉛筆セットを紹介します。

ホームStandard Products「CRAFTMAN PENCIL」

Standard Products「CRAFTMAN PENCIL」
Standard Products「CRAFTMAN PENCIL」

Standard Products
CRAFTMAN PENCIL
実勢価格:1100円

製造:北星鉛筆

▼総合評価

  • 絶対買い!

文句なしの高評価を獲得したのは、Standard Products「CRAFTMAN PENCIL」です。

センスのいい缶ケースが所有欲を満たしてくれる鉛筆セットで、6B〜4Hまでの12本の塗装がグラデーションになっているのが秀逸。業界では評価の高い北星鉛筆製です。文具プランナーの福島さんによると「紙にしっかりと黒鉛が乗る感覚を味わえます」とのこと。

多硬度セットとしてはリーズナブルで、洗練された書き心地。鉛筆で書く楽しみを再認識させてくれる逸品で、銀座で買う価値のあるおすすめ製品です。

福島槙子 氏
文具プランナー
福島槙子 氏 のコメント

鉛筆を使う楽しさを教えてくれるアイテムです。

ホームStandard Products「三徳包丁」

Standard Products「三徳包丁」

Standard Products
三徳包丁
実勢価格:1100円

生産:岐阜県関市

▼総合評価

  • 人によってはアリ

続いては、Standard Products「三徳包丁」です。刃物の生産地として世界的に名高い、岐阜県関市の職人が製作。

ネット上では「5000円の価値がある」と話題で、科学する料理研究家のさわけんさんも切れ味を高く評価しました。料理初心者に手頃な価格も優秀です。

やや惜しかったのが柄のつくり。ずっと長く使うにはもう一歩かもしれません。

Standard Products「三徳包丁」

また、購入したてのときの切れ味は良好ですが、地金にコシがないので研ぎにくいかもしれません。すでに包丁を持っている人があらたに買うほどではないということで、総合評価は「人によってはアリ」となりました。

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

料理の頻度が低い人ならこれで十分です。

以上、ダイソーのStandard Productsから人気2製品をプロがジャッジしました。「CRAFTMAN PENCIL」の鉛筆セットは指名買いしたいほどのおすすめアイテムですし、「三徳包丁」は1本持っていても良さそう。お店に行ったらぜひ手に取ってみてくださいね。

ホーム三徳包丁の売れ筋ランキングもチェック!

三徳包丁のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。