メンズドンキのPB家電を家電批評がガチ検証!

本音の家電ガイド『家電批評』では、これまでにさまざまな家電をガチで検証してきました。最近はメーカーから直接「うちの製品を検証してみませんか?」という持ち込み企画をいただくこともあります。

なんとこの度、ドン・キホーテから「ウチのPB(ピープルブランド)家電をまるっと検証しません?」という超ビッグな挑戦状が届いたんです。

ドンキのPB家電は、ネットニュースでバズりまくっている製品もあり、売上高は前年比プラス84億円(OEM含む)。この売上高の伸びに、「ドンキの家電ってめちゃめちゃ優れものなのでは?」という期待がぐっと高まります。

もっとも、家電批評で検証するからには、他社の類似製品との比較は必須です。そこで、ドンキのPB製品と同価格帯の家電批評ベストバイ製品をピックアップ。編集部と識者で、ドンキのPB製品とベストバイ製品の科学的検証と使い勝手などの比較を行いました。

メンズドンキのPB製品って何?

一般的に「PB」は「プライベートブランド」の略。小売店などが企画して独自のブランド名で販売する製品をいい、商品流通費などのコストを下げられる結果、価格も安くできます。

でもこれって、あくまで小売店側の話であって、顧客の目線が入ってないよね? 一緒に製品を創り上げていくっていう姿勢が大事だよね? という観点から、ドンキでは「PB」=「ピープルブランド」と呼んでいます。顧客からのPBへのダメ出しを受け止め、製品を改良し続けているとのこと。

メンズドンキのPBにはどんな製品があるの?

「情熱価格」は食品から家庭雑貨、美容、衣料品、家電、インテリア・寝具、自転車、玩具・バラエティグッズなど、多種多様なドンキPBの総称。家電のうち、「JENICA」はコンパクトでかわいらしい女性向けのデザインの製品、「mononics」はシンプルでスタイリッシュな大人っぽいデザインの製品のPBです。

メンズ『家電批評ベストバイ』と対決するドンキPB家電って?

雑誌『家電批評』のベストバイと対決したドンキのPB家電は5製品

ワイヤレスサブウーファー付きの「サブウーファー付3Dサラウンドバー」と、サイクロン式の「コードレススティッククリーナー」

そして爆音風がウリのドライヤー「ROCKET DRYER」、温感ヒーター付きの「充電式コードレスハンディマッサージャー どこでもタタッキー」、コンパクトな充電式シェーバー「モバイルエチケット回転式シェーバー」です。

今回は、5番勝負ラスト。モバイルシェーバー対決です。

メンズ【ドンキ】「モバイルエチケット回転式シェーバー」

ドン・キホーテ
情熱価格
モバイルエチケット回転式シェーバー
(シルバー)
実勢価格:1628円

サイズ・重量:約W33×D33×H125mm・約130g
刃:回転式
使用可能時間:約2時間(HIGH)・約3時間(LOW)
防水性能:IPX4
その他:底面部にLEDライト付

▼テスト結果

  • 深剃り  :△
  • 肌当たり :○
  • 使いやすさ:○
  • コスパ  :○

ドン・キホーテPB情熱価格「モバイルエチケット回転式シェーバー」は、剃り加減に物足りなさがあり、人によっては剃り残しが目立つ場合も。また手入れの際も分解が面倒かつ危険なため、テストの結果はB評価に。

スイッチは本体を回すだけで、慣れれば楽。肌への負担は少なめです。

THE BARBER 渋谷
理容室
THE BARBER 渋谷 のコメント

細身なので握りやすさはよいです(髭剃りのプロ:THE BARBER 渋谷の小島さん)

底面にはLEDライトが付いています。

剃り味がやさしすぎてイマイチ

剃るための面が丸みを帯びているからか、深剃りは苦手。ヒゲが薄い人なら、困らずに使えるかもしれません。

メンズ【家電批評ベスト】ブラウン「Braun mini M-1000」

王冠アイコン

ブラウン
Braun mini M-1000
実勢価格:4018円

サイズ・重量:約W60×D27×H110mm・約150g
刃:2枚刃
使用可能時間:40分(5分充電でシェービング1回可能)
水洗い:対応

▼テスト結果

  • 深剃り  :◎
  • 肌当たり :○
  • 使いやすさ:△
  • コスパ  :○

今回の対決でベストバイに選ばれたのは、雑誌『家電批評』過去ベストのブラウン「Braun mini M-1000」でした。痛みを感じることもありますが、その分剃り味は十分。肌が弱い等の理由がなければドンキPBの「モバイルエチケット回転式シェーバー」よりこちらのほうがオススメです。

THE BARBER 渋谷
理容室
THE BARBER 渋谷 のコメント

丸洗いができるので、手入れがとにかく手間いらずなのも優秀です(髭剃りのプロ:THE BARBER 渋谷の小島さん)

剃り味が優れている

肌にフィットし、しっかり剃れるので時間がないときでも安心。清掃ブラシが付いているのも地味に便利。実用的すぎるサイズ感も良いです。

メンズ結論:剃り味+お手入れ綿で「ブラウン」の圧勝!

シェーバー対決は、雑誌『家電批評』過去ベストの「Braun mini M-1000」が勝利。ドンキPBの「モバイルエチケット回転式シェーバー」は肌への負担が少ないのですが、剃り具合がイマイチ。ヒゲが濃い人の場合、うまく剃るのが難しいかもしれません。

一方「Braun mini M-1000」は同じぐらいのコンパクトサイズながら、深剃りもこなせる優れた性能を発揮。忙しい朝でも剃り残しなどなく、きちんと身だしなみを整えてくれそうです。

以上、ベストバイとドンキの「シェーバー」勝負でした。ぜひ、家電選びの参考にしてみてくださいね。

メンズシェーバーの売れ筋ランキングもチェック!

シェーバーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。