ビューティードンキのPB家電を家電批評がガチ検証!

本音の家電ガイド『家電批評』では、これまでにさまざまな家電をガチで検証してきました。最近はメーカーから直接「うちの製品を検証してみませんか?」という持ち込み企画をいただくこともあります。

なんとこの度、ドン・キホーテから「ウチのPB(ピープルブランド)家電をまるっと検証しません?」という超ビッグな挑戦状が届いたんです。

ドンキのPB家電は、ネットニュースでバズりまくっている製品もあり、売上高は前年比プラス84億円(OEM含む)。この売上高の伸びに、「ドンキの家電ってめちゃめちゃ優れものなのでは?」という期待がぐっと高まります。

もっとも、家電批評で検証するからには、他社の類似製品との比較は必須です。そこで、ドンキのPB製品と同価格帯の家電批評ベストバイ製品をピックアップ。編集部と識者で、ドンキのPB製品とベストバイ製品の科学的検証と使い勝手などの比較を行いました。

ビューティードンキのPB製品って何?

一般的に「PB」は「プライベートブランド」の略。小売店などが企画して独自のブランド名で販売する製品をいい、商品流通費などのコストを下げられる結果、価格も安くできます。

でもこれって、あくまで小売店側の話であって、顧客の目線が入ってないよね? 一緒に製品を創り上げていくっていう姿勢が大事だよね? という観点から、ドンキでは「PB」=「ピープルブランド」と呼んでいます。顧客からのPBへのダメ出しを受け止め、製品を改良し続けているとのこと。

ビューティードンキのPBにはどんな製品があるの?

「情熱価格」は食品から家庭雑貨、美容、衣料品、家電、インテリア・寝具、自転車、玩具・バラエティグッズなど、多種多様なドンキPBの総称。家電のうち、「JENICA」はコンパクトでかわいらしい女性向けのデザインの製品、「mononics」はシンプルでスタイリッシュな大人っぽいデザインの製品のPBです。

ビューティー『家電批評ベストバイ』と対決するドンキPB家電って?

雑誌『家電批評』のベストバイと対決したドンキのPB家電は5製品

ワイヤレスサブウーファー付きの「サブウーファー付3Dサラウンドバー」と、サイクロン式の「コードレススティッククリーナー」

そして爆音風がウリのドライヤー「ROCKET DRYER」、温感ヒーター付きの「充電式コードレスハンディマッサージャー どこでもタタッキー」、コンパクトな充電式シェーバー「モバイルエチケット回転式シェーバー」です。

今回は、5番勝負の第3回目。ハンディマッサージャー対決です。

ビューティー【ドンキ】「ハンディーマッサージャー どこでもタタッキー」

ドン・キホーテ
情熱価格
充電式コードレスハンディーマッサージャー
どこでもタタッキー
実勢価格:4378円

サイズ:W410×D71×H78mm
重量:約770g
振動回数:3800回転/分(強)、2650回転/分(弱)
定格時間:15分(オートオフタイマー)

▼テスト結果

  • 振動の種類:○
  • 振動の強さ:△
  • 使い勝手 :○
  • 機能性  :○

ドン・キホーテPB情熱価格「充電式コードレスハンディーマッサージャー どこでもタタッキー」は、コードレスで使い勝手はいいです。しかし、ヘッドが軽く振動が逃げるのため、ほぐし効果がイマイチでB評価に。

温感ヒーターは「なんか温かい気がする」程度でがっかり。ただ、ダイヤルで振動スピードが調節できるのは便利です。

木幡洋一 氏
for.R 整体院
木幡洋一 氏 のコメント

リズム調整機能などもう一工夫が欲しいです。

バランスがイマイチでしっくりこない

ヘッド部分にくぼみがあるので肩にフィット……と思いきや振動で揺れるのでほぐしたい場所からズレがちでした。

ビューティー【家電批評ベスト】アルインコ「ハンドマッサージャー」

王冠アイコン

アルインコ
ハンドマッサージャー
5017 MCR5018R
実勢価格:5470円

サイズ:W88.5×D326×H144mm
重量:約1.1kg
定格時間:15分

▼テスト結果

  • 振動の種類:○
  • 振動の強さ:◎
  • 使い勝手 :○
  • 機能性  :◎

雑誌『家電批評』過去ベストのアルインコ「ハンドマッサージャー」は、今回の対決でも見事ベストバイに輝きました。ずっしり感があり、重いというより安定感があります。手に力を入れずとも、ヘッドが重いおかげで自然と当てたいポイントにフィットしてくれるので、コリをほぐすことが可能。

強度は4段階選ぶことができ、3種のアタッチメントが付くのもうれしい。

こった場所にバッチリハマる

使うときに意識しなくても、ヘッドが自重でコリをきっちり狙ってくれる構造になっています。

熊坂基 氏
東京療術学院 講師
熊坂基 氏 のコメント

ヘッドがブレないため、コリの解消に効果的です。

ビューティー結論:重さのバランスが絶妙な、アルインコのマッサージャーが勝利

コードレスで場所を選ばないドンキが圧勝……ではなく雑誌『家電批評』の過去ベスト、アルインコ「ハンドマッサージャー」が勝利

ヘッドに重量があり振動で重心がズレず、コリを集中的にほぐせて気持ちよさが段違いです。ドンキPBの「ハンディーマッサージャー どこでもタタッキー」は期待の温感ヒーターの効果があまり実感できないのがやや残念でした。

以上、『家電批評』ベストバイとドンキPBの「マッサージャー」勝負でした。次回の対決もお楽しみに!

▼これまでの対決はこちら

ビューティーマッサージャーの売れ筋ランキングもチェック!

マッサージャーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。