ヘルスケアラクになる!プチ不調のお助けアイテムって?

ストレス、だるさ、肩こり、不眠……。病院に行くほどじゃないけど「なんかしんどい日」ってありませんか? 地味につらいプチ不調も放置していると毎日どんどんしんどくなるばかり。そこで、セルフケアでどうにかできるお助けアイテムを探しました。

今回ご紹介するのは、重たいまぶたがスッキリする「アイピロー」です。

ヘルスケア重たいまぶたを軽く! アイピロー8製品をテスト

スマホやパソコンを長時間使っていると、目の奥に疲れがたまり、こめかみあたりまで重たく感じることはありませんか。

そんな「目がどんよりして重たい」「目のまわりがこっている」といったお悩みには、目元を温めてめぐりをよくするアイピローやアイマスクがおすすめです。

アイピローで温めると目のまわりがスッキリ!

目元を温めるとめぐりがよくなり、目のまわりの疲れがとれ、リラックスや目の乾きを軽減する効果も期待できます。

おやすみ前に温めて使えば目のまわりのこりがほぐれるアイピローですが、あずきや玄米、ジェルを使ったものなどさまざまな製品があります。

そこで今回は、テストする女性誌「LDK」編集部が温・冷2ウェイのものや温めて使うタイプのアイピロー8製品を集めて「温かさ」と「使い心地」をチェックしました。

8製品を比較した結果、高評価だった5製品をおすすめ順にご紹介します。

A+絶妙な温かさのKEYUCA「温・冷2WAY 無農薬玄米を使ったリラックスピロー」

KEYUCA
温・冷2WAY
無農薬玄米を使ったリラックスピロー
実勢価格:1760円

▼検証結果
温かさ :◎+
使い心地:◎+


今回A+評価を獲得したのはKEYUCA「温・冷2WAY 無農薬玄米を使ったリラックスピロー」。程よい重さで目にフィット。適度な温度が続くので、じわじわ目のまわりが温まります。

サーモグラフィーでチェックしたところ、目のまわり全体をじんわりと温め、心地よい温度が長続きしました。

5分ほどケアすると、重たいまぶたが軽く感じ、まばたきすらラク~に。玄米の香りにも癒されます。

このスッキリ感、一度使えばクセになりそうです!

A適温がずっと続く小林製薬「桐灰 あずきのチカラ 目もと用」

小林製薬
桐灰
あずきのチカラ 目もと用
実勢価格:858円

▼検証結果
温かさ :◎
使い心地:◎


小林製薬「桐灰 あずきのチカラ 目もと用」は、A評価。ズレにくく小豆の香りにも癒やされます。フィット感も良いです。

B心地よい重さの白元アース「リラックス ゆたぽん 目もと用 ほぐれる温蒸気」

白元アース
リラックス ゆたぽん
目もと用 ほぐれる温蒸気
実勢価格:553円

▼検証結果
温かさ :△
使い心地:◎


白元アース「リラックス ゆたぽん 目もと用 ほぐれる温蒸気」は、B評価。重さが程よく目にフィットしますが、温度が一気に下がるのが惜しいです。

Bしっかり固定できるエレコム「ジェルビーズアイマスク HCM-NM01」

エレコム
ジェルビーズアイマスク
HCM-NM01
実勢価格:2090円

▼検証結果
温かさ :◯
使い心地:△


エレコム「ジェルビーズアイマスク HCM-NM01」は、B評価。バンドでしっかり固定するので締めつけは強め。頬骨のまわりばかり温まる印象です。

B温度が低めのバンクール「目枕」

バンクール
目枕(あろまほっとあんどあいすあいぴろー)
実勢価格:1026円

▼検証結果
温かさ :△
使い心地:◯


バンクール「目枕(あろまほっとあんどあいすあいぴろー)」は、B評価。香りはいいですが、温度は低めです。

ヘルスケアアイピローの売れ筋ランキングもチェック!

アイピローのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、アイピロー5製品のご紹介でした。

スマホの見過ぎなどで目の奥に疲れを感じたときやリラックスしたいとき、お休み前に5分、温めケアを試してみてください!