AV機器ドンキのPB家電を家電批評がガチ検証!

本音の家電ガイド『家電批評』では、これまでにさまざまな家電をガチで検証してきました。最近はメーカーから直接「うちの製品を検証してみませんか?」という持ち込み企画をいただくこともあります。

なんとこの度、ドン・キホーテから「ウチのPB(ピープルブランド)家電をまるっと検証しません?」という超ビッグな挑戦状が届いたんです。

ドンキのPB家電は、ネットニュースでバズりまくっている製品もあり、売上高は前年比プラス84億円(OEM含む)。この売上高の伸びに、「ドンキの家電ってめちゃめちゃ優れものなのでは?」という期待がぐっと高まります。

もっとも、家電批評で検証するからには、他社の類似製品との比較は必須。そこで、ドンキのPB製品と同価格帯の家電批評ベストバイ製品をピックアップ。編集部と識者で、ドンキのPB製品とベストバイ製品の科学的検証と使い勝手などの比較を行いました。

AV機器ドンキのPB製品って何?

一般的に「PB」は「プライベートブランド」の略。小売店などが企画して独自のブランド名で販売する製品をいい、商品流通費などのコストを下げられる結果、価格も安くできます。

でもこれって、あくまで小売店側の話であって、顧客の目線が入ってないよね? 一緒に製品を創り上げていくっていう姿勢が大事だよね? という観点から、ドンキでは「PB」=「ピープルブランド」と呼んでいます。顧客からのPBへのダメ出しを受け止め、製品を改良し続けているとのこと。

AV機器ドンキのPBにはどんな製品があるの?

「情熱価格」は食品から家庭雑貨、美容、衣料品、家電、インテリア・寝具、自転車、玩具・バラエティグッズなど、多種多様なドンキPBの総称。家電のうち、「JENICA」はコンパクトでかわいらしい女性向けのデザインの製品、「mononics」はシンプルでスタイリッシュな大人っぽいデザインの製品のPBです。

AV機器『家電批評ベストバイ』と対決するドンキPB家電って?

雑誌『家電批評』のベストバイと対決したドンキのPB家電は5製品

ワイヤレスサブウーファー付きの「サブウーファー付3Dサラウンドバー」と、サイクロン式の「コードレススティッククリーナー」

そして爆音風がウリのドライヤー「ROCKET DRYER」、温感ヒーター付きの「充電式コードレスハンディマッサージャー どこでもタタッキー」、コンパクトな充電式シェーバー「モバイルエチケット回転式シェーバー」です。

今回は、いよいよ5番勝負の第1回目。サウンドバー対決です。

AV機器【ドンキ】「サブウーファー付3Dサラウンドバー」

王冠アイコン

ドン・キホーテ
情熱価格
サブウーファー付3Dサラウンドバー
実勢価格:1万978円

サイズ:約W1000×D75×H53mm(サウンドバー)、約W145×D310×H425mm(サブウーファー) 
重量:約1.5kg(サウンドバー)、約4.2kg(サブウーファー)
スピーカー:2.1ch

▼テスト結果

  • 動画  :△
  • 音楽  :○
  • 映画  :◎
  • 使い勝手:◎

ドン・キホーテPB情熱価格「サブウーファー付3Dサラウンドバー」は、音の精密さより迫力重視ならアリ。擬似サラウンド機能がありますが、劇的な変化はありません。

HDMI端子はARC方式に対応しています。この価格なら十分の性能。今回の対決では見事ベストバイに選ばれました。

ポイント:テレビとの相性◎

ウーファーの低音は迫力あり。テレビリモコン1つで操作でき、鑑賞に集中できます。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

リモコンが1つで済むため、だらけてテレビを観るときに使いやすい!

テスト結果1:動画

人の声の響き方に違和感があります。歪んでいる印象です。

テスト結果2:音楽

低音が響き、テレビだけでは味わえない迫力でした。

テスト結果3:映画

音楽と同じく低音のズンズンした感じがよかったです。

テスト結果4:使い勝手

テレビにつなげばそのリモコンで操作できるのがラクです。

AV機器【家電批評ベスト】CREATIVE「STAGE V2 SP-STGEV2」

CREATIVE
STAGE V2
SP-STGEV2
実勢価格:1万2980円

サイズ:約W680×D78×H100mm(サウンドバー)、約W約116×D423×H250mm(サブウーファー)
重量:約2.0kg(サウンドバー)、約3.3kg(サブウーファー)
スピーカー:2.1ch

▼テスト結果

  • 動画  :◎
  • 音楽  :◎
  • 映画  :○
  • 使い勝手:△

CREATIVE「STAGE V2 SP-STGEV2」はA評価に。音質がいいので、テレビで使う際にリモコンを2つ操作するのが手間でないならアリです。

ARC端子は国内サポートされていません。

ポイント:大満足の音質!

音の広がりなどはドンキPBより上で、どんなものにもピッタリ。使い勝手だけが悩ましいです。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

スピーカーとしての完成度に優れていて音のバランスよし!!

テスト結果1:動画

音にちゃんと厚みがあって、価格以上の音質です。

テスト結果2:音楽

音の広がりやクッキリ感がしっかりあります。

テスト結果3:映画

立体感があり包まれる印象で、映画と合います。

テスト結果4:使い勝手

国内ARC未対応。専用リモコンで操作が必須です。

AV機器結論:サウンドバー対決は使い勝手でドンキが勝利でした

サウンドバー勝負はドンキの勝利。音質では『家電批評』ベストが一歩上ですが、ドンキPBはこの価格帯では珍しく、HDMI端子がARC方式に対応。そのためテレビに接続すればテレビのリモコンで音量操作ができ、使い勝手が雑誌『家電批評』ベストより、はるかに上です。

価格も安く、「サウンドバーってどんな感じが試したい」という人にもオススメです。

以上、『家電批評』ベストバイとドンキPBの「サウンドバー」勝負でした。ぜひ、家電選びの参考にしてみてくださいね。

AV機器サウンドバーの売れ筋ランキングもチェック!

サウンドバーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。