置くだけで映画館!? サウンドバーの魅力

置くだけで映画館!? サウンドバーの魅力

今やどの家庭でも当たり前のものとなった薄型テレビ。家電量販店を見ても、驚くほどの薄さにもかかわらず、高画質なものが並んでいます。

しかしどんどん薄型化している現在のテレビは、スピーカーに使えるスペースがどんどん小さくなっています。そのせいで音信つが物足りないと感じる製品が増えています。

置くだけで映画館!? サウンドバーの魅力

薄型テレビに内蔵されているのは、このようなかなり小さいスピーカー。ある程度の低音は鳴りますが、テレビの裏面などに配置されているので音が分散してしまい、イマイチ音に迫力を感じられないというユーザーもいることでしょう。

そこで、最も簡単なテレビの音質向上法としておすすめしたいのが、サウンドバーです。

サウンドバーは、テレビの前に置いて使うバータイプのスピーカーのこと。DACやアンプも内蔵されているので、いろいろな機材をそろえなくても手軽にテレビの音質アップを図れます。

テレビの映像を満喫するには「音」がかなり重要です。サウンドバー導入で、音質向上を目指しましょう。

サウンドバーの選び方

サウンドバーにはさまざまな種類があるので、どれを購入すればいいのかわからないという人もいることでしょう。ここでは、サウンドバーを選ぶ際のポイントを紹介します。

ポイント1:HDMI接続だと便利

スピーカーやサウンドバーの接続方法で、最もオーソドックスなのはHDMIケーブルを使ったタイプです。スピーカーとテレビが直接繋がっているので、ワイヤレス接続をするタイプのスピーカーと比べると接続が安定しています。

HDMIはデジタル音声出力に対応しており、音質のよさが魅力です。そのほか、アナログ端子や光デジタル端子に対応しているスピーカーもあります。

ポイント1:HDMI接続だと便利

最新のサウンドバーには、「ARC/eARC」という機能に対応するHDMI規格を備えた機種があります。「ARC/eARC」機能があれば、テレビのリモコンでサウンドバーを連動操作できるので、おすすめです。

ポイント2:サイズはかなり違います

テレビ画面の横幅よりも極端に小さいスピーカーを選んでしまうと、音の広がる幅が狭まってしまいます。

その場合、映画などを見たときの臨場感が、スピーカーをつける前よりも薄れてしまうかもしれません。

ポイント2:サイズはかなり違います

サウンドバーの横幅は約60~90cmと、製品によってまちまち。基本的には組み合わせるテレビの画面幅に近いものを選ぶと、画面サイズと音の広がりがマッチしやすく、見た目も自然になります。

ポイント3:対応フォーマットも差があります

ポイント3:対応フォーマットも差があります
ポイント3:対応フォーマットも差があります

製品を選ぶ際は、映画の迫力や臨場感を高めてくれる、対応サラウンドフォーマットの確認も必要です。最低でもDolby Digitalに対応したものを選びましょう。

Dolby AtmosDTS:Xとは、従来の「前後」「左右」のサラウンドに「上下」(高さ)のサラウンドを加えているのが特徴の音声フォーマット。立体音響により、全方位から音に包まれる感覚を味わえます。

ちなみに:サブウーファーの置き方は自由でOK!

ちなみに:サブウーファーの置き方は自由でOK!

より音質にこだわるなら、サブウーファーにも着目してみましょう。サブウーファーは低音だけを再生するスピーカーのこと。メインスピーカーとセットで利用すると、サウンドがさらに重厚なものになります。

サウンドバーには、最初からサブウーファーが付属している製品もあります。それぞれ別々に買うのが面倒という人は、両方がセットになっているものを選ぶとよいでしょう。

サブウーファーはスピーカーの左右に設置されることが多いですが、場所は比較的どこでもOKです。設置スペースに合わせて、最適と思われる場所に設置しましょう。

【格安モデル】サウンドバーおすすめ12選

【格安モデル】サウンドバーおすすめ12選

お待たせしました! それではいよいよ、おすすめサウンドバーランキングの発表です!

まずは、比較的お手頃な格安モデルから紹介します。

今回は「放送(テレビ放送の視聴時)」「映画(映画作品の視聴時)」「音楽(音楽作品の視聴時)」の3つの項目に分けて、音質のテストを実施。それぞれ10満点、合計30点満点で評価しました。

JBL「BAR 2.0 All-in-one」

JBL
BAR 2.0 All-in-one
実勢価格:1万805円

SPEC:2.0ch、ARC対応、Dolby Digital対応

▼テスト結果

  • 放送: 8/10点
  • 映画: 7/10点
  • 音楽: 7/10点
  • 合計: 22/30点

ベストバイに輝いたのは、JBL「BAR 2.0 All-in-one」でした!

サウンドは臨場感があり、台詞もクリアに聞こえます。低音もパワフルに響き、動画と音楽を存分に楽しめます。Dolby Ditigal対応に加え、HDMI端子はARCに対応しており、利便性にも隙がありません。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

約1万円でこの高音質なら超ハイコスパです!

ベストな理由1:洗練されたオシャレな外見

ベストな理由1:洗練されたオシャレな外見

本体上部のボタンは、タッチ操作に対応。高級感を演出するのにも一役買っています。

ベストな理由2:バスレフポートで低音を強化

ベストな理由2:バスレフポートで低音を強化

幅61.4cmのバースピーカーは、2.0ch構成ながらバスレフポート(低音を増幅する効果のある穴)によって、低音のパワーを確保。サウンドに厚みがあります。

Polk Audio「REACT」





Polk Audio
REACT
実勢価格:2万5995円

SPEC:2.0ch、ARC対応、DTS対応、Dolby Digital対応

▼テスト結果

  • 放送: 8/10点
  • 映画: 7/10点
  • 音楽: 7/10点
  • 合計: 22/30点

JBL「BAR 2.0 All-in-one」と同率1位に輝いたのが、Polk Audio「REACT」でした! 映画も音楽も、音の出た瞬間からナチュラルなサウンドが響きます。包み込まれるような上質な高音質です。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

オーディオらしい高音質で勝負している貴重なモデル

ベストな理由:テレビとの接続もラクラク

ベストな理由:テレビとの接続もラクラク

HDMI端子はARC対応で、テレビからの連動操作も問題ナシ。Wi-Fi接続ではAlexaによる音声操作も可能です。

ソニー「HT-S350」

ソニー「HT-S350」
ソニー「HT-S350」

ソニー
HT-S350
実勢価格:2万8282円

SPEC:2.1ch、サブウーファー、ARC対応、Dolby Digital対応

▼テスト結果

  • 放送: 7/10点
  • 映画: 7/10点
  • 音楽: 7/10点
  • 合計: 21/30点

3位につけたのは、ソニーの「HT-S350」。

音の広がりが優秀で、映画視聴時には作品の中にいるような臨場感が得られます。空間の表現力の高さは、さすがソニーといったところ。低音のサウンドモード調整などの機能性も申し分ありません。

4位: ヤマハ「SR-B20A」

4位: ヤマハ「SR-B20A」

ヤマハ
SR-B20A
実勢価格:2万6799円

SPEC:5.1ch、一体型、ARC対応、DTS対応、DTS Virtual:X対応、Dolby Digital対応

▼テスト結果

  • 放送: 7/10点
  • 映画: 7/10点
  • 音楽: 6/10点
  • 合計: 20/30点

4位に入ったのは、ヤマハ「SR-B20A」。

画面サイズを超えているように感じさせる音の広がりや、ARC対応による利便性の高さが優秀。ただし、音楽はややドンシャリ志向(低音と高音ばかりが強調され、中音が充実していないこと)なのが少し残念でした。

4位: CREATIVE「Stage V2 SP-STGEV2(直販モデル)」

4位: CREATIVE「Stage V2 SP-STGEV2(直販モデル)」
4位: CREATIVE「Stage V2 SP-STGEV2(直販モデル)」

CREATIVE
Stage V2 SP-STGEV2(直販モデル)
実勢価格:1万2980円

SPEC:2.1ch、サブウーファー

▼テスト結果

  • 放送: 6/10点
  • 映画: 7/10点
  • 音楽: 7/10点
  • 合計: 20/30点

同率4位につけたのは、CREATIVE「Stage V2 SP-STGEV2(直販モデル)」。

スピーカーはまずまずの音質といったところですが、製品独自のサラウンドによって映画や音楽の雰囲気は上手く再現されています。

6位: Bose「TV Speaker」

6位: Bose「TV Speaker」

Bose
TV Speaker
実勢価格:2万8879円

SPEC:2ch、一体型、ARC対応

▼テスト結果

  • 放送: 6/10点
  • 映画: 6/10点
  • 音楽: 7/10点
  • 合計: 19/30点

6位はBoseの「TV Speaker」。

映画ならではの音響を表現する力はいまひとつ。しかし、音楽の音質や低音、声の聞きやすさは良好です。

6位: CREATIVE「Stage SP-STGE(直販モデル)」

6位: CREATIVE「Stage SP-STGE(直販モデル)」
6位: CREATIVE「Stage SP-STGE(直販モデル)」

CREATIVE
Stage SP-STGE(直販モデル)
実勢価格:1万1081円

SPEC:2.1ch、サブウーファー

▼テスト結果

  • 放送: 6/10点
  • 映画: 6/10点
  • 音楽: 7/10点
  • 合計: 19/30点

同率6位に入ったのは、CREATIVE「Stage SP-STGE(直販モデル)」です。

サイズは小さめながら、音楽と動画を視聴する際のサウンドはクリアで、完成度高め。ただし、映画の音響を表現する能力は並程度でした。

6位: ヤマハ「YAS-109」

6位: ヤマハ「YAS-109」

ヤマハ
YAS-109
実勢価格:2万1800円

SPEC:5.1ch、一体型、ARC対応、DTS対応、DTS Virtual:X対応、Dolby Digital対応

▼テスト結果

  • 放送: 6/10点
  • 映画: 7/10点
  • 音楽: 6/10点
  • 合計: 19/30点

ヤマハ「YAS-109」も同率6位につけました。

映画視聴時の音が立体的で、映像との一体感があります。ただし、音がドンシャリ志向なのと、音声がやや上向き方向に感じられて違和感があるのが残念でした。

9位: ヤマハ「SR-C20A」

9位: ヤマハ「SR-C20A」

ヤマハ
SR-C20A
実勢価格:1万9800円

SPEC:5.1ch、一体型、ARC対応、Dolby Digital対応

▼テスト結果

  • 放送: 6/10点
  • 映画: 5/10点
  • 音楽: 6/10点
  • 合計: 17/30点

9位は、ヤマハ「SR-C20A」でした。

サイズの影響もあり、音の広がりはやや控えめ。音楽視聴時は、声のクリアさがいまひとつに感じられました。

9位: LG「SK1D」

9位: LG「SK1D」

LG
SK1D
実勢価格:1万1600円

SPEC:2ch、一体型、DTS対応、Dolby Digital対応

▼テスト結果

  • 放送: 5/10点
  • 映画: 6/10点
  • 音楽: 6/10点
  • 合計: 17/30点

同率9位につけたのが、LG「SK1D」です。

映画視聴時の、音の広がりや臨場感は良好。しかし、音楽や動画の視聴時には声がややぼやけ気味になるのが気になりました。

11位: アンカー「Soundcore Infini」

11位: アンカー「Soundcore Infini」

アンカー
Soundcore Infini
実勢価格:1万999円

SPEC:2.1ch、一体型

▼テスト結果

  • 放送: 6/10点
  • 映画: 5/10点
  • 音楽: 5/10点
  • 合計: 16/30点

11位は、アンカー「Soundcore Infini」でした。

サウンドの広がり感は、やや物足りなく感じました。また音楽や動画の視聴時は、音がデジタル処理されている感じが気になります。

11位: ハイセンス「HS214」

11位: ハイセンス「HS214」

ハイセンス
HS214
実勢価格:1万1709円

SPEC:2.1ch、一体型、ARC対応、Dolby Digital対応

▼テスト結果

  • 放送: 5/10点
  • 映画: 5/10点
  • 音楽: 6/10点
  • 合計: 16/30点

同率11位となったのが、ハイセンス「HS214」です。

映画視聴時は、画面との一体感があります。しかし、音楽視聴用としては高域が強く、キツめに感じました。

以上、エントリーモデルの格安サウンドバーおすすめランキングでした。

続いては、映画や音楽の臨場感がさらに味わえる、バーチャルサラウンド対応モデルのサウンドバーおすすめランキングを紹介します。ランキングの前に、まずはバーチャルサラウンドについて解説します。

【上級編】バーチャルサラウンドとは?

2017年、ヤマハが「バーチャルサラウンド機能」を搭載したバー型スピーカーを発売しました。これは世界で初めて。

バーチャルサラウンドとは、複数chスピーカーで再現していた音をバーチャルに再現するシステムで、従来のようにリア(後方)スピーカーを使用せず、フロント(前方)スピーカーのみで左右後方からの音を再現する機能です。

それに加えて、音の高低感までを演出するというものです。

■従来のホームシアター

 

 

従来のホームシアターは上図のように複数のスピーカーを置くことで、リアルなサラウンド感を再現していました。

2つのフロントスピーカーで左右からの音を出し、リアスピーカーで後ろからの音を出すというものです。さらに音の高低感を出すために、天井にもスピーカーを取り付けるなどする必要がありました。

■バーチャルサラウンド

 

 

それに対し、バーチャルサラウンドはサウンドバー本体に左右に向けて音を出すユニット、天井に向けて音を出すユニットといった複数のユニットを入れ込んでいます。

こうすることで壁や天井で跳ね返る音を利用して、サラウンド感を出しているのです。これにより、音の「移動感」「方向感」などを感じることができます。

【高機能モデル】バーチャルサラウンド対応サウンドバーおすすめ11選

【高機能モデル】バーチャルサラウンド対応サウンドバーおすすめ11選

バーチャルサラウンドに対応した機種なら、テレビの前に設置するだけで、まるで映画館にいるような臨場感が味わえます! ここからは、バーチャルサラウンドに対応した、高機能サウンドバーのおすすめランキングの発表していきます。

ここでは「音像」「音場」「回り込み」「低音」の4つの項目をテスト。

それぞれSおよびA~Dで評価し、ランキングにまとめました。

ソニー「HT-ST5000」

ソニー「HT-ST5000」

ソニー
HT-ST5000
実勢価格:14万3000円

DolbyAtmos
サイズ・重量:W1180×D145×H80mm・8.8kg

▼テスト結果

  • 音像: S
  • 音場: S
  • 回り込み: S
  • 低音: S

映画用サウンドバー11製品の中で見事ベストバイに輝いたのは、ソニー「HT-ST5000」でした!

音は高域まで明瞭で、低音もパワフルなのが魅力的。それに加え、前方から後方まで音の移動感の再現や、立体感な空間の表現力まで素晴らしいクオリティで、堂々の1位決定です!

ソニー「HT-ST5000」

他製品より群を抜いて表現力が高かったのが、音が上がっていくところです。『アラジン』を視聴した際、魔法のランプから魔神が出てくるシーンの再現力は圧巻でした!

ソニー「HT-ST5000」

光デジタル端子はもちろん、HDMI端子やHDMI(ARC)端子を搭載。ただしeARCには対応していません。

パナソニック「SC-HTB900」

パナソニック「SC-HTB900」
パナソニック「SC-HTB900」

パナソニック
SC-HTB900
実勢価格:8万4480円

DolbyAtmos
サイズ・重量:W1050×D129×H78mm・6.0kg

▼テスト結果

  • 音像: S
  • 音場: S
  • 回り込み: A+
  • 低音: S

ランキング2位につけたのは、パナソニック「SC-HTB900」でした!

音のセパレーションが優秀で、音の奥行き感や声の臨場感が抜群です。

ソノス「Arc」

ソノス「Arc」

ソノス
Arc
実勢価格:11万9680円

DolbyAtmos
サイズ・重量:W1141.7×D115.7×H87mm・6.25kg

▼テスト結果

  • 音像: A+
  • 音場: A
  • 回り込み: S
  • 低音: S
ソノス「Arc」

3位に入ったのは、ソノス「Arc」でした!

音の広がりや高さ、臨場感は一般的なスピーカーを完全に超えています。音に全身が包み込まれる感じも含め、完成度が高いです。低音がやや強めですが、アプリから調節できるので問題ナシです。

サブウーファーを設置しなくても低音がしっかり出るのも魅力的です。

4位: ソニー「HT-X8500」

4位: ソニー「HT-X8500」

ソニー
HT-X8500
実勢価格:3万6200円

DolbyAtmos
サイズ・重量:W890×D96×H64mm・3.1kg

▼テスト結果

  • 音像: A+
  • 音場: A+
  • 回り込み: A+
  • 低音: A
4位: ソニー「HT-X8500」

4位にはソニー「HT-X8500」が入りました。

映画視聴時の人物の声の聞き取りやすさや、音楽視聴時の音の立体感が良好。DolbyAtmosの効果を存分に感じられる製品です! 映画だけでなく音楽でも、立体的な音の使い方が見事でした。

音の広がる範囲は圧倒的。このクオリティで3万円代なのはコスパ最強です。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

音の奥行きがありますし、声は聞きやすく音質も満足です。

5位: デノン「Home Sound Bar 550」

5位: デノン「Home Sound Bar 550」

デノン
Home Sound Bar 550
実勢価格:8万円

DolbyAtmos
サイズ・重量:W650×D120×H75mm・3.5kg

▼テスト結果

  • 音像: A
  • 音場: A
  • 回り込み: A
  • 低音: A

5位にはデノン「Home Sound Bar 550」が入りました。

前方に厚みのあるサラウンドを感じることができます。さらに、音質はクリアで聴きやすさも抜群。

6位: パナソニック「シアターバー SC-HTB01」

6位: パナソニック「シアターバー SC-HTB01」

パナソニック
シアターバー SC-HTB01
実勢価格:4万1800円

DolbyAtmos
サイズ・重量:W430×D130×H52mm・1.8kg

▼テスト結果

  • 音像: A
  • 音場: B
  • 回り込み: A
  • 低音: B
6位: パナソニック「シアターバー SC-HTB01」

6位はパナソニックの「シアターバー SC-HTB01」でした。

幅43cmとコンパクトながら、音の迫力と空間の臨場感、横方向から音に包まれる感覚は最高クラス。低音は弱めですが、上質で締まりのある音を再現しています。

7位: ヤマハ「YAS-209」

7位: ヤマハ「YAS-209」
7位: ヤマハ「YAS-209」

ヤマハ
YAS-209
実勢価格:3万6800円

DTS:X
サイズ・重量:W930×D109×H62mm・2.7kg

▼テスト結果

  • 音像: B
  • 音場: B
  • 回り込み: B
  • 低音: A

7位に入ったのは、ヤマハ「YAS-209」でした。

付属品のサブウーファーで低音の振動を再現できますが、活用できる場面は限られているかもしれません。

8位: ソノス「Beam」

8位: ソノス「Beam」

ソノス
Beam
実勢価格:5万1480円

Dolby Digital
サイズ・重量:W651×D100×H68.5mm・2.8kg

▼テスト結果

  • 音像: C
  • 音場: C
  • 回り込み: C
  • 低音: B+

8位につけたのは、ソノス「Beam」でした。

どちらかというと、映画より音楽リスニング用に向いているように感じられました。ベースの低音が心地よく響きます。

9位: LGエレクトロニクス「SN7CY」

9位: LGエレクトロニクス「SN7CY」

LGエレクトロニクス
SN7CY
実勢価格:3万1580円

DolbyAtmos
サイズ・重量:W890×D119×H65mm・3.74kg

▼テスト結果

  • 音像: C
  • 音場: C
  • 回り込み: C
  • 低音: B-

9位はLGエレクトロニクス「SN7CY」でした。

耳にキツく感じることのない、ナチュラルなサウンドは好感度◎。ただし、音の高さに物足りなさを感じました。

10位: ヤマハ「YAS-109」

10位: ヤマハ「YAS-109」

ヤマハ
YAS-109
実勢価格:2万1800円

DolbyAtmos
サイズ・重量:W890×D131×H53mm・3.4kg

▼テスト結果

  • 音像: C
  • 音場: B
  • 回り込み: C
  • 低音: C

10位にはヤマハ「YAS-109」が入りました。

高音の響きは時おりキツめに聴こえるものの、音の広がりに関しては高評価です。

11位: シャープ「AQUOS オーディオ 8A-C22CX1」

11位: シャープ「AQUOS オーディオ 8A-C22CX1」
11位: シャープ「AQUOS オーディオ 8A-C22CX1」

シャープ
AQUOS オーディオ 8A-C22CX1
実勢価格:7万6005円

DolbyAtmos
サイズ・重量:W1200×D140×H69mm・4.5kg

▼テスト結果

  • 音像: D
  • 音場: C
  • 回り込み: D
  • 低音: D

11位はシャープ「AQUOS オーディオ 8A-C22CX1」でした。

音の高さと立体感は出ていますが、そもそもの音質が低く、低音の迫力も物足りなく感じられました。

以上、バーチャルサラウンド対応サウンドバーおすすめランキングでした。

サウンドバーの人気メーカー

サウンドバーの人気メーカー

スピーカーは、さまざまなメーカーから販売されています。どれも同じように見えても、そのメーカーごとに特徴があるものです。特に人気が高くておすすめのメーカーを3つ紹介していきます。

ソニー(SONY)

ソニーはウォークマンやヘッドフォンなどが有名なメーカーで、音楽などの音質に昔から力を入れています。スピーカーについてもその技術を生かしており、Bluetooth接続時に音質が劣化しないようにする音声圧縮技術のLDACなどを開発しています。

また、圧縮音源をハイレゾに相当するほどの音質に変換させるDSEE HXという独自機能も。Bluetooth対応で、高音質スピーカーが欲しいときには特におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA)

ヤマハも、昔からオーディオ機器の開発に力を入れているメーカー。世界中の有名なホールなどの音響を研究して生まれた立体音場の再生プログラム、シネマDSPなどの独自技術があります。

小さなスピーカーでも低音に迫力を出させるA-YSTⅡ方式も開発しており、コンパクトサイズで音質がいいスピーカーが欲しい人におすすめです。

またAlexa(アレクサ)というAmazonの音声アシスタント機能に対応しているモデルや、壁に音声を反響させて立体感や臨場感のある音を楽しめるようにする機能なども人気があります。

ボーズ(BOSE)

人気のBOSEは、音の広がり、音の厚みなどを感じられるメーカーです。その技術が評価され、高級自動車などにも使われています。音質のチューニングやきれいな音で再生させるための特許技術などがあります。

おわりに

おわりに

以上、サウンドバー、およびバーチャルサラウンド対応サウンドバーおすすめランキングでした!

自宅で映画や動画を視聴して過ごすことが多くなったという人も多いはず。テレビの映像美を重視するだけでなく、音質にもこだわってみると、臨場感が倍増すること間違いなしです! ぜひランキングを参考に、自分にとって最適なサウンドバーを吟味してみてください。