プロ直伝! 自分にとっての「傑作家電」はどれ?

その道のプロおすすめの家電

本音の家電ガイド『家電批評』は、カメラやAV機器、日用家電などさまざまなアイテムを忖度なしでテストし、高評価となった製品を「ベストバイ」としておすすめしています。

しかし、公平性を担保する以上、「万人におすすめできるアイテム」がベストバイになりがちです。でも、人間ひとり一人の生活や趣味嗜好は千差万別ですよね。

そこで、それぞれのジャンルを熟知しているプロたちに「自分にとってのベスト」を教えてもらいました。ただし、挙げてもらったアイテムをそのまま載せてはいません。実際に使用&比較し、プロと家電批評が認めたアイテムだけを厳選。今回はコスパ部門から「プロがこっそり教える」オーディオ機器です。

高価じゃなくてもいい音は叶う!

音楽を聴く際、より良い音で聴くためにはそれなりに高価な道具が必要ですが、「音がいいのはわかるけど、音楽のためだけに何万円もお金は出せない」という人も多いのではないでしょうか?

というわけで、オーディオビジュアル製品に10年以上携わる評論家・折原一也さんおすすめの最強のコスパ高スピーカー・Tribit「Storm Box Pro」をご紹介します。

買って絶対損しない最強スピーカー Tribit「Storm Box Pro」

Tribit「Storm Box Pro」

Tribit
Storm
Box Pro
実勢価格:9999円

サイズ・重量:約W96×D96×H180mm・980g
出力パワー:40W(低音域用ウーハー+高音域用ツイーター×2) Bluetoothバージョン:5.0

Tribit「Storm Box Pro」は、1万円を切る低価格でありながら、その音質は圧巻の一言。折原さん曰く「以前聴いた3万円のBluetoothスピーカーよりも音がいい。中高域の情報量、歌声の生々しさは本当に圧倒的で、今までの価格相場の概念を覆す完成度です」とのこと。

充電式で設置場所も選ばないので、とりあえずスピーカーが欲しいという人にも購入をおすすめできる逸品です。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

価格相場を覆すU1万円で3万円超えの高音質!

おすすめポイント1:音の立体感もクリアさも高級機と比べて遜色なし

音質の評価は非常に高く、『家電批評』2021年8月号で「iPadでの動画視聴用スピーカー」の検証でベストバイになった約2倍の価格のタンノイ「LIVE MINI」と同点でした!

タンノイ LIVE MINI

タンノイ
LIVE MINI
実勢価格:2万380円

▼タンノイ「LIVE MINI」の検証結果

タンノイ LIVE MINI 2

▼Tribit「Storm Box Pro」の検証結果

Tribit「Storm Box Pro」2

Tribit「Storm Box Pro」は音の立体感とクリアさが優秀で、小音量でも鑑賞を楽しめます。2台買ってステレオ化もできます!

30畳のリビングを1台で全部カバー!

Tribit「Storm Box Pro」3

全方位に音を出せるから部屋の中央がベスポジに! 折原さんは30畳の自宅リビングで使用しています。「これ1台だけでも部屋全体をカバーしてくれています。屋外やアウトドアでの使用もよいかも」(折原さん)

500mlペットボトルくらいの大きさなのも◎

Tribit「Storm Box Pro」4

スピーカーは、高性能になると大型化しがちですが、本製品は500mlペットボトルより一回り大きい程度。重量も1㎏未満と軽量で、設置場所に困りません。ハンドルもついて持ち運びもしやすいです。

Bluetoothスピーカーの売れ筋ランキングもチェック!

BluetoothスピーカーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

『家電批評』2021年10月号

『家電批評』2021年10月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年10月号
実勢価格:700円

『家電批評』10月号では、「プロがこっそり教えるベストヒット」の特集を掲載しています。こちらもぜひチェックしてみてください。