ハイエンドに迫る音質
繊細なサウンドが楽しめる

お手頃な5000円以下のBluetoothスピーカーを集め、プロの耳でその「音」を比較して貰ったところ、最高峰のBOSE製品に匹敵する評価を得たのがこちらの「サウンドコア」でした。

Anker:SoundCore:AK-A3102011:スピーカー:音響

Anker
SoundCore 1
AK-A3102011
実勢価格:3999円

サイズ:W16.5×H5.4×D4.5 cm
重量:365g
Bluetooth:4.0

<音質評価>

高域    ★★★★
低域    ★★★★
解像    ★★★★★
(※BOSEの「SoundLink Mini Bluetooth speaker Ⅱ」をオール5とした場合の評価)

Ankerの「サウンドコア」は音のゆがみが1%以下に抑えられており、臨場感のある音を存分に楽しむ事ができます。音場や解像感を比較して見ても最高峰のBOSEに迫るレベルで、価格は5分の1というのはいささか信じがたいものがあります。実用性の方も、24時間/500曲の長時間連続再生が可能と、アウトドアや旅行先へのオトモとしても大活躍できます。

さらに、1000円アップにはなりますが、後継機となる「サウンドコア2」もオススメです。

Anker:SoundCore:AK-A3105011:スピーカー:音響

Anker
SoundCore 2
AK-A3105011
実勢価格:4999円

サイズ:W16.5×H5.4×D4.5 cm
重量:414g
Bluetooth:4.2

少し価格がアップした後継機はドライバ出力が「1」の倍になり、大音量も無理なく出せるようになっただけでなく、充電時間も約半分の2.5時間へと短縮されました。さらにはIPX5防水対応となり、使用できるシチュエーションも拡大しました。1000円の上昇分が気になる人は「1」を選ぶのもアリですが、迷ってしまうようなら思い切って「2」を買うのもオススメです。


普段、音楽はスマホやパソコンから流していると言う人も、一度スピーカーからの音を体験すると感動を味わうことができます。入門用のスピーカーと同じ価格帯でこれだけの良質なサウンドを味わえるのはお得そのもの。お手軽最強スピーカーで極上の音をお楽しみください!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。