ビューティードンキのPB家電を家電批評がガチ検証!

本音の家電ガイド『家電批評』では、これまでにさまざまな家電をガチで検証してきました。最近はメーカーから直接「うちの製品を検証してみませんか?」という持ち込み企画をいただくこともあります。

なんとこの度、ドン・キホーテから「ウチのPB(ピープルブランド)家電をまるっと検証しません?」という超ビッグな挑戦状が届いたんです。

ドンキのPB家電は、ネットニュースでバズりまくっている製品もあり、売上高は前年比プラス84億円(OEM含む)。この売上高の伸びに、「ドンキの家電ってめちゃめちゃ優れものなのでは?」という期待がぐっと高まります。

もっとも、家電批評で検証するからには、他社の類似製品との比較は必須です。そこで、ドンキのPB製品と同価格帯の家電批評ベストバイ製品をピックアップ。編集部と識者で、ドンキのPB製品とベストバイ製品の科学的検証と使い勝手などの比較を行いました。

ビューティードンキのPB製品って何?

一般的に「PB」は「プライベートブランド」の略。小売店などが企画して独自のブランド名で販売する製品をいい、商品流通費などのコストを下げられる結果、価格も安くできます。

でもこれって、あくまで小売店側の話であって、顧客の目線が入ってないよね? 一緒に製品を創り上げていくっていう姿勢が大事だよね? という観点から、ドンキでは「PB」=「ピープルブランド」と呼んでいます。顧客からのPBへのダメ出しを受け止め、製品を改良し続けているとのこと。

ビューティードンキのPBにはどんな製品があるの?

「情熱価格」は食品から家庭雑貨、美容、衣料品、家電、インテリア・寝具、自転車、玩具・バラエティグッズなど、多種多様なドンキPBの総称。家電のうち、「JENICA」はコンパクトでかわいらしい女性向けのデザインの製品、「mononics」はシンプルでスタイリッシュな大人っぽいデザインの製品のPBです。

ビューティー『家電批評ベストバイ』と対決するドンキPB家電って?

雑誌『家電批評』のベストバイと対決したドンキのPB家電は5製品

ワイヤレスサブウーファー付きの「サブウーファー付3Dサラウンドバー」と、サイクロン式の「コードレススティッククリーナー」

そして爆音風がウリのドライヤー「ROCKET DRYER」、温感ヒーター付きの「充電式コードレスハンディマッサージャー どこでもタタッキー」、コンパクトな充電式シェーバー「モバイルエチケット回転式シェーバー」です。

今回は、5番勝負の第4回目。ドライヤー対決です。

ビューティー【ドンキ】「ROCKET DRYER」

王冠アイコン

ドン・キホーテ
情熱価格
ROCKET DRYER
実勢価格:5478円

サイズ:[使用時]約W186×D88×H274mm、[折りたたみ時]約W234×D88×H144mm 
質量:約570g
消費電力:1300W
コードの長さ:約1.7m

▼テスト結果

  • 仕上がり :○
  • 速乾性  :◎(スカルプモードで2分20秒)
  • 使いやすさ:○

マイナスイオンが2カ所から出るドン・キホーテPB情熱価格「ROCKET DRYER」。今回のテストではA評価を獲得し、速乾コンパクトドライヤー部門のベストバイに輝きました。

通常モードとスカルプモードで風量に違いはないですが、スカルプモードのほうが30秒早く乾いて髪がさらっとしました。

菊池美香 氏
ヘアメイク
菊池美香 氏 のコメント

短髪を素早く乾かすならコレです!

風の指向性は控えめ

「ウォーン!」という掃除機のような轟音とともに「3.0m3/分」の爆風が吹き出します。風に指向性が少ないのでドライヤーを振ったほうが乾きますが、重心が前にあるので、やや振りにくかったです。

スカルプモードをオンにすると風がややまとまり、髪全体にさらっと感が出ます。

ビューティー【家電批評ベスト】テスコム「TID730」

王冠アイコン

テスコム
TID730
実勢価格:3520円

サイズ:[マイルドモイストフード付]約W199×D88×H300mm
質量:[マイルドモイストフード付]475g
消費電力:1200W
コードの長さ:1.7m

▼テスト結果

  • 仕上がり :○(3分9秒)
  • 速乾性  :○
  • 使いやすさ:○

雑誌『家電批評』過去ベストのテスコム「TID730」は、今回のテストでもコンパクトドライヤー部門のベストバイを獲得。しっとりした風が穏やかに出るドライヤーで、根本の毛もしっかり立ち上がります。髪全体がしっとりとまとまってクセも伸びました。

重心が中央にあるので振りやすく、軽いです。

菊池美香 氏
ヘアメイク
菊池美香 氏 のコメント

長髪ならばテスコムのほうがオススメです!

静かで風量も穏やか

テスコム「TID730」は音が静か。風に指向性があるので、振らなくても大丈夫そうです。

風量も穏やかなので乾かすのにはやや時間がかかりますが、風にしっとり感があり、髪全体にツヤが出て髪のクセも伸びます。

ビューティー結論:用途に使い分けるのがおすすめ!速乾ならドンキが◎

とにかく早く、さらっと乾かしたいなら、風量の多さが秀逸だったドンキPBの「ROCKET DRYER」がオススメ。ただ、女性だとやや重く感じる重心の位置と重量でした。

テスコム「TID730」は軽くて髪全体がしっとりするので、短髪の男性が自分だけで使うならドンキPBの「ROCKET DRYER」、長髪や女性と兼用ならテスコム「TID730」がおすすめ。用途に応じて選んでみてください。

以上、ベストバイとドンキの「ドライヤー」勝負でした。ぜひ、家電選びの参考にしてみてくださいね。

ドンキPBと『家電批評』ベストバイのほかの勝負はこちら

ビューティードライヤーの売れ筋ランキングもチェック!

ドライヤーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。