ビューティークレンジングで毛穴がきれいになるってホント?

シミ、シワ、くすみ、ニキビなど、お肌の悩みは尽きないもの。なかでも肌悩みのダントツ1位は、年代問わず「毛穴」なんだとか。確かに鏡を見るたびに、開き毛穴や黒ずみ毛穴などが気になってしまうということありますよね。

毛穴ケアは洗顔が基本。でも、毛穴に詰まったメイク汚れや皮脂、角栓などは洗顔料では落としにくいもの。クレンジングでしっかりメイク落とししましょう。

最近、毛穴ケアをうたったクレンジングがドラッグストアやバラエティショップなどにずらりと並んでいる光景を目にします。でも、「毛穴をスッキリキレイに♪」なんてどれも同じようなことが書いてありますが、「効果盛ってない?」「クレンジングでキレイになったらこんな苦労してないわ!」なんて思うこと、ありませんか?

しかも、毛穴ケアクレンジングは商品数が多い上に配合されている成分もさまざまで、美容成分、温感、吸着成分、1品6役などいろいろな惹かれワードのオンパレード。本当に効果があるアイテムが欲しいのに、どれを選べばいいのか迷ってしまいませんか? 口コミを参考にしても、数ある中から自分に合った製品を選ぶのはけっこう難しいですよね。

ビューティー毛穴スッキリが叶うおすすめクレンジングは?

そんな毛穴悩みにお応えすべく、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ雑誌の『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、ドラッグストアやバラエティショップ、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのネット通販サイト、デパート・百貨店で買えるデパコスや、人気・定番のプチプラ製品など毛穴クレンジングを18製品ピックアップし、おすすめ商品はどれか徹底比較しました。

▼今回テストしたブランドはこちら
・アユーラ
・アンレーベル
・イニスフリー
・キメシロ
・サラナル
・サンタマルシェ
・シュウ ウエムラ
・専科
・ダヴ
・バニラコ
・パーフェクトワン フォーカス
・フルモア
・ベネフィーク
・メディヒール
・ラフラ
・ルルルン
・DUO
・matsukiyo

ビューティー毛穴クレンジングの役割とは?

毛穴ケアの基本が洗顔なら、クレンジングではなく洗顔料で十分と思うかもしれません。でも、洗顔料は汗や古くなった角質など主に水性の汚れは落とせますが、毛穴の奥の汚れまでは落とすことができません。

一方、クレンジングはメイクを落とすだけでなく、毛穴に詰まった汚れである角栓黒ずみなど油性の汚れも落とします。健やかな肌を保つためにもクレンジングは重要です。

ただし、毛穴の状態によって改善されることもありますが、全ての毛穴に効果があるともいえません。そのあたりをもう少し見てみましょう。

クレンジングや洗顔で改善できるケース

【つまり毛穴】

▼特徴
洗顔で落とし残した皮脂と古い角質が混ざって角栓となった状態。それが毛穴につまり、触るとざらっとします。

▼ケア方法
角栓のもとになる不要な皮脂や角質を肌に残さないように、毎日の洗顔やクレンジングを徹底しましょう。保湿も忘れずに!

【黒ずみ毛穴】

▼特徴
詰まり毛穴が紫外線などで黒ずんだり、産毛が生えて毛穴がきわだったりする状態です。主な原因は角栓の酸化、皮膚の色素沈着、産毛など。自分で見極めるのが難しいので、迷ったら皮膚科を受診しましょう。

▼ケア方法
基本的には、肌の黒ずみとケア方法は同じです。色素沈着であれば美白美容液成分配合、産毛の場合はレーザーが効果的です。

佐藤薫 先生
医師(形成外科・美容皮膚科)
佐藤薫 先生 のコメント

毛で小鼻や頬が黒ずんで見えている場合もあります。

セルフケアでは難しいケース

【開き毛穴】

▼特徴
毛穴がぽっかり大きく開いたように見える毛穴。毛穴への過剰なケアや遺伝による肌質によるものと考えられます。皮脂腺が発達して皮脂分泌の多い部位に目立ちやすいようです。

▼ケア方法
油分過多で皮脂が多くならないように、保湿は水分補給をメインにしたケアを心がけましょう。

【たるみ毛穴】

▼特徴
加齢によるコラーゲンなどの不足などにより、真皮が衰えたるんで毛穴が涙型に伸びた状態。進行すると毛穴同士がつながり、シワ状態になることも。角栓の詰まりがない30代以上にみられます。

▼ケア方法
加齢が原因なので、クレンジングでは改善できません。気になる場合はレーザーやピーリングなど、クリニックでの施術が効果的です。

ビューティー毛穴ケアに効果的なクレンジングの選び方

テクスチャーにこだわったり、多機能だったり、美容成分をウリにしたりと、さまざまなクレンジングがありますが、どのようにして選んだらいいのか迷いませんか? クレンジングの選び方の3つのおすすめポイントをご紹介します。

ポイント1:きちんと落ちる洗浄力のもの

クレンジングにはオイル、バーム、クリーム、ジェル、ミルク、リキッドのタイプがあり、適切な洗浄力のクレンジングを使用しないと、メイク汚れが毛穴に残ってしまう可能性があります。メイク汚れが残り、毛穴をケアするどころか余計に目立ってしまったら残念ですよね。

また皮脂だけでなく、たまったメイク汚れが酸化して黒ずみになることもあります。

毛穴カバー下地とリキッドファンデーションを塗布したバイオスキンを洗浄して比較したところ、これだけの差がありました。毛穴カバー下地は特に落としにくいので、メイクで毛穴をみっちり埋めている方ほど要注意。

バッチリメイクのときはオイルタイプ、ナチュラルメイクのときはミルクタイプというように、メイクの濃さに合わせてクレンジングを選びましょう。

ポイント2:こすらず即落ちるものがベスト

汚れを落とそうとしてゴシゴシこすっていませんか? 必要以上にこすって汚れを落とすのは、肌にも毛穴にもダメージがあります。また、クレンジングは肌に長時間置くほど乾燥します。メイクになじみやすく、なでるような軽い力ですぐに落とせるクレンジングがベストです。

肌の乾燥が気になったり敏感になったりしているときは、W洗顔が不要なクレンジングを選んでもいいでしょう。

ポイント3:ケア成分入りがおすすめ

クレンジング選びに迷ったら、成分にも注目してみましょう。製品によっては毛穴に効果的なケア成分が配合されています。

▼おすすめのケア成分

[クレイ]
泥のことで、海泥や溶岩クレイなど種類が豊富です。汚れなどの吸着作用があります。

[酵素]
酵素にはタンパク質を分解する作用があります。パパインやリパーゼが一般的です。

[炭]
クレイと同じように汚れを吸着する作用があり、毛穴ケアに効果的。

ただしどんなに洗浄力が高くても、毛穴ケアをうたっているクレンジングだけで毛穴を改善するのは不可能です。洗顔料で汚れを落として、適度に水分と油分を補ってコンディションを整えましょう。改善が見られないようなら日々のスキンケアの見直しも必要です。

佐藤薫 先生
医師(形成外科・美容皮膚科)
佐藤薫 先生 のコメント

毛穴汚れは7割がタンパク質なので洗顔料でのケアが重要です。

ビューティープチプラからデパコスまで人気18製品を徹底比較

毛穴の悩みを解消するには、毛穴汚れをすっきり落とせるクレンジングを選ぶことが大切です。でも、成分や使用感にもこだわりたいですよね。

今回は、新作から人気・話題の製品まで市販の毛穴レスクレンジング18製品を集めて徹底比較。高い洗浄力で毛穴をキレイにしてくれる、理想のクレンジングを探して以下のテストしました。

テスト1:洗浄力

今回最も重視したのは洗浄力。毛穴のある肌を再現したアイテムにファンデーションを一定量塗り、クレンジングで落として洗浄力の違いをチェックしました。

テストでは半数以上が高評価を獲得し、優秀な製品が増えていることがわかりました。ただし、オイルとジェルはスルッと落ちるものとそうでないものがはっきり分かれ、ばらつきが見られました。

テスト2:成分

クレンジングは主にオイルの力でメイクを落としているので、オイルの種類が重要です。全成分を分類し、油分と界面活性剤の種類をチェック。刺激になり得るエタノールは減点、つっぱり軽減のためセラミドは加点しました。

石渡比奈子 氏
元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏 のコメント

肌へのやさしさを重視して評価しました。

全成分をチェックし成分評価を行ったところ、いちばん肌にやさしいとされる油分が配合された製品が4製品ありました。一方、サリチル酸やグリコール酸など強いピーリング剤を含む製品もありました。

配合量は微量でも、刺激を感じたら使用を控えましょう。

テスト3:使用感

毎日使うものだけに使用感も大切。素早くなじんでメイクを落とし、つっぱらないクレンジングを使いたいですよね。このテストでは複数モニターが製品を実際に使用して評価しました。メイクなじみ、落としやすさ、洗い上がりなど総合的に採点。香りや刺激の有無もチェックしました。

検証では全体的にしっとりした洗い上がりのものが多く、メイクの落としやすさで差が開きました。

以上の3つのテストを行い、【テスト1:洗浄力】を重視して総合評価を決定しました。

それでは、毛穴クレンジングのおすすめランキング18選を発表したいと思います。

1位とろけるバームでつるピカ毛穴「パーフェクトワン」

王冠アイコン

パーフェクトワン フォーカス
スムースクレンジングバーム
実勢価格:2970円

内容量:75g
タイプ:バーム

▼総合評価

  • 洗浄力:◎+
  • 成分 :◎
  • 使用感:◎+

パーフェクトワン フォーカス「スムースクレンジングバーム」は、バームの中で最高の洗浄力。バームが肌の上で瞬時に溶けて、メイクも毛穴汚れも楽に落とせます。

テクスチャーはやわらかで伸びがよく、使い勝手は抜群です。圧倒的なクレンジング力なのにツッパリ感もゼロ。名前のとおりパーフェクトな実力です!

テスト1:洗浄力

バイオスキンの疑似毛穴をものともせず、汚れを完璧にオフしました。

モニターの肌で試したところ、ファンデーションがスッキリ落ちました。

「毛穴の黒ずみすっきり」のうたい文句に偽りはありません。

塩原みゆき
博士(学術)を持つ研究者
塩原みゆき のコメント

検証した製品のなかでも極めて高い洗浄力でした。

テスト2:成分

・主な成分:エステルオイル

エステル+ノニオンタイプ。高洗浄力ですが、皮脂を落としすぎないエステルオイルを使用しています。洗顔後のつっぱり感がないのも高評価でした。酵素のパパインはクレンジングでは効果がわからず、加点対象外としました。

石渡比奈子 氏
元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏 のコメント

エステルオイルは肌にやさしくメイクオフできます。

テスト3:使用感

じゅわっととけて、秒でオイルに変化します。肌の上でスーッと伸び、メイクとすぐになじんで洗い上がりもほどよくしっとり! ほのかな柑橘系の香りです。

読者モニター
読者モニター
読者モニター のコメント

バーム苦手派でしたが、感動するくらいなめらかでした!

2位成分がリッチなのにお財布にやさしい「ダヴ」

ダヴ
すっきり毛穴ケア
クレンジングバーム
実勢価格:1980円

内容量:90g
タイプ:バーム

▼総合評価

  • 洗浄力:◎
  • 成分 :◎+
  • 使用感:◎+

マッサージスパ体験がウリのダヴ「すっきり毛穴ケア クレンジングバーム」。手で伸ばしたら瞬時に溶けて、しっとり仕上がります。ヒト型セラミドなどの保湿成分も入っており、成分も満点でした。

リピートしやすい2000円以下のお値段で、この実力はコスパ抜群です!

テスト1:洗浄力

ファンデーションがわずかに残りましたが、全体的にしっかり落ちました。洗浄力に文句ありません!

テスト2:成分

・主な成分:油脂、エステルオイル

エステル+ノニオンタイプ。肌にやさしいヒト型セラミドを4種配合しているため加点され、満点評価です。

テスト3:使用感

見た目は硬めのバームですが、溶けるスピードが速く、手に取った瞬間にとろけてオイルに変わります。これなら寒い冬場でも使いやすいですね。

読者モニター
読者モニター
読者モニター のコメント

バームは溶けにくい印象でしたが、これはなめらか!

3位香りに癒されながら毛穴スッキリ「ルルルン」

ルルルン
クレンジングバームF
(アロマタイプ)
実勢価格:2420円

内容量:75g
タイプ:バーム

▼総合評価

  • 洗浄力:◎+
  • 成分 :◎
  • 使用感:◎

ルルルン「クレンジングバームF(アロマタイプ)」は、香水のような上品な香りのバーム。癒される香りでリラックスしたい人にオススメです。洗浄力が高いながら洗い上がりはしっとりします。容器も使いやすいとモニターから好評でした。

テスト1:洗浄力

圧倒的な洗浄力で、毛穴よごれもスッキリ落とせそうです。

テスト2:成分

・主な成分:エステルオイル

エステル+ノニオンタイプ。シア脂やヒマワリ種子油など、肌によい油脂も配合しています。

テスト3:使用感

ワンタッチで開く容器と、自立するスパチュラが使いやすくて優秀。長めのスパチュラはすくいやすいです。なめらかな質感と香りも好評でした。

読者モニター
読者モニター
読者モニター のコメント

濡れた手でも使えるワンタッチ式はありがたいです。

4位: お値段以上の良成分がいっぱい「アンレーベル」

アンレーベル
モイストボタニカル
クレンジングバーム
実勢価格:1760円

内容量:90g
タイプ:バーム

▼総合評価

  • 洗浄力:◎
  • 成分 :◎+
  • 使用感:◎

アンレーベル「モイストボタニカル クレンジングバーム」は洗浄力もさることながら、プロが絶賛するほど成分が優秀。天然由来成分と安定性の高い合成オイルが含まれており、文句なしの満点です。無添加処方なのも敏感肌の方にはうれしいですね。

テスト1:洗浄力

若干ファンデーションが残りましたが、安心できる洗浄力です。

テスト2:成分

・主な成分:油脂、エステルオイル

油脂とエステルオイルをメインに配合しています。ホホバ種子油やアルガニアスピノサ核油など、使用しているオイルの種類がよく高評価につながりました。

5位: 炭配合で毛穴をキレイに「DUO」

DUO
ザ クレンジングバーム
ブラックリペア
実勢価格:3960円

内容量:90g
タイプ:バーム

▼総合評価

  • 洗浄力:◎+
  • 成分 :◎+
  • 使用感:◎

SNSで話題沸騰のDUO「ザ クレンジングバーム ブラックリペア」は皮脂を吸着する活性炭を配合し、毛穴ケア力をアップさせています。洗浄力、成分ともに高評価でしだが、テクスチャーがやや硬めでした。

テスト1:洗浄力

落ちにくいリキッドファンデーションをスッキリ落としました。

テスト2:成分

・主な成分:油脂、エステルオイル

エステル+ノニオンタイプ。油脂やセラミドも配合しており、バランスがよく優秀です。

6位: 洗浄力はトップクラスの酵素クレンジング「キメシロ」

キメシロ
メルティクレンジングバーム
クリア
実勢価格:1980円

内容量:90g
タイプ:バーム

▼総合評価

  • 洗浄力:◎+
  • 成分 :◎
  • 使用感:○

キメシロ「メルティクレンジングバーム クリア」は、肌の温度でとろける酵素クレンジングバーム。すぐに溶けて洗浄力はトップクラスでしたが、洗い上がりのしっとり感は低めでした。

テスト1:洗浄力

ファンデーションとすぐになじみ、毛穴の汚れをしっかり落としました。

テスト2:成分

・主な成分:エステルオイル

エステル+ノニオンタイプ。酵素2種のほかにピーリング剤も入っていますが、加点対象ではありません。

7位: 桜エキスがウリの人気デパコス「シュウ ウエムラ」

シュウ ウエムラ
フレッシュ クリア サクラ
クレンジングオイル
実勢価格:3520円

内容量:150ml
タイプ:オイル
※Amazonの販売ページは内容量が450mlになります。

▼総合評価

  • 洗浄力:◎
  • 成分 :◎
  • 使用感:○

シュウ ウエムラ「フレッシュ クリア サクラ クレンジングオイル」は、サクラのフレーバーティーのような香り。サクラ由来エキスがウリですが、洗い流すため毛穴への効果は微妙です。洗顔後のオイル残りが気になるという声もありました。

テスト1:洗浄力

洗浄力は高め。手でゴシゴシしなくても、汚れがスルンと落ちてくれます。

テスト2:成分

・主な成分:エステルオイル

エステル+ノニオンタイプ。油脂も3種配合し、肌負担のない内容になっています。

8位: ジェルからオイルに変化「サラナル」

サラナル
ピュアクレンジングジェル
(クリア)
実勢価格:1980円

内容量:150g
タイプ:ジェル

▼総合評価

  • 洗浄力:◎
  • 成分 :◎+
  • 使用感:○

サラナル「ピュアクレンジングジェル(クリア)」は、”こすらず速落ち”をうたうクレンジング。見た目はジェルですが、すぐにオイルに変化するのが特徴です。

テスト1:洗浄力

ウリ文句のとおり、こすらなくても汚れがスルンと落ちました。

テスト2:成分

・主な成分:油脂、エステルオイル

油脂をメインにエステルオイルも配合。香りづけとして、レモン果皮脂やオレンジ脂などの精油も入っています。

テスト3:使用感

柑橘系の香がさわやかです。

8位: ポイントメイクに使いやすい「イニスフリー」

イニスフリー
スーパーヴォルカニック
ポア クレンジングオイル
実勢価格:2200円

内容量:150ml
タイプ:オイル

▼総合評価

  • 洗浄力:◎
  • 成分 :◎+
  • 使用感:○

イニスフリー「スーパーヴォルカニック ポア クレンジングオイル」は、皮脂吸着成分にチェジュの火山灰を含むヴォルカニック スフィアを配合したクレンジング。洗い流すため、皮脂吸着成分の効果はあまり期待できそうにありません。

テスト1:洗浄力

高い洗浄力を発揮して、汚れをスッキリ落としました。
 

テスト2:成分

・主な成分:油脂、エステルオイル

油脂+ノニオンタイプ。油脂は合成と天然両方を配合しており、安定性の高い内容です。

テスト3:使用感

メイクなじみは遅いものの、洗い上がりはもっちり。さらっとして流れやすいので、ポイントメイクに向いています。

10位: 毛穴の老廃物もスッキリ「バニラコ」

バニラコ
クリーンイットゼロクレンジング
バーム ポアクラリファイング
実勢価格:2300円

内容量:100ml
タイプ:バーム

▼総合評価

  • 洗浄力:◎+
  • 成分 :◎
  • 使用感:△

ネットや店頭で人気のバニラコは、話題の韓国ブランド。毛穴の老廃物も落とすといううたい文句とおり「クリーンイットゼロクレンジング バーム ポアクラリファイング」の洗浄力と成分は優秀。ただし強めのミントの香りが気になるかもしれません。

テスト1:洗浄力

スルスルと汚れが落ち、まんべんなくキレイになりました。

テスト2:成分

・主な成分:エステルオイル

エステル+ノニオンタイプ。サリチル酸が配合されているで、敏感肌さんは気をつけましょう。

テスト3:使用感

肌に残る強烈なミントの香りは、好みが分かれるかもしれません。

10位: 天然成分で角質ケア「メディヒール」

メディヒール
ティーツリーカーミング
クレンジングバーム
実勢価格:2200円

内容量:100ml
タイプ:バーム

▼総合評価

  • 洗浄力:◎+
  • 成分 :◎
  • 使用感:△

メディヒール「ティーツリーカーミング クレンジングバーム」は、ティーツリーエキスなどの天然成分で角質をケアするクレンジングです。洗浄力や成分は高評価ですが、洗い上がりのヌメヌメした手ざわりがイマイチでした。

テスト1:洗浄力

洗浄力は圧倒的。毛穴の汚れをしっかり落とせそうです。

テスト2:成分

・主な成分:エステルオイル

エステル+ノニオンタイプ。酵素のパパインが入っていますが、洗顔料ほどの効果は期待できそうにありません。

テスト3:使用感

洗い上がりはスッキリしない印象で、モニターからは油膜感が残るという声も。目にしみるという人もいたようです。

12位: マイルドな洗浄力の温感&涼感バーム「ラフラ」

ラフラ
バームオレンジ
ポアフレッシュ
実勢価格:3740円

内容量:100g
タイプ:バーム

▼総合評価

  • 洗浄力:○
  • 成分 :◎+
  • 使用感:◎

ラフラ「バームオレンジ ポアフレッシュ」は、温感&涼感のバームです。成分はグリセリンが多めに配合され、マイルドな洗浄力。スースー系の清涼感が好きな方にオススメです。

テスト1:洗浄力

落ち方に少しムラがありますが、洗浄力は合格レベルです。

テスト2:成分

・主な成分:油脂、エステルオイル

グリセリンを高配合していますが、メインの油分は油脂。メントール入りで清涼感があります。

13位: 薄めのメイク向きの薬用クレンジング「サンタマルシェ」

サンタマルシェ
薬用ディープクレンジング
(医薬部外品)
実勢価格:1760円

内容量:400g
タイプ:ジェル

▼総合評価

  • 洗浄力:○
  • 成分 :◎
  • 使用感:◎

サンタマルシェ「薬用ディープクレンジング(医薬部外品)」の洗浄力は合格レベル。今回テストした中で唯一、有効成分入りの薬用クレンジングです。

テスト1:洗浄力

洗浄力はマイルドで、なじませた部分はそれなりにファンデーションが落ちました。フルメイクより薄いメイクに向いています。

テスト2:成分

・主な成分:エステルオイル

唯一の医薬部外品ですが洗い流すものなので、有効成分の効果は期待しすぎないほうがいいでしょう。

14位: 薄めのメイクに使いやすい「アユーラ」

アユーラ
メークオフオイル
実勢価格:3300円

内容量:170ml
タイプ:オイル

▼総合評価

  • 洗浄力:○
  • 成分 :◎
  • 使用感:○

アユーラ「メークオフオイル」は、天然成分配合の敏感肌にやさしいオイル。薄めのメイクには使いやすいですが、毛穴埋め込み系の濃いメイクだと落としきれない可能性もあります。

テスト1:洗浄力

クレンジングとして必要十分な洗浄力ですが、毛穴用下地を使ったフルメイクにはもう一歩かもしれません。

テスト2:成分

・主な成分:エステルオイル

エステル+ノニオンタイプ。コメヌカ油、トウモロコシ胚芽油など、油脂も配合しています。

15位: 高洗浄力で濃いメイク向き「専科」

専科
パーフェクトメルティングバーム
実勢価格:1760円

内容量:90g
タイプ:バーム

▼総合評価

  • 洗浄力:◎
  • 成分 :△
  • 使用感:○

専科「パーフェクトメルティングバーム」は、バームと言いつつクリームタイプ。「高内相タイプ」といって水系クリームクレンジングの一種です。

洗浄力が高く、濃いメイクや毛穴用下地を使う方や脂性肌さんにピッタリ。ただし皮脂を落としやすいミネラルオイルが配合されていて、評価が伸びませんでした。

テスト1:洗浄力

ややファンデーションが残りましたが、高い洗浄力を発揮しました。

テスト2:成分

・主な成分:ミネラルオイル

ミネラルオイル+ノニオンタイプ。黄色のテクスチャーは酸化鉄で着色しています。

テスト3:使用感

クリームの中からオイルが出てきて質感が変わる仕組み。肌にのせるとハチミツのようなテクスチャーに変わりました。

15位: ワンコイン以下でも高洗浄力!「matsukiyo」

matsukiyo
クレンジングオイル
実勢価格:498円

内容量:250ml
タイプ:オイル

▼総合評価

  • 洗浄力:◎
  • 成分 :△
  • 使用感:○

ワンコイン以下とお財布にやさしいmatsukiyo「クレンジングオイル」。お値打ちなのに洗浄力は申し分ありません。ただし成分にミネラルオイルを含むため、肌への負担が心配です。

テスト1:洗浄力

ややファンデーションが残りましたが、高い洗浄力を発揮しました。

テスト2:成分

・主な成分:ミネラルオイル

全成分はシンプルながら変性アルコールを含み、肌にやさしいとは言えないでしょう。ミネラルオイルは、洗浄力のある成分ではあるものの皮脂も落としやすいので低評価に。敏感肌の方は避けたほうが無難です。

17位: 洗浄力がかなりマイルド「フルモア」

フルモア
クレンジングジェル
実勢価格:1650円

内容量:180ml
タイプ:ジェル

▼総合評価

  • 洗浄力:△
  • 成分 :○
  • 使用感:○

フルーツの力で毛穴をケアするというフルモア「クレンジングジェル」の洗浄力は超マイルド。毛穴の汚れをしっかり落とすのは厳しいです。W洗顔不要タイプですが、しないと汚れを落としきれない印象です。

テスト1:洗浄力

軽いメイクでさえ、きちんと落とせるか不安になるほど洗浄力がマイルドです。

表面のファンデーションは薄くなりましたが、毛穴の汚れまでは落とせませんでした。

モニターテストでも、毛穴にファンデーションが残りました。

テスト2:成分

・主な成分:ノニオン界面活性剤

スクワランなど洗浄力が低いタイプの油分が入っていますが、ほぼ界面活性剤で落としています。

18位: 洗浄力がかなりマイルドな「ベネフィーク」

ベネフィーク
メイククリアオイル
実勢価格:3960円

内容量:180ml
タイプ:オイル

▼総合評価

  • 洗浄力:△
  • 成分 :△
  • 使用感:○

ベネフィーク「メイククリアオイル」は、ケイヒ、ジオウなどのパワーボタニカルで毛穴を浄化するというものの、洗浄力はかなりマイルド。成分にはミネラルオイルとエタノールを配合しており、減点要素となりました。

テスト1:洗浄力

とてもマイルドな洗浄力で、肌をこすらないと汚れが落ちない印象です。

テスト2:成分

・主な成分:ミネラルオイル

ミネラルオイルとエタノールを配合しているため減点。

ビューティークレンジングの売れ筋ランキングもチェック!

クレンジングのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

ビューティー【まとめ】毛穴スッキリが叶うのはパーフェクトワン

以上、毛穴クレンジングのおすすめランキング18選のご紹介でした。

ベストバイを獲得したパーフェクトワン フォーカス「スムースクレンジングバーム」は、洗い過ぎの心配がなく、どんなメイクにも対応できる逸品。メイク汚れをラクに落とせて毛穴スッキリが叶います!

王冠アイコン

パーフェクトワン フォーカス
スムースクレンジングバーム
実勢価格:2970円

内容量:75g
タイプ:バーム

洗浄力抜群なのにツッパリ感がゼロなので乾燥肌にも使いやすいです。肌の上で瞬時にとろけるバームでメイクも毛穴汚れもラクに落とせます。

コスパ重視派には、お財布にやさしいダヴ「すっきり毛穴ケア クレンジングバーム」もおすすめです。

ダヴ
すっきり毛穴ケア
クレンジングバーム
実勢価格:1980円

内容量:90g
タイプ:バーム

2000円以下というお値段なのに、ヒト型セラミドなどの保湿成分を配合。コスパも抜群です!

毛穴ケアは、その日のメイクをしっかり落とすことが基本。メイクの濃さや肌の状態に合わせたクレンジング選びが大切です。洗顔後の保湿ケアも念入りにして、毛穴レス美肌を叶えましょう!