アイライナーの種類は?

目元の印象を大きく変えてくれるアイライナーは、アイメイクの必需品。描き方によっては、目元だけでなくメイク全体の印象を決めることも。

そのため、色んなメーカーやブランドからさまざまなアイライナーが出ており、その価格帯もプチプラから高級品まで千差万別。

そんなたくさん種類があるアイライナーですが、主にリキッドタイプペンシルタイプジェルタイプに分けられ、描き心地やなりたい印象に合わせて好みのものを選ぶことができます。

リキッドタイプ

リキッドタイプのアイライナーは、はっきりとした発色でツヤ感のある目元になるのが特徴。

くっきりとしたラインを描けるので、デカ目メイクやキャットアイのようなメイクにおすすめです。

カラーはブラックを選べば、より目力のあるクールな印象に。

そんなリキッドタイプのアイライナーには「筆」タイプと「フェルト」タイプがあります。

「筆」タイプは細いラインから太いラインまで自由自在に描けるので、目尻などの細かい部分にもしっかりラインを引くことができます。

「フェルト」タイプは、しっかりした質感で安定してラインを引くことができるため、初心者にもおすすめです。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプのアイライナーは、優しく柔らかい雰囲気に仕上がり、ナチュラルに目力がアップするのが特徴。

比較的ラインを引きやすく、「ぼかす」テクニックを使えばより柔らかい印象の目元になります。また、失敗しても修正しやすいという利点も。

そんなペンシルタイプのアイライナーには「鉛筆」タイプと「繰り出し」タイプがあります。

「鉛筆」タイプは、削ることで好みの太さのラインを引くことができます。芯が硬いものと柔らかいものがあるので、描き心地や仕上がりの好みで選ぶといいでしょう。

「繰り出し」タイプは肌当たりが柔らかく、削る手間なくラインを引くことができます。繰り出しすぎると芯が折れてしまうことがあるので、注意しながら描きましょう。

ジェルタイプ

ジェルタイプのアイライナーはとろけるような使用感と描き心地で、濃淡や太さを自在に調整できるのが特徴。

ジェルタイプのアイライナーには「ペンシル」タイプと「ジャー」タイプがあります。

「ペンシル」タイプは柔らかいテクスチャーで色のりがよく、まつ毛の隙間まで埋めることができます。

「ジャー」タイプは皮脂や汗に強く、くっきりとしたツヤのあるキレイなラインを引くことができます。

その反面、「ジャー」タイプは筆を使う必要があるのと液量の調整の難しさなどがあるため、初心者には向きません。

落ちにくさのタイプは?

種類によって描き心地や仕上がりが大きく異なるアイライナーですが、落ちにくさといった耐久性にもタイプがあるんです。

落ちにくさのタイプはウォータープルーフスマッジプルーフの2種類があります。

ウォータープルーフ

「耐水性」という意味のウォータープルーフ処方のアイライナーは水に強いことが特徴です。

ウォータープルーフタイプのアイライナーなら汗をたくさんかくスポーツやレジャー、涙が出てしまう花粉症の時期などでもにじまずキレイなラインを保つことができます。

スマッジプルーフ

スマッジプルーフタイプは、皮脂による崩れやにじみに強いことが特徴です。

そのため、暑い夏場であっても皮脂崩れによるにじみを気にすることなくアイメイクを楽しむことができます。

オフの方法は?

アイライナーのオフ方法は主にお湯によるオフとクレンジングによるオフがあります。

お湯でオフできるアイライナーはクレンジングや石けんを使わないため、簡単にメイクをオフすることができます。家に帰ったらすぐメイクを落としたい! と思っている人におすすめです。

このタイプのアイライナーは、商品パッケージに「お湯でオフ」といった説明が記載されています。

しかし、きちんとオフしきれず色素が沈着してしまったり、逆にしっかりオフするために目元を何度もこすってまぶたにダメージを与えてしまったりとさまざまなトラブルに繋がることも。

一方、クレンジングでオフするタイプのアイライナーは、クレンジング剤を使うので目元に大きな負担をかけずに汚れを落とすことができます。

パッケージにクレンジング方法についての記載がなければ、このタイプのアイライナーだと思いましょう。

ただし、こちらのタイプであっても目元を強くこればまぶたにダメージを与えてしまうので、できるだけまぶたに負担を与えないようなものを選ぶことが大切です。

クレンジングも比較テストしたので、気になる方はこちらからご覧ください。

▼クレンジングのおすすめを見る

落ちないアイライナー11商品を徹底比較!

今回は、突然の雨にも耐えられるアイライナーを探して、11商品の「仕上がり」「水耐性」「皮脂耐性」を比較テストしました!

仕上がり

メイクのプロがモニターにアイライナーを塗って仕上がりをチェックしました。

水耐性

水を張った洗面器に顔を入れて落ちを検証しました。

皮脂耐性

人工皮革に線を描き、人工皮脂を垂らしてこすりました。

それではいよいよ、落ちないアイライナーのランキングを発表します!

夜まで落ちない ヒロインメイク「プライムリキッド」

ヒロインメイク
プライムリキッド
アイライナー
リッチキープ
実勢価格:1320円

カラー/02

▼テスト結果

  • 仕上がり: 4.5/5
  • 水耐性: 4/5
  • 皮脂耐性: 4.5/5

A評価を獲得し、見事1位に輝いたのはヒロインメイクの「プライムリキッド アイライナー リッチキープ」

夜まで落とさない超耐久アイライナーとだけあって、皮脂だけでなく水への耐性も高く、うたい文句どおりの超耐久を体現しました。

目元になじむブラウンなので、日常使いにピッタリ! この夏欠かせない1本です。

仕上がり

誰でも使いやすい王道のブラウンです!

水耐性

水につけても拭き取ってもヨレたり色落ちしたりせず肌に密着していました!

タオルにもほぼ色落ちが見られずカンペキでした! 色移りのないキレイな白のままです。

太線も細線も思いのまま!

ほどよくコシがあり安定しやすいのが特徴。しなってまぶたにフィットします。

肌にピタッと密着するから、太線も細線もスッとなめらかに引けて、ラインを自在に操れます。

どんなラインも自由自在です!

超描きやすい シアーズ「ステイフィットライナー」

シアーズ
ステイフィット
ライナー
実勢価格:1650円

カラー/02

▼テスト結果

  • 仕上がり: 4.5/5
  • 水耐性: 4/5
  • 皮脂耐性: 4/5

同じくA評価を獲得し、2位となったシアーズ「ステイフィットライナー」は、ほんのり赤みのあるブラウンで肌なじみバツグン!

長時間にじまず目尻のラインまでキープというだけあって、バツグンに落ちないうえに描きやすい細筆なのが特徴。

こだわりの極細筆はコシがあって肌に密着し、初心者でもまっすぐラインが描きやすい! 引きやすさ重視派におすすめです。

水耐性も若干色が薄まる程度で目立たず特に問題ナシです。

仕上がり

やや赤みがかったかわいらしい茶色です。

水耐性

ほとんど色落ちがなく優秀!

旬×落ちない ドーリーウインク「マイベストライナー」

ドーリーウインク
マイベスト
ライナー
実勢価格:1430円

カラー/濃密ブラウン

▼テスト結果

  • 仕上がり: 4.5/5
  • 水耐性: 3.5/5
  • 皮脂耐性: 4/5

おしゃれな目元をつくるなら断然、3位となったドーリーウインク「マイベストライナー」。今っぽい赤みブラウンで旬×落ちないを実現し、見事A評価を獲得。

しっかり発色する赤茶色でトレンド感をゲット! 一発でスッと決まり、重ねてもムラになりません。

優れた耐久性で一日中落ちない・ヨレないといううたい文句通り、水濡れにも皮脂にも十分強いおすすめの一本です。

仕上がり

ムラになりにくいなめらかなラインです。

水耐性

色が少し薄くなった程度でした。

4位: ペンシル派に◎ ケイト「スーパーシャープライナー」

ケイト
スーパーシャープ
ライナーペンシル
実勢価格:1210円

カラー/BR-1

▼テスト結果

  • 仕上がり: 4.5/5
  • 水耐性: 3.5/5
  • 皮脂耐性: 3.5/5

B評価で4位となったケイト「スーパーシャープライナーペンシル」は水を浴びても形はそのままで、水・汗耐久は合格。リキッド苦手派におすすめです。

ウォーター&スマッジプルーフで落ちにくいペンシルタイプのアイライナー。ペンシルタイプの中では水や皮脂に強く、ラインの形が崩れませんでした。

スルスルと描きやすく失敗してもぼかしやすいので、不器用さんにもピッタリです!

仕上がり

使いやすい定番のブラウンです。

水耐性

色は薄くなりましたが形はキープしました。

5位: 落ちにくさは◎ シムガール「リキッドアイライナー」

シムガール
リキッド
アイライナー
実勢価格:1320円

カラー/02

▼テスト結果

  • 仕上がり: 3.5/5
  • 水耐性: 4/5
  • 皮脂耐性: 4/5

5位のシムガール「リキッドアイライナー」は落ちにくさはすばらしいものの、ムラが出るためB評価に。

速攻密着で水・皮脂・光・熱にも強いと言うように、水や皮脂には強いものの、筆先が0.01㎜と細いこともあり、ラインを重ねて太めの線を描くとムラになるので要注意。

目の際に極細ラインを引きたいならアリです。

仕上がり

深みのある茶色が特徴です。

水耐性

色は変わりましたが落ちませんでした!

6位: 皮脂に強い ファシオ「ペンシルアイライナー」

ファシオ
ペンシル
アイライナー
実勢価格:1100円

カラー/02

▼テスト結果

  • 仕上がり: 3.5/5
  • 水耐性: 3/5
  • 皮脂耐性: 4.5/5

6位のファシオ「ペンシルアイライナー」は仕上がりは普通ですが、「なじみつづく処方」でつけたてラインが持続するとうたうように皮脂には強く、B評価という結果になりました。

スリム芯をうたうも、筆に比べると太めで細いラインはやや描きづらいです。

ただ色みは使いやすく、水耐性はそこそこでも汗や皮脂には強いペンシルアイライナーなので、ご近所メイクならOKです!

仕上がり

万人受けする無難なブラウンカラーです。

水耐性

中央部分の色が少し薄くなりました。

7位: あと一歩及ばず キングダム「リキッドアイライナー」

キングダム
リキッド
アイライナーWP
実勢価格:1430円

カラー/ディープブラウン

▼テスト結果

  • 仕上がり: 4/5
  • 水耐性: 2/5
  • 皮脂耐性: 5/5

7位となったキングダム「リキッドアイライナーWP」は水落ち以外はカンペキですが、逆に水耐性の低さが足を引っ張る形となりB評価となりました。

赤みのあるブラウンでトレンド感もあり、どんなラインでもサッと描ける使い心地はいいです!

消えやすい目尻もしっかりキープとのうたい文句ですが、水に濡れるとズルッと落ちてしまい残念でした。

仕上がり

細めの線もにじまずキレイです!

水耐性

目頭側のラインが消え、まぶたにもついてしまいました。

8位: 落ちはまずまず ヴィセリシェ「クリーミィペンシル」

ヴィセ リシェ
ブラウンズ
クリーミィペンシル
実勢価格:1045円

カラー/BR303

▼テスト結果

  • 仕上がり: 3.5/5
  • 水耐性: 3.5/5
  • 皮脂耐性: 3.5/5

8位のヴィセ リシェ「ブラウンズ クリーミィペンシル」は落ちにくさはまずまずといったところですが、目元が締まりにくいニュアンスカラーで色の好みが分かれそうなためB評価に。

一日中にじむことのないウォータープルーフとうたう通り、水での落ちにくさはそこそこ高めですが、グレージュブラウンの色みで目元の印象がぼやけます。

もとの目や顔立ちがハッキリしている人以外は注意が必要です。

仕上がり

シャープさが物足りませんでした。

水耐性

若干落ちましたが気にならないレベルです。

9位: 水に弱い デジャヴュ「密着アイライナー」

デジャヴュ
密着アイライナー
ラスティンファイン
ショート筆リキッド
実勢価格:1430円

カラー/ブラックブラウン

▼テスト結果

  • 仕上がり: 2.5/5
  • 水耐性: 2/5
  • 皮脂耐性: 4.5/5

9位のデジャヴュ「密着アイライナー ラスティンファイン ショート筆リキッド」はとにかく水に弱く、消えた部分がハッキリわかったためC評価となりました。

ところどころズルッと落ちて、水への耐性はほとんど感じられませんでした。

ムラになりやすく、また筆先がコンパクトでコシが弱く安定しにくいので描きにくいです。

仕上がり

重ねるとムラになり、太く描きにくいです。

水耐性

目の中央部分がごそっと落ちました。

9位: 水には弱い チャコット「パワーフィットアイライナー」

チャコット
パワーフィット
アイライナー
実勢価格:1650円

カラー/251

▼テスト結果

  • 仕上がり: 2.5/5
  • 水耐性: 2/5
  • 皮脂耐性: 4/5

同じく9位のチャコット「パワーフィットアイライナー」は“舞台メイク用”に期待しましたが、水には弱くてザンネン……という結果になりC評価に。

液が肌にのりにくく、かすれて描きにくい! そのため重ねていくうちにムラが出現。

優れた密着液で耐久性が進化したとのことですが、水を浴びると全体的ににじみ、ぼやけてなくなりました。

仕上がり

肌に引っかかりかすれやすいです。

水耐性

ラインが丸ごと消滅しました。

11位: ラインが消滅 クチュールアップ「アイライナーN」

クチュールアップ
フィルム
アイライナーN
実勢価格:1595円

カラー/02

▼テスト結果

  • 仕上がり: 2.5/5
  • 水耐性: 1/5
  • 皮脂耐性: 4/5

10位となったクチュールアップの「フィルムアイライナーN」は、「ライン引いてた!?」レベルに消えてなくなってしまい、C評価という結果に。

くっきり密着アイラインを長時間キープとのことですが、実際は発色が弱めで、何度も重ねないと色がのらない使いにくさがイマイチでした。

また、描きにくくてにじみやすいから失敗してしまう恐れも。

さらに目元を拭いたタオルには、ごそっと取れたアイライナーがベッタリとつき、目元のラインはすっかり落ちてしまいました。

仕上がり

ムラになるうえに一瞬でまぶたについてしまいました。

水耐性

水に弱く、ラインがズルッと落ちてほとんど取れてなくなりました。さらに残ったアイライナーがカスとしてまぶたや目尻に残ってしまったのも気になります。

上品な目元になるアイライナーは?

ウォータープルーフやスマッジプルーフといった落ちないアイライナーを見てきましたが、メイクの決め手となるアイライナーはカラーによっても仕上がりの印象が大きく変わるんです。

上品な仕上がりを重視するなら、ブラウンのアイライナーがおすすめです。抜け感が出て、目元に上品な雰囲気が出ますよ。

▼ブラウンアイライナーのおすすめを見る

アイライナーの売れ筋ランキングもチェック

アイライナーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ:絶対落としたくないならヒロインメイクが正解!

以上、落ちないアイライナーのおすすめランキングのご紹介でした。

落ちにくさをウリにしているアイライナーを集めた今回の比較テストですが、皮脂に強いものが多かった一方で、水への耐性でグッと差が開きました。

A評価で1位を獲得したヒロインメイク「プライムリキッドアイライナー リッチキープ」は仕上がりもよく耐久性もバツグンなので、突然の夕立や暑さが気になる夏に活躍必至です!

ぜひ試してみてくださいね。

▼落ちないアイライナーのおすすめ

ヒロインメイク
プライムリキッド
アイライナー
リッチキープ
実勢価格:1320円

カラー/02