キッチン暮らしの悩み&ストレスが解決できるWi-Fi術って?

今では私たちの生活に欠かせないものとなったWi-Fi。ですが、そんなWi-Fiのことを「ギガの節約で使うもの」程度に考えていませんか?

実は、最新家電の多くはWi-Fiと連携させることでより便利になるんです。そこで、本音の家電ガイド『家電批評』が、快適な部屋づくりができるストレスゼロの最新Wi-Fi術をお届けしちゃいます。

Wi-Fi術を駆使して家中の悩みを解決するとともに、「ぶっちゃけ、Wi-Fiのことよくわかってない」というストレスも解決します!

キッチンラクに本格的な料理が作れる調理家電はある?

快適な部屋づくりにあたり、「リビング」「キッチン」「風呂・トイレ」など、エリアごとにフォーカスしました。

今回はキッチン編です。調理が苦手な人の大きな悩みのひとつは火加減が難しいこと。そんな人におすすめなのがIoT調理家電。「HESTAN CUE」のIHヒーターとフライパンです。

「焼き色がつくまで」とか、そもそも「弱火」や「中火」も具体的にどのくらいかわからない! なんて人でも、おいしい料理が作れます。

キッチンオート火力で調理してくれる「HESTAN CUE」

※画像はAmazonより

HESTAN CUE
スマートIHヒーター
実勢価格:5万5000円

サイズ・重量:φ32×H5cm・約2.1kg 
消費電力:1400W
コードの長さ:約150cm
天面素材:ガラス(セラミックコート仕上げ)

※画像はAmazonより

HESTAN CUE
スマートフライパン
実勢価格:3万3000円

サイズ・重量:約φ28×H10×長さ50cm(ハンドル含む)、厚板3mm
本体素材:SUS304ステンレス18/8(3層構造)

HESTAN CUEの「スマートIHヒーター」と「スマートフライパン」は、火加減を全部機械任せにできる調理家電。専用アプリとレシピプログラムを読み込むIHヒーターと、温度感知センサーが付いたフライパンです。

Wi-Fi接続ではなくブルートゥース連携させることで、レシピごとに最適な温度で加熱時間をコントロールし、調理をしてくれるんです。

火力調整は正確

フライパンに油を張り、「100℃」と「200℃」に温度設定しサーモで撮影した様子。最大温度は設定値とほぼ変わらず優秀でした。

調理はアプリ通りでほぼ完ぺき

実際の調理は、アプリに動画や文字で手順が細かく表示されます。下ごしらえは手作業ですが、焼くときは「焼き時間」が表示されるので、食材を投入したら見ているだけでOK。

メインからデザートまで料理の種類は充実しています。

キッチン肉・魚・デザートはプロも絶賛する味わいに!

▼調理の検証結果

  • NYストリップステーキ:◎
  • さばの塩焼き:○
  • オムレツ:△
  • バターミルクパンケーキ:◎

アプリの手順を守って、検証では4品を調理。焼き加減が難しいステーキは、設定したミディアムレアに仕上がりプロも大絶賛! 魚やパンケーキも上手に調理することができました。ただしオムレツはやや火が通りすぎて、卵焼きのような食感でした。

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

お肉はやわらかで、レアの焼き加減も絶妙でした。

日本だと買いにくい食材もあるので注意

調理の検証で作ったバターミルクパンケーキの材料の「バターミルク」はスーパーで見つけられませんでしたが、代替品がメニューに記載されているものもありました。欧米メニューが多いため、手に入れにくい食材は多いかもしれません。

以上、HESTAN CUEの「スマートIHヒーター」と「スマートフライパン」の紹介でした。

アプリ操作に慣れが必要なことや、IHヒーターとフライパンはプロ仕様で8万8000円と高めと気になる点もありましたが、本格的な料理を作りたいという人にはオススメです。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

キッチンキッチン家電の売れ筋ランキングもチェック!

キッチン家電のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。