カメラ今が一番面白い! 一眼カメラの魅力って?

一眼カメラ

写真を撮るならスマホが断然有利ですが、「一眼カメラ」ってなぜかカッコいいんですよね。ありふれた日常も、カメラで撮ればちょっと特別に。しかも最近のカメラって、結構いいと思うんです。

そこで本音の家電ガイド『家電批評』が、本気の趣味として始めるカメラの魅力をお届け。カメラの基本や撮り方、おすすめの機種から周辺アイテムまで紹介します。

カメラ動画撮影はスマホよりミラーレス一眼!

カメラで動画撮影

今どきのカメラには写真だけでなく、高い動画性能も求められています。「動画撮影ならスマホでいいのでは?」と思われるかもしれませんが、シャープでリッチな色調が楽しめるのが一眼動画。そして、動画の画質や撮影のしやすさで定評があるのが、パナソニックのルミックスシリーズです。

そこで今回は、以前にご紹介した20万円以下のベストバイカメラ、パナソニック「LUMIX GH5Ⅱ」を使った動画撮影の基本を紹介します。

▼パナソニック「LUMIX GH5Ⅱ」の記事はコチラ

カメラ動画にも注力した新登場パナソニック「LUMIX GH5Ⅱ」

こちらが予算20万円以下部門でベストバイを獲得した、パナソニック「LUMIX GH5Ⅱ」です。

パナソニック
LUMIX GH5Ⅱ
ブラック
実勢価格:19万4040円(ボディ)

サイズ・重量:約W138.5×D87.4×H98.1mm・約727g
ISO感度:100~25600、L(ISO100)、H(25600)
EVF:0.5型・約368万・約1.52倍
モニター:3型・約184万・タッチ対応・バリアングル
最大解像度:アナモ6K 4992×3744(29.97p)
イメージセンサー:マイクロフォーサーズ
連写(AF-C時):約9コマ/秒
画素数:2033万画素
USB充電:対応

動画撮影に定評のあるルミックスシリーズの中でも、とくに動画に注力しているのがGHシリーズ。GH5は時間制限なく4K動画を収録できることから、アマチュアからプロまで幅広く活用されています。

そんなGH5が、Ⅱ型にリニューアル。対応する動画フォーマットが増えるなど、動画カメラとしてもさらに磨きがかかりました。

▼GH5Ⅱが動画におすすめな理由はコチラ

今回は、プロに聞いたLUMIX GH5Ⅱを使った動画撮影の基本をご紹介。教えてくださったのは、カメラマンの福永仲秋さんです。

カメラポイント1:基本設定

まずは基本の設定をおさえましょう。福永さんが業務でも使用する基本的な設定はこちらです。

カメラで動画を撮る1

GH5Ⅱはもっと高画質な設定も可能なのですが、撮影や編集工程の容易さなどを考慮し、実用的でミスが起きにくいセッティングとなっています。

カメラで動画を撮る2

オートホワイトバランスの制御が巧みなので、カメラ任せでOK。編集しやすいようにローコントラスト、やや暗めに撮るのがコツだそうですよ。

福永仲秋 氏
フォトグラファー
福永仲秋 氏 のコメント

室内では30fpsにして照明のチラツキを抑制!

カメラポイント2:オートフォーカスの設定

オートフォーカスの設定は、エリアをゾーンにしてモードを「AF-C」に。こうしておくと人物などをカメラが自動で検知してフォーカスを合わせ続けてくれます。

カメラで動画を撮る3

AF関連で3つもボタンやレバーがあり、素早い設定変更が可能です。

カメラポイント3:手ブレしないコツ

動画の大敵は手ブレです。手持ち映像であっても不快な手ブレは抑えたいところ。GH5Ⅱは手ブレ補正が優秀なのでストラップの使い方を工夫するだけで、手持ちでも滑らかな映像にできます。

ストラップは「たすき掛け」

カメラで動画を撮る4

ストラップはたすき掛けにし、ピンとストラップを張ります。カメラを左右に振る(パン)ときは腰を回転軸に上半身を動かしましょう。

腕を完全に伸ばすと手ブレをより抑えやすく、畳むとブレが少し大きくなります。後者のほうが臨場感が出るというメリットもあるので、意図的に使い分けましょう。

カメラポイント4:「手持ち」と「三脚」の使い分け

三脚を使って撮ると客観的で説明的な映像になり、手持ちだと主観的でエモーショナルな映像になるという性質があります。

カメラで動画を撮る5
三脚:客観的な映像に。
カメラで動画を撮る6
手持ち:主観的な映像に。

主観表現をしたいときは、わざと手持ちで撮るのもおすすめです。

カメラSDカードの売れ筋ランキングもチェック!

SDカードのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、「LUMIX GH5Ⅱ」での動画撮影の基本ポイントでした。手ブレ補正が優秀なので、ポイントさえおさえれば手軽に高品質な動画が撮れます。参考にしてみてくださいね。

カメラ『家電批評』2021年9月号

『家電批評』2021年9月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年9月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年9月号では「趣味のカメラは今が一番おもしろい!」の特集を掲載しています。こちらもチェックしてみてください!