カメラ今が一番面白い! 一眼カメラの魅力って?

カメラ

写真を撮るならスマホが断然有利ですが、「一眼カメラ」ってなぜかカッコいいんですよね。ありふれた日常も、カメラで撮ればちょっと特別に。しかも最近のカメラって、結構いいと思うんです。

そこで本音の家電ガイド『家電批評』が、本気の趣味として始めるカメラの魅力をお届け。カメラの基本や撮り方、おすすめの機種から周辺アイテムまで紹介します。

カメラスマホ動画より一眼動画!

ミラーレス一眼

今どきのカメラには写真だけでなく、高い動画性能も求められています。「動画撮影ならスマホでいいのでは?」 と思われるかもしれませんが、シャープでリッチな色調が楽しめるのが一眼動画。そして、動画の画質や撮影のしやすさで定評があるのが、パナソニックのルミックスシリーズです。

そこで今回は、以前にご紹介した20万円以下のベストバイカメラ、パナソニック「LUMIX GH5Ⅱ」での動画撮影におすすめの6アイテムをお届けしたいと思います。

▼パナソニック「LUMIX GH5Ⅱ」の詳しいレビューはこちら

カメラ動画にも注力! 新登場のパナソニック「LUMIX GH5Ⅱ」

こちらが予算20万円以下部門でベストバイを獲得した、パナソニック「LUMIX GH5Ⅱ」です。

パナソニック
LUMIX GH5Ⅱ
ブラック
実勢価格:19万4040円(ボディ)

サイズ・重量:約W138.5×D87.4×H98.1mm・約727g
ISO感度:100~25600、L(ISO100)、H(25600)
EVF:0.5型・約368万・約1.52倍
モニター:3型・約184万・タッチ対応・バリアングル
最大解像度:アナモ6K 4992×3744(29.97p)
イメージセンサー:マイクロフォーサーズ
連写(AF-C時):約9コマ/秒
画素数:2033万画素
USB充電:対応

動画撮影に定評のあるルミックスシリーズの中でも、とくに動画に注力しているのがGHシリーズ。GH5は時間制限なく4K動画を収録できることから、アマチュアからプロまで幅広く活用されています。

そんなGH5が、Ⅱ型にリニューアル。対応する動画フォーマットが増えるなど、動画カメラとしてもさらに磨きがかかりました。

▼「LUMIX GH5Ⅱ」が動画におすすめな理由はこちら

今回は、GH5Ⅱでの動画撮影をいっそう快適にしてくれる、おすすめの6アイテムを紹介します。

カメラ滑らかなフォーカスに Yahlo「フォローフォーカス」

Yahlo「カメラ用フォローフォーカス」

Yahlo
カメラ用フォローフォーカス
ギアリング 49~82mmレンズ対応
実勢価格:1299円(2個入り)

Yahlo「カメラ用フォローフォーカス」は、フォーカス用のギアベルトです。取っ手を持って動かすとレンズのピントリングを一定のペースで動かせるので、滑らかなマニュアルフォーカスが可能になります。

カメラ追加のバッテリーなら パナソニック「DMW-BLK22」

パナソニック DMW-BLK22

パナソニック
DMW-BLK22
実勢価格:7779円

パナソニック「DMW-BLK22」はカメラには必需品の予備バッテリー。急に故障することもあるので多めに用意しておくと安心です。

カメラ2枚常備したい キオクシア「EXCERIA PLUS」

キオクシア「EXCERIA PLUS KLNPA064G」

キオクシア
EXCERIA PLUS
KLNPA064G
実勢価格:7980円(1枚)

4K60Pの撮影なら64GBのSDカードがあれば十分です。おすすめはキオクシア「EXCERIA PLUS KLNPA064G」。GH5Ⅱは、2枚のSDカードに同一データを書き込んでバックアップをとれます。

カメラ風切音を抑えるマイク パナソニック「VW-VMS10-K」

パナソニック「VW-VMS10-K」

パナソニック
VW-VMS10-K
実勢価格:6759円

マイクにはいろいろな種類がありますが、ここでは純正品のパナソニック「VW-VMS10-K」をピックアップ。音質向上というより、カメラ本体のマイクよりも風切音を抑えられるのがメリットです。

カメラ手ブレ編集にも便利 アドビ「Adobe Premiere Pro」

アドビ「Adobe Premiere Pro」

アドビ
Adobe Premiere Pro
実勢価格:2728円~/月

アドビ「Adobe Premiere Pro」は、映画やドラマ制作でも活用されるパソコン用の編集ソフト。カット割や色調整のほか、動画の手ブレを緩和するためにも使えます。

撮影時にレンズの焦点距離を17mm以上(マイクロフォーサーズの場合)にすると、Premire Proで手ブレを取り除きやすいです。

カメラパン操作がしやすくなるムービー用の三脚

三脚

お金を出すとキリがないのが三脚。動画撮影ではドイツの「ザハトラー」などが著名ですが、安くても10万円近くします。

まずは安いものでもいいので、ムービー用の三脚をひとつ買っておきましょう。ムービー用の三脚は写真用の三脚とは異なり、カメラを動かすパン操作がしやすいように設計されています。

カメラカメラバッグの売れ筋ランキングもチェック!

カメラバッグのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、「LUMIX GH5Ⅱ」で動画撮影をするのにおすすめの6アイテムでした。次回はプロに聞いたLUMIX GH5Ⅱを使った動画撮影の基本を紹介します。

カメラ『家電批評』2021年9月号

『家電批評』2021年9月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年9月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年9月号では「趣味のカメラは今が一番おもしろい!」の特集を掲載しています。こちらもチェックしてみてください!