疲れないごはん作りのテク&おすすめ食材を紹介

疲れないごはん作りのテク&おすすめ食材を紹介

家族が家にいる時間が長くなって、大変なのが毎日のごはん作り。献立は悩みのタネで、ストレスも溜まりますよね。

そこでテストする女性誌「LDK」とプロの料理家たちが「疲れないごはん作り」のアイデアをお届け。いつものメニューにプラスαするだけでマンネリ回避してくれるおすすめアイテムを紹介します。

ナンプラーさえあれば! なんちゃってエスニックがすぐ作れる

ナンプラーさえあれば! なんちゃってエスニックがすぐ作れる

ごはんの定番といえば、和食、中華、洋食。でもおうち時間が増えるとレパートリーがなくなってきて飽きがちですよね。

かといってエスニック料理を作るとなると、調味料を揃えたりするのが大変。でも、実は調味料は1本あればいいんです。それが、入れるだけでアジアン料理風、エスニック風な味になる「ナンプラー」! 

ナンプラーはカタクチイワシなどを発酵させて作る「魚醤」で、タイ料理には欠かすことのできない調味料です。魚介のうまみが凝縮されているので、実は汎用性が高く、お醤油代わりに使えばたれや煮物の味付けにも合うんです。冷奴や餃子のたれにも!

ナンプラーさえあれば! なんちゃってエスニックがすぐ作れる

炒めものもスープもサラダもナンプラーで即エスニック風に。しょうゆをナンプラーに置き換えるだけで異国の味わいになりますよ。

市販の人気ナンプラー9製品を比較

市販の人気ナンプラー9製品を比較

ナンプラーもさまざまな製品があり、おいしさに差があるのが気になりますよね。

そこで今回は、スーパーやネットで気軽に購入できるナンプラーを9製品ピックアップして、各国料理研究家の佐藤わか子さんと「LDK」編集部が検証。チェックしたのは以下の項目です。

▼テスト項目
1:味
2:容器の使いやすさ


食べ比べてみると、塩気の強さや旨味の有無などそれぞれ個性がありました。また、注ぎ口が大きすぎると量が調節しにくいので、容器も要チェックです。

それでは、ナンプラー9製品をおすすめ順に紹介します!

クセが強すぎなくて万能! ヤマモリ「ナンプラー」

クセが強すぎなくて万能! ヤマモリ「ナンプラー」

ヤマモリ
ナンプラー
実勢価格:315円/150ml

クセが強すぎなくて万能! ヤマモリ「ナンプラー」

▼テスト結果
味   :◎
容器の使いやすさ:◎+


A+評価を獲得したのは、ヤマモリ「ナンプラー」です。力強い塩味なのに、後味はマイルド。独特な魚臭さもなく、いろいろな料理に使いやすいと高評価でした。

クセが強すぎなくて万能! ヤマモリ「ナンプラー」

密封ボトルだから量の調節がしやすく、酸化も防げます。液だれしない注ぎ口もポイント高しでした!

佐藤わか子 氏
各国料理研究家
佐藤わか子 氏 のコメント

扱いやすいよう、よく考えられた容器もいいですね

この旨味は買いッ! メガシェフ「ナンプラー」

この旨味は買いッ! メガシェフ「ナンプラー」

メガシェフ
ナンプラー
実勢価格:226円/200ml

▼テスト結果
味   :◎
容器の使いやすさ:◎


メガシェフ「ナンプラー」は、A評価。個性的だけど旨味が強いのでおいしいです! 容器の使いにくさも特にありませんでした。

マイルドな味わいが好きなら アライド「ナンプラー」

マイルドな味わいが好きなら アライド「ナンプラー」

アライド
ナンプラー
【バランス フィッシュソース ゴールド】
実勢価格:220円/200ml

▼テスト結果
味   :◎
容器の使いやすさ:◯


同じくA評価のアライド「ナンプラー」は、旨味があり後味マイルドです。クセがあるものが苦手な人におすすめ!

パンチが強すぎないのが◎ クラシックタイ「ナンプラー」

パンチが強すぎないのが◎ クラシックタイ「ナンプラー」

クラシックタイ
ナンプラー
実勢価格:298円/200ml

▼テスト結果
味   :◯
容器の使いやすさ:◯


B評価となったのは、クラシックタイ「ナンプラー」で、ほどよい塩気と旨味があります。ビンの使いにくさも特に問題ありませんでした!

本格派な味を求めるなら S&B「李錦記 魚醤(ナンプラー)」

本格派な味を求めるなら S&B「李錦記 魚醤(ナンプラー)」

S&B
李錦記 魚醤
(ナンプラー)
実勢価格:378円/130g

▼テスト結果
味   :◎
容器の使いやすさ:△


同じくB評価だったのは、S&B「李錦記 魚醤(ナンプラー)」。中身がドバッと出てしまうのが惜しいですが、味は本格的です!

C評価: やや塩気が強め フラインググース「ナンプラー」

C評価: やや塩気が強め フラインググース「ナンプラー」

フラインググース
ナンプラー
実勢価格:302円/200ml

▼テスト結果
味   :△
容器の使いやすさ:◯


C評価となったフラインググース「ナンプラー」。使いにくさはそこまでないものの、旨味が塩気に隠れちゃうのが惜しいです!

C評価: 魚くささが惜しい! 丸美屋「魚醤(ナンプラー)」

C評価: 魚くささが惜しい! 丸美屋「魚醤(ナンプラー)」

丸美屋
魚醤
(ナンプラー)
実勢価格:378円/150ml

▼テスト結果
味   :◯
容器の使いやすさ:△


同じくC評価となった丸美屋「魚醤(ナンプラー)」。味はいいのですが、魚特有の臭みが目立つのが惜しい結果となりました。

C評価: 臭みが気になる 業務スーパー「ナンプラー」

C評価: 臭みが気になる 業務スーパー「ナンプラー」

業務スーパー
ナンプラー
実勢価格:389円/300ml

▼テスト結果
味   :△
容器の使いやすさ:◯


同じくC評価となった業務スーパー「ナンプラー」は、臭みと塩気が強すぎるという結果に。味はいまひとつでしたが、容器の使いにくさは特にありませんでした。

D評価: 容器の使いにくさが惜しい! ユウキ食品「ナンプラー」

D評価: 容器の使いにくさが惜しい! ユウキ食品「ナンプラー」

ユウキ食品
ナンプラー
実勢価格:278円/70g

▼テスト結果
味   :△
容器の使いやすさ:×


残念ながらD評価となったのは、ユウキ食品「ナンプラー」。味はまずまずだったのですが、フタまわりに液が溜まってしまい、容器の使いにくさが難点となってしまいました。

エスニック調味料の売れ筋ランキングもチェック!

ナンプラー、エスニック調味料のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

エスニック調味料の売れ筋ランキングもチェック!

以上、おすすめのナンプラーの紹介でした。旨味と塩味のバランスが良く、容器も使いやすかったのはヤマモリでした。

いつものメニューのドレッシングやつけだれなどに使うだけでも、アジアン風・エスニック風料理が完成します。ぜひ活用してみてください。