カメラ2020年春に登場!PENTAXの新製品一眼レフって?

ここ数年、レンズ交換式のカメラは一眼レフからミラーレスにトレンドが移行しています。

一眼レフの盟主だったニコンとキヤノンがミラーレスに注力した結果、2019年から20年末までの新製品はミラーレスが32製品に対し、一眼レフはわずか6製品。

そんな状況で、2020年に「一眼レフの未来を創る」と宣言したのがペンタックスでした。そして、宣言後初の新製品となったのが一眼レフの「K-3 MarkⅢ」です。

カメラ時代に逆行した一眼レフ PENTAX「K-3 MarkⅢ」

リコーイメージング
PENTAX
K-3 MarkⅢ
実勢価格:24万9800円(ボディ)

サイズ:D73.5×H103.5×W134.5mm
重量:800g
イメージセンサー:2573万画素APS-Cサイズ
画像モニター:約162万ドット
シャッター:1/8000秒〜30秒

PENTAX「K-3 MarkⅢ」は、Kー3シリーズの第3世代で品質を重視したハイエンド機種。一眼レフの新製品というだけでレアなカメラです。

今回は、前回の基本スペックや使用レビューに続き、「K-3 MarkⅢ」に最適な交換レンズ3製品をご紹介します。

▼使用レビューの記事はこちら

カメラ最軽量の組み合わせで軽快スナップ!「パンケーキ」

リコーイメージング
HD PENTAX
DA 21mmF3.2AL Limited
実勢価格:4万2030円

厚さわずか25mm・134gの超コンパクトな「パンケーキレンズ」。

「HD PENTAX DA 21mmF3.2AL Limited」は、最短撮影距離も20cmと短いため食事風景など「寄って撮りたいシーンでも活躍します。

最軽量の組み合わせで軽快スナップ!

常にポケットに忍ばせておきたい系のレンズです。

カメラどんな風景もダイナミックに!「小型魚眼ズーム」

リコーイメージング
HD PENTAX-DA
FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED
実勢価格:6万1830円

「HD PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED」は、風景を丸く歪ませて広い範囲を写し込む魚眼レンズ。どんな景色も迫力満点にしてしまうズルいレンズです。

どんな風景もダイナミックに!

このレンズは望遠側にすると歪みが減り、自然な遠近感になるため幅広いシーンに対応できます。

カメラ他社ユーザーもうらやむペンタの代名詞「FAリミテッド」

リコーイメージング
HD PENTAX-FA
31mmF1.8 Limited
実勢価格:12万4900円

「HD PENTAX-FA 31mmF1.8 Limited」は、ペンタックスを代表する大人気のレンズです。

他社ユーザーもうらやむペンタックスの代名詞

基本設計はフィルムカメラ時代末期のものでオートフォーカスの機構が古いため、ピントを合わせると「ギュイーン」と大きな駆動音がするのも特徴。ボケが美しく、コントラストも高いため印象的な写真が撮りやすいレンズです。

カメラ【結論】PENTAXレンズは個性派揃いで面白い!

ペンタックスのレンズはフルサイズ用のFAレンズとAPS-C用のDAレンズがあり、DAレンズには低価格で小型なレンズがたくさん揃っています。

また、金属製の美しい外観と小型軽量、大口径(つまり大きくボケます)を狙ったリミテッドレンズシリーズはこのレンズを使いたいからペンタックスを買い足す他社ユーザーがいるほどの人気レンズ。K-3 MarkⅢの外観ともベストマッチします。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

カメラ『家電批評』7月号

『家電批評』7月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年7月号
実勢価格:700円