カメラ令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

カメラ性能も画質もトップクラス
2年前の発売でも人気の「D850」

手軽に持ち運びがしやすく、初心者でも使いやすいことでミラーレス一眼の人気が高くなっていますが、”本格派"が使うのはやはり一眼レフです。

動きに強いので走っている人物もしっかり捉えられ、夜や室内では手ブレを防いで美しい写真を撮ることができます。バッテリーの持ち時間も長く、耐久性に優れているので機材トラブルが少ないなどの多くのメリットがあるのです。

カメラとにかく、構えて、のぞいてみて。
ひとこと、「至高」

一眼レフはニコンがナンバーワンです。特に「D850」はミラーレスに注目が集まった今年もヨドバシカメラやカメラ専門店の販売ランキングでたびたびトップ10に食い込む人気っぷりを誇ります。

ニコン
D850
実勢価格:31万4671円(ボディ)

サイズ:約W146×H124×D78.5mm
重量:1005g
イメージセンサー:約4575万画素 35mmフルサイズ CMOSセンサー
動画記録:4K 30p
連写速度:約7コマ/秒(AF追従)

ミラーレス時代に一眼レフをあえて買う理由は、レンズが捉えた光をそのまま確認できるファインダーと成熟したオートフォーカス、豊富な交換レンズの3点に集約されます。

特に「D850」のファインダーの出来栄えは称賛に値するレベル。ファインダーをのぞくとその広さに驚くはずです。

構えた時のどっしり感もフルサイズ一眼レフの上位機種ならでは。指先に伝わる確かな感触とファインダーの広大な視界が「良い写真撮れるぞ!」と撮影意欲を高めてくれます。

性能や画質テストももちろんトップクラス

しかも、ミラーレスの有機ELや液晶を使ったファインダー(EVF)と異なり、ほんものの光を見つめられるので、視界がクリアでとっても自然です。

もちろん、画質やオートフォーカスもトップクラス。オートフォーカスは、「α7R Ⅳ」より優秀でした。

性能も画質も両方を追求した「D850」。2年前の発売でも未だランキングの上位に位置しているという実力は、納得のベストバイ家電と言えるでしょう。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれたフルサイズ一眼レフカメラの紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。