ごはん作りがラクに!「ほったらかし料理グッズ」

家での食事がふえている昨今、毎日のごはん作りにちょっとお疲れではないですか? 家事や仕事に追われる中、毎日何種類もおかずを作るのは大変です。

そんななか、ある程度料理道具に調理を任せられる「ほったらかし料理」が人気を集めています。

ほったらかし料理のメリット

ほったらかし料理のいちばんのメリットは、台所につきっきりでいる必要がないこと。空いた時間に別のことができます。

・調理がスピーディにできる
・空いた数分でほかの家事ができる
・火加減を気にする心配なし!
・蒸すから食材が柔らかくなる
・洗い物が少なくて済む


今回は人気のストウブと、低価格帯の無水調理鍋3製品を比較して見ました。

ほったらかし料理に便利な無水調理用鍋

無水調理用鍋は厚みがあり重いので、鍋の中が密閉状態になりおいしさを逃さないのが特長。フタをしたあとは食材に触らずほったらかしにできるので手間がかからず、煮崩れもありません。昼や夜のメイン料理に最適です!

メリット :水を加えないので食材のうまみが凝縮
デメリット:鋳鉄タイプだと3kg以上あって重い

料理の味や焼きムラなどで無水調理用鍋4製品を比較!

ご飯を炊いて玉ねぎを焼き、その味をチェック。さらに水の沸騰時間やサーモカメラでの温度変化を見て熱の伝わりやすさも検証しました。また、無水調理用鍋で作る料理は本当においしくなるのかもチェックしました。

<検証方法>
チェック1:炊いたご飯の味
チェック2:焼いた玉ねぎの味
チェック3:水の沸騰時間
チェック4:温度のムラ

IHコンロで3種類を調理。

サーモカメラで温度を測定。

それでは検証結果をご覧ください!

ご飯も野菜も旨みを引き出す! ストウブ「ピコ・ココット」

ストウブ
ピコ・ココット
ラウンド 20cm グレー
実勢価格:2万3480円

鋳鉄(ほうろう加工)

▼テスト結果
ご飯の味 :◎
玉ねぎの味:◎
沸騰時間 :◎
温度のムラ:◎


4製品を比較した今回のテストで「ベストバイ」を獲得したのは、人気のストウブ「ピコ・ココット ラウンド20cm グレー」。お値段としては約2万円と高価で、鋳物製で重いため取り扱いもラクではありません。

ただ、その重さと厚みのためさすが温度変化は安定しており、初心者でも調理の失敗はしにくいです。ご飯を炊いたり玉ねぎを炒めたりしてみると、素材のよさを十分に引き出してくれました。

ご飯:やや硬めで芯がしっかり! 噛むと旨さじんわり!

炊きたては、うまく炊けた証拠である「かに穴」ができています。やや硬めの食感で、噛むほどに水分や旨みが口の中にあふれてきます。

佐藤わか子 氏
各国料理研究家
佐藤わか子 氏 のコメント

ご飯はお米の輪郭がしっかりしていて、冷めてもおいしいです

本体:3.6kgと重いので持ち運びはしにくい

内部のザラザラにより油なじみがいいです。3.6kgとかなり重いので、持ち運ぶときは落とさないように慎重に行いましょう。

フタ:周囲の深い溝は掃除がやや大変

食材から出た水分がフタ裏の凹凸から食材にまんべんなく降り注ぎます。周囲の深い溝は汚れがたまりやすいです。

玉ねぎ:甘みが出ていて柔らかさが均一

玉ねぎの甘みがしっかり出ていて、どの場所を食べても柔らかいです。密度が高いためか火が通りやすく、焦げ感は最もあります。

沸騰時間:緩やかに上がり3分で沸騰する

温度は緩やかに上昇していき、100℃までの到達時間は3分。鍋全体がゆっくりと熱をためていく印象。保温性は高めです。

温度のムラ:全体が均一に熱くなる

サーモカメラで見ると、キレイな輪郭が映し出されました。ムラは少ないです。180℃までの到達時間は1分37秒と遅めです。

ストウブに迫る実力! アイリスオーヤマ「無加水鍋 20cm MKSS-P20」

アイリスオーヤマ
無加水鍋 20cm
MKSS-P20
実勢価格:5038円

アルミ合金(セラミック加工)

▼テスト結果
ご飯の味 :◎
玉ねぎの味:◎
沸騰時間 :◎
温度のムラ:〇


「A評価」だったのはアイリスオーヤマ「無加水鍋 20cm MKSS-P20」。ストウブよりかなり安くて軽いのに、ご飯や玉ねぎの味は引けを取らず、プロの料理家も驚きでした。

火の通りが早く、やわらかく仕上がります。ストウブが高くて購入をためらっている初心者にオススメです。

酒寄美奈子 氏
料理研究家
酒寄美奈子 氏 のコメント

デザイン的にややチープに見えるのが惜しいところです

ご飯:柔らかめに炊けており、ふっくらした味わいに

炊きたては「かに穴」ができています。ストウブで炊いたご飯よりやわらかめで、ふっくらしています。

玉ねぎ:火の通りはいいが焦げは少なめ

中まで火がしっかり通っており、甘みが出ていて味はストウブ製と遜色なし。焦げは控えめでした。

温度のムラ:温度が上がりやすく冷めるのは早め

180℃までの到達時間は55秒とかなり早いが、冷めるのも早めです。温度のムラは少し見られました。

対流の具合が惜しいニトリ「IH 両手ホーロー鉄鋳物鍋(20cm)」

ニトリ
IH 両手ホーロー
鉄鋳物鍋(20cm)
実勢価格:2536円

鋳鉄(ほうろう加工)

▼テスト結果
ご飯の味 :△
玉ねぎの味:△
沸騰時間 :〇
温度のムラ:〇


PB製品のニトリ「IH 両手ホーロー鉄鋳物鍋(20cm)」は「B評価」でした。かなり安く、デザインもオシャレのがgood。

ただ、炊いたご飯の表面に「かに穴」はなく、かなり凸凹しています。食べてみるとややかためで、芯が少し残っていました。焼いた玉ねぎの仕上がりももう一つで、安くてもオススメしにくいです。

玉ねぎ:生焼け気味でかためな部分が残る

玉ねぎは生焼け状態で、やわらかい部分とかたい部分がありました。火が通るのに時間がかかり、料理により時間がかかりそうです。

温度のムラ:早めに熱くなるがムラは少ない

180℃までの到達時間は1分40秒。時間も温度のムラの画像もストウブに近かったです。

C評価: デザインは美しいイシガキ産業「ボン・ボネール ココット アイボリー 20cm」

イシガキ産業
ボン・ボネール
ココット アイボリー
20cm
実勢価格:5720円

鋳鉄(ほうろう加工)

▼テスト結果
ご飯の味 :△
玉ねぎの味:△
沸騰時間 :△
温度のムラ:△


アイリスオーヤマやニトリと同様に5000円台のイシガキ産業「ボン・ボネール ココット アイボリー 20cm」は、「C評価」でした。

土鍋などを数多く販売しているイシガキ産業製。炊いたご飯は場所によってかたさに差があり、芯が残っている部分もあればやわらかい部分もありました。玉ねぎは最も生焼け状態が多く、他製品と比べると惜しい結果でした。

玉ねぎ:中まで火が通っておらず、かたい部分も残っている

ニトリ製よりもさらに火の通りが悪いです。やわらかい部分もありますが、かたいままの部分もかなり残ります。そのため食感があまりよくありません。

温度のムラ:温度が上がるまでかなり時間がかかる

180℃までの到達時間は2分3秒と、4製品のなかでは最も遅いです。温度もかなり偏りがみられました。
 

両手鍋の売れ筋ランキングもチェック!

両手鍋のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、ほったらかし料理に最適な「無水調理用鍋」でした。

温度のムラなく食材の旨みを引き出すストウブはさすがの結果でした。格安タイプの中ではストウブに匹敵する評価を得たアイリスがおすすめです。おうちごはんで活用してみてくださいね!