食べてますか? 栄養価満点&アレンジ自在なオートミール

食べてますか? 栄養価満点&アレンジ自在なオートミール

栄養バランスに優れた「オートミール」。よく欧米の映画やドラマの朝食シーンにミルク粥やシリアルとして出てきますが、日本ではなかなかなじみのない食品ですよね。

オートミールを食べた人の話を聞くと、「味がしない」「まずい」なんて声もよく耳にしますが、それは味付けの問題である可能性大。オートミールは、和食・洋食・中華・デザートにと、アレンジ次第で幅広く活躍してくれる食卓の救世主なんです!

今回は、そんな超便利なオートミールのおすすめランキングをご紹介。その前に、まずはオートミールがどういった食品なのか、その特徴から振り返ってみましょう。

そもそもオートミールって何なの?

そもそもオートミールって何なの?

オートミールとは、オーツ麦を食べやすく加工したシリアルのこと。精白せずに外皮を残したまま加工されるため、栄養と食物繊維が豊富で、離乳食や美容食、ダイエット食としても注目を集めています。

植物性たんぱく質が精白米の約2倍、食物繊維は精白米の約20倍、玄米の約3.5倍もの量が含まれています。また、日本人に不足しがちなカルシウムや鉄分と行ったミネラルも豊富に含まれており、健康食として好まれています。

そもそもオートミールって何なの?

また、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく含んでいることもオートミールの特徴で、血液中のコレステロール排出する働きや整腸作用が期待できると言われています。

オートミールには、体を動かすのに必要なエネルギー源となる良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養を豊富に含まれているため、筋トレに励む人のエネルギー補給食としてもおすすめ。また、豊富な食物繊維により、糖質の吸収を抑えてくれる働きも期待できます。

健康的な体づくりのためにも、ぜひ食生活にオートミールを取り入れたいですね!

オートミールにはどんな種類があるの?

オートミールとひと口に言っても、その加工方法によっていくつかの種類に分かれています。ここでは、オートミールのなかで代表的な4種類をご紹介しましょう。

インスタントオーツ

インスタントオーツ

インスタントオーツとは、もみ殻を除いたオーツ麦を蒸したあと、さらに薄く圧延し細かくカットしたもの。熱湯やホットミルクを注いでかき混ぜるだけでよくふやけますし、冷たいミルクを注ぎ混ぜて少し時間を置けば食べられるので、忙しい朝にもおすすめです。

オートミールのなかではもっとも粒が細かいため、加熱調理すればトロッとした食感に。小さなお子さんの離乳食や、噛むのが大変な高齢者の介護食としても活躍してくれます。

インスタントオーツのなかでも味付きタイプの商品は、ミルクをかけるだけで調理が完了するので、調理に手間をかけるのが面倒だという人向け。また、個包装タイプなら外出先でも手軽に食べられますよ。

クイックオーツ

クイックオーツ

クイックオーツは、もみ殻を除いたオーツ麦を蒸したあとに、薄く圧延しカットしたもの。あるいは、オーツ麦の皮を剥き割ったカットオーツを蒸して平たくローラーでつぶしのばしたものをさします。

煮込み時間は約1分で、時短調理が叶います。

歯ごたえは、インスタントオーツとロールドオーツの中間です。

ロールドオーツ(オールドファッションオートミール)

ロールドオーツ(オールドファッションオートミール)

ロールドオーツは、もみ殻を除いたオーツ麦を蒸したあとに、押し麦のように圧延したものです。煮込み時間は商品にもよりますが、約5分程度。もっともオーソドックスなオートミールで、ある程度歯ごたえを楽しみたい人におすすめのタイプです。

スチールカットオーツ(アイリッシュオーツ)

ボブズレッドミル グルテンフリー オーガニック スティールカット オーツ 680g:食品雑貨

ボブズレッドミル
グルテンフリー オーガニック スティールカット オーツ 680g
実勢価格:1450円

※楽天リンク先は2個セット販売

スチールカットオーツとは、もみ殻を除いたオーツ麦をカットしたもの。約25~30分煮込んだり、お米と一緒に炊くのがメジャーな食べ方です。プチプチとした食感を楽しめます。

オートミールの選び方のコツは?

オートミールが初めてとなると、いろんな種類があってどのような基準で選べばいいかわからないですよね。ここでは、初心者向けにオートミールの選び方をご紹介したいと思います。

選び方1:粒の大きさや粘り気で選ぼう

選び方1:粒の大きさや粘り気で選ぼう

前項で紹介したオートミールの各種類の食べごたえの特徴は以下の通り。好みの食感に合わせて選びましょう。

・インスタントオーツ
粒が小さく、粘り気多め

・クイックオーツ
粒がやや小さく、粘り気やや多め

・ロールドオーツ(オールドファッションオートミール)
粒がやや大きく、粘り気やや少なめ

・スチールカットオーツ(アイリッシュオーツ)
粒が大きく、粘り気少なめ

選び方2:調理のしやすさで選ぼう

選び方2:調理のしやすさで選ぼう

調理時間の目安は、以下の通り。商品によって加熱時間は異なりますが、朝食にサクッと短時間で調理したいのであれば、インスタントオーツやクイックオーツがおすすめです。

・インスタントオーツ
熱湯やホットミルクを注いでかき混ぜて食べる。冷たいミルクなどをかけたり、ヨーグルトと合わせて食べてもOK。一食分ずつ小分けになった手軽な味付きタイプもあります。

・クイックオーツ
水やミルクと混ぜて、時々かき混ぜながら約1分間煮詰めれば完成。電子レンジの加熱時間は1~2分程度。

・ロールドオーツ(オールドファッションオートミール)
水やミルクと混ぜて、時々かき混ぜながら約5分間煮詰めれば完成。

・スチールカットオーツ(アイリッシュオーツ)
水やミルクと混ぜて、時々かき混ぜながら約25~30分煮込めば完成。

塩気のあるお粥として食べる場合、少量の塩を加えましょう。甘いのがお好みなら、仕上げにはちみつやシロップをかけて味を整えると○。

選び方3:容器や内容量で選ぼう

選び方3:容器や内容量で選ぼう

オートミールは、袋入りのものやボトル入りのものなど、色んなタイプがあります。容器をそのまま使うのであれば、しっかり蓋が閉まるボトルタイプや、保存に便利なチャック付きの袋がおすすめです。もし保存容器に移し替えるのであれば、シンプルな袋タイプでも構いません。

いざ試してみたら好みに合わなかった……なんてこともあるので、不安な人は小容量タイプから試してみるといいでしょう。

選び方3:コスパで選ぼう

選び方3:コスパで選ぼう
箱の中には、2.26kgの袋が2袋入っています。

こちらの画像はクエーカー「クイックオートミール 4.52kg」

毎日の朝食など、日常的にオートミールを食べるのであればコスパもだいじですよね。オートミールが気に入ったら、よりコスパのいい大容量タイプに移行することも検討してみては?

オートミール25製品+αを料理家さんが実食して徹底比較!

オートミール25製品+αを料理家さんが実食して徹底比較!

前回、料理家の桃世真弓さんにオートミール15商品を試食してランキング化しましたが、今回は新たに10商品を試食し、再度ランキング化しました。

エントリーしたのは、「インスタントオーツ」「クイックオーツ 」「ロールドオーツ」の3種類、合計25商品。また、番外編として味付きインスタントオーツも実食したので、参考にしてみてください。

テスト方法(食べ方)は以下の通りです。

冷たい牛乳をかける(インスタントオーツのみ)[配点:5点]

冷たい牛乳をかける(インスタントオーツのみ)[配点:5点]

冷たい水分でもふやけやすいインスタントオーツのみ、冷たい牛乳をかけて味わいや食感を検証しました。

オーバーナイトオーツ(牛乳+ヨーグルト)[配点:5点]

オーバーナイトオーツ(牛乳+ヨーグルト)[配点:5点]

「オーバーナイトオーツ」とは、オートミールを牛乳やヨーグルトなどに一晩浸けて翌朝の朝食にいただく食べ方。フルーツやドライフルーツ、はちみつなどと合わせると、より美味しくいただけます。

今回は、牛乳とヨーグルトを1:2の割合で配合。そこに砂糖を適量加えオートミール大さじ1を混ぜ入れ、一晩漬け込んだものを実食してもらいました。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

余談ですが、牛乳を混ぜないでヨーグルトだけで作ったオーバーナイトオーツは失敗作でした。とくにインスタントオーツは、ネバネバ食感と穀物の香ばしさが相まって、まるでひきわり納豆のような仕上がりに…! ネバつきが気になる人は、牛乳にひと晩浸けてヨーグルトは食べるときに添えるなど、工夫してみてくださいね。

電子レンジで作る鶏だし粥[配点:5点]

電子レンジで作る鶏だし粥[配点:5点]

顆粒の鶏がらスープの素を使い、中華風粥に仕立てました。

作り方は、オートミール大さじ3に鶏がらスープの素を小さじ1/2程度を入れ、お湯(85度程度)を注ぎ混ぜます。ラップをかけて電子レンジ(500W)で約40秒、1回煮立つまで加熱してから実食しました。

粒の大きなロールドオーツに関しては、電子レンジで加熱後3分程度おき、余熱が入るのを待ってから実食しました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

この食べ方がいちばんお気に入りです。レンジでチンして、小ネギを添えてごま油を回しかければ、立派な中華風粥の出来上がりです!

容器の使い勝手[配点:3点]

容器の使い勝手[配点:3点]

オートミールの保存には、密閉性の高い容器のほうが安心です。蓋を回して閉めるタイプのものは3点、蓋付きのボトルやチャック付きの袋は2点、シンプルな袋入りのものは1点としました。

以上のポイントを踏まえ、まずはインスタントオーツのランキングから参りましょう!

▼インスタントオーツのおすすめランキング7選

まず最初は、牛乳やヨーグルトなどをかけて、もっとも手軽に食べられるインスタントオーツのおすすめランキングから。味のついてないプレーンなタイプの7商品を食べ比べて、ランキング化。なんと、同率1位に4商品が並びました!

エルサンク・ジャポン 有機オートミール

エルサンク・ジャポン 有機オートミール

エルサンク・ジャポン
有機オートミール 250g
実勢価格:358円

原材料:有機オート麦
原産国:フランス
容器:チャック付きプラスチック袋
サイズ:約W11×D7×H23cm
100gあたりの価格:172.8円
※auPAYは、セット販売ページを含みます。

▼テスト結果

  • 冷たい牛乳: 5/5点
  • オーバーナイトオーツ: 5/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 15/18点

インスタントオーツのおすすめランキング第1位は、エルサンク・ジャポン「有機オートミール」です!

▼オートミールの粒

エルサンク・ジャポン 有機オートミール

粒は平たく細かい形状なので、冷たい牛乳との馴染みやすさもGOOD。オートミール自体に甘く香ばしい風味を感じます。

▼オーバーナイトオーツ

エルサンク・ジャポン 有機オートミール

オーバーナイトオーツの粘り気はそこそこ。オートミールの香ばしさとヨーグルトの爽やかな酸味の両方がバランス良く出ていて、とても美味しいです!

▼鶏だし粥

エルサンク・ジャポン 有機オートミール

鶏だし粥に関しては、お湯でしっかり戻りやすい点は手軽でいいけれど、美味しさは普通でした。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

とくにヨーグルトとの相性が最高なオートミールです! スープに入れても相性が良さそう。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

ほんのり甘く感じるので、牛乳をかけるだけでも美味しくいただけました!

▼エルサンク・ジャポン「有機オートミール」の購入ページはこちら

日食 オーガニックオートミールのおかゆ

日食 オーガニックオートミールのおかゆ

日食
オーガニックオートミールのおかゆ 120g ×4個
実勢価格:1192円

原材料:有機オーツ麦(有機えん麦)
原産国:フィンランド、オーストラリア、カナダ、アメリカのいずれか
容器:チャック付きプラスチック袋
サイズ:約W16×D6×H15.5cm
乳児用規格適用食品
100gあたりの価格:248.3円

※楽天リンク先は1個販売

▼テスト結果

  • 冷たい牛乳: 5/5点
  • オーバーナイトオーツ: 3/5点
  • 鶏だし粥: 5/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 15/18点

インスタントオーツのおすすめランキング同率1位は、日食「オーガニックオートミールのおかゆ」です。

オーガニックオーツ麦100%で、食品添加物はいっさい不使用。月齢5カ月~18カ月の赤ちゃんの離乳食としても使えます。

▼オートミールの粒

日食 オーガニックオートミールのおかゆ

粒がとてもきめ細かいので冷たい牛乳をかけてもすぐに馴染んでくれ、柔らかくて食べやすいです。

▼オーバーナイトオーツ

日食 オーガニックオートミールのおかゆ

オーバーナイトオーツでは、ドロリとした粘り気が出て重たい食感。ヨーグルトの風味も弱く感じました。

日食 オーガニックオートミールのおかゆ

なかでもいちばん相性の良かった食べ方は、鶏だし粥です。加熱調理すると本当にお米で作ったおかゆのようで、優しい味わい。だしのうまみも存分に吸ってくれました!

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

さすが離乳食用。言われなかったらオートミールとわからないくらい、おかゆとしてのクオリティが高いです。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

本当に柔らかくて食べやすいので、胃が弱っているときに食べたいです。栄養豊富ですし、水をかけてしばらく待てば食べられるので、防災備蓄品としてもいいんじゃないでしょうか。

クエーカー インスタントオートミール

クエーカー:インスタントオートミール 1kg:食品雑貨

クエーカー
インスタントオートミール 1kg
実勢価格:1188円

原材料:全粒オーツ麦(オーストラリア産)
原産国:オーストラリア
容器:プラスチックボトル
サイズ:φ13×H23cm
100gあたりの価格:118.8円
※auPAYは、複数個販売ページを含みます。

▼テスト結果

  • 冷たい牛乳: 5/5点
  • オーバーナイトオーツ: 3/5点
  • 鶏だし粥: 4/5点
  • 容器の使い勝手: 3/3点
  • 合計: 15/18点

インスタントオーツのおすすめランキング同率1位に、オートミールの有名メーカー・クエーカーの「インスタントオートミール」がランクイン!

▼オートミールの粒

クエーカー インスタントオートミール

粒がとても細かく、「牛乳をかけても粉っぽさがなくて美味しい」と高評価でした。

▼オーバーナイトオーツ

クエーカー インスタントオートミール

オーバーナイトオーツでは粘り気が強く、粉っぽさが出てきました。

▼鶏だし粥

クエーカー インスタントオートミール

鶏だし粥は、液体に粘りが出ました。スープに混ぜるだけでも、繊維のザラつきがなく食べやすいです。

クエーカー インスタントオートミール

容器は、25製品中唯一、蓋を回して閉めるタイプ。他のボトル容器は上から蓋をかぶせるだけのタイプが多いなか、ボトルがプラ製でしっかり密閉できるのというのは嬉しいポイントです。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

おかゆ感覚で食べられるオートミールですね。離乳食にも使えそうです。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

加熱すると、日食「オーガニックオートミールのおかゆ」と似たトロトロの食感になりますね。

日食 オーガニックピュアオートミール

日本食品製造:オーガニックピュアオートミール 260g×2袋:食品雑貨

日本食品製造
オーガニックピュアオートミール 260g×2袋
実勢価格:1380円

原材料:有機オーツ麦(有機えん麦)
原産国:フィンランド、オーストラリア、カナダ、アメリカのいずれか
容器:チャック付きプラスチック袋
サイズ:約W16×D7×H23cm
乳児用規格適用食品
100gあたりの価格:207.1円

※楽天リンク先は1個販売
※Yahoo!ショッピングは数個セットの販売ページを含みます。

▼テスト結果

  • 冷たい牛乳: 4/5点
  • オーバーナイトオーツ: 4/5点
  • 鶏だし粥: 5/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 15/18点

インスタントオーツのおすすめランキング同率1位4つ目は、「日食 オーガニックピュアオートミール」でした。

日食のオーガニックタイプは、農薬や化学肥料などの化学物質や、遺伝子組み換えの種や苗を使用せずに、自然の力を活かして栽培。オーガニックな農法で栽培されたオーツ麦を、北海道の有機JAS認定オートミール製造工場で加工しています。

▼オートミールの粒

日食 オーガニックピュアオートミール

粒はクエーカーよりもやや大きめ。牛乳をかけて食べると、粉っぽさはそんなになく、香ばしさが強く感じられました。

▼オーバーナイトオーツ

日食 オーガニックピュアオートミール

オーバーナイトオーツも、ヨーグルトがそんなにネバつかず、美味しくいただけました。

▼鶏だし粥

日食 オーガニックピュアオートミール

もっとも高評価だった食べ方は、鶏だし粥。粒が大きめで、ご飯のような食感を楽しめました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

「日食 プレミアムピュアオートミール」よりも「日食 オーガニックピュアオートミール」のほうが香ばしく粉っぽさが少ないので、食べやすかったです。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

お試しで買うのにぴったりのサイズですね。チャック付きの袋も使い勝手○。

5位: BJORG(ビオルグ) 有機オートミール 500g

5位: BJORG(ビオルグ) 有機オートミール 500g

BJORG(ビオルグ)
有機オートミール 500g ×2袋
実勢価格:1469円

原材料:有機オーツ麦
原産国:ドイツ
容器:プラスチック袋
サイズ:約W15×D12×H22cm
100gあたりの価格:146.9円

▼テスト結果

  • 冷たい牛乳: 5/5点
  • オーバーナイトオーツ: 3/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 1/3点
  • 合計: 12/18点

インスタントオーツのおすすめランキング第5位は、BJORG(ビオルグ)「有機オートミール」でした。フランスのオーガニックフードメーカーで、本製品はドイツ産の有機オーツ麦を使用しています。

▼オートミールの粒

5位: BJORG(ビオルグ) 有機オートミール 500g

大きめの粒と小さめの粒が混在。オートミール自体のクセは強くなく、冷たい牛乳をかけるとすぐに柔らかくなりました。

▼オーバーナイトオーツ

5位: BJORG(ビオルグ) 有機オートミール 500g

オーバーナイトオーツでは、ヨーグルトの酸味がほど良く残っていますが、オートミールの粉っぽさが出てしまい、重たく感じました。

▼鶏だし粥

5位: BJORG(ビオルグ) 有機オートミール 500g

鶏だし粥は、時間が経っても粒がやや硬く、食感が微妙でした。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

牛乳をそのままかける食べ方は違和感がなかったですが、そのほかの食べ方では粉っぽさや粒の硬さが目立ちました。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

パッケージが可愛いので、クリップで留めてそのまま置いておいてもいいですね。

5位: 日食 プレミアムピュアオートミール

日本食品製造:プレミアムピュアオートミール 300g×2袋:食品雑貨

日本食品製造
プレミアムピュアオートミール 300g×2袋
実勢価格:1296円

原材料:有機オーツ麦(有機えん麦)
原産国:フィンランド、オーストラリア、カナダ、アメリカのいずれか
容器:チャック付きプラスチック袋
サイズ:約W16×D7×H23cm
乳児用規格適用食品
100gあたりの価格:199.8円

※楽天リンク先は1個販売

▼テスト結果

  • 冷たい牛乳: 3/5点
  • オーバーナイトオーツ: 2/5点
  • 鶏だし粥: 5/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 12/18点

インスタントオーツのおすすめランキング同率5位は「日食 プレミアムピュアオートミール」。『日経POSセレクションシリアル類オートミールカテゴリー』で2019年の売上ナンバーワンを誇る人気商品です。

▼オートミールの粒

5位: 日食 プレミアムピュアオートミール

牛乳をかけて食べると、粉っぽさが牛乳に移り、生の小麦粉のような風味が……。

▼オーバーナイトオーツ

5位: 日食 プレミアムピュアオートミール

オーバーナイトオーツは、とにかく団子のようにネバネバして、食べづらかったです。

▼鶏だし粥

5位: 日食 プレミアムピュアオートミール

鶏だし粥は、日食「オーガニックピュアオートミール」と同様、ご飯粒のような食感が楽しめました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

加熱すると、より美味しくいただけました。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

オーバーナイトオーツは、トルコアイス並にネバネバになりました。ネバネバムチムチの食感を求める人にはいいかもしれません。

7位: スローフードキッチン インスタントオートミール

スローフードキッチン:インスタントオートミール 2kg:食品雑貨

スローフードキッチン
インスタントオートミール 2kg
実勢価格:2376円

原材料:オーツ麦(燕麦)
原産国:アメリカ
容器:ビニール袋
サイズ:約W27.6×D9×H40cm(実測)
100gあたりの価格:118.8円

▼テスト結果

  • 冷たい牛乳: 3.5/5点
  • オーバーナイトオーツ: 3/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 1/3点
  • 合計: 10.5/18点

インスタントオーツのおすすめランキング第7位はスローフードキッチン「インスタントオートミール」でした。化学農薬・化学肥料不使用、遺伝子組み換えなしの商品です。

▼オートミールの粒

7位: スローフードキッチン インスタントオートミール

粒は薄いけれどやや大きめ。牛乳をかけたときの粉っぽさは「日食 プレミアムピュアオートミール」よりも控えめです。

▼オーバーナイトオーツ

7位: スローフードキッチン インスタントオートミール

オーバーナイトオーツは、ヨーグルトとオートミールとの一体感はあまりなく、粘りが穏やか。オートミールの粒感が残っています。

▼鶏だし粥

7位: スローフードキッチン インスタントオートミール

左から2番目がスローフードキッチン。やや粉っぽく、お粥が黒っぽくなる点も気になりました。

注意書きには「稀に天然由来の夾雑物(殻や黒い表皮等)が入っている場合がございますので取り除いてからご使用ください。」とあります。ザラ付きが気になる場合は、食べる前に殻などを取り除いておきましょう。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

生食で粒感を残したいという人には向いているかもしれません。ただ、2kg入りでチャックが付いていないタイプの袋は、そのままだと扱いづらいです。

【インスタントオーツ番外編】味付きインスタントオートミール

インスタントオーツの番外編として、味付きオートミールの味わいも確かめてみました! 試したのは、クエーカーの小分けタイプです。

クエーカー:メープルブラウンシュガー 430g(1食43g×10袋):食品雑貨

クエーカー
メープルブラウンシュガー 430g(1食43g×10袋)
実勢価格:756円

原材料:全粒オーツ麦、砂糖、食塩/香料
原産国:アメリカ
容器:紙の箱に紙の小袋10袋入り
サイズ:(箱)W12×D7.7×H20cm
100gあたりの価格:175.8円
1袋あたりの価格:75.6円

クエーカー「メープルブラウンシュガー 430g」は、1食43gのおしゃれな小分け袋が10袋入っています。

【インスタントオーツ番外編】味付きインスタントオートミール

こちらを、まずは冷たい牛乳を注いで実食。

【インスタントオーツ番外編】味付きインスタントオートミール

冷たいミルクでも問題なくふやけ、しっかりとしたメープル風味の甘さが感じられます。市販の甘いグラノーラに近い感覚でいただけます。

続いて、レンジで温めてみて味わいの違いを比べてみました。

【インスタントオーツ番外編】味付きインスタントオートミール

温めると全体的にとろみが出て、冷たい状態よりもミルク感が増しました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

冷たいほうがスッキリと、温めると甘みがしっかり出てきますね。冷たい牛乳をかけていただくなら、バナナなど甘みの強いフルーツと合わせるのがおすすめ。温めていただくなら、ラズベリーなど酸味のあるドライフルーツをトッピングすると味わいにメリハリがついていいと思います。レンジで加熱したものを冷やしておいて翌朝食べるのも○。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

しっかり甘みがあってびっくりしました。牛乳を注ぐだけで作れるので、忙しい朝にぴったりですね。

▼クイックオーツのおすすめランキング9選

ここでは、インスタントオーツよりも粒感があって時短調理も叶う、クイックオーツのおすすめランキング9選をご紹介します!

ケロッグ オートミール

ケロッグ オートミール

ケロッグ
オートミール 330g×3個
実勢価格:1720円

原材料:全粒オーツ麦
原産国:オーストラリア
容器:チャック付きプラスチック袋
サイズ:(箱)W18×D8.3×H24.5cm
100gあたりの価格:114.5円

※楽天リンク先は1個販売

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 5/5点
  • 鶏だし粥: 4/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 11/13点

クイックオーツのおすすめランキング第1位に輝いたのは、ケロッグ オートミールでした!

2021年4月1日発売、シリアル商品を長年手がけてきた日本のケロッグとして初となるオートミールの実力はいかに……。

▼オートミールの粒

ケロッグ オートミール

オートミールの粒は、平たくて大きめの粒も混在しています。

▼オーバーナイトオーツ

ケロッグ オートミール

オーバーナイトオーツは、オートミールの存在感が大きいですが、ヨーグルトの爽やかな風味も残っていて食べやすい仕上がり。

▼鶏だし粥

ケロッグ オートミール

電子レンジ加熱でしっかり戻り、食感は○。鶏だし粥ではケロッグ独特の風味が立ちましたが、ごま油とネギを添えると気にならなくなりました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

ケロッグはオートミール自体の個性が強いですが、牛乳・ヨーグルトと合わせると、今までに食べたことのあるシリアルのような安心感のある味わいでした。

▼ケロッグ「オートミール」の購入ページはこちら

日食 フィンランド産 オーガニックオートミール

日食 フィンランド産 オーガニックオートミール

日食
フィンランド産 オーガニックオートミール 250g×4個
実勢価格:1550円

原材料:有機オーツ麦(フィンランド産)
原産国:フィンランド
容器:チャック付きプラスチック袋
サイズ:(箱)W18×D7×H24cm
100gあたりの価格:149円
※リンク先はリニューアル後の販売ページです。
※楽天リンク先は1個販売

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 4/5点
  • 鶏だし粥: 4/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 10/13点

クイックオーツのおすすめランキング第2位は、日食 フィンランド産 オーガニックオートミール

本場フィンランドのオーガニック栽培の専門家による厳しい管理のもと、有機栽培されたオーツ麦を100%使用し、素材本来の自然な甘みが引き立つように加工されています。

▼オートミールの粒

日食 フィンランド産 オーガニックオートミール

オートミールの粒は、均一でやや小さめ。

▼オーバーナイトオーツ

日食 フィンランド産 オーガニックオートミール

オーバーナイトオーツではヨーグルトの風味が際立ち、オートミールの粒感はあまり気になりません。ほど良い粘り気があり、食べ応えは十分です。

▼鶏だし粥

日食 フィンランド産 オーガニックオートミール

鶏だし粥では口当たりにややザラ付きを感じるものの、戻り方が硬すぎず柔らかすぎずで食感も良く、美味しく仕上がりました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

味わいのバランスが良くてアレンジしやすいオートミールだと思います!

日本食品製造 日食ロールドオーツ

日本食品製造:日食ロールドオーツ 350g:食品雑貨

日本食品製造
日食ロールドオーツ 350g
実勢価格:756円

原材料:北海道産オーツ麦(えん麦)
原産国:日本・北海道
容器:スチール缶、アルミ蓋(密閉用)、スチールキャップ(開封後)
サイズ:φ10.5×H11.2cm
100gあたりの価格:216円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 4/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 9/13点

クイックオーツのおすすめランキング第3位は、北海道産オーツ麦を使用した日本食品製造「日食ロールドオーツ」です。商品名に「ロールドオーツ」とありますが、加熱加工済みでそのままでも食べられるため、クイックオーツのカテゴリーに入れました。

▼オートミールの粒

日本食品製造 日食ロールドオーツ

粒の大きさにはバラつきがあり、ロールドオーツのような大きな粒も混ざっています。

▼オーバーナイトオーツ

日本食品製造 日食ロールドオーツ

オーバーナイトオーツは、ヨーグルトとの一体感が少なく、プチプチとした食感が楽しめます。

▼鶏だし粥

日本食品製造 日食ロールドオーツ

左が「日食ロールドオーツ」、右がこの後ご紹介する「日食オーツ オートミール」です。「日食ロールドオーツ」はしっかりとした粒感があり、お粥というよりも雑炊のような食感で、だし汁もさらっとしています。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

オーバーナイトオーツは、プチプチとした食感が楽しくていいですね! とても食べやすいと思います。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

クイックオーツとロールドオーツのいいとこどりですね。

日本食品製造 日食オーツ オートミール

日本食品製造:日食オーツ オートミール 500g:食品雑貨

日本食品製造
日食オーツ オートミール 500g
実勢価格:980円

原材料:オーツ麦(えん麦)
原産国:アメリカ、オーストラリア、カナダ、フィンランドのいずれか
容器:スチール缶、アルミ蓋(密閉用)、プラスチックキャップ(開封後)
サイズ:φ10.5×H11.2cm
100gあたりの価格:196円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 3.5/5点
  • 鶏だし粥: 3.5/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 9/13点

クイックオーツのおすすめランキング同率3位は、日本食品製造「日食オーツ オートミール」です。

▼オートミールの粒

日本食品製造 日食オーツ オートミール

粒は先ほどの「日食ロールドオーツ」よりも均一で細かいです。

▼オーバーナイトオーツ

日本食品製造 日食オーツ オートミール

オーバーナイトオーツは、日食のインスタントオーツ3商品よりも粘り気が少なめ。やや粉っぽさはありますが、食べやすいです。

▼鶏だし粥

日本食品製造 日食オーツ オートミール

鶏だし粥は、オーツ麦の香ばしさが豊かに感じられ、お粥のとろみがしっかりと出ました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

オーバーナイトオーツではとうもろこしのような感じがして、鶏だし粥で食べると雑穀米のような味わいがあって食べごたえがありました。

日本食品製造 日食オーツ オートミール
松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

同率3位の日食のクイックオーツは2商品ともアルミ蓋を採用しているため、未開封でストックしておくのに安心ですね。

5位: NICHIGA(ニチガ) オートミール クイックオーツ

NICHIGA(ニチガ):オートミール クイックオーツ 国内製造 500g:食品雑貨

NICHIGA(ニチガ)
オートミール クイックオーツ 国内製造 500g
実勢価格:999円

原材料:オーツ麦(えん麦)アメリカ、オーストラリア、フィンランド産のいずれか
原産国:日本国内製造
容器:チャック付きプラスチック袋
サイズ:約W27×D11×H28cm(実測)
100gあたりの価格:196円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 3/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 8/13点

クイックオーツのおすすめランキング第5位は、国内製造のNICHIGA(ニチガ)「オートミール クイックオーツ」でした。

▼オートミールの粒

5位: NICHIGA(ニチガ) オートミール クイックオーツ

粒は均一。とうもろこしのような穀物感があります。

▼オーバーナイトオーツ

5位: NICHIGA(ニチガ) オートミール クイックオーツ

オーバーナイトオーツは、もったりとした食感で、粉っぽさが残る印象。

▼鶏だし粥

5位: NICHIGA(ニチガ) オートミール クイックオーツ

鶏だし粥にすると、見た目はインスタントオーツのお粥に似ていますが、粉っ気が少し残りました。

6位: オドラムズ クイックオートミール

6位: オドラムズ クイックオートミール

オドラムズ
クイックオートミール 454g×2個
実勢価格:1584円

原材料:カラス麦(オーツ麦)
原産国:アイルランド共和国
容器:箱の中にビニール袋入り
サイズ:(箱)約W15.5×D5.5×H19.5cm
100gあたりの価格:176.2円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 3/5点
  • 鶏だし粥: 3.5/5点
  • 容器の使い勝手: 1/3点
  • 合計: 7.5/13点

クイックオーツのおすすめランキング第6位は、オドラムズ クイックオートミール。カルディなどでも販売されている人気商品です。

▼容器の使い勝手

6位: オドラムズ クイックオートミール

紙箱を開けると、真空パックのビニール袋にオートミールが入っています。袋にチャックが付いていないため、開封後の保存には不便です。

▼オートミールの粒

6位: オドラムズ クイックオートミール

オートミールの粒はやや大きめな印象。

▼オーバーナイトオーツ

6位: オドラムズ クイックオートミール

オーバーナイトオーツでは、火の通っていない小麦製品のような粉っぽさが目立ちました。オートミール自体の食感は柔らかくて食べやすいです。

▼鶏だし粥

6位: オドラムズ クイックオートミール

鶏だし粥は、全体的にしっかり水分を吸って戻りつつ、トロッとした部分と粒の部分、2種類の食感が楽しめました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

どちらかといえば加熱調理向きのオートミールだと思います。

さて、残る3商品は同率7位で並びました!

7位: クエーカー クイックオートミール

クエーカー:クイックオートミール 4.52kg(2.26kg×2袋):食品雑貨

クエーカー
クイックオートミール 4.52kg(2.26kg×2袋)
実勢価格:2554円

原材料:全粒オーツ麦
原産国:アメリカ
容器:紙の箱にビニール袋2袋入り
サイズ:(箱)W22.5×D17×H33.5cm
100gあたりの価格:53.7円

※4.52kg(2.26kg×2袋)が在庫切れのため、Amazonリンク先は「Quaker(クエーカー) オートミール ワンミニッツ 1.19kg」です。

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 3/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 1/3点
  • 合計: 7/13点

クイックオーツのおすすめランキング第7位は、クエーカー「クイックオートミール」です。4.52kg(2.26kg×2袋)の大容量タイプのコスパは今回もっとも安く、100gあたり53.7円でした。

▼オートミールの粒

7位: クエーカー クイックオートミール

粒は細かめです。

▼オーバーナイトオーツ

7位: クエーカー クイックオートミール

オーバーナイトオーツは、粘りというよりサラッとした自然なとろみがあり、飲み込みやすかったです。

▼鶏だし粥

7位: クエーカー クイックオートミール

鶏だし粥は、もちもちの食感で弾力があります。ごま油をちょい足しすると、香りも相まっておせんべいのような味わいになりました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

オーバーナイトオーツは、子どもの頃によく飲んだ乳飲料のような懐かしい味がしました。不思議……。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

いきなり大容量に挑戦するのは勇気がいりますが、コスパは最強ですね! Amazonリンク先は1.19kgのパッケージなので、まずそちらから挑戦するのもいいかも。

7位: 富澤商店・クオカ TOMIZ cuoca オートミール

富澤商店・クオカ:TOMIZ cuoca オートミール 2kg:食品雑貨

富澤商店・クオカ
TOMIZ cuoca オートミール 2kg
実勢価格:2494円

原材料:オーツ麦
原産国:オーストラリア
容器:チャック付きビニール袋
サイズ:約W29.3×D7×H39cm
100gあたりの価格:136.1円

※楽天リンク先は1kg販売

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 3/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 1/3点
  • 合計: 7/13点

クイックオーツのおすすめランキング同率7位に、富澤商店・クオカ「TOMIZ cuoca オートミール」がランクイン。

▼オートミールの粒

7位: 富澤商店・クオカ TOMIZ cuoca オートミール

粒は細かく薄めです。

▼オーバーナイトオーツ

7位: 富澤商店・クオカ TOMIZ cuoca オートミール

オーバーナイトオーツに関しては、5位のニチガより粉っぽさはマシですが、粘り気が強めです。

▼鶏だし粥

7位: 富澤商店・クオカ TOMIZ cuoca オートミール

鶏だし粥は、ご飯っぽいとろみというより、天ぷらの衣がふやけてブヨブヨになった感じに近いです。ドロドロとオートミールの繊維が混在しています。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

2kgの大容量ですが、チャック付袋なのでまだ扱いやすいかと思います。

7位: アリサン 有機 クイックオーツ

アリサン:有機 クイックオーツ 1kg:食品雑貨

アリサン
有機 クイックオーツ 1kg
実勢価格:1484円

原材料:オーツ麦
原産国:アメリカ
容器:ビニール袋
サイズ:W21×D4×H31cm
100gあたりの価格:135.4円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 2.5/5点
  • 鶏だし粥: 3.5/5点
  • 容器の使い勝手: 1/3点
  • 合計: 7/13点

クイックオーツのおすすめランキング同率7位は、有機JAS認定のアリサン「有機 クイックオーツ」です。

▼オートミールの粒

7位: アリサン 有機 クイックオーツ

粒はやや厚みがあり、しっかりしている印象。

▼オーバーナイトオーツ

7位: アリサン 有機 クイックオーツ

オーバーナイトオーツは粘り気があり、後から粉っぽさもくるので、やや飲み込みにくかったです。

▼鶏だし粥

7位: アリサン 有機 クイックオーツ

高評価だった食べ方は、鶏だし粥。オートミールの香ばしさが際立ちました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

加熱調理するとご飯らしくなり、なんだかおかずが食べたくるような味で美味しかったです。スープのトッピングにしてもよさそう。

▼ロールドオーツのおすすめランキング9選

最後に、大粒のロールドオーツのおすすめランキング9選に参りましょう! インスタントオーツやクイックオーツと食感にどのような違いが出るのか、注目です。

ナチュラルキッチン オーガニック オートミール

ナチュラルキッチン オーガニック オートミール

ナチュラルキッチン
オーガニック オートミール 300g 2208
実勢価格:389円

原材料:有機オーツ麦
原産国:アメリカ
容器:チャック付きプラスチック袋
サイズ:W16×D7×H23cm
100gあたりの価格:129.7円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 4/5点
  • 鶏だし粥: 4.5/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 10.5/13点

ロールドオーツのおすすめランキング第1位に輝いたのは、ナチュラルキッチン オーガニック オートミールでした!

▼オートミールの粒

ナチュラルキッチン オーガニック オートミール

しっかり厚みのある大粒です。

▼オーバーナイトオーツ

ナチュラルキッチン オーガニック オートミール

オーバーナイトオーツだと、ヨーグルトの風味が弱くなってしまいました。柔らかいですがしっかり噛みごたえがあるので、満足感があります。

▼鶏だし粥

ナチュラルキッチン オーガニック オートミール

見た目は、粥というより超大粒の雑炊という感じで形が残っていますが、水分を吸ってしっかり戻っているので粉っぽさもなく、だしの味が馴染んでいます。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

変な粉っぽさがなく、しっかり食べごたえがあって、ダイエット向きのオートミールだと思います!

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

他の食材とうまく馴染んでくれました!

▼ナチュラルキッチン「オーガニック オートミール」の購入ページはこちら

ボブズレッドミル グルテンフリー オールドファッションド オートミール

ボブズレッドミル グルテンフリー オールドファッションド オートミール

ボブズレッドミル
グルテンフリー オールドファッションド オートミール 907g(レギュラー ロールドオーツ)
実勢価格:1549円

原材料:グルテンフリー全粒オーツ麦
原産国:アメリカ
容器:チャック付きプラスチック袋
サイズ:W20.32×D16.51×H24.13cm
100gあたりの価格:165.2円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 4.5/5点
  • 鶏だし粥: 3.5/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 10/13点

ロールドオーツのおすすめランキング第2位は、ボブズレッドミル グルテンフリー オールドファッションド オートミールです。

ここにきて初めてグルテンフリーのオートミールの登場です!

▼オートミールの粒

ボブズレッドミル グルテンフリー オールドファッションド オートミール

粒は、通常のロールドオーツよりも平べったいです。

▼オーバーナイトオーツ

ボブズレッドミル グルテンフリー オールドファッションド オートミール

オーバーナイトオーツは、通常のロールドオーツと比べて粘度が少なくサラッとしています。かつ、粉っぽさも感じないので食べやすいです。

▼鶏だし粥

ボブズレッドミル グルテンフリー オールドファッションド オートミール

鶏だし粥は、口当たりがモサモサ、噛むとネチネチする独特の食感。液体にトロみが出ました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

オートミールの香ばしさやクセが少なくて食べやすいです! グルテンフリーを求める人や、オートミールの独特の香ばしさが苦手な人にはいいんじゃないでしょうか。

アララ オーガニック ジャンボオーツ

アララ:オーガニック ジャンボオーツ 800g:食品雑貨

アララ
オーガニック ジャンボオーツ 800g
実勢価格:840円

原材料:オーツ麦
原産国:イギリス
容器:チャック付きビニール袋
サイズ:W13.5×D7×H24.5cm
100gあたりの価格:121.5円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 3.5/5点
  • 鶏だし粥: 4/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 9.5/13点

ロールドオーツのおすすめランキング第3位は、イギリス産の有機オーツ麦を使用したアララ「オーガニック ジャンボオーツ」でした!

▼オートミールの粒

アララ オーガニック ジャンボオーツ

粒の大きさや厚みは、ロールドオーツのなかでは平均的。

▼オーバーナイトオーツ

アララ オーガニック ジャンボオーツ

オーバーナイトオーツでは、やや粉っぽさを感じましたが、まずまずの仕上がりです。

▼鶏だし粥

アララ オーガニック ジャンボオーツ

鶏だし粥に関しては、オートミールがただふやけているというより、しっかり水分を吸って戻っていてモチモチ食感が○。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

加熱調理したときの食感がいいですね! いろんなスープに入れて、うまみを吸わせたいです(笑)

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

食べ応えがあっていいですね!

続く4製品は、同率4位で混戦模様をきわめました。

4位: 日食 プレミアム ピュア トラディショナル オートミール

4位: 日食 プレミアム ピュア トラディショナル オートミール

日食
プレミアム ピュア トラディショナル オートミール 300g
実勢価格:373円

原材料:オーツ麦(えん麦)
原産国:フィンランド、オーストラリア、カナダ、アメリカのいずれか
容器:チャック付きビニール袋
サイズ:W16×D5×H22cm
100gあたりの価格:133.2円

※楽天リンク先は1個販売

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 4/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 9/13点

ロールドオーツのおすすめランキング第4位は、日食 プレミアム ピュア トラディショナル オートミールです。

▼オートミールの粒

4位: 日食 プレミアム ピュア トラディショナル オートミール

粒はロールドオーツにしては一般的なサイズ。

▼オーバーナイトオーツ

4位: 日食 プレミアム ピュア トラディショナル オートミール

オーバーナイトオーツは、ふやけたコーンフレークのような食感ですが、しっかりとした歯ごたえを感じます。

▼鶏だし粥

4位: 日食 プレミアム ピュア トラディショナル オートミール

鶏だし粥では、粒感が強く7割水分が戻っている印象。薄味だと粉っぽさをダイレクトに感じるので、加熱調理の際は濃いめの味付け推奨です。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

オーバーナイトオーツは、1口目はこんなもんかと思ったら、2口目、3口目とだんだん美味しく感じるようになりました。

4位: オーツラブ グルテンフリーロールドオーツ オートミール

4位: オーツラブ グルテンフリーロールドオーツ オートミール

オーツラブ
グルテンフリーロールドオーツ オートミール 900g Oatmeal
実勢価格:1598円

原材料:オーツ麦(えん麦)
原産国:フィンランド
容器:チャック付きビニール袋
サイズ:W22×D9×H27cm
100gあたりの価格:177.6円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 3/5点
  • 鶏だし粥: 4/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 9/13点

ロールドオーツのおすすめランキング同率4位は、オーツラブ グルテンフリーロールドオーツ オートミール。今回2つ目のグルテンフリー商品です。

▼オートミールの粒

4位: オーツラブ グルテンフリーロールドオーツ オートミール

2位のボブズレッドミル「グルテンフリー オールドファッションド オートミール」と同様、粒が平べったくなっています。

▼オーバーナイトオーツ

4位: オーツラブ グルテンフリーロールドオーツ オートミール

オーバーナイトオーツは、ボブズレッドミル「グルテンフリー オールドファッションド オートミール」よりも粉感が強くて重ため。試しにハチミツを混ぜてみたところ、モッタリ感が増してさらに食べづらくなってしまいました。

▼鶏だし粥

4位: オーツラブ グルテンフリーロールドオーツ オートミール

相性の良かった食べ方は、鶏だし粥でした。全体的にしっかり水分が戻っており、オートミールの香ばしさも感じられて美味しかったです。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

生食だと粉っぽさが強く出ますね。ヨーグルト(オーバーナイトオーツ)にトッピングを加えるなら、ハチミツよりもフルーツとかのほうが良かったかも。

4位: クエーカー オールドファッションオートミール

クエーカー:オールドファッションオートミール 510g:食品雑貨

クエーカー
オールドファッションオートミール 510g
実勢価格:857円

原材料:全粒オーツ麦
原産国:アメリカ
容器:紙筒、プラスチックキャップ
サイズ:φ10.5×H18cm
100gあたりの価格:169.4円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 3.5/5点
  • 鶏だし粥: 3.5/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 9/13点

ロールドオーツのおすすめランキング同率4位は、クエーカー「オールドファッションオートミール」です。


▼オートミールの粒

4位: クエーカー オールドファッションオートミール

粒の大きさ・厚みは3位のアララに近く、平均的です。

▼オーバーナイトオーツ

4位: クエーカー オールドファッションオートミール

粒がしっかりしているので噛むのが大変ですが、ヨーグルトにでんぷんが移り粉っぽくなるといったことがなく、味わいは○。

▼鶏だし粥

4位: クエーカー オールドファッションオートミール

鶏だし粥は、コーンフレークに似た食感で、歯ごたえがあります。

▼容器の使い勝手

4位: クエーカー オールドファッションオートミール

容器は紙製の筒の上にプラスチック製の蓋がかぶさっています。キッチンで保管する際には、ボトルが水に濡れないように気をつけましょう。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

大粒で歯ごたえのあるオートミールが好きな人に向いていると思います。

4位: ムソー 北海道産 オートミール

ムソー:北海道産 オートミール 300g:食品雑貨

ムソー
北海道産 オートミール 300g
実勢価格:673円

原材料:えん麦(オーツ麦)(北海道産)
原産国:日本・北海道
容器:チャック付きビニール袋
サイズ:W14×D3×H24.5cm
100gあたりの価格:408.6円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 4/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 9/13点

ロールドオーツのおすすめランキング同率4位は、ムソー「北海道産 オートミール」です。その名の通り、北海道産の厳選したえん麦(オーツ麦)を使用し、北海道の製造工場で加工しています。

▼オートミールの粒

4位: ムソー 北海道産 オートミール

クイックオーツ並に粒が小さく薄いです。

▼オーバーナイトオーツ

4位: ムソー 北海道産 オートミール

オーバーナイトオーツは、ヨーグルトに変な粘りが出ず、小粒なので食べやすい仕上がりでした。

▼鶏だし粥

4位: ムソー 北海道産 オートミール

鶏だし粥ではオートミールの粉っぽさがやや出ましたが、香ばしさのほうが勝つため、食べづらくはないです。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

見た目はクイックオーツですが、食感はしっかりロールドオーツですね。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

100gあたりの価格は408.6円とダントツで高いですが、サイズもちょうどいいし、原産地も加工地も北海道という安心感があります。健康が気になる人へのちょっとしたギフトとして贈るのもアリかも。

8位: ボブズレッドミル オーガニック オールドファッションド ロールドオーツ

ボブズレッドミル:オーガニック オールドファッションド ロールドオーツ:食品雑貨

ボブズレッドミル
オーガニック オールドファッションド ロールドオーツ
実勢価格:1370円

原材料:有機全粒オーツ麦
原産国:アメリカ
容器:チャック付きビニール袋
サイズ:W22.9×D8.3×H25.2cm
100gあたりの価格:143.3円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 3.5/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 2/3点
  • 合計: 8.5/13点

ロールドオーツのおすすめランキング第8位は、2位と同ブランドボブズレッドミルの「オーガニック オールドファッションド ロールドオーツ」です。

▼オートミールの粒

8位: ボブズレッドミル オーガニック オールドファッションド ロールドオーツ

粒が分厚く、大きいです。

▼オーバーナイトオーツ

8位: ボブズレッドミル オーガニック オールドファッションド ロールドオーツ

オーバーナイトオーツに関しては、粘り気もオートミールの噛みやすさも普通でした。

▼鶏だし粥

8位: ボブズレッドミル オーガニック オールドファッションド ロールドオーツ

鶏だし粥の食感は、クエーカー「オールドファッションオートミール」に近く、表面はふやけつつ、芯が残っている感じがしました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

可もなく不可もなく、いたって普通のオートミールです。使い勝手は悪くないと思います。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

「ボブズレッドミル」は、「クエーカー」に並ぶほどアメリカではメジャーなオートミールのブランドのようですね。種類が豊富なので色々試してみたいです。

9位: アリサン オートミール

アリサン:オートミール 500g:食品雑貨

アリサン
オートミール 500g
実勢価格:798円

原材料:有機押しオーツ麦
原産国:アメリカ
容器:ビニール袋
サイズ:W16×D4×H28cm
100gあたりの価格:172円

▼テスト結果

  • オーバーナイトオーツ: 3/5点
  • 鶏だし粥: 3/5点
  • 容器の使い勝手: 1/3点
  • 合計: 7/13点

ロールドオーツのおすすめランキング第9位は、有機JAS認定のアリサン「オートミール」でした。

▼オートミールの粒

9位: アリサン オートミール

肉厚で、大粒なオートミールです。

▼オーバーナイトオーツ

9位: アリサン オートミール

オーバーナイトオーツの粘り気は普通ですが、噛めば噛むほどオーツ麦の味が前面に出てきて、ヨーグルトの味が負けてしまいます。

▼鶏だし粥

9位: アリサン オートミール

鶏だし粥の食感は4位「クエーカー」や8位「ボブズレッドミル」に似ていますが、3位「アリサン」はよりザラザラしていて、オーツ麦のスジと繊維を感じます。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

オーツ麦の主張が激しいですね。

以上、おすすめのオートミール25選と味付きインスタントオートミールのご紹介でした。最後に選抜メンバー(オートミール)でスープの検証も行ってみました!

各上位商品とスープとの相性を検証

各上位商品とスープとの相性を検証

「インスタントオーツ」「クイックオーツ」「ロールドオーツ」でそれぞれ上位だったオートミールと、市販のインスタントスープとの相性を5点満点で評価しました。

使用したのは、味の素「クノール カップスープ 完熟トマトまるごと1個分使ったポタージュ」。1袋の2/3を使用し、お湯を100ml注ぎます。電子レンジで30~40秒加熱し、一煮立ち。3分待ってから実食しました。

▼インスタントオーツ

 

 

エルサンク・ジャポン 有機オートミール
トマトスープとの相性は5点満点評価。何も違和感を感じずにトマトリゾット風で美味しくいただけました!

▼クイックオーツ

 

 

ケロッグ オートミール
トマトスープとの相性は3点。オートミールの個性的な風味が前面に出て、スープの味わいが薄れてしまいました。

▼ロールドオーツ

 

 

ナチュラルキッチン オーガニック オートミール
トマトスープとの相性は5点。インスタントオーツ「エルサンク・ジャポン 有機オートミール」とはまた違い、スープはスープとして美味しく、オートミールは歯ごたえのあるトッピングとして、それぞれの良さが際立っていました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

もともととろみの出やすいポタージュスープにオートミールを入れるなら、お湯を多くして薄めに作ってもいいかもしれませんね。

まだまだあるぞ! オートミールアレンジレシピ

検証では牛乳やヨーグルト、鶏ガラスープ、トマトポタージュにオートミールを合わせましたが、このほかにもオートミールを使ったレシピを試してみたのでご紹介したいと思います。

バナナオートミールクッキー

 

 

バナナ1本とオートミール1/2カップをよく混ぜます。オーブンシートに一口大に丸めて並べ、170度に予熱したオーブンで25分加熱。

砂糖をいっさい使用しない、健康的なおやつの出来上がりです。クイックオーツを使用したのですが、食感はしっとりしていました。ロールドオーツを使えば、より歯ごたえのある仕上がりに。メープルシロップをかけてもGOOD!

オーバーナイトオーツを作るときはここに気をつけて!

 

 

こちらは黄金比(牛乳1:ヨーグルト2)を守り、砂糖適量と冷凍ブルーベリーを混ぜてオートミールを浸けこんだオーバーナイトオーツです。ドライフルーツとナッツ、輪切りのバナナは食べる直前にトッピングしていますが、一緒に浸けておいてもOK。

最後に、オーバーナイトオーツ作りで失敗しないためのコツを振り返って終わりたいと思います。

・ヨーグルトだけで作らない
ヨーグルトだけで作ると、ネバネバの食感に。牛乳を一緒に混ぜるか、ヨーグルトは食べるときに添えるようにすればネバネバが軽減されます。もしくは、ヨーグルトとオートミールを混ぜずに層を重ねるように器に盛れば、オートミールの食感が残って食べやすくなるでしょう。

・甘みを足すならハチミツやフルーツソースを
温かいオートミールや牛乳がけのオートミールならメープルシロップをプラスしても問題ありません。ですが、ヨーグルトを使用したオーバーナイトオーツにメープルを合わせると、発酵食品×ネバネバ×メープルの香ばしさで納豆っぽさがマックスに……! 甘みを足すなら、ハチミツやフルーツソースなどをかけるのがオススメです。

おわりに

おわりに

以上、オートミールのおすすめ25選+αのご紹介でした。

お家時間の増加に伴い、体づくりの一環でオートミールを活用したダイエットレシピなどにも関心が高まっている今日この頃。

お味噌汁やお茶漬けの素で和テイストに、スープに入れてリゾット風に、ハンバーグのタネのつなぎとしてパン粉代わりに使ったりと、使い道無限大なオートミールをこの機会にぜひ試してみてくださいね!